• ベストアンサー
  • 困ってます

日本語の文法「ていた」、お願いします

こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 「冬馬の言葉に従う二人に、少年は思わず声を上げていた」 「ただ、のんびりと修道院に近づくにつれてはっきりと見えてきたその姿に、ロレンスは思わず声を上げていた」 「快斗の指が新一の中のある点をかすめていったとき新一は思わず声を上げていた」 これらは小説の地の文です。 よくわからないのは「声を上げていた」です。 その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。 よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数104
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#227653

「思わず」が前にあるということは、無意識のうちに声を出してしまった、ということを表しています。 そこで、「声を上げていた」という表現が大切になってきます。 「声を上げていた」という表現は、「自分で意識しないうちに声を出してしまい、気づいたときにはもう声が出ていた」という意味を持っています。 ですから、この場面では普通の「声を上げた」よりも「声を上げていた」の方がいいのです。 これは他の表現にも使えます。 たとえば「東京に着いていた」と言うと、「気がつかないうちに東京に着いていた」「東京に着いたあとで、そのことに気づいた」という意味になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • ここの「ていた」、よく分かりません

    皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の「狼と香辛料」には 「 修道院のほうで、誰かがこちらに向かって手を振っているのだ。 「なんだ?」  下男には見えない。彼らはこげ茶色の汚い作業服を身にまとっているからだ。手を振っている者はねずみ色っぽい衣服に身を包んでいる。わざわざそちらに行くのは面倒くさかったが、無視をすると後々問題になりかねない。ロレンスは仕方なく馬の進む方向をそちらに向けた。  すると、手を振っていた者はロレンスが自分のほうに向かって歩き始めたことに気がついたのか、手を振ることをやめたようだが自分から歩こうとはしない。じっと、ロレンスが到着するのを待つつもりのようだ。教会関係者が傲慢なのは今日に始まったことではない。こんなことでいちいち怒る気にもなれなかった。  ただ、のんびりと修道院に近づくにつれてはっきりと見えてきたその姿に、ロレンスは思わず声を上げていた。 「……騎士?」 」という地の文があります。 よく分からないのは「声を上げていた」のアスペクトです。 その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。 「声を上げていた」と「声を上げた」とは意味・ニュアンスはどう違いますか。 どうか教えて下さい。よろしくお願いします

  • 小説の地の文「騎士の言うそれに…」のテンスについて

    皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の狼と香辛料には 「質問修道院を後にしてだいぶ経ってから、ロレンスは騎士の言葉を呟いて、苦笑した。騎士の言うそれには心当たりがある。というよりも、この近辺にいる者ならば皆が知っていることだろう」という地の文があります。 わたしはよく分からないのは「騎士の言うそれには心当たりがある」の中の連体節の「言う」のテンス、あるいは時制です。 騎士の発話は過去の行為なのに、なぜ「言った」を使わないのですか。 よろしくお願いします。

  • この「している」は習慣ですか

    「修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です それはライトノベル「狼と香辛料」の一部です その「物資を調達している」の「調達している」は習慣を指していますか それを「調達する」と書き換えれば、意味はどう違いますか どうか教えてください、よろしくお願いします

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率47% (14676/31191)

1。 「ている」には、下記のように「現在進行式」と「状態的持続」の二つの意味があります。  https://jp.sonic-learning.com/2010/05/25/gl27/ 2。 「ていた」は、その過去で「過去進行式」と「過去の時点までの状態的持続」です。 3。動詞が状態しか表さない場合は、進行式の意味はありません、例えば、「似ています」は、似ている「状態」だけを表します。 4。ご質問の「上げる」は、進行式と状態の持続の両方を表せます。ですから 4.1 その「ていた」は「動作の持続」という意味ですか。  はい、そうです。 4.2 「声を上げていた」を「声を上げた」に変えればいいんですか。  意味が変わります。  「声を上げていた」は、過去進行の意味。  「声を上げた」は、声を上げるという動作が過去の時点で、終わっていたという意味です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

  • 回答No.1

「声を上げていた」を「声を上げた」と置き換えてもだいたい同じような意味だとおもいます。しいていえば、前者は状態、後者は動作、に重点がおかれているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 「ではあった」について教えてください

    「 修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。  とはいっても彼らは贅沢《ぜいたく》をせず畑も耕すので、商売ができたとしても実際の実入《みい》りはかなり少なかったりする。その上、無理やり寄付《きふ》をさせられたりケツを踏み倒されたりもするので考え物だ。  単純な売買の相手としては盗人《ぬすっと》よりも性質《たち》の悪い相手ではあったが、それでも彼らと商売をすれば商人にとって都合の良いことがある。  そんなわけでロレンスは未練《みれん》がましく修道院のほうを見ていたのだが、不意に目を細めた。 修道院のほうで、誰かがこちらに向かって手を振っているのだ。 」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です それはライトノベル「狼と香辛料」の一部です その「性質の悪い相手ではあったが」の「ではあった」は「過去からそんな相手であった」という意味でしょうか。それを「回想」と理解すればいいんですか。 どうか教えてください、よろしくお願いします

