• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

高校二年・漸化式の変形

高校二年の数学Bで、漸化式の変形について質問です。 以下aの右側の≪≫内は小さく右下についているものとして見て下さい。 「一般にp,qが定数でp≠1のとき、漸化式  a≪n≫=pa≪n≫+q を  a≪n+1≫-k=p(a≪n≫-k) と変形できたとすると、数列a≪n≫の各項から定数kを引いた数列{a≪n≫-k}は公比pの等差数列となることが分かる」 という文章がありました。 この文章の意味がさっぱりわかりません。 どなたかわかりやすく説明頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数125
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

#2で回答したものですが、 1)kは項数nに関係しないので、a<<n>>がa<<n+1>>になると、b<<n>>はそれにともなってb<<n+1>>になる、ということでよろしいのでしょうか?  そういうことです。 2)それと、b<<n+1>>=p*n<<n>>はb<<n+1>>=p*b<<n>>ではありませんか?  申し訳ないです。あわてて書いたので間違っていました。b<<n+1>>=p*b<<n>>です。  ちなみにa<<n+2>>+α*a<<n+1>>+β*a<<n>>=0というような三項間漸化式も似たように出来て   a<<n+2>>-ω*a<<n+1>>=γ*(a<<n+1>>-ω*a<<n>>) という風に変形して解くこともできます。二項間漸化式を完璧に理解したら、参考書とかでチェックしてみてください。  このやり方は大学に入ってからもし数学をやるなら微分方程式とかでも応用が出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 数列 (漸化式)

    A[1]=1 A[n+1]=4A[n]+2^n (n=1,2,・・・) {A[n]}の一般項を求めたいのですが 両辺2^nで割って、B[n]=A[n]/2^(n-1)とおくと、 B[n]+1=2(B[n]+1)とおけるから特性方程式より、B[n]が2^n -1と求められました その後はA[n]=・・・ どうすればいいのでしょうか? 等差数列なら A[1]+ΣB[k] k=1~(n-1)という感じで求められたのですが・・・ この数列は等差数列なのか、等比数列なのか・・・ 一見等差数列のようですが、+2^nがついていてこれも定数じゃないから、等差数列ともいえないな・・・と思いました。 階差数列?とはいえないかもしれないけど、B[n]が求まったらその後の段階としてどうすればいいのでしょうか、よろしくおねがいします。

  • 数列の漸化式質問

    教科書で漸化式の記述です。 an+1=pan+qで与えられている数列の求め方 例 a1=3 an+1=3an-4 で定義されている数列を{an}とする 数列{an}は 3 , 5 , 11 , 29 , 83 ,・・・となりますよね。 この数列{an}の各項から2を引くとできる 数列を{an -2}は 1 , 3 , 9 , 27 , 81 , ・・・ となる。数列{an -2}は、初項1 公比3 の等差数列になっている。 数列{an}に対して、数列{an -2}の一般項は an -2=1×3^n-1となっています。 ここが何でn-1なのですか? {an}はn項あると思うのですが・・・ できるだけ詳しい解答お願いします。

  • 3項間漸化式

    f(1)=2,f(2)=5 f(k+2)=2f(k+1)-f(k)の3項間漸化式からf(k)の一般項を求めるとき、 t^2=2t-1から、 t=1で重解であるから、 f(k+2)-f(k)=f(k+1)-f(k) となると思うのですが、 これは、初項3で、公差1の等差数列ということなのでしょうか? f(k+1)-f(k)=3・1^n-1=3ですが、ここからどのように考えたらいいでしょうか? よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>a<<n+1>>-k=b<<n+1>> >を自分で説明できません。 bn = an - k とおいた式は、 すべての自然数nに対して成り立つわけですから、 b1 = a1 - k b2 = a2 - k b3 = a3 - k ... bn-1 = an-1 - k bn = an - k bn+1 = an+1 - k となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が大変遅れてすみませんでした。 皆様どうもありがとうございました。

  • 回答No.2

 a<<n>>-k=b<<n>>とおくと・・・・(1)  a<<n+1>>-k=b<<n+1>>は大丈夫でしょうか。(kはnによらないのでこう表せる。)    そうおいてみれば  a<<n+1>>-k=p(a<<n>>-k)は  b<<n+1>>=p*n<<n>> となりますよね。  これからb<<n>>は公比pの等差数列になります。  ここでb<<n>>を (1)より元に戻せば  数列a≪n≫の各項から定数kを引いた数列{a≪n≫-k}は公比pの等差数列となることが分かる  ていうことがわかります。これで大丈夫でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 わかったつもりではあるのですが、 a<<n+1>>-k=b<<n+1>> を自分で説明できません。 kは項数nに関係しないので、a<<n>>がa<<n+1>>になると、b<<n>>はそれにともなってb<<n+1>>になる、ということでよろしいのでしょうか? それと、b<<n+1>>=p*n<<n>>はb<<n+1>>=p*b<<n>>ではありませんか? 以上二点、正しいかどうか補足をお願いできませんか? お願いします。

