• ベストアンサー
  • 困ってます

グラスウールを高性能にすれば・・・・

都内で家を新築予定(木造軸組み)のものです。 建築を依頼している工務店では16kのグラスウールで施工するようです。 オプション料金で高性能グラスウール24kや32Kのものに変更すれば、 期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか? また部屋と部屋の壁にも防音としてグラスウールをいれてもうおうと思いますが 防音性能は期待できますでしょうか? グラスウールは施工する業者によるところが大きいようですが、 みなさんはどう思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1719
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • alato
  • ベストアンサー率22% (2/9)

グラスウールにも色々ありますから一概にはいえませんが、断熱性能は断熱材の熱伝導率でわかります。 それと厚さで性能が変わります。 NPO新住協が作ったQPEXというQ値を計算するソフトで計算してみました。 同じ厚さでは高性能GW24Kと34Kではあまりかわりませんが、高性能ではない16Kでは少し差が出ました。 グラスウールの評判はいろいろですが、安く厚さによって性能がでやすいので私もグラスウールにしました。 一番、流通しているのは高性能16K、24Kあたりでしょうから、安く手に入るのではないでしょうか? 断熱性能を上げるのは、窓の強化(樹脂サッシ等の導入)、断熱材を厚くする、熱交換システムを導入。バランス良く強化すると良いと思います。 グラスウール、セルロースファイバー、断熱材はしっかりした業者に施工してもらった方が良いと思います。そのときは隙間値(C値)が参考になるのではないでしょうか? HMがC値2.0以下、平均1.0、0.5以下は秀逸だと思います。1.0以下であれば問題ないと思いますが。 以上、参考になれば幸です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 16kと24Kでは差が出ますか・・・ 家の完成後では変更はできないので予算の許す限り オーバースペックでも厚いものをお願いしようと思います。 施工が問題らいしので、ぎっちりやってもらおうと思います。

関連するQ&A

  • グラスウールについて 

    2階リビングで新築中です。 断熱材は現在グラスウール50の予定で、工務店もそれで十分だと言っています。(山口県在住です) が断熱材を厚くすると効果も上がると聞きました。 でも、ネットで検索すると施工の仕方で効果が変わるから関係ないとか、50は最低ラインだから駄目だとか・・・ どうしたらよいのか分からなくなってしまいました。 断熱剤はグラスウール50で十分なのでしょうか? ちなみに グラスウール100に変更で追加料金6万ぐらい ロックウール75に変更で追加料金9万ぐらい です。 予算オーバーなのでなるべく追加は避けたいのですが、防音効果や断熱効果が上がるならいいのかな と思っています。 アドバイスよろしくお願いします。

  • グラスウールの種類

    工務店で在来工法で建てました。断熱材は打合せがあり、グラスウールにしました。私の勉強不足で10k、100mmで施工されました。他の相談を見ると、10kは時代遅れ等とコメントがあります。埼玉に住んでいますが、今更ですが16kにすれば良かったなと後悔しています。10kと16kでは、費用や断熱効果はどの位違うのでしょうか?夏はそれほど蒸し暑くなく快適でしたが、冬はエアコンを使用しないと寒くて仕方ありません。詳しい方、宜しくお願いいたします。

  • グラスウールの断熱性について

    現在あるハウスメーカーさん(大手)での新築を検討しています。 プランはとても気に入っているのですが、断熱などの構造部分で気になる事が出てきて、とても迷っています。 このメーカーでは断熱材にグラスウールを使用しています。 教えていただきたい事は3点です。 1)使用されているグラスウールは8kと云われたのですが、自分が調べた限りでは10kからの製品しか見たことがありません。8kは存在するんでしょうか? 2)8kがあるとすれば、8k75mmの断熱性能はどの程度なのでしょうか? 3)8kから16kに変更した場合、どの程度の効果が期待できるでしょうか? 昨今、高性能16kとか聞く世の中ですが、このメーカーでは”高性能”という言葉は8kの前には付いていないようです。 「北海道・北東北で実績のあるメーカーなので断熱性能には問題ないのでは?」という意見もあるのですが、私としては寒い家には住みたくないので、慎重に考えたいと思っています。 よきアドバイス、宜しくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • alato
  • ベストアンサー率22% (2/9)