  • 「のだった」について、教えて下さい

    「行商人として独り立ちして七年目、歳にして二十五になるロレンスは、御者台の上で平和な大あくびをしたのだった。」 「修道院が建てられ始めた頃、ロレンスはその新しい顧客《こきゃく》の匂《にお》いに期待していたのだが、どうやら修道院は在野《ざいや》の商人を介《かい》さず独自に物資を調達しているようで、ロレンスの期待は儚《はかな》くも散ったのだった。」 「だから、ロレンスはすぐに返事をせずに懐《ふところ》から皮袋を取り出して、ゆっくりと口を縛《しば》る紐《ひも》を解《ほど》いた。中には蜂蜜《はちみつ》を固めた菓子《かし》が入っている。一粒つまむと口に放り込んで、袋ごと騎士のほうに向けたのだった。」 「ロレンスは苦笑して、蜂蜜菓子を口に放り込んだのだった。」 「しかし、ロレンスが短剣に手をかけてそう言うと、娘はきょとんとした後、突然笑い出したのだった。」 「ロレンスは思いつきで口を開いた自分を胸中で罵《ののし》りながら、「悪い」、と言った。  すると、とたんにホロはにかりと笑ったのだった。 「これで一対一じゃな」  賢狼は、二十五年程度の人生では追いつけない位置にいるようだった。  それからは特に会話もなく、それでも気まずいわけでもなく、荷馬車もぬかるみにはまることなく道程を進み、昼を過ぎてあっという間に日が暮れた。  雨の降った次の日に日暮れ以降進むことは行商人ならば絶対にしない。荷馬車の車輪がぬかるみにはまったらどれほど荷物が軽くても十回に七回はその荷馬車を諦《あきら》めなくてはならないことを知っているからだ。  行商でより多く儲《もう》けるためには、より損を少なくすればいい。それほど、道には危険が満ちているのだ。 「ぬしとわっちじゃ、生きてきた世界が違うんじゃよな」  明日《あした》も晴れることを告げる星空の下で、テンの毛皮の山の下からホロが何とはなしにそんなことを言ったのだった。」 こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 ご覧のとおり、それは小説「狼と香辛料」の一部の地の文です。 その「のだった」の意味・機能は全然わかりません(T_T) 辞書を引いても、Googleしてもだめです。 教えて下さい、よろしくお願いします

  • 形容詞の時制、よく分かりません

    皆さん、こんにちは 日本語を勉強している中国人です。 小説の「狼と香辛料」には 「 下男には見えない。彼らはこげ茶色の汚い作業着を身にまとっているからだ。手を振っている者はねずみ色っぽい衣服に身を包んでいる。わざわざそちらに行くのは面倒くさかったが、無視すると後々問題になりかねない。ロレンスは仕方なく馬の進む方向をそちらに向けた。」という地の文があります。 よく分からないのは「面倒くさかった」の時制です。 「そちらに行く」のはたぶん未然のことなのに、なぜ過去形の「…かった」を使うのですか。 よろしくお願いします。

  • 週刊少年ジャンプで1996年頃に

     週刊少年ジャンプで1996年頃に掲載されていたのですがタイトルを覚えておらず今頃になって気になり始めました。飲食店でちらっと読んだだけなんですが、少年(青年?)二人が主人公で、旅をしている様な。連載か読みきりか分からないですが、その回は修道院が舞台でした。  修道院の偉い僧侶が街の美少年をかどわかして修道院に囲っているのです。子供が戻らない事を心配した母親が二人に連れ戻すように依頼します。悪を成敗し、子供は無事に戻ってきます。  当時、中学生でしたがジャンプで「美少年を修道院に囲っている」という設定が衝撃でした。それ以来ロー○法王などを見ると「この人をまさか…」と考えてしまいます。gooも過去のジャンプ連載のHPも見ましたが分かりません。心当たりのある方はよろしくお願い致します。

  • はじめまして、日本語を勉強している中国人です。最近日本語の小説を読んで

    はじめまして、日本語を勉強している中国人です。最近日本語の小説を読んできますが、わからないところが沢山あります。ここで質問をさせていただきます。 安寿(あんじゅ)は守本尊の地蔵様を大切におし。厨子王(ずしおう)はお父うさまの下さった護り刀を大切におし。どうぞ二人が離れぬように。 「大切におし」ってどういう意味でしょうか。古い言葉遣いですか。教えてください。

