• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

仮定法の時制について

時制の違いで意味が捉えにくいのですが… (1)I wish I knew something about the matter. (2)I wished I knew something about the matter. (3)I wish I had known something about the matter then. (4)I wished I had known somethng about the matter then. 同様に… (1)She looks as if she saw a ghost. (2)She looked as if she saw a ghost. (3)She looks as if she had seen a ghost. (4)She looked as if she had seen a ghost. (1)は、典型的な仮定法ですよね? (2)は単なる時制の一致でしょうか? (3)が全く意味不明で、主節が現在なのに、何故、 従属節にhadを使えるのでしょう? (4)の従属節は、主節の過去形に合わせた仮定法過去完了? それとも時制の一致? お手数ですが、それぞれのニュアンスの違いをご教授頂ければと思っております。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数142
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3502/7239)

> I wish I knew something about the matter.  「そのことについてなにがしかのことを知ってたら (助かっただろうに) なぁ」 と、現在の時点において過去を振り返っている。 > I wished I knew something about the matter.  「そのことについてなにがしかのことを知っていたら (助かっただろうに) なぁと思った」 と、過去の時点における自分の心境を述べている。 > I wish I had known something about the matter then.  「あの時に、既にそのことについてなにがしかのことを知っていれば (助かっただろうに) なぁと思う」 と、現在の時点における自分の心境を述べている。過去のある時点を想定して、その時点よりも以前に知っていれば (すなわち既知の事柄となっていれば) なぁという感慨。つまり、過去のその時点で知ったのでは遅かったということを現在の時点で回顧している。 > I wished I had known somethng about the matter then.  「既にそのことについてなにがしかのことを知っていれば (助かっただろうに) なぁとその時に思った」 と、過去のある時点における自分の心境を述べている。これも上の文と同様に、過去のある時点に知ったのでは遅すぎたわけで、過去のその時点において悔しい思いなどを抱いたということを述べている。 > She looks as if she saw a ghost.  「彼女はまるで幽霊でも見たかのような様子に見える」 ということで、現在の 「彼女」 の有様を描写している。 > She looked as if she saw a ghost.  「彼女はまるで幽霊でも見たかのような様子に見えた」 ということで、話し手が 「彼女」 を見た過去の時点を振り返って、その時の印象を述べている。 > She looks as if she had seen a ghost.  「彼女はまるで幽霊でも見てきたかのような様子に見える」 ということで、「彼女が幽霊を見た」 のは、過去のある時点のことであり、「幽霊を見る」 という経験を経て現在に至るという、時間の経過を意識させる述べ方になっている。 > She looked as if she had seen a ghost.  「彼女はまるで幽霊を見てきたかのような様子に見えた」 ということで、「彼女が幽霊を見た」 のは、話し手が 「彼女」 を見た過去のある時点よりも前のことである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

素晴らしい!詳細な解説ありがとうございます! (3)「彼女はまるで幽霊でも見てきたかのような様子に見える」の訳出が秀逸で、 解りやすかったです。 例文では、過去のある時点が文中で明示されておらず、意味を取りにくかったのですが、 スッキリしました。ありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

wish という単語自体は仮定法ではないのですが、その後に that 節(that はほぼ省略)くるとその内容は仮定法となります。 (1)は wish と望んでいるのは今。 knew という仮定法過去で今のこと。 彼女が知っていれば、という内容は今知っているならなあ。 (3)は易しいです。 wish と望んでいるのは今。 had known は仮定法過去完了で過去のこと。 あの時知っていればなあ。 残念がっているのは今。 知らなかったのは過去。 I'm sorry she DID not know ~. (2)は wished と望んだのが過去。 そして、knew という過去は時制の一致でなく、仮定法過去です。 仮定法過去は過去形で今のことと習いますが、 実際には問題になっている時制と同一を表します。 wished でなく thought などであれば時制の一致になるところが、 wish はそうでなく、仮定法としての過去 knew で wished の過去と同時点。 だから、時制の一致がない日本語では あの時望んだ、彼女が知っていればなあ。 この知っていれば、は wished と同時点。 仮定法は時制の一致を受けない。 仮定法過去の過去形は時制の一致による過去形とは別の世界にあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