No.4です。 書籍ですと、 最高の断熱・エコ住宅をつくる方法/西方里見 著 スラスラわかる断熱・気密のすべて/南雄三 著 が読みやすくてわかりやすいと思います。 NPO 新木造住宅技術研究協議会 http://www.shinjukyo.gr.jp/ なども参考になります。 断熱材も工法も色々種類があります。 限られた予算のなかですべてをというのは難しいかもしれませんが、 色々勉強なさって、自分の納得行く良い家ができるといいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 西方里見、南雄三さんの本はちょっと読んだ事があります。 理論的で私には難しいな・・・と思いました。 参考サイトの断熱は最高ですね。 あれくらい施工すれば良いです、理想です。 設計士さんに見せてみます。 セルロースファイバー、発泡ウレタンなどいろいろ考えましたが それぞれの製品を売らんが為に誇張しているようで、 何がいいのか分からなくなってしまいました。 今は正しく施工してもらえばガラスウールで良いかなと思っています。

  • 回答No.5

断熱材の仕様や施工も重要ですが、開口部 すなわち窓も重要です どんなに優れたサッシや窓ガラスでも、壁の断熱には及びません なので、極端には全く窓が無い方が断熱性は上がります しかし、それは非現実的ですので、必要十分な採光と通風性が得られれば、闇雲に窓面積を増やさない方がベターです 我が家もその点を鑑みながら窓の配置や大きさを決めました サッシは木製でLo-E三重ガラスです 冬場でもサッシやガラスの結露は見たことがありません 二重でも真空断熱ガラスは最高峰の断熱性だそうです また、FIXなら中空ポリカーボネートも真空断熱ガラスと同等で安価とのこと 窓も十分に検討してみてください 良い家が建つといいですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 2階リビングの窓は大きく取りたいですが、断熱からみると 良くないですね。 木製のLo-E三重ガラスですか・・・ うらやましいです。 建築する地域は準防火地域で木製サッシは使えないようです。 窓の開放感と断熱の折り合いをつけて設計士さんと話し合います。

  • 回答No.3

16よりも24や32の方が確実に断熱性能は上がります ただ、質問者さんの期待の度合いが不明なので、期待通りとなるかどうかはわかりません また、どのくらいの差が出たのかも、隣地に断熱材以外は全く同一仕様で建てた家と比べない限り不明。事実上わかりません でも断熱性能が上がることのデメリットはありませんし、建てた後に変更するのも大がかりになってしまうので、予算の許す限り最高峰の仕様にするほうが良いと思います もっとも、個人的には断熱仕様を施主が選択できるところは?です 断熱や耐震性など、建物の根幹ともいえる仕様に差が設けてあるよりも、全て一律で最高峰の方が信用できます 実際に私はそのようなところと契約して建てました

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 断熱材は家が完成したあとでは 変更できないので予算の許す限り良い物を使いたいと思います。 断熱材は色々あり、また価格もいろいろで難しいですね。 あとグラスウールの施工には隙間無くお願いするつもりです。

  • 回答No.2

昨年に自宅を新築したものです。我が家の壁には16Kのグラスウールが断熱材として使用されています。 >期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか? きっと都内の市街地ですよね。であれば断熱性能としては16Kで充分だと思います。断熱性を気にされるのであれば、予算に余裕があるようでしたら壁の断熱材よりも窓の仕様をチェックされた方がいいと思います。 お薦めはLow-Eの遮熱断熱複層ガラスにアルミ樹脂複合サッシです。うちではその組み合わせですが、夏はサッシ部分が熱々になることも無く、冬にはひんやり冷たくなることも無く、結露にも無縁でした。16Kから24Kへの差額がどれ位なのかよくわかりませんが、しつこいようですがこちらをお薦めします。 >防音性能は期待できますでしょうか? それなりに期待できますよ。吸音効果があるので。特に声などの音には効果があると思います。ただし最近の家は24時間換気を行うために居室ドアの下がアンダーカットされ完全に密閉されませんので、あまり大きな音になるとそこから音が進入してきます。楽器などの場合はより積極的な防音が必要でしょう。 アパートなどの場合にはさらに壁に遮音シートなどを組み合わせて使うようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 23区内で建築を予定しています。 16Kで十分ですか。 参考にさせて頂きます。 家を建てるのは初めてで、何か良いのかわかりません。 今住んでいる鉄骨造りのアパートの断熱がスカスカで 冬が特に寒かったので、断熱はしっかりしたものを入れたいのです。 Low-Eガラスは入れる予定です。 防音も少しは期待出来ますか・・・ 建築士と費用対効果をいろいろ話し合いたいと思います。

