• ベストアンサー
  • 困ってます

天井裏断熱改修、グラスウールの追加について

現在、天井断熱されており、グラスウール10K100mmが入っています。(室内側防湿フィルム、天井裏側透湿フィルム) 断熱性能が低いため、自分でグラスウールを追加しようと思っています。 安価に抑え施工を簡単にしたいので、ホームセンターの壁用で販売されているフィルム付き100mmのグラスウールの使用を考えています。 これを現在のグラスウールの上に並べておいて、トータルで200mmとしたいのですが、問題はあるでしょうか? 気になるのが、従来のグラスウールの上面(透湿面)に、追加のグラスウールの防湿面がくる形となってしまうため、もし部屋から天井を通ったきた湿気が従来グラスウールを通り抜けようとしても、追加したグラスウールの防湿面があるため通り抜けられず、結露するのではないかと心配です。このような追加は止めたほうがいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数3280
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

我が家も自分で10K100mmの上から 同じ10k100mmのグラスウールを追加しました。 当初同じ疑問を持ちグラスウールメーカに問い合わせしたところ、 湿気の滞留も考えられる為、重ねるグラスウールの防湿シート面を 剥がしてから重ねるようにと指示をうけました。 断熱性能を発揮する為には隙間無い施工と間仕切り壁などの 通気止めの施工が重要です。 施工方法などは硝子繊維協会のHPをご覧下さい。 夏場の屋根裏に対する効果的な方法は、 棟換気などの効率の良い換気と遮熱です。 追加したことにより体感的な違いまでは感じられませんが、 天井面の温度はほとんど室温と変わりませんし エアコンの設定温度も28~29度で十分です。

参考URL:
http://www.glass-fiber.net/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

DIY-suki様 気流止めに続き、アドバイス有難う御座います。 自分で施工されたのですね。参考になります! やっぱり防湿面を取った方が安全のようですね。ちょっと面倒ですがやっておいた方が後でのトラブル回避にもなりそうですし。 断熱材+気流止め+天井裏換気がポイントになりそうですね。納得です。 体感では感じられないということですが、エアコン28~29度でOKとはすごいですね。きっと天井面からの輻射熱が下がっているんでしょう。実際には効果が出ていそうです。 是非参考にさせて頂きます。有難う御座います。

関連するQ&A

  • 断熱材の追加

    現在天井にグラスウール50mmが入っていますが効果があまり感じられません。そこでグラスウールの厚さを増したいのですが現在あるグラスウールの上から同様のグラスウールをかさねても大丈夫なのでしょうか? 理論上は100mmになるのですがグラスウールには透湿面と防湿面があるので影響が心配です どなたか教えてください

  • グラスウールの施工方法

    マイホームを新築し1年程経ちます。当時断熱の施工方法についてあまり詳しくなかった事もあり、最近ネットで断熱についての記載を見て気になる事があります。 我が家の断熱は外から16mmサイディング、透湿防水シート、グラスウール(アクリア16Kg100mm)、石膏ボード12mm、ビニールクロスとなっています。 そうです石膏ボードの内側に防湿シートが貼られていませんでした。しかも施工当時の写真を見ると、グラスウールの防湿シートは耳を柱の内側で止めてあり、防湿シートの連続性がありませんでした。やはり内部結露が心配ですがどう思われますでしょうか?グラスウール自体は袋に入っている為大丈夫なのでしょうか?もしくはビニールクロスはビニールなので湿気を通さない? 一応外観に通気層がある為、室内から入った湿気は通気層から逃げてくれればいいのですが…。 最悪やり直しをお願いする事は可能なのでしょうか? 断熱性能より結露が心配です。宜しくお願い致します。

