• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ここの「ていた」、よく分かりません

皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の「狼と香辛料」には 「 修道院のほうで、誰かがこちらに向かって手を振っているのだ。 「なんだ?」  下男には見えない。彼らはこげ茶色の汚い作業服を身にまとっているからだ。手を振っている者はねずみ色っぽい衣服に身を包んでいる。わざわざそちらに行くのは面倒くさかったが、無視をすると後々問題になりかねない。ロレンスは仕方なく馬の進む方向をそちらに向けた。  すると、手を振っていた者はロレンスが自分のほうに向かって歩き始めたことに気がついたのか、手を振ることをやめたようだが自分から歩こうとはしない。じっと、ロレンスが到着するのを待つつもりのようだ。教会関係者が傲慢なのは今日に始まったことではない。こんなことでいちいち怒る気にもなれなかった。  ただ、のんびりと修道院に近づくにつれてはっきりと見えてきたその姿に、ロレンスは思わず声を上げていた。 「……騎士?」 」という地の文があります。 よく分からないのは「声を上げていた」のアスペクトです。 その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。 「声を上げていた」と「声を上げた」とは意味・ニュアンスはどう違いますか。 どうか教えて下さい。よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数204
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 まず、「声を上げる」とは、「大きな声を出す」とか「意見を言う」という意味です。 > その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。  「ていた」は、動作が終わったことを表します。 > 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。  変えてはいけません。 > 「声を上げていた」と「声を上げた」とは意味・ニュアンスはどう違いますか。  「声を上げた」という表現は、大きな声を出すことについて「意識していた」ということを意味します。別な言い方をすれば、「大きな声を出すことを自覚しながら大きな声を出した」ことを意味します。  それに対して、「声を上げていた」は、大きな声を出すつもりはなかったのに大きな声を出した(終わった)、という場合の表現です。 > ロレンスは思わず声を上げていた。 「……騎士?」  この場合、ロレンスは「騎士?」と大きな声に出すつもりはなかった、ということがわかります。  心の中で「本当に騎士?」と思っただけのつもりだったのに、「……騎士?」と声に出してしまったのだろうと解釈できます。  ロレンスはそれまで、手を振っているのが騎士だとは全然考えず、教会関係者だとばかり思っていたのに、意外なことに騎士らしく見えたので、驚いたのでしょう、相手に聞こえるかどうかなどは考えず「(貴男は、教会関係者ではなく)騎士なのか」と大声で問いかけてしまったようですね。  やっと相手が騎士のような姿をしているのに気がつく距離ですから、ちょっとくらい大声を出したって聞こえないでしょうに、そんなことも考えず、ついうっかりと「騎士?」と大声で言ってしまったのですね。  そういう情景を表します。  仮に「声を上げた」という書き方なら、意識して大きな声を出したことになりますので、ロレンスは騎士らしく見えた相手に向かって、相手に聞こえるような大声で「(オマエは本当に)騎士か?」と尋ねた、という情景になってしまいます。  声が届く程度には近かった、ということでしょうね。あるいは、ロレンスはよほど大きな声を出せる人だったのか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

了解しました ありがとうございました

関連するQ&A

  • 形容詞の時制、よく分かりません

    皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の「狼と香辛料」には 「 下男には見えない。彼らはこげ茶色の汚い作業着を身にまとっているからだ。手を振っている者はねずみ色っぽい衣服に身を包んでいる。わざわざそちらに行くのは面倒くさかったが、無視すると後々問題になりかねない。ロレンスは仕方なく馬の進む方向をそちらに向けた。」という地の文があります。 よく分からないのは「面倒くさかった」の時制です。 「そちらに行く」のはたぶん未然のことなのに、なぜ過去形の「…かった」を使うのですか。 よろしくお願いします。

  • 小説の地の文「騎士の言うそれに…」のテンスについて

    皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の狼と香辛料には 「質問修道院を後にしてだいぶ経ってから、ロレンスは騎士の言葉を呟いて、苦笑した。騎士の言うそれには心当たりがある。というよりも、この近辺にいる者ならば皆が知っていることだろう」という地の文があります。 わたしはよく分からないのは「騎士の言うそれには心当たりがある」の中の連体節の「言う」のテンス、あるいは時制です。 騎士の発話は過去の行為なのに、なぜ「言った」を使わないのですか。 よろしくお願いします。

