• ベストアンサー
  • 困ってます

円筒研削盤について

NC円筒研削盤を使用して円筒研削を行っています。トラバース円筒研削を行った後にワークにテーパーが付いています。これを修正するのはハード的(センタ移動する機構で)に修正してしまうものなのか?NCのプログラムで行うものか、通常の見識ではどちらがいいのでしょうか?砥石幅は20mm、ワークSKS 直径12mm 長さ150mmです。また、ワークが太鼓形状になる傾向があります。それを防ぐためにはどのような研削プログラムを組めばよいでしょうか?漠然的な内容で申し訳ありませんが、何かアドバイスやヒントを頂ければと思います。よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1331
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

被研削材 SKSを研削した事がありませんが…。(専門 セラミック) テーパ形状は、通常は、芯押し軸もしくは、ベッドを旋回し、直すべき ですね。(設備により方法が異なりますが…。) 太鼓形状となる大きな原因は、 ?送り(トラバースF)速度が速い。 ?芯押し軸の押し圧が強すぎる。(補足:TOYODAの場合、設備購入時に、  硬いタイプが入ってます。)  *因みに、専門書等には、製品の重量による設定とかあるけど、そういう   机上の論理に頼らず、感じ取ろう! ?切れてない。 対策 ?振れ止めの装着 ?送り速度の見直し ?芯押し軸の押し圧を下げる。注意 押し圧をいじると、平行が狂う可能性  あり。もう一度、寸法手前で、テーパになってないか、確認。 ?砥石のドレスか選定を見直す。 補足 >これを修正するのはハード的(センタ移動する機構で)に修正してしまう >ものなのか?NCのプログラムで行うものか… 寸法が後に無い時等は、NCプログラムで逃げる時もありますね。Tan計算式 をプログラムに組み込んでおくと便利ですね…。 *補正時の符号に気を付けよう X+ | - | + Z-_________|_________Z+ ←こいつを忘れない!! | + | - | X- >どのような研削プログラムを組めばよいでしょうか プランジかまして、トラバースかな…。ただ、砥石の使い方には、 気を配ると思うな。 砥石幅20mmあるそうですが、そのどこで寸法を決めるか!?勝負つける か!?を…。難しい表現なのですが、砥石の右側に泣かして、左側で決め るみたいな…。 研削は、目で見て、耳で聞き、鼻で臭いを嗅ぎ、足元から伝わる機械の振動 を感じよう!!と今の新兵に言うと相手にされないけど…。(悲) 同じ研削仲間として、頑張ろうぜ^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。やはり振れ止めの使用を検討した方が良いのかもしれませんね。研削の場合、感性で判断するところも必要で奥が深いですね。がんばります。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

どちらのメーカーのどんな機種をお使いなのか?わかりませんが。 たぶん、研削の抵抗と機械本体の精度(傾向付)の為だとと思われます。 対策としては 1.テーブルにてテーパーを調整 2.プランジ研削とトラバース研削の組み合わせにて加工する 3.振れ止めを使用する 4.砥石の番手、種類、砥石幅 等を 研削性重視にして 抵抗を減らす 5.センター穴とセンターを再確認(市販のセンターは同芯度と真円度の悪い ものが多い様です)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。振れ止めの使用も視野に入れてみます。市販センターの同芯度が悪いとは思っても見ませんでした。確認してみます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>ワークにテーパーが付いています。これを修正するのはハード的(センタ移動する機構で)に修正してしまうものなのか? その通り、機械のセンターを移動させて、合わせます きれいに平行が出たときは、面粗さも、きれいになります 試し研削をして少しづつ、修正しますが、 経験さえ積めば3回ほどで直るとおもいます >ワークが太鼓形状になる傾向があります 送りが早いのではないかと思います あるいは、同じ座標をも一度研削してみるのもよいかと思います Zの研削方向でも傾向が違うと思います 基本はZ+だと思いますが。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答頂きありがとうございます。テーパーは修正することが出来ました。 太鼓形状はいろいろと条件を変えて研削試験してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

円筒研削に関しては実作業の経験がないので、当サイトの過去質問を見ましたが、少ないですね~ 直径12mm、長さ150mm、砥石幅20mm → ワークが太鼓形状 現象は、ワークが長細いので中ほどで逃げるからだと思います。砥石幅が大きすぎて背圧が大きくなってるのではないでしょうか? 5~10mmのものを使うか、あるいは右側を逃がすようドレスするかでマシになると思います。但し砥石の減りは早いのと面が波打つ傾向が出るかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。砥石幅を10mmにして試験研削を行っています。いろいろと研削条件を変えて試験してみます。

関連するQ&A

  • SUS304の円筒研削について

    φ16,全長300を砥石幅70ミリの円筒研削盤で0、2ミリくらいトラバース研削します。 できるだけ早く仕上げたいのですが、研削焼けしてなかなかできません。砥石は19Aで速度は変えられません。ワークの周速は135ですが、ワーク周速を上げればいいのですか?ドレスは粗めがいいのでしょうか? わかる方アドバイスお願いします。

  • 研削の加工時間

    平面研削、円筒研削(センターレス、トラバース、プランジ)、内面研削(トラバース、プランジ) 各々、一般砥石で研削する場合の加工時間の試算をする計算式をどなたか教えて頂けないでしょうか。文献等があれば、紹介して頂けないでしょうか。

  • テーパ直し

    NC研削盤にて段取り時、始めテーパが付いているので一度75幅の砥石で少し加工しどれくらいテーパがついてるか見るんですがどれくらいテーブルを動かしてよいかわかりません。例えばワーク全長が330、そのうち75幅部でテーパが0.03付いていたら全体でどれだけ動かしたすぐになおりますか??

