締切済み

中国はオリジナルの技術がないのに何故経済発展できた

  • 困ってます
  • 質問No.9418176
  • 閲覧数148
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数12
  • コメント数0

お礼率 61% (29/47)

中国はオリジナルの技術がないのに何故経済発展できたのか?
中国で生産するものはパクリ、ハッキング、企業買収、ヘッドハンティングなどで独自に開発したものは殆どない。安かろう悪かろうの粗悪品で薄利多売し成金になれたのが不思議である。

回答 (全12件)

  • 回答No.12

ベストアンサー率 39% (795/2010)

>中国はオリジナルの技術がないのに何故経済発展できたのか?

世界史を振り返っても、自前の(オリジナルの)技術を開発して経済発展を遂げたのは、世界初の産業革命を成就したイギリスなど少数の事例にとどまります。

日本も含めてその他多くの国は、経済発展の初期の段階では外国の技術の助けを借りています。大事なのはそのあとで、海外の技術や資本だけに頼らず自力で経済を成長・発展させる軌道にうまく乗れるかどうかですが、中国は、鄧小平の「改革開放路線」によりこれに成功しました。教条的な社会主義計画経済をやめて、現実に即した社会主義市場経済という名称で事実上の資本主義経済の採用に踏み切ったのです。

走り始めると好循環が生まれ、貧しい農村部と都市部の経済格差は逆に「安価な労働力」という国際競争力をもたらし、世界一の人口は膨大な需要のある巨大市場となりました。ここで注目すべきことは、中国共産党が資本家の入党を認め「共産党の指導・支配を認める限り利潤の追求を妨げない」方針に舵を切ったことです。これは企業の経営者が共産党のお墨付きを得る結果となったことを意味します。労働者には抵抗する術がなくなりました。

なお、近・現代中国の科学技術は、必ずしも外国のデッドコピーだけではなく、これを元に中国流に発展させたものも相当数あります。例えば宇宙開発です。

初期のロケット開発において、当時「一枚岩」の団結を誇示したソビエトの技術がベースになっていることは言うまでもありませんが、ほどなく「中ソ対立」が激化し、ソビエトは技術を提供しなくなりました。これを中国のロケットの父と言われる銭学森らを中心に克服して1970年4月に自力で人工衛星の打ち上げに成功し、ソビエト・アメリカ・フランス・日本に次ぐ「人工衛星クラブ」の仲間に入りました。この中国の第1号衛星「東方紅1号」は、重量が170キロ以上もあり、その国の第1号衛星としては最も重いものでした。

それから半世紀近く経過し、中国は自前の宇宙実験室(天宮)と宇宙船(神舟)を使った独自の宇宙開発計画を進めています。ソビエト崩壊・冷戦の終結に伴なう経済危機が起きたため、外貨獲得のために宇宙技術も再びロシアから中国に提供されるようになりました。神舟宇宙船はロシアのソユーズによく似ていますが、たとえそうであっても、中国が独自に設計を変更した部分もあり、また打ち上げや地球周回軌道上でのドッキングなどのノウハウを獲得していることは確かです。

中国の宇宙開発計画の構想には月の有人探査も含まれていて、「再び月に人を送りたい」アメリカと競争になっています。中国の科学技術の着実な発展を、一部の中国企業が金儲けのために安易にコピー商品作りに走る(走っていた)傾向と混同して侮ることは危険です。

もちろん中国経済に関しては、深刻な大気汚染などの環境問題や、一人っ子政策の後遺症ともいえる少子高齢化による労働人口の現象などの諸問題があり、以前のような「高度成長」の継続が困難になっていることは明らかです。ただし現在の指導部はこれを十分承知していて、「新常態」と呼ぶ安定成長路線への軌道修正を図っています。これがうまくいくかどうかは今のところ判断が難しい状態です。

