• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

グラスウール外周壁以外は意味はない?

木造二階建てで建築中です。 現在すべての外周壁にグラスウールが充填され、後はタッカーでとめるのみとなっております。 そこで質問なのですが、グラスウールは外周壁以外に入れてもあまり意味がないのでしょうか?実は、和室を当初グラスウールで断熱する予定だったのですが、途中で土壁に変更したため、グラスウールが余っている状態です。 もし、外周壁以外でも入れておけば、断熱効果があるのならば、入れていただこうかと考えております。(トイレと玄関の間の壁など) よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数586
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • AFG3171
  • ベストアンサー率22% (11/49)

マンション等では若干種類が違うのですが、防音効果を兼ねてトイレの間仕切りに使います。また、冷暖房をする部屋としない部屋との間仕切りに利用するのも熱効率からいって有効だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 トイレと玄関の間仕切り、和室との間仕切りに入れてもらえないか聞いてみます。

関連するQ&A

  • グラスウールの施工方法をめぐって

    こんにちは。木造二階建てを建築中のものです。 壁の断熱材にグラスウール10K100mm(旭ファイバーグラス)を使用しているのですが、その施工がうまく行っておらず困っています。 二日ほど前に外周壁すべてにグラスウールが充填されておりましたが、タッカーで全くとまっていなかったので現場監督に、200ミリくらいの間隔でとめてもらえるようお願いしました。 昨日も、今朝も監督が大工さんに指示してくれたらしいのですが、今日の夜行ってみると全く止めずにコンパネ(カーテンなどの下地の)や石膏ボードが一部張られておりました。(グラスウールは上のみ両面テープで止めております) やはり、すべてをはがしてでもやり直してもらった方がいいですよね?また、石膏ボード等をはがすことにより生じる不具合はありますか?

  • 木造住宅リフォームグラスウール断熱材ユニットバス

    浴槽の入れ替え等で木造住宅の内壁を解体したときに、外壁内側の間柱の間にグラスウール(断熱材)がしっかりと充填されていることを確認できたのですが風呂場の周囲の壁にはグラスウールが充填されていませんでした。これは、偶然、建築の際にグラスウールが足りなかったのか、浴槽の周囲は湿気が多いので家が湿らないように意図的にグラスウールを抜いたのか気になっています。  建築の専門の方のご意見を頂きたいです。

  • 床にグラスウール断熱材を入れる方法

    床に断熱材が入っていないので自分で床下にもぐってグラスウールを充填しようと考えています、根太にタッカーで留めただけではたるんできてしまうのではないかと思います、どの様な方法で行ったらよいかアドバイスをお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

通常、断熱材は外壁面だけで間仕切り壁にはいれません。 どのくらいのグラスウールが残っているか解かりませんが 壁に関したら、外壁に接する間仕切り壁の1間分に入れます。 この部分が熱橋部分になってしまうので。 天井裏一面に入れるくらい余っているのなら 天井断熱を増やすほうが良いと思います。 中途半端ななら意味が無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 残っているのは、15平米分?くらいでしょうか? やはり間仕切壁に入れても、断熱効果は期待できないということでしょうか? #1のお礼でも書きましたが、天井にはすでに石膏ボードが張られていて入れられそうにありません。

  • 回答No.1
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

私なら 屋根裏に余分に敷いてしまいます 2Fって予想以上に暑いです ネズミの巣になるかも知れませんが...(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 屋根裏に入れたかったのですが、すでに石膏ボードが張られていて入れられそうにありません。

関連するQ&A

  • 土壁のメリット、デメリットを教えてください

    昔ながらの木造住宅で壁が土壁の家があると思うのですが土壁のメリット、デメリットが知りたいのです。あと土壁の断熱性はどうなのでしょうか?最近の木造住宅だとグラスウールとかを使っていると思うのですがこれらと比べると土壁の断熱性はいいのでしょうか?悪いのでしょうか?