鋭い指摘ありがとうございます。 had knownは仮定法過去完了でしたか。 そうと分かれば、上手く処理できそうです。 時制には苦しむことが多いのですが、 前後関係を丁寧に見つめれば、 意外と、攻略出来そうですね。

関連するQ&A

  • 仮定法の時制

    仮定法の時制についてです。よく、 1) I wish I were rich now. 2) I wish I had been rich then. 3) I wished I were rich then. 4) I wished I had been rich then. や、 1)You look as if you saw a ghost 2) You look as if you had seen a ghost. 3You looked as if saw a ghost. 4)You looked as if you had seen a ghost. などを例に、 「仮定していることが主節(wish, look)と同時期なら過去形、主節より前なら過去完了形」という説明があると思います。これと同じものはwish、as if以外に、仮定法で他にありますか。 I wonder if~ではこのような説明はありますか。 教えていただければと思います。

  • 仮定法の時制

    What would you do if I said I love you. (もし、好きっていったらどうする。) My mother would freak out if she knew I was going up there with you. (もしママが、僕と君がそこへ行くことをしったら、カンカンにおこるだろう。) 上記の2つの文はどちらも、映画のセリフです。仮定法過去だと思いますが、If 節のsaidやknewが過去形なのは理解できますが、それに続く文は、上はloveと現在形、下はwasと過去形になっています。 仮定法過去でif節の中の主節の時制は過去だと思いますが、従属節?の時制も仮定法の時制にひっぱられて、過去形になるのか、それとも仮定法の時制とは独立していて、現在形になるのか、教えてください。

  • as if節の仮定法の是非について

    she talked as if she ( ) me. の四択で 1. always knows 2. had always known 3. has always known 4. would always have known 答は2.になります。なぜ2.で他がダメな理由かを知りたいです。 参考書には as if節は主節の動詞より同じ時間であれば過去時制、以前の事柄であれば過去完了時制 とあり、 She talked as if she knew everything (彼女は何でも知ってるかのように話した) She talks as if she knew eveerything (彼女は何でも知ってるかのように話す) と例文まで載っています。ですからb.はマズイと思うのですが、 どうなんでしょうか。 そして選択肢にないのですが as if she knew meならダメでしょうか。 またalwaysは習慣を表す語だと思うので完了形は使えない と思うのですが、どうなのでしょうか。 先生に聞くと「as if節は別に仮定法でなくてもいい」と 言ってました。ならば選択肢が全ていけることになりますよね!? 有識者の人解説を下さいお願いします!

  • 高1 英語 仮定法

    高1 英語 仮定法の問題です! 少し多いですが、お願いします(^^;; ( ) の語句を適当な形に変えて、英文を完成させなさい。という問題です! 1.My girlfriend lives abroad. I wish she ( write ) me more frequently. 2.Wow, everything looks delicious! I wish I ( not eat ) so much for lunch. 3.When I visited France, I wished I ( can speak ) French. 4.She bahaves as if she ( be ) still in her twenties. 5.You look as if you ( lose ) something precious. What happened? ( )の語句を並び替えて、英文を完成させなさい。という問題です! 6.I wish (speak/ fluently/ could/ I/ English/ more) 7.She bahaves ( a princess/ if/ she/ as/ were) 8.I wish ( studied/ harder/ had/ math/ I) when I was in high school. 9.He knew a lot about Italy,( as/ he/ had/ if/ there/ lived) for a long time. 以上の九問です! お願いします!