  • 回答No.1

>期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか? 貴方の期待がどれほどのものか存じませんので、即答は控えますが、断熱性能は16Kよりは上がります。 >防音性能は期待できますでしょうか? 期待できません。 防音するには、重量が必要なので、空気よりはグラスウールがあった方が少しはましでしょうが、コンクリート板などの重量物を宅内壁に使用すると、防音性能が期待できますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 発砲ウレタンも施工できるようですが、 どんなもんでしょうかね・・・ 防音の件と参考にさせて頂きます。

関連するQ&A

  • グラスウール断熱材の伸縮について

    以下、ご教示下さい。 当方、断熱にグラスウール24kgを使用予定なのですが (1)奥行き90mmの空間に100mm厚のグラスウール24kは納まるか   (床部にて《裸品+防湿シート貼り》この上に床下地合板貼り)   GW24k品実物を見た事がなく、伸縮性が分からないので判断出来ずお尋ねしました (2)24kとHG16kでは、施工性では実際どちらが良いか、コスト面ではどうか   これも施工経験がない素人なので、経験者に伺いたいと思います どうぞ宜しくお願い致します。   

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • グラスウールの施工について

    先だって出した「断熱材について」の質問にいただいた皆様のお答えを読んで、提案された断熱材では不十分なこと、お願いしている工務店さんに気密断熱についての知識や経験が殆どないであろうことが理解できました。私自身、断熱材の厚みをませばいいのか程度に漠然と考えていましたが、断熱をするなら気密もしっかりとらないといけない事が分かりました。 工務店さんは施工の経験はないようですが、具体的にこれをこうして欲しいと指示をすればやってくれそうに思います。 ご紹介いただいたサイトなどを読んで、理屈は何となく分かってきたように思うのですが、具体的に断熱材をいれたり気密シートを貼ったりなどの施工のやり方(工務店さんに理解してもらいたい部分)については、私にとっては難しい部分が多く、適切に工務店さんに説明できる自信が持てません。写真など多用して施工過程を解説したサイトやマニュアル、よい本があれば、どうかお教え下さい。予算をなるべく抑えたいので、グラスウールを断熱に使う方法が知りたいです。まず工務店さんと理解が共有できれば、それに必要な見積もりを出してもらって、予算的に実現できるかどうか検討ができると思います。よろしくお願いいたします。

  • 断熱材について

    以下の断熱は性能としてはどうでしょうか。 ●天井  高性能グラスウール14k155m(遮熱タイプ)  気密シート ●壁  高性能グラスウール14k85mm(遮熱タイプ)  気密シート  遮熱シート ●床  グラスウール32k80mm 最近は、グラスウール以外にも高性能な断熱材が多いそうですし、 外断熱もおしている工務店も多いです。 上記の、グラスウール+内断熱って古臭い気がするのですが いかがでしょうか。 うちは、寒いのが大嫌いで、冬は暖かな家でできれば半そでくらいで 過ごしたいです。

  • グラスウール断熱材の厚みと密度について

    天井の断熱材について、グラスウールを敷く予定ですが、 候補として下の3つを考えています。 候補(1) 密度10K×100mm×2段重ね 候補(2) 密度16k×100mm×1段 候補(3) 密度24k×100mm×1段 (2)<(3)は分かりますが、(1)と(2)、あるいは(1)と(3)はどちらが断熱性能が高いのですか?自宅は福井県福井市です。