  • 回答No.1

a≪n≫-kをb≪n≫とおくと、 a≪n+1≫-k=p(a≪n≫-k)は b≪n+1≫=pb≪n≫と書けますね。 上の式は、 b2 = p * b1, b3 = p * b2, .. bn = p * bn-1 bn+1 = p * bn を表しますから、 公比pの<等比>数列になるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お早い回答ありがとうございます。 ようやくわかりました。 これで予習が出来ます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 漸化式の…

    漸化式のα=pα+qを利用する方程式の教科書説明で 「p、qを定数、p≠1として漸化式が       an+1=pan+q で表されている時、この式がある値αを用いて       an+1-α=p(an-α) と変形できたとすると、数列{an-α}は公比pの等比数列になる。」ってところで、何故数列{an-α}なのでしょう?数列{an+1-α}ではないのでしょうか?

  • 漸化式について

    続けて質問してしまってごめんなさい(><) もう一つ分からない事があるのですが、漸化式で(等差数列)の漸化式と(等比数列)の漸化式と(階差数列)の漸化式の使い分けが全く分かりません。特に(階差数列)の漸化式自体良く分からないので、その辺も詳しく説明お願いします。

  • 漸化式の変形

    漸化式の書き方はよく分からないんですけど、数列の第3項はA_3のように書きたいと思います。 数列A_nがA_1=3,A_n+1=2A_n-nで定義されるとき、一般項A_nを求めよ。 上のような問題でA_n+1=2A_n-nを変形すると、A_n+1-(n+2)=2(A_n-(n+1))と変形できると解答にあるのですが、 右辺の(n+1)って何ですか?また、これの導き方を教えていただきたいです。

  • だれか漸化式について教えてください。

    もういい中年なのですが昔数学で苦手だった分野を 勉強しています。 いま『なるほど高校数学 数列の物語』と云う本を読んでいます。  漸化式のところでつまずいて前に進めません。  どなたか教えてもらえないでしょうか。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  初項がA1、An+1=PAn+Q n>1 P、Qは定数  の漸化式で確認しておきましょう。  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α) つまり An+1=PAn&#65293;Pα+α  と与えられた漸化式       An+1=PAn+Q  を見て、定数項を比べると   Q=&#65293;Pα+α=α(1&#65293;P)  となり、この式から       α=Q/(1&#65293;P)・・・・・(1)  とすればよいことが判ります。このとき数列{An&#65293;α}は  An+1&#65293;α=P(An&#65293;α)より、公比Pの等比数列となり、その  初項は   A1&#65293;α=A1&#65293;Q/(1&#65293;P)・・・・・・・(2)  なので   An&#65293;Q/(1&#65293;P)=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗・・・・(3)  よって   An=(A1&#65293;Q/(1&#65293;P))×Pのn-1乗+Q/(1&#65293;P)・・・・・(4)    と一般項が求まります。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  数列{An&#65293;α}の公比はPになることは直感的に判るのですが  初項はどうして求めるのだろうかと思って読んでいたのですが  最後に求まったのはAnの一般項でした。  それに(4)式にn=1を代入して出てくるのはA1で当たり前の結果  です。  ここでの漸化式はAn+1&#65293;α=P(An&#65293;α)の形式に持ち込めたら  公比Pの等比数列の公式をあてはめることが出来てnの一般項  が求まると云う主旨かと思うのですが、説明の流れがいまひとつ  つかめません。  解説のほどよろしくお願いいたします。    

  • 調和数列

    各項が0でない等差数列1,a2,a3…があり、逆数の作る数列1,1/a2,1/a3....もまた等差数列であるという。anを求めよ。 答がan=1 となるのはなんとなくわかるのですが、なぜ公差が0となるのか一般項の式などから導こうとしてもスッキリしません。途中の式の詳細をご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • だれか漸化式について教えてください(第二段)

