• 締切済み
  • 困ってます

円筒研削盤によるハードクロムメッキの研削

円筒研削盤を使い、ハードクロムメッキの研削をしたいのですが、 加工実績が無く、砥石の選定について教えていただけませんでしょうか? 被削材の外径はφ230とφ410の2種類です。 普段はステライトNO.1を研削しています。 ステライト研削時に使用している砥石は、 形状 1A 寸法 610×75×304.8 砥粒 60 結合度 K 組織 8 結合剤 VSK-1 です。 この砥石を使って実際に研削できるかを試す時間があれば一番良いのですが、被削剤にメッキが乗って研削できる状態になるのは納期ギリギリなので、砥石の選定をしておく必要にせまられています。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数771
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

聞いた話ですが、ハードクロムメッキは目詰りし易い為、荒削りの時はドレス目を荒くするそうです、目詰りすると焼けてオシャカになるので小まめにドレスするそうです。 仕上げ代は0.03mm位と言ってました。 又、C.B.N 砥石を使っている所も有ります。 (使用条件等は分かりませんけど) こんな大雑把なアドバイスでも参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答をいただき、有難うございました。 目詰まりすると焼けてオシャカになるという話はたいへん参考になりました。アドバイスをいただいたお陰で、そうならないように気をつけて作業する事ができます。仕上げ代が0.03?というのも参考になりました。 重ねて、有難うございます。

関連するQ&A

  • ハードクロムメッキの内面研削

    ハードクロムメッキ(膜厚≒80ミクロン)の処理をした製品の内面の研削をしましたが、砥石の食付きの悪さで困っています。加工状況は下記の通りです。 *製品高さ≒200ミリです。 ? マシニング(回転8000rpm)でアーバーφ40*250L先端にΦ60*20 tの砥石を付けて加工しています、砥石はGC‐46-Hです。 ? 加工液はソリュブルタイプのものです。 上記で、切込みが5μも切り込むと焼けてしまいます。 何か、砥石の選択、条件等で改善できる方法ご存知の方アドバイス願います。

  • 円筒研削でプランジカットができない

    S45Cで、φ30程度のものを0、2ミリ研削します。 手動では普通に寸法に入りますが、そのあとポジティブストップで自動で研削すると大体0、02ミリ残ります。砥石台不良ではありません。なぜかs45cの焼きが入ってたり、ステンレスなどは寸分の狂いなく研削できます。 砥石はノリタケ 砥粒19A 粒度80 結合度K 組織8 ビトリファイド 345✖️75 で、周速は無負荷で2120、ワーク周速は135です。 よくわからないのは去年までは問題なく研削できていました。それが今年になって寸法に非常にバラつきがあります。なぜかS45Cだけ…。 ただ、今年から前工程を外注に頼むようになりました。センター穴不良も多少はありましたがそれ以外な気がします。砥石が小さくなったからでしょうか? もしくは実は材料が違っているとか…。 仮にS45Cより柔い材料の場合、上記の砥石で研削した場合、こんな症状は起こりますか? 何かおわかりになる方ご教授ください。

  • 鋳物の平面研削加工について

    FC250の鋳物300×300の定盤を平面度5μ以内に入れようと平面研削(トラバース)していると砥石のもちが悪い(目づまり)ような気がします。研削後にキサゲ加工をするので荒仕上げ程度の表面粗さでいいのですが・・・研削砥石の営業マンとも話をしているのですがみなさんが使っている鋳物用の砥石を参考までに出来るだけくわしく教えてください。単純に結合度を軟らかく、組織を粗にしたらいいのか?よくわかりません。よろしくお願いします。  ちなみに、横形平面研削盤ナガセSGEー63 砥粒C 粒度46 結合度I 組織6 355×38×127 研削液はジュラロン S500N です。 

  • ハードクロムの平面研削

    本来の作業者が手術入院しているので代理作業の素人です。 よろしくお願いいたします。 ハードクロム肉厚0.3mm施したt30板をワイヤーカットで 外径30、内径20の円筒状に加工したテストピースを ハードクロムの部分を0.1mm平面研削しているのですが 内径と外径部の全周に0.2mm程度の欠けが発生してしまいます。 現在PA(薄ピンク色)60?っていう砥石を使って 0.002ずつ下ろしています。 何か欠けを防ぐ方法ってあるのでしょうか? 厚み公差はOKで、問題はこのハードクロムの欠けなんです。 本職はMC使ってるずぶの素人ですので 砥石の選定間違ってるとか、加工するためのヒント、答えなどの情報を 御教えいただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてくだ…

    SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてください 旋削加工後に、研削を要する加工があります。 弊社には、研削盤がないので研削は外注に依頼しております。 加工品の材料は支給材で熱処理済みで、材質欄には、4130と 記入されていますのでSCM 430相当材と思って加工しております。 加工品の寸法は外径φ26、内径φ22、全長25.5です。 内径の公差が±0.01で従来は、旋削で仕上げておりましたが 規格外が発生するため研削仕上げに変更いたしました。 要求面粗度は6Sです。 研削仕上げなら問題なく仕上がると思っていたのですが 研削面には砥石の食い込んだ様な跡があったりして期待通りに 仕上がっておりません。 上記の材質、寸法に適した研削砥石を教えていただけないでしょうか? 現在は、砥粒=HV、粒度=80、結合度=J、組織=9、結合剤=Vの砥石を使用されて おりました。

  • 研削砥石の選定について

    モリブデン鋼を平面研削盤で3.2S▽▽▽に仕上げる時の 砥石は何を使用すればよいでしょうか。 砥石メーカー:クレトイシ株式会社 砥石寸法:205×19×31.75 と粒/粒度/結合度/組織/結合剤などメーカー型番で ご教示いただければ幸いです。

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • 円筒研削の仕上がりについて

    φ60長さ250mmの外径を0、2mm円筒研削し、マイクロメーターで計測すると、きっちり材の端と端で寸法は出ているのですが、最初に計測した向きから90°回して計測すると0、01くらい細くなってしまいます。つまり偏平しているというのでしょうか。それが、主軸側だけです。心押台側はほぼ変わりません。ケレの向きからみて毎回必ず同じ方向が偏平になります。なぜでしょうか。主軸側だけというのが、わかりません。ただのフレだけではないような気がするのですが…。センターを変えても、心押台のバネの強さ、タリー時間を変えても、ドレスしてもほぼ変わりません。ちなみに周速は変更不可です。壊れているので。 材はs45cで研削盤はトヨダのGOP50?です。ちょっと古くてわかりません。主軸台のvベルトはかなり張っていました。もしかしてそれでしょうか。解決策や、経験などお聞かせください。おねがいします。

  • ニッケル電気鋳造パイプへのクロムメッキ

    ニッケル電気鋳造法で製作したニッケルスリーブに ハードクロムメッキをかける事は可能でしょうか。 もし可能でしたら、どこのメーカーかご存知の方が いらっしゃいましたら社名とホームページのアドレス を教えて頂けませんでしょうか。 宜しくお願い致します。 尚、寸法は内径φ500、板厚0.4mm、長さ800mmです。 メッキの厚さとしては、1015μm程度を希望します。

  • アルミ材に硬質クロムメッキ処理したロールを円研で…

    アルミ材に硬質クロムメッキ処理したロールを円研で切り込めない 初めて参加します。宜しくお願いします。 アルミ材、外径φ100・内径φ80・長さ1200の材料に硬質クロム メッキ処理した材料を、円研で全面砥石が当たるまで研磨し、その後バフ 加工してます。円筒度は10μm。 困り事は、円研で全面砥石が当たるまで(総切込み0.1~0.2mm) 研磨するのに時間が掛かることです。1本3~4時間の加工時間。 1日で2~3本の加工です。 何故、時間が掛かるかと言うと切込み量を1トラバース1μmにしている ためです。プランジでも同じく1μmです。 何故1μmしか切り込めないかというと、母材のアルミが砥石に押されて 逃げるのと、アルミ材が研磨中、急に砥石にくい込むためです。 加工状況は、 1、使用砥石:GC#60又は、CBN#170 2、砥石幅 :GC#60は35mm、CBN#170は15mm 3、切込み量:1トラバースに1μm(1プランジに1μm) 4、振れ止め:2箇所取り付け 約100本を円筒研削するので、加工に1ヶ月では・・・・・ そこで、アドバイスを頂きたい事は、 1、加工時間を短縮出来る円研の加工方法 2、円研では通常掛かる加工時間なので時間をかけて加工するしかない。 3、この様な材料は、センタレス研削でやるべき。   センタレス研削での加工方法。 4、その他、 センタレス研削盤は保有してませんが、時間短縮が可能であれば設備導入 も検討課題します。 加工終了日程の予定が立てられず困ってます。 良きアドバイスをお願いします。