中江兆民が100年以上昔に警鐘を鳴らした通り、昔から日本にはむやみに外国を恐れる「恐外病」と逆に根拠もなく外国を軽蔑する「侮外病」という両極端の国民感情が存在します。現在の中国に関しても然りです。「恐中病」にも「侮中病」にも罹患することなく冷静に中国経済を観察・評価する必要があります。これは現在の中国の対外政策や国内の人権状況に対する評価とは分けて考えるべき問題です。  

「士別れて三日なれば、即ち当に刮目して相待つべし」という有名な言葉(呉の武将・呂蒙が同じく呉の武将・魯粛に言った言葉とされる)「十八史略」などにあります。「有為の人物は別れて三日後に会ったときには、目をこすって見直さなければならない。必ず進歩しているものだ」という意味ですが、中国経済にも当てはまるかもしれません。
補足コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

やっと中国の1人勝ち貿易にペナルティーが下される時が来るかも知れません。
それはトランプ大統領による1月30日の一般教書発表時に、中国へ知財権侵害を理由に巨額の罰金を課すと発言。ロイターとのインタビューで語った。米中の貿易戦争は、ついに火ぶたが切られる。世界市場(株式・為替)への影響は必至とみられる。
つまり諸悪の根源は中国!タダで他国の知的財産を勝手に使う図図しい中国は知財権侵害ではなく知財権泥棒である。
放っておけば付け上がる国は資本主義社会のお仕置きが必要である。
中国のバブル国家を昔の乞食国家に戻らせるには知的経済制裁による軍事費抹殺が有効。では秒読み開始!
投稿日時 - 2018-01-18 20:17:15
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

なかなか広い見識ある意見について感謝します。私の個人的な考えとしては、我々が教えたことを悪用されている面があることです。例えば、溶接の技術を教えれば潜水艦や軍艦に使って、周辺国特に日本の尖閣諸島などに脅威を与える。他にも沢山ありますが。何で我々が教えたことで我々に脅威を与えるのか。韓国や中国は日本を利用するだけ利用してその返礼が反日です。「他人のものは自分のモノ、自分のものは自分のモノ」と言う感じです。全く中韓は信用できません。
投稿日時 - 2018-01-18 00:25:33
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.11

ベストアンサー率 31% (854/2675)

他カテゴリのカテゴリマスター
大量の安い使い捨ての人材 それだけでしょう。
カルロスゴーンのような 高額の給料を取る 社長 株主 などという存在はいないので
利益を全て政府が吸い上げることができる。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

そうです。中国政府は人民を道具として利用して使い捨てです。人民が稼いだ利益を吸い上げて軍事費に使い、一路一帯妄想でアヘン戦争や植民地にされた逆襲による覇権国家を目指している。だから中国は周辺国の領海領土を不法侵入して勝手に軍事施設を作っています。これが中国の野望です。
投稿日時 - 2018-01-14 17:20:00
  • 回答No.10

ベストアンサー率 35% (255/722)

社会 カテゴリマスター
資本と労働力があれば、経済は発達します。
それはどの国でも同じです。

中国は、労働力はそれこそ無尽蔵です。
後は資本ですが、改革開放政策のお陰で、世界中から
資本が集まりました。

それで経済が発達したのです。
つまり、質ではなく、量で発達したのです。

資本が集まったのは、広大な領土、豊富な人力に
世界が将来性を見たからです。

しかし、これは御指摘の通り、技術力が抜けて
いますので、早晩限界に達します。

中国政府も、それは百も承知で、だから今は技術革新に
大量の金をつぎ込んでいます。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 28% (4516/15578)

他カテゴリのカテゴリマスター
>オリジナルの技術がないのに何故経済発展できたのか?
>安かろう悪かろうの粗悪品で薄利多売し成金になれた

しーっ。高度成長期の日本の悪口をいうのはそこまでですよ。60年代はメイドインジャパンは安かろう、悪かろうの代名詞だったんですから。当時のフランス大統領だったドゴールが「トランジスタラジオしかない国」っていってたんだから。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