  • 映画のタイトルが思い出せません。

    どうしてもタイトルの思い出せない映画が4つあります。 どれだけ探しても見つからないので皆様のご教授を募りたいと思います。 1つ目は、恐らくハリウッド映画で 砂漠に大型の旅客機の残骸がありそこで人間が生活をしている映画です。 そこにパイロットの格好をした主人公が現れ救世主扱いをされますが 主人公は運転ができず、旅客機の上に立ち人々に謝るようなラストシーンだったと思います。 2つ目は、華やかでパレードのような映画でした。 大きな修道院の中にドアが一つだけありそのドアを開けると 様々な世界につながっており少女と老人が旅をする物語です。 ラストは修道院の中に紙吹雪が舞い、少女が嬉しそうに手を広げているシーンだったとおもいます。 3つ目はかなり古い、フランス映画かと思います。 ストーリーは全く覚えていないのですが青年、少女、老人が出てきました。 老人はアルコール中毒でホームレスだった記憶があり 少女を強姦したのち川へ入水自殺をするシーンが有りました。 そのシーンが強烈で今も忘れられません。 全てのシーンが赤みがかった映像だったと思います。 4つ目は二人の少年が出てくる映画で 二人共小学生位だったでしょうか、制服を着ていました。 二人で火薬を加工し爆弾を作り、それを持って線路の上を歩いて行くシーンを覚えています。 学校なども出てきますが少年二人の学校外での映像が多かったと思います。 全体的に曖昧にしか覚えておらず、 キーワードだけでは検索にも引っかからず ここ数年モヤモヤしっぱなしです。 どなたかわかる方、これじゃないか、というものでも結構です ご回答お願い致します。

  • 「まろく」という単語はどういう意味ですか

    日本語を勉強する中国人です。 最近読んでいる小説の中に「女の声は耳にまろく優しかった」という句があった。 「まろく」の意味がわかりません。 クラスメートに聞いて、「まろやか」の何らかのヴァージョンでしょうと答えた。 が、確信は持ってないようでした。 わかる方がいらっしゃるなら、教えてくれませんか。

  • 自然な日本語に添削していただけないでしょうか。(悲しいニュース)

     日本語を勉強中の中国人です。文章力をつけたいので、作文の練習をしています。次の文章を自然な日本語に添削していただけないでしょうか。    悲しいニュース  昨夜、テレビでボーランドの大統領夫妻が乗っていた飛行機が墜落したというニュースを聞いた。政治に無関心だが、こういう悲しいニュースを聞くと、思わず心の奥が痛んだ。ふとした偶然で、国民は信頼するリーダーを無くしてしまい、子どもは最愛の親を失ってしまった。飛行機に乗る前にまだ生き生きとしている生身の人間なのに、あっという間に、陰陽別れ、他界に行ってしまった。みんなの記憶に残ったのはその人の声と姿だけである。故人の冥福を心からお祈りする。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 「声が少し裏返っていた」の意味

     日本語を勉強中の中国人です。小説に出てきた言葉について教えてください。  「四千万から四千四百万、と男はいった。声が少し裏返っていた。静寂を破る一言だった。いわば攻防開始の合図だ。平介はこんな場にはあまりいたくなかった。だが逃げ出すわけにもいかない。」  「声が少し裏返っていた」という文はどういう意味でしょうか。  また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 人間でドラゴン。この小説のタイトルを教えてください。

    よく判らないタイトルを付けてしまいましたが、要約するとそんな内容の小説でした。(ファンタジー系には多いですね、すみません。)本屋でパラリと立ち読みして、今度買おうと思っていたら判らなくなってしまいました。 少女漫画のような綺麗なイラスト挿絵の多い小説だったので、いわゆるライトノベルと呼ばれる類かもしれません。 メインのキャラクターは ●銀髪(か白髪)の長髪美青年。宗教家・・祭司…? ●人間の姿になれる(竜になれる)少年。あっという間に成長。 ●竜少年は、↑の人が大好きらしい。ずっと一緒に居たいらしい。 ●竜少年は黒髪。 ●二人に流れる時間の速度が違う(寿命が違う) ストーリー内容は立ち読みだったので判りません。 全部で4巻位のシリーズだと思います。 去年か一昨年位に本屋で見ました。 BLのような雰囲気のある小説で、買うのが恥ずかしいなぁと思った記憶があるので、余程キレイなイラストだったんだと思います。 情報量が圧倒的に少なくて申し訳ありませんが、判る方、これかも?と思われた方はどうぞご教授ください! よろしくお願いいたします。