  • グラスウールのついて

    こんにちは。 現在新築を予定していて色々アドバイスをいただいた結果、断熱性能アップを目指してますが、予算のこともあり、充鎮断熱(グラスウール等)でサッシはデュオPGを考えています。 そこでグラスウールだけに関しても10kとか16kとか高性能グラスウールとか色々あり熱伝導率が違うことぐらいしか分かりません、 コスト、メリットデメリットついて教えていただけませんか? 場所は大阪で、標準は、壁グラスウール75ミリ、屋根100ミリ、床サニーライト40ミリです。 また、注意しなければならないこと等なんでも結構ですので教えてください。

  • グラスウールとロックウール

    素人です。 よろしくお願いします。 グラスウールと、ロックウールの違いを教えて下さい。 それぞれのよい面、悪い面などありましたらお願いします。 また、現在新築予定なのですが現在頼んでいる工務店さんが勾配天井の断熱にロックウールを使うといっていました。 しかし工務店さんもほとんど勾配天井の断熱はしたことが無いらしく こちらでも勉強することを余儀なくされております。 専門家の方、おられましたらロックウールでの勾配天井の断熱法を教えて下さい。 また、それ以外でも安価で出来る方法などあればご教授いただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • グラスウールとフォームライトどちらがいい?

    新築です。標準は、グラスウール 、オプションでフォームライト追加30万弱。 木造二階建ての狭小住宅、地域はIVの中間気候です。 工務店の提案 (1)グラスウール  屋根100ミリ 外壁100ミリ 床下40ミリ           (2)窓の材質    アルミLow-e 樹脂サッシではありません           (3)24時間換気扇  非熱交換型 予算もありこのような見積もりになりました。 性能はグラスウールもフォームライトも同じと聞きました。 グラスウールの評価を、調べると、すぐにへたる、施工が手抜きにつながりやすい、吸湿性が高い、などよくありません。フォームライトは、吹き付けるため密着しているようです。 1、 (2)、(3)はそのままの場合、断熱材だけフォームライトにしても効果は、同じなので(全体の基準    が低い)やめたほうがいいですか 2、グラスウールの壁のへたりなどは、グラスウールのグレードアップである程度防げるのでしょう    か?その場合どうグレードアップすればよいですか   アドバイスをよろしくお願いします。

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。

  • 屋上のFRP防水の下に施工できる住宅版エコポイント対応断熱材は?

    現在、小さな屋上に高麗芝を敷設する屋上緑化のために、 スラブの上のウレタン塗膜上にFRP防水を施工予定です。 住宅版エコポイントを得るため、断熱材を利用したいのですが、 以下の中で薄く、コストパフォーマンスにすぐれる材料を教えてください。階下天井に断熱材は施工不可な状態です。階上防水処理の下に行いたいと思っています。 なお、FRP防水の上にウッドデッキを施工する部分に使用予定です。 ウッドデッキを踏んでもFRP防水が割れないように有る程度の硬度が必要です。 A-1 0.052~0.051 ・吹込み用グラスウール(施工密度13K、18K) ・タタミボード(15mm) ・A 級インシュレーションボード(9mm) ・シージングボード(9mm) A-2 0.050~0.046 ・住宅用グラスウール断熱材 10K 相当 ・吹込み用ロックウール断熱材 25K B 0.045~0.041 ・住宅用グラスウール断熱材 16K 相当 ・住宅用グラスウール断熱材 20K 相当 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板4 号 ・A 種ポリスチレンフォーム保温板1 種1 号 ・A 種ポリスチレンフォーム保温板1 種2 号 C 0.040~0.035 ・住宅用グラスウール断熱材 24K 相当 ・住宅用グラスウール断熱材 32K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 16K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 24K 相当 ・高性能グラスウール断熱材 32K 相当 ・吹込用グラスウール断熱材 30K、35K 相当 ・住宅用ロックウール断熱材(マット) ・ロックウール断熱材(フェルト) ・ロックウール断熱材(ボード) ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板1 号 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板2 号 ・A 種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板3 号 ・A 種押出法ポリスチレンフォーム保温板1 種 ・建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA 種3 ・A 種ポリエチレンフォーム保温板2 種 ・A 種フェノールフォーム保温板2 種1 号 ・A 種フェノールフォーム保温板3 種1 号 ・A 種フェノールフォーム保温板3 種2 号 ・吹込用セルローズファイバー 25K ・吹込用セルローズファイバー 45K、55K ・吹込用ロックウール断熱材 65K 相当