• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

リング加工について

旋盤で、外径210、内径170、厚さ29の黒皮のパイプ材(S45C)で、 外径200、内径180厚さ27のリングを、三爪のパワーチャックで 加工したいのですが、圧を限界まで下げて加工しても どうしても歪んでしまいます。三爪のパワーチャックでは、加工できないのでしょうか? 何かいい方法があったら教えて下さい。ちなみに真円度が0.04です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 旋盤
  • 回答数6
  • 閲覧数1785
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

まず、ワークを外径φ202、内径φ168、全長28Lに仕上げます。(歪んでいてもOK、但し最小とします。また、外径は繋ぎ目が有っても可。) 外径φ168×20L程度、ツバφ200程度の2段になっている心金を作ります。(φ200部はチャッキングします。)中央に雌ねじを切っておき(例M16)、その心金に先程のブランク状態のワークを入れ、端面にカラー(例φ200×10L、中央にφ16.5キリ穴)を当て、キャップスクリューでワークとカラーを押さえつけます。 その状態で外径を仕上げます。(歪みは出ないはずです。)その後、ワークを円形生爪で加え、内径と全長を仕上げれば、出来上がります。 上記の説明でわからないようでしたら、参考URLを辿って、メールを下さい。 FAXにて説明させて頂きます。

参考URL:
http://www.senbankakou.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい作り方、ありがとうございます。 とても勉強になりました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

心配のとおり粗挽き時の変形は出来るだけ避けなければなりません 量にもよりますが、NC旋盤で油圧チャックを使うのであれば掴む所 だけでも把握力と加工の加減が自在に出来る汎用旋盤+四つ爪チャックで 加工しNCで溶接の爪加工をすればどうでしょう もちろん汎用で粗加工を変形を出さず全て加工して仕上げをNCにしても 良いですが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

100単位なので、汎用旋盤では大変なので今回は ネジ止めで加工してみます。今後は汎用旋盤も入れた 段取りも考えてみます。貴重なご意見ありがとうございました。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

すみません、下の回答の内径ブランク仕上げはφ178でした。(心金の外径もφ178)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

こんにちは 取り敢えずそこらに転がってる鋼材で栓ゲージを作ります。 公差ゼロを長さ30mm、公差一杯の寸法を続けて10mmほどの。 歪んだら入りませんからね。確認のため。 外径を一発捨て加工します。端面もサラサラと。 Φ209.5位。 計ります。 外径の歪みは後々の加工に影響しますのでその時点で歪んでいたらまた掴み直して外径を削ります。 大体うまく歪まずに出来たら外径、端面を仕上げて内径は荒引き。 次に円形生爪を使って外径、内径、巾を完成させます。 こんなもんでどうでしょうか? 最悪の場合は円盤を掴んで填め込み、ネジ止めで加工するという手もあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!ネジ止めで加工してみます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

案1. 生爪に溶接でリングを三分割した物を付け成型し全体を均一に把握する、部分把握による変形を防ぐ。(この場合には取り代が多いですね・・・粗挽きで取りしろを1mmにはしてください。) 案2. 外径、内径それぞれの行程に合わせた寸法のリングを作る それに一部割りを入れ、ワークをそれらに入れリングごと把握する (全周当たりになりリングの強度もプラスされ変形は少ない) 案3. 素材厚みを10mm増やし、厚さ+突っ切りを残して把握する、 外径内径片側の端面を仕上げる(掴んでいる所は強度があるので変形は少ない) その後突っ切り、片側端面のみ仕上げる。 突っ切る寸前でやめ更に片面を仕上げし突っ切り落としても良い。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

以前、似たような物を、扇の爪を溶接して作り、加工したのですが、1工程目で三爪で荒挽きし、 2工程目で、扇の爪で加工したのですが、1工程目で 歪みが出ると、2工程目で扇の爪にならって歪んでしまいました。その時は治具を作って何とか加工出来ましたが、今回は治具が思いつきません。荒挽きから溶接の爪で加工したほうがいいのでしょうか? だとしたら黒皮の歪みでならって歪んでしまわないのでしょうか?ご返答お願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

