• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

フランジ物の研削

研削については素人です。 外径Φ150~200、内径Φ40~50のプーリーのボス部、外径Φ60~80を研削で仕上る必要があります。 ワーク重量3~4kg 数量約3000個/月 今はNC旋盤にこれhttp://www.uht.co.jp/products_grinding/grinding_gu1.htmlを 取付けて加工していますが効率が悪いため円筒研削盤での加工を検討しています。 カタログ等を見ると円筒研削盤は両センタで加工することを前提に作られている様です。 写真を見ると主軸が華奢でチャックなど取り付きそうもありません。 似た様な加工をしたことがある方、良いアイデアがある方があれば教えていただきたいと思います。 わかりづらかったかもしれません。 申し訳ありません。 下のような形状です。   ↓約Φ170 ┌───┐ │   │ │   │↓約Φ70 │   └─┐ │     │ └─────┘   ↑約Φ40 ┌─────┐ │     │ │   ┌─┘ │   │ │   │ └───┘ 約Φ70の部分を研削します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数105
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

 #1です。 H7でΦ40ですと+0.000/+0.025ですよね。  弊社では、心金を使う際は、客先の指定如何に拘らず、目標値+/-0.002 程度に抑える様にしています。(外径の円筒度を出す為)  内径の寸法公差もですが、心金/内径の面粗度、摩滅による変形等に 気を、使っています。(外径の真円度/同軸度/円周振れ等の客先指定公差を 守る為と、ワークと心金の喰いつきの防止)  心金を使う加工は、加工全体から見ると、多くはありません。 同軸度がウルサイ加工は、外研/内研をセットで請ける様にしています。 そしてケレが、掛けられる物は、客先指定(心金は、客先持ち)でない限り 心金は、使わない様にしています。  例外も有りますけど・・トホホ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座います。 簡単に心金でと考えていましたがなかなか大変そうですね。 勉強になりました。 近いうちに加工テストができそうなのでいろいろやってみます。 度々有難う御座いました。 また機会がありましたらよろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

 #1です。 ケレを銜えさせる所が、無いときは、心金を使い心金にケレを銜えさせます。 この時は、最初に内径研削を先に行います。 工人さんの文中の主軸とは、旋盤の主軸のこと? センターをチャックで銜え同時にワークを回す(回転センター)のイメージ であれば、精度を出すのに細心の注意が必要と思います。 ご存知とおもいますが、芯金は、テーパ付きにですので、3000/月では、 消耗品ですね、  又、主軸(センター)がΦ14で華奢? 使用した事が無いので判りません。 一般の研削盤では、数ミリのセンター穴と、Φ40程度のセンターの先端数ミリで 数十キロのワークを、研削してます。(ただ、センターじしんは、テーパーシャンクでガッチリ主軸台に固定されています。) これは、私の、私見ですが、「もちは、やはり餅屋に・・」  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たびたび有難う御座います。 知識不足と文章の表現が下手で誤解させたようです。 申し訳ありません。 旋盤ではなく研削盤での考えでした。 >ケレを銜えさせる所が、無いときは、心金を使い心金にケレを銜えさせます。 >この時は、最初に内径研削を先に行います。 内径を前工程の旋削でH7に仕上る予定です。 H7の内径に心金を通して外径を円筒研削盤で加工できるでしょうか? >「もちは、やはり餅屋に・・」 工場内の物の流れを考えると社内で加工したいと考えています。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

 #1です。 ご存知とおもいますが、円錐形の普通のセンターでは、Φ40だと、ギリギリか 内部に入り込みますので、主軸側、芯押し台とも 先端部(首)がΦ50の円錐台形のセンターでハサミ、研削します。 同芯が必要な外径で無いほうを、チャックで、銜え同心が必要な部分を ダイヤルゲージで当たり、芯だしし、内径を研削する。 これを1台の研削機で行うなら、万能円筒研削盤になります。(チャック 、内径用スピンドルの着脱が必要) 弊社では、別々の機械でしてますが、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答有難う御座います。 できれば主軸にチャック又はジグを取付けて加工できればと考えていますがジグとワークで10kg以上になると思いますので機械的に問題ないかどうか(機種にもよると思いますが) できなければ内径にジグ(心金)を入れてそのジグを両センタで支えて加工できないかと思っていますが どうでしょうか?

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

 初めまして 研削屋です! 研削する部分がイマイチ理解出来ないのですが? センターを、掛ける部分は、内径40-50の部分? 外径(円筒)研削盤も大小あり機種によりセンターの太さも変わります、 又、センターは、回転しません。ワークは、ケレを取り付け主軸のセンターの 回りを同心円上に回るツメで回します。(上手くいえません!!) よって、通常は、旋盤の様なチャックは、使いません。  但し芯押し台とうは、旋盤等よりも剛性は、大きいと思います(?) URL みましたが、主軸は、取り付ける旋盤のチャックの様ですね。  3000/月ですと、公差、同軸度等にもよりますが、研削屋に外注したほうが 安上がりと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 内面研削の芯だし

    内面研削を担当しております。 今月から全長700外径260内径140クラスの重量物を加工することに なりました。この様な振れ止めを必要とする重量物はどのようにして芯だし をしたらよいのでしょうか。 たとえダイヤルゲージの振れがおさまっても振れ止め側がチャック側よりも 下がって回転しているせいか、振れ止め側で振動が発生します。 ちなみにチャックは四つ爪です。