  • 日本語の文法「ていた」、お願いします

    こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 「冬馬の言葉に従う二人に、少年は思わず声を上げていた」 「ただ、のんびりと修道院に近づくにつれてはっきりと見えてきたその姿に、ロレンスは思わず声を上げていた」 「快斗の指が新一の中のある点をかすめていったとき新一は思わず声を上げていた」 これらは小説の地の文です。 よくわからないのは「声を上げていた」です。 その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。 よろしくお願いします

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

「思わず声を上げていた」 「声を上げた」は、文字通り、声を出したという行動、動作ですね。 一方「声を上げていた」というのは、無意識に、或いは、思わず、といった意味が含まれており、気が付いたら、結果として「声を上げていた」くらいの意味ですね。 動作の持続ではなく、無意識に行われた動作の結果ですね。 あくまでも、話し言葉ではなく、小説などの文章に、ちょくちょく用いられる表現方法ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

了解しました ありがとうございました

  • 回答No.1
  • z98jx0
  • ベストアンサー率34% (71/203)

ロレンスは修道院が見えてきたという 状態 ロレンスは自分の意識ではなく、見えた状態で声を無意識で出した conditioned response パブロフの犬 と同じ意味です 動作の維持 keep actually ではありません。 start です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • この「している」は習慣ですか

    「修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です それはライトノベル「狼と香辛料」の一部です その「物資を調達している」の「調達している」は習慣を指していますか それを「調達する」と書き換えれば、意味はどう違いますか どうか教えてください、よろしくお願いします

  • 「ではあった」について教えてください

    「 修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。  とはいっても彼らは贅沢《ぜいたく》をせず畑も耕すので、商売ができたとしても実際の実入《みい》りはかなり少なかったりする。その上、無理やり寄付《きふ》をさせられたりケツを踏み倒されたりもするので考え物だ。  単純な売買の相手としては盗人《ぬすっと》よりも性質《たち》の悪い相手ではあったが、それでも彼らと商売をすれば商人にとって都合の良いことがある。  そんなわけでロレンスは未練《みれん》がましく修道院のほうを見ていたのだが、不意に目を細めた。 修道院のほうで、誰かがこちらに向かって手を振っているのだ。 」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です それはライトノベル「狼と香辛料」の一部です その「性質の悪い相手ではあったが」の「ではあった」は「過去からそんな相手であった」という意味でしょうか。それを「回想」と理解すればいいんですか。 どうか教えてください、よろしくお願いします

  • 「のだった」について、教えて下さい

    「行商人として独り立ちして七年目、歳にして二十五になるロレンスは、御者台の上で平和な大あくびをしたのだった。」 「修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。」 「だから、ロレンスはすぐに返事をせずに懐《ふところ》から皮袋を取り出して、ゆっくりと口を縛《しば》る紐《ひも》を解《ほど》いた。中には蜂蜜《はちみつ》を固めた菓子《かし》が入っている。一粒つまむと口に放り込んで、袋ごと騎士のほうに向けたのだった。」 「ロレンスは苦笑して、蜂蜜菓子を口に放り込んだのだった。」 「しかし、ロレンスが短剣に手をかけてそう言うと、娘はきょとんとした後、突然笑い出したのだった。」 「ロレンスは思いつきで口を開いた自分を胸中で罵《ののし》りながら、「悪い」、と言った。  すると、とたんにホロはにかりと笑ったのだった。 「これで一対一じゃな」  賢狼は、二十五年程度の人生では追いつけない位置にいるようだった。  それからは特に会話もなく、それでも気まずいわけでもなく、荷馬車もぬかるみにはまることなく道程を進み、昼を過ぎてあっという間に日が暮れた。  雨の降った次の日に日暮れ以降進むことは行商人ならば絶対にしない。荷馬車の車輪がぬかるみにはまったらどれほど荷物が軽くても十回に七回はその荷馬車を諦《あきら》めなくてはならないことを知っているからだ。  行商でより多く儲《もう》けるためには、より損を少なくすればいい。それほど、道には危険が満ちているのだ。 「ぬしとわっちじゃ、生きてきた世界が違うんじゃよな」  明日《あした》も晴れることを告げる星空の下で、テンの毛皮の山の下からホロが何とはなしにそんなことを言ったのだった。」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 ご覧のとおり、それは小説「狼と香辛料」の一部の地の文です。 その「のだった」の意味・機能は全然わかりません(T_T) 辞書を引いても、Googleしてもだめです。 教えて下さい、よろしくお願いします