円形生爪を利用してみては如何でしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

どうしても、1回目の荒挽きで円になりません。そして、円形生爪でならって歪んでしまいます。どうしたらいいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 薄肉リング加工

    外径φ235f6 内径φ220(0~+0.1)長さ44の薄肉リング形状品の旋盤加工を 検討しています。 素材はSTKM13Aφ241.8×t18×L220程度から5個取り(突切り)を考えてますが 類似品加工の実績上、扇状形状の爪を製作しパイプの変形がないよう チャッキング(三ツ爪外張り)しても切り離し後の製品は真円とならず ±0.2程度はひずんでしまいf6公差は無理なのではないかと予想します。 パイプ素材の残留応力等の影響もあるのではないかと考えておりますが 焼鈍すればよくなるのか? 材料取り、チャッキング等に問題あるのか? 同様な製品の旋盤加工している方アドバイスありましたら宜しくお願いいた します。 ちなみに旋盤は8inchのNC旋盤、20個程度の単発生産で予算が決まっている のであまりコストはかけられません。

  • 再加工について

    一度加工した素材(内径外径共に加工している)を設備より下ろした場合、 外径を再度加工しようとした場合 内径の振れが0.2ほどあった場合 これを0.0まで近づけようとしたらどうすればいいですか 爪は素材の外径をつかんでいます。 爪と素材の間に紙を挟むと0.0に近づきますが この方法はどうでしょうか ワークをチャックしているのは黒皮です。同じところで掴んでも芯が出なければ、 シムを挟んでみます。

  • リング形状の加工におけるひずみについて教えて下さい

    加工について初心者です。 外径φ400、内径φ350、板厚20mmのリングを旋削加工します。 材料はSS400、又はS45C~S55C辺りの一般鋼材です。 黒皮から削り出し。 普通寸法公差(精級)、普通幾何公差(精級)、▽で仕上がるように加工した場合、ひずみで公差範囲から外れてしまう事は考えられますか? 又、SC材のパイプから加工した場合はどうでしょうか? 御教授願います。

  • リング形状の内径真円度を向上させるには

    いつもお世話になっております。 配管用ステンレス鋼管40A(SUS304、φ48.6、厚さ4.0)を使用し 外径φ48、内径φ44(0、+0.05)、長さ15のリング形状のワークを加工すると 内外径とも歪みが出ており真円度が20~30μになってしまい 外径はともかく内径はゲージが入りません。 加工方法ではございますが、 1、バンドソーにて切断 2、内径をチャックし外径加工 3、外形をチャックし内径加工 試したこととしましては 油圧3爪チャック→円形生爪→機械変更し空圧コレットとトライしましたが あまり改善されせんでした。 また取しろ、速度、送りはいろいろ試しましたがこちらも変わらなかったです 薄肉の内径加工は実績があり、空圧のコレットを使えば 大体うまくいくのですが今回はてこずっております。 お忙しいとは思いますが、ご教示お願いいたします。 バンドソーでの切断は肉厚が4mmある為可能と判断しました。 当方ではφ48の棒材が入らない為、切断してチャッキングになります。 皆様、お忙しい中ご連絡ありがとうございます。 こんなにコメントいただいたということは、やはり簡単な加工ではないのだと 改めて思いました。 遅くなりましたが現状のご報告です。 バンドソーで切断した際の真円どの変化ですが、材料を長めに切断し 切断した側、切断していない(棒材端面)側を測定しましたが それぞれ外径が41μ、38μと変わりませんでした。 内径はVブロックに乗せピックで測りましたが振れは0.5mmでした。 現在旋盤が空かないので旋盤でのご報告は後日になりますが トライするならははは様のような長めにとって突っ切りで落とすやり方で 進めてみたいと思います。 ご連絡が遅くなりまして申し訳ございませんでした。 長さ30mmで掴んで内外径加工して突っ切りして真円度もう5μとかなり向上しました。 無垢からやったりしましたが変わらなかったです。 とても勉強になりました。ありがとうございました。