  • 仮定法の時制

    仮定法の時制について、次の2つの英文のどちらが正しいのでしょうか? 私は(1)だと思ったのですが、正解は(2)でした。解説には、as if 以下を仮定法過去完了<had known>にするのは、<for a long time>だからということでしたが、私にはイマイチ理解できません。どなたか教えてください。 (1)I feel as if I have known her for a long time. (2)I feel as if I had known her for a long time.

  • 仮定法の主節中の目的節の時制

    仮定法の主節中の目的節の時制について教えてください。 たとえば、 1.To hear him talk, you would think he knew all about the secret. 2.I wish I could buy anything I wanted. 以上のknew, wantedについて、通常、どのような説明がされているのでしょうか。普通にwould, couldにあわせて過去形にする(時制の一致)と考えてよいのでしょうか。

  • 仮定法の形

    「あのとき君の忠告にしたがっていたら、今こんなに苦しんでいなかったのに」という文を英作します。 まず、英作をするとき仮定法なのか直接法なのかを判断。 過ぎ去った過去について起こってない話→現実ではない話→仮定法 よってまず、仮定法を考える時は主節の形からそれよりも前なのか同じなのかにより従属節内の形が決まるのでまずは主節の時制を考える。 まず、主節は現在なので主節の仮定法は時制を1つずらすことにより表現するので I shall not be suffering like this now ↓ I should not be suffering like this now さらに副詞節は苦しんでいるだろうという時制よりもまえなので 仮定法過去完了。よって、If I had followed your advice then となります。よって If I had followed your advice then、I should not be suffering like this nowとなると考えたんですがI shall not be suffering like this nowの部分がshould でも直接法で考えるとあり得るため、 時制をずらすとどうなってしまうのか疑問です。 後、間違っていると思う点がありましたら、教えて下さい

  • 「まるで幽霊を見たかのようだ」は?

    「彼女はまるで幽霊を見たかのような顔をしている」は英訳すると、実際は(現在)見ていないのだから、She looks as if she saw a ghost.でしょうか。実際は(過去に)見ていないのだから、She looks as if she had seen a ghost.となりますか。よろしくお願いします。

  • 仮定法でわからないところがあります.

    Q1:「彼はまるで暴君のように振舞った.」に適する英文を選ぶ問題の答えに [He behaved as if he were a tyrant.] とありました. [as+if+主語+過去形]で「まるで~のように」は今のことを表すときに使われ,[as+if+主語+had+過去分詞]で「まるで~だったように」と訳す気がします. この場合,日本語では「まるで暴君のように」ですが英語の時制的に[as+if+主語+had+過去分詞]のような気がします. 仮定法においては時制が日本語と同じなのですか? Q2:He looks as if he had eaten nothing since yesterday.という例文がありました.意味として「彼はまるで昨日から何も食べていないかのように見える.」とありました. これには[as+if+主語+had+過去分詞]の構文が使われている.とあるのですが,この[had]は[as+if+主語+過去形]の構文と完了形がくっついたものではないかと思っています.どちらですか?

  • 仮定法:主節と従属節の時制の関係について

    仮定法の学習において今まで、特に意識せず主節とif節の時制を合わせたり、完了形でそろえて使っていました。 例)I would call Lisa if I had her number. I would have called Lisa if I'd had her number. しかし、文法書の仮定法のセクションで、There are many things I'd like to do if I had more time. という例文があり、仮定法の文で主節の動詞がareが使われ現在形になっていることに疑問を覚えました。この文を、 There are many things[ I'd like to do if I had more time]. とif節までmany thingsを修飾している節の一部だと考えてみるといいのではないかとも考えてみたのですが、インターネット検索で、 There's so many things I want to do if I had one normal day. といった文章がいくつか見つかり、上の考え方では解決はできないとわかりました。 仮定法の文において主節とif節の時制が一致しない場合とはどのようなときに起こる用法なのでしょうか? 上手でない説明で申し訳ありません。 わかる方がいましたらご説明よろしくお願いします。