• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

時制の一致

時制の一致についてです。 That節においてですが主節の動詞が過去形になればThat節の動詞も過去形になりますよね。(時制の一致) それでなのですがこの時制の一致はThat節においてのみ起こるのでしょうか。 Because節、If節、When節・・・など全ての接続詞の節において言えることなのでしょうか。 ご存知の方教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1261
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

No.1 です。 追加質問について、 副詞節のif, when とbecauseでは、時制の一致を考える必要はないでしょう。 if の時、「もし過去に ~ なら、今 ~なのに」はある     when   「~したとき、 もう~してしまっていた。」もある because 「~したので、今 ~である。」 など 名詞節の if , when は時制の一致を考える必要があるでしょう。 1。 「君はいつ仕事を始めるのか」と彼が私に聞いた。     He asked me when I would start the work. (前に述べたように would → will の可能性有り) 2.「君はいつ仕事を始めたのか」彼が私に聞いた。     He asked me when I had started the work. 3.「彼女は僕を好きなのだろうか」と彼は私に聞いた。     He asked me if he liked me. など

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなってしまいすみません。 ありがとうございました

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

全てに起こるわけではありません。 He said that he loved her. (彼は彼女が好きだと言った) の文で、  loved になるのは、彼が言ったときと好きだったときがおなじで、どちらも過去だからです。 もし今から少し前に「彼女が好きだ」といって、まだ心変わりしたはずもなく今も彼女を彼が好きである事を知っていたら He said that he loves her. という可能性もあります。 英語の時制は、全ての動詞に対して、今から見て過去なら過去にします。 ただ過去より古いことを言いたいときの過去完了のことも別に考えねばなりませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 格言や過去からの普遍の事実、とかいうものですよね。 *追加質問* お時間あればご回答いただきたいです。 どの参考書も時制の一致をThatを用いて説明してあるのでWhen、If、Becauseなどの節においても時制の一致が起こるのかわからないです。 よろしくお願いします

関連するQ&A

  • これは時制の一致ですか?

    It was such a boring speech that Mr. Anderson fell asleep. それはとてもつまらないスピーチだったので、アンダーソンさんは寝てしまった。 主節が過去形で従属節も過去形という形なので、 時制の一致と理解すると従属節部分は現在で訳し、「アンダーソンさんは寝る」となりますが、 その訳は明らかにおかしいと思います。この場合、時制の一致は関係ないと理解すればよいのでしょうか? そうであれば、時制の一致は主節と従属節があり、時の副詞節でない場合に使われると理解していたのですが、この場合になぜ時制の一致は関係ないのでしょうか?

  • 時制の一致

    I thought my son has outgrown that. 主節の動詞が過去の時、従属節の動詞に時制の一致がおこると思うのですが、この場合どうして一致しないのでしょうか。  

  • 過去と時制の一致の関係がいまいちよく分かりません

    You ( ) his face when I told him the news yesterday. (1)may see (2)ought to see (3)might see (4)should have seen (4)番が正解らしいのですが、どうして(3)番ではだめなのかが分かりません。 時制の一致で、when以下が過去形だから、カッコの中に入るのも時制の一致を受けて ”might see” でも良いとも考えられるのではないか、とどうしても思えてしまい、頭の中がすっきりしません。 一応、might+V が現在の時制を表すことは知っています。また、should have+過去分詞が、「(過去に)~すべきだったのだが」と過去を示す時制だということも分かっています。 それでもなお、時制の一致ということで、一方の節が過去ならば、もう一方の節も may→might で過去形に変換すればそれも間違いではない、と思えるのです。 どなたかお答え願えれば幸いです。

  • 時制の一致に関して

    時制の一致に関して ラジオ英会話10月号のテキスト中に ジェインのように自分を思ってくれる人はいなかったと思うと、ディックは微笑んだ。 Dick smiled at the thought (that) no one ever cared for him the Jane does. という文がありますが、Jane does が Jane did でないのはなぜでしょうか? no one 以降は従属節であり、主節の時制が過去形である以上、意味が現在であろうとも過去形を用いるのが時制の一致の基本だと思っていたのですが、混乱しています。

