• 締切済み
  • すぐに回答を!

時制について

時制の一致の問題で、 基本的に主節が過去形なら従属節も過去形にしますよね。 I thought you were going to shool.のように。 ではさらに続けてthat節や関係詞が続く場合、こちらもまた 過去形または過去完了形にするのでしょうか? 例えば I thought you were going to shool that is located in Tokyo. I thought you were going to shool that was located in Tokyo. 時制の一致の例外以外の理由で主節が過去形なのに that節が現在形なのは変なような気がするのですが・・・ 文法書にも載っていないのでどなたかわかりませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数174
  • ありがとう数9

みんなの回答

  • 回答No.3

時制の一致について 1. I think that  he  knows   that   she   comes. 2. I think that  he  knows   that  she   came. 3. I think that  he  knows  that  she   has   come. 4. I think that  he  knows   that   she   had    come. 5. I think that  he  knew  that   she   came. 6. I think that  he  knew   that   she    had    come. 7. I think that  he  has   known   that  she   comes 8. I think that  he  has    known  that  she   came. 9. I think that  he  has    known  that  she    had    came. 以上の文の(I think)を過去時制にすると… 1. I thought   that  he  knew   that  she   came. 2. I thought  that   he  knew  that  she   had  come. 3. I thought  that   he  knew   that  she   had   come. 4. I thought  that   he   knew   that  she   had  come. 5. I thought   that   he  had  known  that  she  had  come. 6. I thought   that   he  had   known  that  she   had  come . 7. I thought   that   he  had   known  that  she   came. 8. I thought  that   he  had   known  that  she  had  come 9. I thought  that   he  had   known   that   she had come. となります。 以上でお分かりのように、時制の一致後は同じ形の文章になるケースが多く、 この一つの文だけでは、何を意味しているのかが、非常に間際らしいので 実際には見かけません。 that she came. that she has come.    ⇒  that she had come. that she had come. となってしまいます。本来の意味は前後関係から判断するしかありません。 ちなみに、過去完了を使用するときは、過去の一時点を明示するのが、 原則です。 I think that he knows that she had come by then. 訳:私は、彼女がその時までに来ていた事を彼は知っていると思う。 と言う具合に。 過去完了は現在完了と同様に「完了・結果・経験・継続」の基本的用法と 機械的に過去完了の形をとる「時制の一致(間接話法)」と過去の事実に反対の仮定を述べる「仮定法過去完了」の特殊用法があります。 が、これらの用法とは関係なく、「丁寧・婉曲」の意味で過去形や過去完了を使うケースを よく耳にします。「I think」と言うべきところを「I thought」と言ったり。これはちょうど日本語の「よろしいですか」言うべきところを「よろしかったですか」と言うのと同じ感覚なのかなと思います。 長々となりましたが、間違い・書き違いがありましたら、謝罪します。そして、遠慮なく、容赦なく、ご指摘して頂きたく、よろしくお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなってすみません。ありがとうございます。 that she had come.    ⇒  that she had come. となるとありますね。これは過去完了の過去(過去形の過去は大過去 と言うように)はないから過去完了の形をとっていると考えてよさそうですね。 ならば、主節が過去における従属節の時制の一致はわかったのですが 主節が現在完了また過去完了ならどうなるのでしょう? I had thought   that  he  knew   that  she   came. は間違いで I had thought that he had known that she had come at that time. となるのでしょうか?過去完了が並んで変なような気もするのですが・・・ すみません、思いつく限りの例を考えてみました。よろしくお願いします

