• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

看護師のメリット・デメリット

  • 質問No.7988158
  • 閲覧数6267
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/17)

薬剤師と看護師どちらになるか悩んでいます。

そこで、看護師さんのお仕事のメリット・デメリットをなるべく詳しくできるだけ多く教えてください。

内容はどんなものでも構いません。
看護師の「これはメリット」「これはデメリット」と思うところをたくさん教えてください!!!!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (39/107)

今は働いていない元?看護師(手術室・内科病棟・産婦人科病棟の勤務経験あり)です。

薬剤師免許を持ってどこで働きたいかはお決まりでしょうか?

薬剤師免許を持つ人が多くなり特に病院勤務は応募者が多くかなりの競争で、自分の希望する場所で働けないと聞きました。

その結果、街のチェーン店の薬局くらいしか勤務場所がないそうですが、看護師の時給に比べるとかなり良いと思います。


看護師ですが・・・。

夜間に働きたくなければ、ほぼOL勤務みたいに働ける手術室という部署があります。

交替勤務の病棟より給料は少ないことが多いですが、緊急手術当番で無ければ土・日・祝日がお休みです。

家庭を持っても旦那とすれ違いになることはないし、子供と一緒に休日を過ごすこともできます。

身体を酷使しても収入が多い方が良ければ、病棟勤務がいいですね。平日に休みが取れることにお得感があります。

しかし2交替という16時間拘束勤務を経験(この時は産婦人科診療所でスタッフ数が少ない)しましたが、自分の命を削って仕事をしている感じでした。


それから元同僚から聞いたことですが、精神科病院が最近の若者に人気らしいです。

現在でも偏見があるためか一般病院より基本給が高いことが多く、いろんな手当が付くそうです。

精神科は交替勤務でも殆ど残業が無く、生命の危機に直結する業務がかなり少ないので、上司から叱られることや医療ミスも起こりにくい・・・だから看護の中でも楽?な分野と若者は認識しているそうです。
(しかし精神科の患者から刃物で刺され、死亡した看護師がいました)

子供が6歳になるまで夜間勤務が免除されたり、女性は夜間の仕事のペアは男性なので、肉体的に辛い仕事は男性がしてくれる・・・若者だけでなくシングルマザーの勤務者が多いそうです。


薬剤師は6年間、大学で勉強しなければなりませんね。

学費の心配がなく自分自身が優秀で将来、自分の希望する場所に必ず就職できる(今でもコネがあるそうで・・・)なら、薬剤師になりたいと考えると思います。

看護師は肉体労働でストレスも多く、人命を左右する行為に関わることも多いですが、人間的に大きく成長したいと考えるのなら、選んで間違いのない職業だと思います。

しかしストレスや緊張に耐えられない、看護という女性社会独特の人間関係に馴染めない等から看護師を辞める人は多いです。

最近は看護系大学が増設され「看護師免許を持っていれば必ず就職できる」「とにかく一生ものの国家資格が取りたい」と安易に考えて看護師になり、実際に働いてみて挫折する人も多いです。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 36% (39/107)

書き忘れました!!

看護師というだけで気が強い、煙草を吸う・・・というイメージを、必ず持たれました。

(私は小心者で嫌煙家なので、これは本当に嫌でした)

それから看護師全てではないのですが、奥さんが看護師だと旦那が働かなくなる、又は旦那の収入が少なくて奥さんの収入を当てにしている、というケースがよくありました。


今の私は専業主婦ですが、フルタイムで働くと旦那と同じ収入を稼ぐことができます。

離婚するのに躊躇はないですし、旦那の稼ぎのお陰で生活が送れているからと、自分自身が卑屈になることもありません。

他人に依存せずにいざとなったら自立できる・・・このことから生じる心の余裕は大きいです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 7% (8/111)

職場体験することを進めます。自分で確かめることも必要ですよ。

損得を考えるようでしたら良い人生を歩めなさそう
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