  • シスターさんがしている指輪について

    こんばんは。 先日、映画『天使にラブ・ソングを…』を見ていました。 主人公・デロリスが修道院に身をかくすことになりますが、 その修道院の院長と、数人のシスターが左手の薬指に 指環をしているように見えました。 これはなにか宗教的な意味があるのでしょうか? (『神様と結婚して…』というような台詞もありましたが…)

  • 薔薇の名前 マグダレンの祈り

    両映画を視聴したのですが 分からない事があります。 薔薇の名前(レンタルで返却しましたのでうろ覚えな質問があります。) (1)解説映像?でレリーフだか壁の彫像だかを皆が持っていってしまい困ったみたいな様な事を聞きましたがどうして持っていってしまうのですか?(すみません。うろ覚えにも程がありますね(汗))   (2)血の入った壷がありましたがあれは本来何に使うものですか? (3)ウィリアムとアドソはどうしてあの僧院に立ち寄ったのですか? マグダレンの祈り (1)典礼?で修道院の女性達がアーメンといった後、神父に口に入れられた四角い物は何ですか? (2)ベッドの上に置かれてある、みかんは何ですか? (3)食事時クリスピーナにメダルの事で責められたマーガレッドが挙手して寝室に戻りましたが ちゃんと合図すればトイレ等行けるのですか? (4)バーナデッドとローズが脱走の際、修道女に見つかりバーナデッドが手(鍵)を捕まりましたが ローズが金庫の鍵を置いたら修道女が手を放したのは何故ですか? (5)映画の終わりの方で脱走したバーナデッドが雨の日に修道女に会い 目が合い髪をほどきますが、あのシーンはどういう意味があるのですか? お時間ございましたら、ご回答ください。 よろしくお願い致します。

  • 「言う」と「言った」、よく分かりません

    「 「いよう、おつかれさん」  そんな村の麦畑の一角で荷車に麦を積んでいる農夫に声をかけた。よく実った麦だ。先物《さきもの》買いをした連中はほっと胸をなでおろしていることだろう。 「おー?」 「ヤレイさんはどの辺にいるかな」 「おお、ヤレイさんならあっちの、ほれ、あっちで人がたかってるだろ。あの畑だな。今年はヤレイさんのところは若い者ばっかでな。手際が悪いせいで今年はあそこの畑の誰かが『ホロ』だな」  農夫は日焼けした顔にいっぱいの笑みを浮かべながら楽しそうに言う。商人には絶対にいない、裏表のない人間だけが浮かべることのできる笑顔だ。  ロレンスは農夫に商売用の笑顔で礼を言って、馬をヤレイ達のほうに向けた。 」 皆さん、こんにちは それはライトノベル「狼と香辛料」の一部です。 「・・・楽しそうに言う」の「言う」の時制はよく分かりません。 それを「言った」に書き換えたら、意味・ニュアンスはどう違いますか。 教えてください、よろしくお願いします