  • 回答No.2

(1)I thought you were going to shool that is located in Tokyoはmasmasさん のおっしゃる通り、I thought「 that」 you were going to shool that is located in Tokyo. に書き換えられます。 I thought「 that」のthatは接続詞です。 これに対し、 shool thatのthatは関係代名詞です。 名詞schoolの補語としての役割を果てしているので、時制の一致とは何の関係もありません。 文法的にはこの2つの文章は可能です。 (A)I thought you were going to shool that is located in Tokyo. (B)I thought you were going to shool that was located in Tokyo. ただ、ニュアンスは違うでしょね。 (A)は学校が今も東京にあることを話者がハッキリ認識してします。 (B)は今は東京にはない、または、あるかないか知らない、あるいは、ない可能性を示唆している、ニュアンスがあります。 実際はこう言う風にはいわないと思います。 (A)の場合は、(C)I thought you were going to shool in Tokyo.    でしょうし。 (B)の場合は、(D)I thought you were going to shool 、which was  in Tokyo before.    でしょうね。 学校のロケーションが些事ならば、(C)でしょうし、(D)はあえて、以前東京にあった事に触れている印象を与えます。 ただ、(A)~(D)いづれも、実際に「you」が東京の学校にいったか(今現在行っているのか)どうかは分かりません。ある過去の時点で、私はおなたが~するつもりだと考えていた、という事だけです。まぁ、行かなかったというニュアンスが言外にあることはありますが。 (2)ダブルthat節については、追記します。基本的のは「時制の一致」に したがいますが、「時制の一致」後の文章から元の文章に戻すと、文法的に数パターンが成立してしまいます。例文をこれから、考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなってすみません、ありがとうございます。 ダブルthat節ってなんだろう? とても楽しみです。 僕の混乱は恐らく、名詞の補語としての役割としての動詞と 従属節の時制の一致を同じものと考えていたためだと思います。 マニアックな質問まだまだあるので そのときもよろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#1019
noname#1019

I thought you were going to school that is located in Tokyo. は、I thought that you were going to shool that is located in Tokyo. に書き換えることができます。ですから主節の動詞 thought に従属するthat節は、that you were going to....になります。ですから、この文は主節と従属節の時制が一致していると言えます。going to school の school は、that節の中の補語の一部ですから、主節の動詞に時制が一致しなくてもいいのです。意味的にも、その学校が現在も東京に存在していてもおかしくないわけですから。文章自体は過去形ですが、言っている本人は現在の時点から言っているわけですから、矛盾しないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなってすみません。ありがとうございました。 関係詞で結ばれる時の動詞は時制の一致を 受けないと考えるとしっくりしました。

関連するQ&A

  • これは時制の一致ですか?

    It was such a boring speech that Mr. Anderson fell asleep. それはとてもつまらないスピーチだったので、アンダーソンさんは寝てしまった。 主節が過去形で従属節も過去形という形なので、 時制の一致と理解すると従属節部分は現在で訳し、「アンダーソンさんは寝る」となりますが、 その訳は明らかにおかしいと思います。この場合、時制の一致は関係ないと理解すればよいのでしょうか? そうであれば、時制の一致は主節と従属節があり、時の副詞節でない場合に使われると理解していたのですが、この場合になぜ時制の一致は関係ないのでしょうか?

  • 時制の一致に関して

    時制の一致に関して ラジオ英会話10月号のテキスト中に ジェインのように自分を思ってくれる人はいなかったと思うと、ディックは微笑んだ。 Dick smiled at the thought (that) no one ever cared for him the Jane does. という文がありますが、Jane does が Jane did でないのはなぜでしょうか? no one 以降は従属節であり、主節の時制が過去形である以上、意味が現在であろうとも過去形を用いるのが時制の一致の基本だと思っていたのですが、混乱しています。

  • 時制の一致

    I thought my son has outgrown that. 主節の動詞が過去の時、従属節の動詞に時制の一致がおこると思うのですが、この場合どうして一致しないのでしょうか。  

  • 時制の一致

    He has just said that trial (is going to) continue tomorrow at 9AM. この文章で、( )内が時制の一致を受けずに現在形になっています。現在の状況(これから裁判を続ける)がわかるのですが、このように現在の状況がわかりやすいように、時制の一致を無視する場合があると知りました。 でもそうなると、毎回無視しなくてはいけなくなるのでは?と思ってしまいます。(I thought he would like it.ではなくて、I thought he will like it.など) また、他でこういった例文を探したところ、I said.....という文でした。 これは動詞がsayのときに起こりすいのでしょうか? 上にあげた文のように現在完了の文の時に、時制の一致はそもそも起きるのでしょうか? おきるとすると、その場合は、過去に変換されるのでしょうか?それとも文意に従うのでしょうか?  例: I have told you that he didn't like me. (時制の一致??) のようになるかと思うのですが。。 よろしくお願いします。