  • 研削部の保護

    シャフト加工において工程の都合でどうしても外径研削後に外径を3爪チャックにてチャッキングしてフライス加工するケースがあります。 いつもは、薄い銅板とかでチャッキング部を巻いて保護しているのですが、もっと簡単で精度良く保護する方法ってあるのでしょうか?経験豊富な皆様のお知恵を貸してください。

  • 小径物円筒研削について

    円筒研削盤について質問致します。 現在センタレス研削については加工をおこなっているのですが円筒研削盤についての知識がまったくありません。φ2.5程度のSUS焼入れ材を±1ミクロンの精度にて加工したいのですが色々なメーカーさんのHP等を拝見させて頂いてももっと太い径の円筒研削盤ばかりにヒットしてしまい機械選定が出来ていない状態です。小径の加工に適した機械を作られているメーカーを御教授願いたいです。 御回答宜しく御願い致します。

  • リング加工について

    旋盤で、外径210、内径170、厚さ29の黒皮のパイプ材(S45C)で、 外径200、内径180厚さ27のリングを、三爪のパワーチャックで 加工したいのですが、圧を限界まで下げて加工しても どうしても歪んでしまいます。三爪のパワーチャックでは、加工できないのでしょうか? 何かいい方法があったら教えて下さい。ちなみに真円度が0.04です。

  • 円筒研削盤によるハードクロムメッキの研削

    円筒研削盤を使い、ハードクロムメッキの研削をしたいのですが、 加工実績が無く、砥石の選定について教えていただけませんでしょうか? 被削材の外径はφ230とφ410の2種類です。 普段はステライトNO.1を研削しています。 ステライト研削時に使用している砥石は、 形状 1A 寸法 610×75×304.8 砥粒 60 結合度 K 組織 8 結合剤 VSK-1 です。 この砥石を使って実際に研削できるかを試す時間があれば一番良いのですが、被削剤にメッキが乗って研削できる状態になるのは納期ギリギリなので、砥石の選定をしておく必要にせまられています。

  • 円筒研削の仕上がりについて

    φ60長さ250mmの外径を0、2mm円筒研削し、マイクロメーターで計測すると、きっちり材の端と端で寸法は出ているのですが、最初に計測した向きから90°回して計測すると0、01くらい細くなってしまいます。つまり偏平しているというのでしょうか。それが、主軸側だけです。心押台側はほぼ変わりません。ケレの向きからみて毎回必ず同じ方向が偏平になります。なぜでしょうか。主軸側だけというのが、わかりません。ただのフレだけではないような気がするのですが…。センターを変えても、心押台のバネの強さ、タリー時間を変えても、ドレスしてもほぼ変わりません。ちなみに周速は変更不可です。壊れているので。 材はs45cで研削盤はトヨダのGOP50?です。ちょっと古くてわかりません。主軸台のvベルトはかなり張っていました。もしかしてそれでしょうか。解決策や、経験などお聞かせください。おねがいします。

  • 旋盤と研削の仕上げ精度の境界線

    Boss内径Φ20、外形Φ34、長さ50~100 内径仕上げ精度H7(0~21μ)又はH8(0~33μ) H8の場合は旋盤加工可と思いますがH7だと研削が常識ですか。 機械精度、作業者の技術は別にして。 H7でも旋盤加工できますかね。 個人的には駄目と思ってますが。 如何でしょうか。

  • ハードクロムの平面研削

    本来の作業者が手術入院しているので代理作業の素人です。 よろしくお願いいたします。 ハードクロム肉厚0.3mm施したt30板をワイヤーカットで 外径30、内径20の円筒状に加工したテストピースを ハードクロムの部分を0.1mm平面研削しているのですが 内径と外径部の全周に0.2mm程度の欠けが発生してしまいます。 現在PA(薄ピンク色)60?っていう砥石を使って 0.002ずつ下ろしています。 何か欠けを防ぐ方法ってあるのでしょうか? 厚み公差はOKで、問題はこのハードクロムの欠けなんです。 本職はMC使ってるずぶの素人ですので 砥石の選定間違ってるとか、加工するためのヒント、答えなどの情報を 御教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 外径削りの理屈

     旋盤加工で奥行き幅が30mmでΦ4.05のSUSで外径削りの練習をしているのですが、仕上げ加工をしてもモノの先端の径がチャック側より0.03程小さかったでした。  原因は刃先の芯が旋盤の主軸より低いということは分かっているのですが、心押台でセンター押さえをしているのに何故芯が低いとこのようなテーパ形になるのでしょうか?

  • 外径350φくらいまでの加工ができるNC旋盤

    カテゴリー違いでしたら申し訳ありません。 NC旋盤修行中の身です。 ある程度覚えたら会社で新規に旋盤を購入して専属でやるのですが、 その際、外径350φくらいまで加工できるものが良いと考えてます。 現在は外径160φが限界のNCで修行しているのですが、知り合いの工場では 外径320φの加工をやっています。 聞くと350くらいまではできるらしいのですが、 外径350φくらいまでの加工ができるNC旋盤はありませんでしょうか? 芯高200くらいあるとすごく助かるのですが、150くらいでも構いません。