昔の話はどうでもいいです。これからのことが大事です。中国の話をしているのに、日本の話しなんかしてませんよ。あなたは日本の昔も今も同じレベルだと思っているのですか?私の他の返信を読んでくたさい。
投稿日時 - 2018-01-14 16:13:59
  • 回答No.8

ベストアンサー率 37% (3169/8467)

他カテゴリのカテゴリマスター
オリジナルの技術がないから、発展したのでは?
中国は、知的財産権の保護意識が低いです。
仮にオリジナルのものすっごい物を生み出したとしても
他の中国企業に真似されて、商売にならない。
なら最初からオリジナルで勝負しない。
なにより、パクれば開発コストがかからないし
労働者の教育費も抑えられる。

やっぱり1978年、鄧小平の改革開放政策。
日本の技術に強く影響を受け、成長させるためには
海外企業の誘致が手っ取り早い。
それで、技術を盗む。

人工が多いですから、出来る商品もいっぱい。
その出来上がる商品は
無駄な経費や費用をできるだけ抑えています。
(パクリとか)
だけど
必要最低限の品質を保っている。
一つの物を長く使う時代でもなくなり
ダメになったり、飽きたら別の物を買う・・・
という思想にマッチ。

僕の身の回りいにも中国製品がいっぱいです。
安いので、それしか買えません。
タイヤは走行中燃えません。
タブレットは2年壊れません。
買い替えても苦にならない金額ならば、気軽に変えますし。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

私なら安かろう悪かろうは買いません。中国製品の購入はドブに金を捨てるようなものです。中国は低品質な物を作って薄利多売して、その金で軍事費を増やして日本を含む周辺国を脅かしているのを認識してないのですか。世界制覇を目論んでいる中国にこれ以上、金を持たせては周辺国が安心して生活が出来なくなります。中国の安物を享受している国は中国の野望を頭に入れておかないとケツの毛も抜かれますよ。中国製品を買えば自分で自分の国を中国に売るようなものです。油断も隙もない国です。さて、あなたはどうしますか?
投稿日時 - 2018-01-14 16:05:19
  • 回答No.7

ベストアンサー率 27% (3103/11084)

経済 カテゴリマスター
日本のやり方をさらに徹底してやっただけです。
そして、ここ数年、最先端の分野ではすでに独創性でも日本を超えています。

本来は、デザイン性、利便性で日本は先に行っていないといけないのですが、それもままならず、部品供給もとに成り下がり、ほぼ詰んでいる状態ですよね。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

あなたは情けない日本人ですね。もう少し日本の技術に自信を持って安物の中国製品の目的を理解して下さい。彼らの野望は日本を利用して覇権主義国を作ることです。
投稿日時 - 2018-01-14 16:20:54
  • 回答No.6

ベストアンサー率 27% (3515/12844)

他カテゴリのカテゴリマスター
日本もそうだったんですよ!
ただ、中国と違うのは海外に技術に国内の技術が追いつき追い越せという気持つが強かったことです。
その努力により技術大国と言われるまでになったんです。
で、中国は人件費の安さから日本を含め多くの国の企業が利用しています。
だからそれに必要な技術さえあれば成り立つのです。

電気製品とかは日本製でも中の部品はその多くが中国やマレーシアなど海外で製造されています。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

違いますね。日本と中国の決定的な違いは自分達で改良してよりいいものを作ったことです。与えられたものをただパクるなら誰でもできます。そのへんの違いが分からないようであればあなたは中国と同じレベルです。彼ら儒教信者は技術的なことは金儲けの手段程度の認識で身分の低い人間がやるものと考えているのが中国人のDNAです。技術的な匠と言うものには永遠に到達できないでしょう。私の場合は教えても反日するような国には絶対に中国人など受け入れませんから。
投稿日時 - 2018-01-14 15:38:36
  • 回答No.5