  • 時制の一致について

    I heard from him earlier that the plan was going to be canceled. 上記の文ですが「彼から前にこのプランはキャンセルされることになっている」 と聞きましたと言う場合はthat以降は時制の一致で過去形になりますでしょうか? この例文の場合「was going to」するとするつもりだったが実際はしなかったと言うように受け取れるような気がします。 実際nativeは時制の一致を行わず現在形を使っている場合もあると思うのですがいかがでしょうか? I heard from him earlier that the plan had been going to be canceled. had beenにするとどのようになりますでしょうか? 文法上はHe said "The plan was going to be canceled" と同じになるので そのときの時点ではキャンセルされる予定だったとなる認識でよろしいでしょうか?

  • mayの時制の一致について

    mayの時制の一致について 本当に基本的な質問でお恥ずかしいのですがご教授願います。 英語の時制の一致で、例えば主節が過去形であれば従属節をwillならwouldとしますよね。 それと同じ感覚でmayならmightとするようですが、この場合にはmayとmightの可能性の違いがわからなくなってしまうのではないのでしょうか。 すみません。 うまくいえないのですが・・・ 例えば I thought that it might be true. であれば、実はmayの可能性のつもりで語ったのにも関わらず時制の一致でmightとされてしまい、可能性がmay→mightと下がってしまってはいないのでしょうか。 それに、最初からmightの可能性で考えていた場合との区別ができなくなってしまいますよね。 すみません。 言いたいこと伝わったでしょうか。 わかりにくい文章で失礼いたしました。

  • 時制

    先ほどメールで友人にはじめはあなたは厳しいと思ってましたが今はあなたは予想以上に優しいという事がわかりました。 at first I thought that you were tough but now I realized you are kinder than I had expected. i had thoughtとここは過去分詞を使う必要はないですよね?? 後you are kinderと今も状態が続いてるので時制の一致は無視したんですが問題ないですか?? すいませんが教えて下さい(T_T) 文法あまり確信なくて…

  • 時制についてですが

    (1)I'm going to live alone after (graduate) from university. ⇒graduated (2)If you (like) that cheese, I (bring) you some more tomorrow. ⇒? ⇒will bring 上記カッコの中を適切な時制に変えなければならないのですが、 (1)については”卒業した後で一人暮らしをする予定”と考え過去形にしました。 (2)については”like”はそのまま時制を変えなくてもよい気がしていずれも悩んでいます。 どなたか分かる方アドバイスお願いいたします。

  • 時制の一致

    時制の一致についてです。 That節においてですが主節の動詞が過去形になればThat節の動詞も過去形になりますよね。(時制の一致) それでなのですがこの時制の一致はThat節においてのみ起こるのでしょうか。 Because節、If節、When節・・・など全ての接続詞の節において言えることなのでしょうか。 ご存知の方教えてください

  • 大過去や過去完了、時制の一致など

    達也は昨日見た映画について、(昨日より前に)私に話をしてくれた。 Tatsuya had told me about the movie he saw yesterday.・・・1 という文章は文法的に合ってますか?主節が過去完了形、従属節が過去形です。昨日より前に「その映画を楽しみにしてる」とか「あそこは小説とどう違っているだろう」とかいろいろ映画を見てなくても話せると思います。 時制を進めると、 達也は今見ている映画について、(過去に)私に話をしてくれた。 Tatsuya told me about the movie he is seeing now.・・・2 となると思います。主節が過去形ですが、従属節は現在形です。これでは時制の一致に合わないと思いますが、ロイヤルP733の例外事項「現在の状態」になるのでしょうか。 時制の一致の例外の2の文を、主節の時制をさらに過去にした1のようにするのは、ありなのかよくわかりません。 1や2の文が問題ないのか、問題があればその理由も分かる方、ご回答よろしくお願いします。