    簡単の為以下の例を採りあげます。    An+1=2An&#65293;1 ・・・・・(1)  A1=2、n>=1   (1)式は    An+1&#65293;1= 2(An&#65293;1)・・・・・(2)  と変形できるので数列{An&#65293;1}は公比2の等比数列で  あることが判ります。  {An&#65293;1}の初項はA1&#65293;1=2&#65293;1=1  したがって数列{An&#65293;1}の一般項は   An&#65293;1=1・2の(n&#65293;1)乗 ・・・・・(3)    を満たし、一般項Anは   An=2の(n&#65293;1)乗+1・・・・・(4)  となります。  &#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;&#65293;  読本のなかの上記説明が次の点で理解できません。   疑問1.(2)式は“An+1&#65293;1”が公費2の等比数列である        ことを示しているのではないか?        どちらでもよいことかも知れないのですが紛らわしい        ので“An+1&#65293;1”としたほうがよいと思うのです。   疑問2. 数列{An&#65293;1}の初項は1なので(3)式が成り立つと        なっていますが、nに1、2、3、・・・と代入して        “An&#65293;1”を計算していきました。すると        1、2、4、8、・・・となりますした。        公式An=nの(n&#65293;1)乗はnが1、2、3、4、・・・の自然数        (交差1の等差数列)の場合に成り立つとされてきた        のに突然等比数列になっています。        それで正しいのでしょうが説明手順として納得できません。        スッキリ納得できる方法はないでしょうか。  

  • 高校数学の等差数列の問題です 4-1

    2つの数列a[n],b[n]は関係式b[n]=(1・a[1]+2・a[2]+......+n・a[n])/(1+2+....+n) (n=1,2,....)をみたしている b[n]が等差数列ならばa[n]も等差数列であることを示せ 解説は与式よりΣ[k=1→n]k・a[k]=b[n]・{n(n+1)}/2であるから n>=2において na[n]=Σ[k=1→n]k・a[k]-Σ[k=1→n-1] =n/2・{(n+1)・b[n]-(n-1)・b[n-1]} よってa[n]=1/2・{n(b[n]-b[n-1]+b[n]+b[n+1]} したがってb[n]が等差数列ならばb[n]-b[n-1]は定数で a[n](n>=2)はAn+Bの形になる(*) 所で与式によればa[1]=b[1]がいえる(b[0]はどんな値に決めてもよい) から(*)はn>=1においていえ、したがってa[n]は等差数列である とあるのですがn>=2において na[n]=Σ[k=1→n]k・a[k]-Σ[k=1→n-1]の所ですが、何故n>=2からなのですか?nは全部の数が当然含まれていていいと思ったのですが、駄目なんですか?駄目なら理由を知りたいです それと与式によればa[1]=b[1]がいえる(b[0]はどんな値に決めてもよい)の所でb[0]は何でどんな値でもいいのですか?そもそもb[0]なんて存在するんですか?普通b[1]とかからじゃないんですか?

  • 漸化式(隣接2項間)・a_n+1=pa_n+q

    漸化式(隣接2項間)の問題・a_n+1=pa_n+q 隣接2項間の漸化式の問題で 例)α=&#65293;1より、a_(n+1)+1=3(a_n+1) これがなぜ「数列(a_n+1)が、初項a_1+1=2,公比3の等比数列であることを表している」のでしょうか? どなたかわかりやすくお願いします。

  • 数列の問題

    自然数からなる等差数列がある。この等差数列の公の最大値は27で、校の和は75である。この等差数列をすべて求めよ。 この問題の解き方を教えてください。

  • ある数列が等差数列であることを示す

    各項が正の数である数列{a_n}があり、任意の自然数nについて、a_2n-1、a_2n、a_2n+1はこの順に等差数列をなし、a_2n、a_2n+1、a_2n+2はこの順に等比数列をなす。 (1)a_2nをa_2n-1、a_2n+1を用いて表せ。また、a_2n+1をa_2n、a_2n+2を用いて表せ。 (2)数列{b_n}を、b_n=√(a_2n)で定めるとき、{b_n}は等差数列であることを示せ (3)a_1=2、a_2=4のときΣ(k=1~n)a_2k-1を求めよ (1)はa_2n=1/2(a_2n-1+a_2n+1)、a_2n+1=√(a_2n*a_2n+2) と求まったのですが、 (2)の{b_n}が等差数列であることを示すことができなくて困っています。(1)のa_2nを代入して隣同士の差を作ってもうまくできません。 それと(3)なのですが、a_2k-1が階差数列になると思うのですが、うまく計算できません。  答えが1/3n(n+1)(n+2)となることはわかっているのですが合わなくて・・・。 回答いただければ助かります。よろしくお願いします