  • 研削砥石の不具合の再現

    研削砥石について質問です。砥石には目こぼれ、目つぶれ、目詰まりといった不具合が あると思います。それぞれをわざと再現してみたいのですが、どうやっていいかわかりません。なにか方法があれば教えてください。 ちなみに、アンギュラタイプの円筒研削盤になります。 ドレスの修正切り込み量は0.03で、修正インターバルは10回で行っています。

  • ワークの周速について

     砥石周速と適正なワーク周速の関係が分かりません。ここで言う適正とはできるだけ早く研削ができ、かつ砥石が長持ちするような関係です。  砥石はΦ455(2120rpm)結合度K、粒度80、ノリタケ製です。  もちろん機械、砥石、ドレス条件で色々変わるとは思いますが大体の目安を知りたいです。  NCでないので砥石周速は変更できません。砥石周速、ワーク周速、砥石切り込み量、送り速度の関係を簡単に求められる計算式などあればおしえていただきたいのですが・・・。  例えば、S45CでΦ16、全長50?(HRC52程度)の円筒の材料を円筒研削盤でプランジ研削するとすれば、砥石周速が2700m/分とすればワーク周速、切り込み量はどれくらいが適正でしょうか。また実際にあなたが研削するとして、どれくらいで研削されていますか?  

  • セラミックの内外面研削について

    新規の仕事でセラミックの研削を構想しているところです。 外面研削についてですが、センターレスでの研削を予定してるので、1パスで作業するとしての取代、精度はどのくらいになるのでしょうか? ダイヤモンド砥石が高価でなかなか前に進みません。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか? センターレスの砥石サイズφ610×205です。 ワークの外径がφ16.2±0.002、真円度0.001、円筒度0.002です。 よろしくお願いします。

  • 円筒研削がうまくいきません

    全長200mm、材料はSUS304でNC後の研削で、フレは多くて0.02くらいです。 外径20、長さ10の頭部分があって、そこをケレでつかんで、残りは外径16mmちょいで、頭部分からヌスミが幅1mmあって、そこから長さ20mm(a部分)、のち幅2mmで外径14mmの溝があって、のち、長さ55mm(この部分の頭側をb部分)、幅2mm外径14mmの溝があって、あと端まで100mm(この部分の尻部分をc部分)あって、取り代0.2で外径16f8に幅55mmの砥石でトラバース研削します。 b部分とc部分は仕上がりが0.001~0.002の差ですが、何故かa部分はb、c部分と0.004~0.005差がでます。なぜ溝を挟むだけでこの差が生まれるのかわかりません。しかもa部分からb部分まで言うなら近いし…。 図で見ると簡単ですが言葉での説明非常にわかりにくくて申し訳ありませんが、わかることがあればお願いします。機械はトヨダのGxx?で年齢は団塊の世代くらいです。ボロだとは思いますが、他の品物ではこんな差はでません。そこがわからないんです。 まあ公差内であればいいみたいですが。

  • 研削

    円筒研削盤の加工について  加工ワークはφ30のシャフトです  研削加工時 1ミクロン以下と思われるリードが 発生してしまいます 100%発生ではないのですが ついています 振動によるものなのか ドレスの跡が 転写されてしまうのか わかりません この件について 誰かわかる方がおりましたら  どうぞ ご教授ください 追加 らせん状の形状になってると思われます ドレススピードを上げてやると 肉眼でも確認できます 面粗度がRy1.7くらいです それよりも小さい形状と推測されるのですが 見えないところが わからないにつながっているかな???  砥石形状が転写することは確実ではないかと思われる

  • 研削機で、端面R形状成形精度が出ません

    円筒研削機で、チャックでワークを掴み、Φ25の端面R300±0.1目標の加工(取り代0.2)は可能でしょうか? 砥石を成形し、端面プランジ加工をしたのですが、R±3mm程の精度でばらついてしまいます。 次は砥石の角で、コンタリングを試すつもりですが、上手くいくかどうかかなり行き詰まっています。

  • フランジ物の研削

    研削については素人です。 外径Φ150~200、内径Φ40~50のプーリーのボス部、外径Φ60~80を研削で仕上る必要があります。 ワーク重量3~4kg 数量約3000個/月 今はNC旋盤にこれhttp://www.uht.co.jp/products_grinding/grinding_gu1.htmlを 取付けて加工していますが効率が悪いため円筒研削盤での加工を検討しています。 カタログ等を見ると円筒研削盤は両センタで加工することを前提に作られている様です。 写真を見ると主軸が華奢でチャックなど取り付きそうもありません。 似た様な加工をしたことがある方、良いアイデアがある方があれば教えていただきたいと思います。 わかりづらかったかもしれません。 申し訳ありません。 下のような形状です。   ↓約Φ170 ┌───┐ │   │ │   │↓約Φ70 │   └─┐ │     │ └─────┘   ↑約Φ40 ┌─────┐ │     │ │   ┌─┘ │   │ │   │ └───┘ 約Φ70の部分を研削します。