  • チャリ痴漢の対処法

    先日、夜道を歩いていると突然チャリに乗った男に お尻を揉まれてしまいました。 あまりにも突然のことで声も出せませんでしたし、 チャリのスピードが早くて顔も分からず もちろん捕まえることもできませんでした。 怖くなり、早足で帰ったのですが、信号待ちをしている時 何となく振り返ると木の茂みから慌てて Uターンするチャリに乗った男を見ました。 もしあの時振り返らなかったら、また痴漢をされたのかと思うと 本当に怖いですし、本当に悔しいです。 私は今まで痴漢には無縁だったんですが、 今回のことで痴漢が女性にとって どれだけ怖くて不安なものか身をもって体験しました。 なるべく明るいうちに家に帰って 人通りの多い道を選んで帰りたいとは思いますが、 アルバイトの関係で夜遅くに帰宅になることも多々ありますし 家の周りは夜は結構静かで街灯も少なめです。 学生なのでタクシーをしょっちゅう使うこともできません。 一応警察にも相談したのですが、曖昧な態度で 巡回をしてくれるような感じではありませんでした。 防犯ブザーを買おうとは思っていますが、 あまり意味がないという話も聞くのでやっぱり不安です。 やっぱりこの手の痴漢に対しては あまり有効な対処法はないのでしょうか。 ちなみに傘をさせば痴漢も近寄り難くて防げるのではと 友人にアドバイスをもらいましたが、 痴漢に遭った日は雨の日で傘もさしていたので やっぱりあまり意味はないのでしょうか。 こんなことと思われるのは百も承知ですが、 本当に怖くて夜はびくびくしながら帰る日々です。 皆さんの対処法やアドバイスなどございましたら 是非とも教えていただきたいです。

  • 息子の将来が不安です

    幼稚園年長の息子は非常に明るく元気な子です。 しかし人間関係的な物事を考えません。 その手の要領のいい子は、よく人を見てたり(誰がどんな子か遠目ながらに知ってる)、中には皆が遊んでる様子を見てから入っていったり、幼稚園児ながら考えてる姿が伺えるんですが、息子は全くです。 年中さんの頃、自分の身に何が起きてるかも気付かず、わかったのは問題が大きくなり大変な事態になってからです。 クラス替えがあり年長になりましたが、どうやら初日からコケたようです(>_<)初日にクラス1の意地悪っ子二人組に声をかけ、入れてあげないと断られ、翌日から毎日からかわれたり嫌なことを言われ、言い返して喧嘩です。 呑気な息子は先生が(相手を)叱ってくれるんだぁと喜んでます(>_<) 一方、相手の意地悪っ子は周囲に息子の事を聞いてまわり大袈裟ですが粗捜しをしてまで何か言ってくるようになりました。まだ新クラスで1カ月もたってないのに、目を付けられてる感があります。先生は少々嫌な思いをしても頑張って主張してますと言ってくれてます。。。 私的には言い返すのも喧嘩するのも堂々とする息子で、めげない逃げない、最悪気付かない所が余計に意地悪っ子を過剰にしていくのでは?と昨年から思ってます。 エスカレートしなければいいがと不安です。 それにこの先、小学校中学校とまだまだこれからですが、不安でなりません。 息子的には正義は勝つと思っていて、計算高いことを考えたり、身の置き所を考えようとはせず、幼稚園内で泥棒を捕まえたり、彼なりにしたいことを楽しんでるようです。意地悪っ子の事なんておっ構いなしなんですよね。。。 もう少し考えようよって思い、新年度が始まる前に、まず周りを観察してみようとはなしましたが全く意味がありませんでした。 こんなんでこの先やっていけるんでしょうか?