  • アルミ リング加工

    NC旋盤にて、 外径φ200(~)、内径φ180H7、厚み45プラマイ0.05 のカラーを加工しなくてはならないんですが、どういう加工方法にすればよいか迷っています。 個数 40個。 材料(パイプφ200×15t)からの手配です。 方法1.パイプ材を掴み代分長く買って、同時全加工後、突っ切り。    これだと突っ切りのときに歪む?(内径心配)。 厚み公差内に入るか? 方法2.パイプ材を47mmぐらいで購入。旋盤で、まず厚サのみを出す。 その後、爪で把握した面盤に、ワークを固定して内径を加工。(先ほど加工した端面利用し、Z方向にクランプします。)  これだと内径は歪まなさそうだが、個数たくさんあるので面倒・・。  ここまでする必要があるでしょうか? その他、加工方法ありましたらぜひご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 汎用旋盤でのリング加工

    汎用旋盤で材質sus303、外径φ80交差0から-0.05 内径φ65交差0から+0.03 厚み10mmの加工での質問です。 くわえ代30mm位、このリングを2個取りするたチャックから35mm位出しました。外径は仕上げ内径は1mm付けた状態で突っ切りました。品物が冷え、外径を測ったら歪んでました・・・これは片肉7.5mmと薄いための熱による変形でしょうか?先輩は変形するはずないっていってましたが・・・

  • A2017のリング加工について、、

    A2017材加工で苦戦しています。 外径Φ51(0-0.05)、内径Φ42、厚み12のリング形状を加工しています。 ワークΦ52X300をチャック内に入れ込み爪から20?程度出して、突切りで切り落としていますがどうしても歪んでしまいます。 チップ幅を4?から1?(溝入れ用)に変えてみたり、内径溝用(1.5幅)で内側から切り落してみたり、Φ43まで溝を入れておき(片肉0.5付けた状態)、外径内径、共に仕上げたあとに切り落としてもやはり歪んでしまいます。 突切り時の切削条件も100~400m 送り0.005~0.1の範囲でいろいろ試したのですが0.05~0.1程度の歪み具合は変わりません。 (複合機なので片肉0.5付けた状態から2.0EMでC軸を回して切り落としてみたのですが同じでした。) 内径Φ42をH7相当に仕上げ、はめあい軸h7を入れて歪ませない状態で切り落としたのですが、硬く取れない状態になり叩き出すとやはり歪んでしまいす。 A500系では上記のどの加工方法でも問題ありませんでした。 材料屋にアニール処理を相談したらA2017ではなくなると言われました。 A7075にはコスト上、変えたくないのですが何か良い加工方法はないのでしょうか?    (量産なのでトンボは考えておりません・・)

  • リングの加工について

    NC旋盤で、92パイのむく材(SK3)からL=30.外径90パイ 内径55パイのリングを作る段取りを教えて下さい。よろしくお願いします

  • 内径を加工してビビりが出て、困っています。

    NC旋盤、初心者です。材質S45Cの外径Φ112長さ154mmに内径穴Φ88.5深さ124mmとΦ44のザグリの加工しているのですが、内径にビビりが出ていて困っています。ちなみに、Φ88.5の下穴はΦ40が空いていています。爪は35mmしか掴んでいません。 内径バイトの仕上げは、Φ26の超硬バイトしかないので使用しています。 できれば、加工条件を教えて欲しいのですが(回転、送り、切り込み量)

  • 生爪の加工に関しての質問です。

    最近普通旋盤を始めたばかりの初心者なのですが、生爪の加工について質問があり投稿させていただきました。2点わからない事があります。 三つ爪チャックの生爪を加工する場合、成形リング(ダミー?)をくわえてから加工し、くわえたいワークより少し小さい寸法で削るまでは分かったのですが、削った生爪の内径寸法をどのように精確に計測すれば良いのでしょうか? 近日中にφ70の丸棒を加工しようと思っていますが、この場合、ダミーはどのくらいの外径のものをくわえればいいのでしょうか? 生爪加工を見る機会もなければやったこともありませんので、 他の注意点も含めアドバイスいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。