ベストアンサー率 11% (376/3286)

経済は、人の移動に伴い”組織が集約発展をしますから、純粋に経済発展をしているからだけでは、無くて”各種産業力向上と共に”反作用的に、”一般市民からは
➡下記の様なマイナス面苦情が、多項目にわたり未解決事項が、有ります。

A:ニセ札横行し過ぎ。・B:光化学スモック(空が、いつもドンヨリ灰色状態)・C:Pn2.5等微粒子拡散止まず。 D:各種交通機関の突発事故等多い等

➡当然ながら、中国国民独自性も見過ごせませんが、下記参考までです。

1人材交渉力・人的スカウト力・政治特殊性等々、社会、環境等が粗悪状態。
2人間の能力➡(労働力+組織力+設備構築力+大量生産環境性+保守運用性)が
教育体制が”矢張り社会主義・大国だからでしょう。
3中國自体が、国土広く”資源大国も”世界マーケットからは、先進国技術を積極的に受け入れやすい”国だからでしょう。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 23% (503/2152)

中国が経済発展した理由は只一つ。

世界がその共産党一党独裁という政治的色彩を一切考慮することなく、そこにある膨大な資源、人口の全てを投資の対象、つまりは、市場としてしか見てこなかったからでしょう。

毛沢東による文化大革命以来、個人の人権や思想を弾圧し、そうした長年に亘る圧政の中で、次第に党は必要以上に権力を掌握し、一方で中国人民の精神が蝕まれる中から、生きる為には何でもありといった現在の中国人気質の原型がかたち造られ、世界が市場原理の中で注目したことで、中国が目覚ましい発展を遂げたことは、人民の身勝手さに、さらに拍車を掛け、何でもありの体質も中国の一つの特徴として批判の対象にもならなかったことが、さらに発展に拍車を掛ける。

単に世界が中国を巨体マーケットとしてのみ、見なしていただけならば、特に問題はなかったとしても、結果的に世界中から集まったマネーにより、中国に真の意味での実力を付けさせてしまった。

その結果として、現在、中国は覇権主義を唱え、軍事大国を標榜するほどにまでのしあがったのだと思いますよ。

現在の中国の脅威を育て上げたのは、他ならない、日本を含めた世界の「中国が独裁国家」であるという事実を深く認識せずに、単に巨体マーケットとしてしか見てこなかったことに最大の理由がある。

こうなれば、それこそ、まさに、何でもありでしょう?
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

その通りです。これ以上中国の覇権主義を阻止して周辺国に脅威を与えないようにする為には巨体マーケットを破壊することです。つまり、ものを作らせなければ金が入らない、そうすれば中国の野望が遠のくかも知れません。兎に角、今の中国は成金主義でのし上がった化け物なので金を持たせなければいいことです。さて、誰がネコに鈴を付けられるか?
それは貴方です。冗談ですよ。ではまた。
投稿日時 - 2018-01-16 21:30:18
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (216/753)

>中国はオリジナルの技術がないのに何故経済発展できたのか?

二つの理由だと思います。
・安くて豊富な労働力があった。
・中国は元々頭がいい人がいた。
中国人は火薬を作ったり、羅針盤を発明したり、紙を作ったり、印刷技術を持っていたり・・・ あ、それとマージャンも忘れてはいけません。
安くて豊富な労働力だけならアジアすべてが該当します。中国人と韓国人は結構、頭脳が良いです。
お礼コメント
Kan-Chu-Killer

お礼率 61% (29/47)

1つだけ言えることは、中国や韓国に物造りを教えたのが間違いの始まりでした。形作って魂入れず。儒教主義のDNAはものを作ることに対して格下に見る考えが基本的にあります。そして金儲けなら何でもありの金権体質が強いことです。それもみな日本人の人の良さが利用された結果かも知れません。
投稿日時 - 2018-01-16 21:44:09
12件中 1~10件目を表示
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