  • 思考を洗練させたい

    たまに、自分の思っていることを意識せずに言葉にしてしまうことがあります。 「ビブラートを奏でるようにいきたいんだよね」と僕はデート中に言いました。 相手は「は?」みたいな反応をします。凄く痛い発言をしてしまったと後悔します。僕はなるだけ相手に合わせるタイプですが、素の自分をさらけ出すことも必要であると考えています。だから、ビブラートを奏でるように生きるというこ事の意味を説明しようと思いました。いい機会だと考えることにします。 「大体の日本人って発生の仕方が間違ってんのね。それで、その間違った発声っていうのは、2パターンくらいあって、まぁ正確にいうと、何パターンもあるんだけど。で、一つは張り上げって言って、尾崎豊みたいな感じで、高い声を出すときに必要以上の息を声帯に吹きかけて、高い声を出すんだ。声帯への負荷が大きくて、すぐ声がかれてしまう。もう一つは喉閉め(ハイラリンクス)。喉仏を上げて、声帯をわざと伸展させて、声を出すやり方。分かりやすい例でいうと、ミスチルの櫻井さんとか、浜崎あゆみみたいな発生の仕方。張り上げ程、喉への負担は少ないんだけど、やっぱり負担は大きくて、声帯への負荷は大きい。 尾崎豊は死ぬ前くらいはもうほとんど高い所はかすれていたし、櫻井さんも全盛期のようなきれいな高い声は出ない。」 ここまで説明して、しんどいことに気が付きます。頭の中にある分にはとても軽いように感じるのに、言葉にした途端それが面倒くさい考え方であることがわかるのです。しかし、話し始めたからには、やめるわけにはいきません。 「喉の筋肉を適切に鍛えて、コツをつかんだら、きれいな発声が出来るんだ。声帯への息の量は一定なんだけど、低い声も高い声も出るようになって、地声と裏声の境がなくなる。で、ビブラートがかかるようになる。(ビブラートは人によってかからないタイプの人もいる) 毎日歌っていれば、ある適度は筋肉もつくし、発声のコツみたいなものはつかめる。センスのいい人はそこで、地声と裏声の境をなくすこともできるけれど、極々稀。 ちゃんとしたトレーナーをつけて、ボイストレーニングをすれば、必ずその人に合った声帯への負荷の少ない発声方法が見つかる。しかし、多くの人はしない。 ビブラートを奏でるように生きていきたいなと思ってるんだ。息の量は多すぎず、少なすぎず、常に一定。それでいて、美しい音色を奏で、声帯への影響も少ない。そんな生き方をしたいと思っている。 櫻井さんの歌い方も、尾崎豊の歌い方も否定するつもりはない。むしろ好きだったりする。つまり、僕はそういう生き方を肯定しているということ。そもそも、人に口出しするような問題ではない。 もし、櫻井さんがボイストレーニングを始めたら、ずいぶん印象の変わった声になると思う。そして、2時間くらい歌っても、声はそのままで、高い声も難なく出せるよう二なるでしょう。しかし、その声が世間でどのような評価を浴びるかわからない。ただ一つだけ言えることは、一定数の人が前の櫻井さんの声の方が良かったと言う。 本来の声とはどちらなのか。間違った発声法だったとしても歌いまくって、手に入れた声がその人本来の声なのか。はたまた、ちゃんとボイストレーナーをつけて身に着けた声がその人の声なのか。はたまた、ちゃんとした発声法を身に着けたうえで、その人なりのアレンジを加えたものが、その人の発声方法なのか。はたまた、何もトレーニングしていない状態の声が本来の声なのか。 それは、その人が決めることです。 苦しんだ分、辛い思いをした分幸せ近づけるそう考えている人が多い。勿論そのような経験もしなければならないし、避けては通れないと思う。しかしわざわざ、苦しむ必要性はない。わざわざ間違った発声方法で高い声を出す必要性はない。 僕は、ビブラートを奏でるようにいきたい。そして、多くの人がビブラートを奏でるように生きてくれたらなと考えている。リラックスすることが、最も美しい声を出すことになる。最も生きやすくなる」 相手の女子は明らかな愛想笑いを浮かべ「そうだね」的なことを言いました。 そして「なんか○○君って頭がよさそうだよね」とも言いました。 もっと自分の言いたいことをシンプル且つまっすぐに伝えることが出来たのにと後悔しました。そして、おそらく相手の女の子は理解できていないだろうなと思って、悲しくなりました。 頭がよさそうと言われましたが、それは違うと思いました。しかし、その理由を明確に表すことが出来ないとうことがわかり、考えることにしました。 哲学者は「生きる意味」について考えています。数学者は何年かかっても解けない「数学の問題」を解こうとしています。哲学者は数学者を見て思いました。その問題を解くことに何の意味があるのだバカみたいだと。数学者は哲学者を見てこう思いました。「生きる意味」なんて僕はもうとっくに知っているバカみたいだと。 つまり、あることに真剣に取り組み、考えるということはある面から見たら馬鹿見たいなことなのです。「」の中は何ににだって当てはめることが出来る。ある人はアイドルの事を必死に考えている、ある人はお金の事を必死に考えている、ある人は家族の事を必死に考えている。 そこにあるのは個々の価値観のみです。 つまり、僕が「僕自身がビブラートを奏でるようにいきたい」と考えているということそのものがバカみたいなことなのです。 違うなと思いました。この考え方はずれています。 紙とペンが欲しいなと思いました。それがあれば、もう少し腑に落ちる理由を説明できるような気がしました。しかし、目の前の人は何かしら喋っているので、その行為は失礼になります。 生まれつきビブラートを奏でている人はたくさんいます。そして、生まれつきリラックスし自分自身を解放し、ビブラートを奏でるように生きている人もたくさんいます。彼らはビブラートについて考えません。なぜなら、考える必要性がないからです。 僕は彼らにとって考える必要性のないことを考えているのです。つまり、それを考える行為自体がバカ。 何かこっちの方がしっくりくるなと思いました。 これを話そうかなと思いました。しかし、やめました。なぜなら、僕は次も彼女とデートをしたいと考えているからです。 こんな感じで、いろいろなことを思い、考えすぎてしまう性格です。そして、頑張って考えて伝えても、大抵ひかれたり、理解されないことが多いです。 もっと、思考を洗練させる方法はありませんかね。 ちなみにフラれました。