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)  

  • グラスウールを高性能にすれば・・・・

    都内で家を新築予定(木造軸組み)のものです。 建築を依頼している工務店では16kのグラスウールで施工するようです。 オプション料金で高性能グラスウール24kや32Kのものに変更すれば、 期待した程に断熱性能はあがるのでしょうか? また部屋と部屋の壁にも防音としてグラスウールをいれてもうおうと思いますが 防音性能は期待できますでしょうか? グラスウールは施工する業者によるところが大きいようですが、 みなさんはどう思いますか?

  • タマホームでのグラスウールの施工について

    現在タマホームで新築住宅を建築中です。 先日施工中の家の中を見てきたところ、疑問に思った点があったので教えてください。 現在家は断熱材としてグラスウールをつめた状態です。 グラスウールは旭ファイバーグラスの『ZIDAI』という製品のようです。 家の中ほとんどのところについてグラスウールを包んでいるビニール製の袋のミミにあたる部分を柱にタッカーで固定してあるのですが、壁の上端のところはグラスウールのサイズが合わないのか、グラスウールを切ってはめ込んであります。当然包んでいる袋も破れてしまいますが、これはそのままの状態です。 また、柱間に細い窓がある場合はその窓と柱の間は15センチぐらいですので、グラスウールの製品寸法そのままでは当然入りません。そういったところは袋から出した状態、つまりグラスウール本体をそのまま詰め込んであるという状態です。 グラスウールですとよく『湿気を含んだ垂れ下がりが発生』という話を聞きます。 私もネットでいろいろと調べてみたのですが、いろいろな意見があってよくわかりません。 旭ファイバーグラスのHPではグラスウールは吸湿性がなく、また今回使われている製品は撥水性が強いため、水の心配はないとの記載があります。 ただ、反対の意見としてグラスウールは結露によって水分を吸い込むと重くなって垂れ下がり、その後乾燥しても断熱性が失われるという意見もありました。 また、切断をしてもしっかりと防湿シートをすれば問題ないという意見もありました。 タマホームですと壁の外壁側に防水シートを張る施工をするとは聞いていますが、室内側には特にそういった施工をするとは聞いていません。 そもそも防水シートを張って、結露に効果があるのか個人的には疑問です。 このまま工事を進めてもらってもよいものなのでしょうか。 それともグラスウールに防湿用の何らかの対応を求めるべきでしょうか。 必要な場合、次回タマホームに打ち合わせに行った際にしっかりと話をしたいと思いますので、ご意見をいただけますようお願いいたします。

  • グラスウールとフォームライトどちらがいい?

    新築です。標準は、グラスウール 、オプションでフォームライト追加30万弱。 木造二階建ての狭小住宅、地域はIVの中間気候です。 工務店の提案 (1)グラスウール  屋根100ミリ 外壁100ミリ 床下40ミリ           (2)窓の材質    アルミLow-e 樹脂サッシではありません           (3)24時間換気扇  非熱交換型 予算もありこのような見積もりになりました。 性能はグラスウールもフォームライトも同じと聞きました。 グラスウールの評価を、調べると、すぐにへたる、施工が手抜きにつながりやすい、吸湿性が高い、などよくありません。フォームライトは、吹き付けるため密着しているようです。 1、 (2)、(3)はそのままの場合、断熱材だけフォームライトにしても効果は、同じなので(全体の基準    が低い)やめたほうがいいですか 2、グラスウールの壁のへたりなどは、グラスウールのグレードアップである程度防げるのでしょう    か?その場合どうグレードアップすればよいですか   アドバイスをよろしくお願いします。

