解決済み

仮定法内の時制

  • 困ってます
  • 質問No.1088624
  • 閲覧数588
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 68% (517/755)

仮定法において仮定するのが現在なら過去形、過去なら過去完了形をつかいますが、その条件節に関係詞節がついてる場合その関係詞節内の動詞の時制はどうすればいいのでしょうか?主節動詞にあわせるか条件節の動詞に合わせるか、それ以外の要因で判断するのか、教えて下さい。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 57% (16/28)

仮定法と言うのは、事実と違う内容に対して仮想(=想像)する時に用いられるので、仮定法内であっても事実に合った内容であれば直説法を使います。つまり、条件節の動詞に合わせるとか、帰結節の動詞に合わせるということではなく、事実か想像かということです。

例えば次のような情況(=事実)を考えてみます。
(1)マイクがトムに本をあげた
(2)トムはその本をまだ読んでいない
この情況(=事実)を英語で表現すれば、動詞は直説法(仮定法でない普通の動詞の形)を取り、次のようになります。
 Tom has not read the book which Mike gave.

ここで次のような仮定(=想像)をしてみます。
(3)もしトムがその本をすでに読んでいたとしたら
(4)その場合、トムは私の質問に答えられただろう
  (実際は、読んでいなかったので答えられなかった)
これを英語にする場合、「あげた」という部分は事実なのですから、仮定法にはならず、次のようになります。
 If Tom had read the book which Mike gave, he could have answered
 my question.

このように仮定法内でも、事実に反していなければ直説法を使います。これは条件節だけに限らず帰結節でも同じです。例えば上のmy questionを関係詞を使ってthe question which I askedとしても同じです。
 If Tom had read the book which Mike gave, he could have answered
 the question which I asked.

繰り返しになりますが、if節の中でも、関係詞節内の動詞は事実か想像かによって直説法をとるか仮定法をとるか決まります(当然、that節内でも同じです)。
お礼コメント
rockman9

お礼率 68% (517/755)

ありがとうございます!非常に明快なご解答でした。結局関係詞節内であろうと仮定法の考え方を当てはめればよいのですね!あと質問が増えるので控えたのですが、帰結節についてまで答えていただいたのでとても助かりました!本当にありがとうございます!!
投稿日時 - 2004-11-18 18:21:11

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 21% (250/1139)

そんな複雑なことを表現する場合があるのでしょうか。

日本語でも英語でも具体的な例を挙げて戴ければ考えてみることも出来るとと思いますが、抽象的な設問だけでは雲をつかむようで何も浮かんで来ません。

ご協力お願いします。
補足コメント
rockman9

お礼率 68% (517/755)

すみません。例文を一つ挙げるべきでしたね。
申し訳ありませんが、上でお答えをしてくださった方々の文を参考にしてみてください。
投稿日時 - 2004-11-18 18:17:16
  • 回答No.3

仮定法過去といっても表しているのは現在です。ですから現在と考えてもいいんですが、場合によっては 条件節に合わせて 関係詞節内の動詞の時制も仮定法過去になる場合があります。
お礼コメント
rockman9

お礼率 68% (517/755)

ありがとうございます!
投稿日時 - 2004-11-18 18:21:58
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