  • セックス中、笑い出してしまいます・・・

    セックス中、彼に肌を触られるとくすぐったくて仕方なく笑い出してしまいます; 快感がないわけではないのですが耐え切れず吹き出して笑い転げてしまいます。つい、身をよじって逃げたり手でガードもしてしまうので、彼は私が感じないとか嫌がってると思うようで愛撫を止めてしまいます。続けてとお願いしても「笑ってるじゃん・・・」とちょっと不機嫌そうです。それなら縛ってさるぐつわしてもいいよ、と言ってみようかと本気で思うくらい、わざと笑っているわけではないのですが;(さすがにヘンな誤解をされそうなのでそのお願いをしたことはありませんが・・・)逆に性器だけはくすぐったくないので彼は最近は性器ばかり触るのですが、あまり快感は得られず、触られている感じがするだけです。 彼は私がセックスにノリ気でないと感じるようで落ち込んでいるみたいです。更に、彼はすぐにイキそうになってしまい挿入を求めるのが早いのですが。いつもその1回で終わりになってしまいます。終わった後も抱きしめてくれたりと優しいのですが、私が彼の肌を触ったりするとシーツを間に挟んだりとかガードされてしまい「我慢出来なくなるからダメ」と言いいます。つまり、もっとしたいけど我慢しているんだと思うのですが違うのでしょうか? 出来れば彼に我慢して欲しくないし、私も満足したいのでもっと長く愛し合っていたいのですが、どうしたらいいのかわかりません; どこかで、彼が早漏なら先に手やクチで1回するのもあり、というのを読んだので彼にそれとなく提案してみたのですが。私の経験の少ないことを理由に(彼いわく、経験の少ない女性は男がリードすべきなのでフェラなどもってのほか、ということらしいです)断られてしまいました。 たしかにまだ慣れていないのかもしれないですが、嫌なわけでは全然ないんです。何回したって構わないことや、もう少し時間を掛ければ感じられそうなことを伝えようとするのですが「だって笑ってるし・・・」とか「無理しなくていいよ、ごめんね」(私がセックスを好きでないのに俺の都合でごめんね、という意味なのでしょうか??)と言われてしまい上手く伝えることが出来ません;; 彼が優しさから我慢してくれていて、私が本当にノリ気でないのなら。甘えてもいいかな?と思うのですが(もちろん優しさはたくさん感じていますが)、私もノリ気ではあるし。彼も笑い出してしまう私にいじけている面もあるように見えるのでとても気になっています。なんとなくこの誤解が解けないと、いつまでもこのままな気がするんです。 笑いださないためにはどうしたらいいのでしょうか? ちなみに私はセックス経験が少なく挿入までしたのは今の彼が初めてです(そのことは彼に伝えてあります)。 だから、くすぐったいのは緊張のせいかな?とも思うのですが、同時に私は元から極度にくすぐったがりで; 相手によらず肩を叩かれるだけで飛びのいてしまったり、声をあげたり。意図無くふれられた場合もムズムズしてしまい、くすぐるぞーと言われるだけで大笑い、といった感じです・・・。 長くなってしまいましたが、何かアドバイスあればよろしくお願いします<(_ _)>