  • 時制の一致がおこる動詞を教えてください。

    時制の一致がおこる動詞には、どんなものがあるのでしょうか。 文法書にはよく、He said 何々、She believed 何々、 She answered 何々、とあるので、say、believe や answer の場合、あとに続く文章の中の動詞が、最初の動詞の時制の変化を受けて過去形になったりするのだな、と分かります。 でも say, believe, answer の他にも、時制の一致がおこる動詞はありますよね?たとえば、時制の一致(と話法?)のところを見ても、hope を使った文章は見当たりません。ですが、「彼は彼女が来ればいいなと思った(希望した)」という日本語を英語に訳すと、He hoped that she would come. となるのでしょうか?それとも hope では時制の一致はおこらず、He hoped that she will come. となるのでしょうか? 質問の内容自体、うまく書けないのですが、上記のhopeのことに限らず、時制の一致がおこる動詞の一覧表のようなものがあるといいと思うのですが、私が探す限りは見つかりません。ご存じの方がいらっしゃたらどうぞ教えてください。お願いします。 

  • 時制の一致について

    「彼女は子供が好きなので教師になった。」 この英作を考える時に、 She became a teacher because she liked children. だと思います。主節の時制が従属節と一致するわけですよね? ただ今の子供が好きであると考えればlikeは現在形、もしくは 現在完了形のほうが自然な気がします。 やはり、文法通りlikeを過去形にするのが普通なのでしょうか。

  • 助動詞の時制の一致

    時制の一致についてですが、 主節が現在から過去になるとき、従節は現在ならば過去に、過去ならば過去完了になり、最初から過去完了のときはそれ以上変化しない。従節に助動詞がある場合には助動詞を過去時制にする。 と、文法書には書いてあるのですが、最初から従節が助動詞の過去時制の場合、どうやって時制の一致するのでしょうか。変化しなくてよいのでしょうか。 また、従節が入れ子になって時制が何段階にもなる場合、普通は「現在→過去→過去完了→それ以上は変えない」ですが、助動詞の場合は「現在形→過去形」でそれ以上は変化しなくてよいのでしょうか。 具体例があっての疑問ではないので、見当違いなことを聞いていたら恐縮なんですが、ふと疑問に思ったので・・・。助動詞の時制の一致について詳しく教えていただけると幸いです。

  • 時制の一致

    時制の一致の定義がいまいちつかめません。 参考書に書かれているものに関しては理解できるのですが(I said that......, I thought that he was ill= I think that he is ill etc) 例えば、接続詞がついた文にも 時制の一致は起きますか? Even though the exchange rate was high, we had to buy from them. これは 時制の一致のhad なのでしょうか?(時制の一致と説明を受けました。)   他にいい例文が出ないので、質問の意味がお分かりにならないかもしれませんが、時制の一致について、詳しく教えていただけますでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • mayの時制の一致について

    mayの時制の一致について 本当に基本的な質問でお恥ずかしいのですがご教授願います。 英語の時制の一致で、例えば主節が過去形であれば従属節をwillならwouldとしますよね。 それと同じ感覚でmayならmightとするようですが、この場合にはmayとmightの可能性の違いがわからなくなってしまうのではないのでしょうか。 すみません。 うまくいえないのですが・・・ 例えば I thought that it might be true. であれば、実はmayの可能性のつもりで語ったのにも関わらず時制の一致でmightとされてしまい、可能性がmay→mightと下がってしまってはいないのでしょうか。 それに、最初からmightの可能性で考えていた場合との区別ができなくなってしまいますよね。 すみません。 言いたいこと伝わったでしょうか。 わかりにくい文章で失礼いたしました。

  • 時制の一致

    時制の一致について勉強しています。 下記のような文章があるのですが、whoの後ろにあるwouldは過去形と思いますが、いわゆる「時制の一致」と解釈すればよいのでしょうか? つまり、従属節に関係代名詞の文続く場合、関係詞の後ろの助動詞も時制の一致の対象となるのか?というのが知りたいです。 He said their cases would now be sent to an investigating judge who would decide how to proceed. If convicted they face lengthy jail terms. へんな質問かもしれませんが、どうか教えてやってください。 よろしくお願いします。