  • ロックウールとグラスウール

    現在、家を新築予定です。 まず、どこに建築設計依頼をするのか。というところから検討中です。 まずは手っ取り早く大手メーカーをあたってみました。 ようやく今、無垢材の木造建築にするところまで決定しました。が.....無垢材を扱っているメーカーでも断熱材が違ったりということで、悩んでいます。 ロックウールとグラスウール。この他にも断熱材があるのは聞いているのですが、とりあえずは、この二つに絞りました。 簡単な特徴と違いは理解しましたが、どっちがいいか。となれば迷います。どちらも一長一短な気がしています。 どういった事を前提に決めればよいのでしょうか? アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 半地下住宅の断熱などについての相談です

    建築前の在来工法の建売住宅を購入し、現在建築中です。 1階が半地下(地面から床面まで80cm程度)になっている3階建て住宅で、1階の床から110cmがコンクリート造(基礎の外周が壁)、1階の途中から木造となっております。 1階部分は、玄関、風呂、トイレ、納戸で、1階床下は51cmです。 1階のコンクリート部分の壁には断熱がされておらず、コンクリートに直接ビニールクロスを貼る予定です。 木造部分は、壁と3階天井にグラスウールの内断熱です。 現在は、柱、屋根、外壁の合板まで出来ている状態です。 質問ですが (1)断熱材は天井から床まで覆わないと意味が無いと聞いたのですが、私たちの家のように断熱されていない壁があると、家全体の断熱効果は無いのでしょうか? (2)断熱されていないことにより1階の結露が非常に心配なのですが、今の段階で出来る防止策はありますか? (3)家が出来上がってから出来ることはありますか?コンクリート部分に断熱材を貼るなど。 (4)床下の換気は必要でしょうか?ちなみに、床下の基礎と土台の間はパッキン工法になっていますが、1階床で塞いでしまったら意味がないのでは無いか心配です。

  • 袋入りグラスウールの施工でこれはどう思いますか?

    現在、外周壁の断熱材の施工方法で工務店ともめています。 2×4工法で外壁はモルタルです。 断熱材は袋入りのグラスウールで特に通気工法はとっていません。 上(天井側)と下(床)は切りっぱなしでふさぐこともなく、木の部分に留めてもいません。つまり中身が出ている状態です。 タッカーで木に留めてほしいとお願いしたんですが、長さが足りないので無理だとのことです。 これは問題がありますか? また、これでは袋が破けている状態と同じでグラスウールに防湿層がない状態ではないかと詰め寄ったところ、上下を気密テープで木に留めつける妥協策を提示してきました。 これもどう思われますか? また現在工事が進み、2/3はすでにボードが貼られてしまっている状況です。その部分もボードをはがして上記のように気密テープでやり直しさせるべきでしょうか?やり直しをすると石膏ボードに余計な穴が開くのでそれはそれで湿気を通すリスクになりうるのではと思案しています。 ぜひともお知恵をお貸し下さい!!

  • 断熱材グラスウールの貼り付け方

    断熱材グラスウールについて質問します。 インターネットで断熱材、吸音材で検索していたところ、一般によく使われているというグラスウールを知りました。 効果や内容は少しは理解したのですが、実際グラスウールを壁等に貼り付ける(この表現で合っていますか?)方法が、 よくわかりません。ホームセンターで購入を考えています。 私が表現している貼り付け方というのは、例えば接着剤や両面テープ等のように壁等にくっつける方法のことです。 ご存知の方、回答をお願いします。

  • 断熱材の施工

    2014年、建売住宅(在来工法)を購入し一回目の冬を過ごしたのですが、とても寒く感じたため原因を探したところ、以前工務店より頂いた住宅建築中の断熱材(グラスウール、充填断熱)施工写真にてメーカー施工手順と異なる点があり質問させていただきます。メーカー施工手順では、壁の断熱施工時はグラスウールの耳(防湿フィルム)を見附面に30mm以上重ねて留め付けるとありますが、すべて柱と柱の間にタッカーで留められています。メーカー施工手順以外の例外もあるのでしょうか。高気密、高断熱ではない住宅では、このような施工方法も標準となるのでしょうか。