  • グラスウール断熱について教えて下さい。

    アクリアマット10k50mmが標準の施工会社で新築することになりました。(壁、屋根) 断熱材の性能が低すぎる為、アクリアマット10k90mmで考えてたのですが 色々と調べてるうちに結露のことも考えなくてはいけない事を知りました。 壁に通気層はあるのですが、アクリアマットの防湿フィルムでは頼りないのでしょうか? カビだらけの家にはしたくないので、するべきことを教えて下さい。 標準以外の事を頼むと割引率も低い上に、予算があまり無いので グラスウール以外では無理なので、そこも考慮して教えて頂ければと思います。 そちらの施工店では標準以外で建てる人が少ないようなので、説明を求めてもあまり信用できず… こちらで質問させて頂きました。 よろしくお願いします。 木造在来工法 現場は大阪です。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
  • jckl
  • ベストアンサー率42% (204/476)

no.2です 夏場の熱対策という事では話が違ってきます。 一番確実なのは屋根裏換気扇です。 専用の換気扇としては一般市販品は無い、若しくは手に入りにくいでしょう。 市販のパイルファンで応用すれば、断熱材よりも安価で効果も期待できます。 100mmの塩ビパイプとステンレスの針金1.2mm径、コーキング、25~30mmの隙間テープ、パイプファン又はトイレファンを用意してください。 方法は、屋根構造によって変わります。切妻なら一番簡単です。 換気口に密着するように塩ビパイプを針金で吊り、パイプの切り口にファンを取り付けます。隙間はテープで塞ぎ、排出口はコーキングで固定します。 (電源とスイッチは電気工事士に依頼して下さい) 寄せ棟の場合は軒裏に排気させます。パイプは棟の一番高いところまで伸ばします。アルミの蛇腹パイプを併用すれば、角度の変更も楽に出来ます。 もしも、軒裏に手が入らない場合、切妻に換気口がきちんと作られていない場合には、外壁に接する様な部分に穴あけが必要になり、排気カバーも施工しなければなりません。また、吸気口の設置も必要です。 一台で10~15坪程度と考えましょう。 参考URL http://www.sanix.co.jp/p06/p601.htm 下左 http://www.sanix.co.jp/p06/img_p6/p6024_netukeru_b.jpg

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

jckl様 換気扇は取り付けています。自作ですが天井裏点検口に換気扇を取り付けて、部屋の熱気を天井裏へ流しています。(天井裏の熱気は軒などの換気口から排出されます。) 昔の台所で使っていたような(扇風機の羽根をそのままつけたような)割と大きなものをつけたので、結構な風量が部屋→天井裏→外へ流れていると思います。 またアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

  • 回答No.5
  • getbass
  • ベストアンサー率12% (60/485)

グラスウールは厚みじゃない。密度です。10Kを50Kに替えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

getbass様 アドバイス有難う御座います。 より高性能のものの方がいいのは承知しているのですが、何分、予算が厳しいため、ホームセンターで売っている一番ポピュラーで安価なものをということで10K100mmを追加しようと考えました。 この程度では効果は期待出来ないものでしょうか。

  • 回答No.4
  • kami55
  • ベストアンサー率15% (14/88)

グラスウールを追加するのもいいですが、空気の逃げ道をふさぐことを考えたらどうですか?天井裏をたんねんに調べ、逃げ道になっているところをビニールで覆ってもかなりの断熱になると思います!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kami55様 アドバイス有難う御座います。 申し訳ありません、「天井裏の空気の逃げ道」というのは例えば、部屋と天井裏の仕切りである天井に隙間があった場合、その隙間をふさぐということでしょうか? 室内側から見る限りそのような隙間はなさそうなのですが、もっとよく確認して見ます。 また宜しくお願い致します。

  • 回答No.3
  • jckl
  • ベストアンサー率42% (204/476)

NO.2です。 一部訂正します。 現在防湿タイプが施工されているのであれば、影響は無いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

jckl様 引き続き有難う御座います。 判りました。不安が消えました。有難う御座いました。

  • 回答No.2
  • jckl
  • ベストアンサー率42% (204/476)

北海道や東北・甲信越の場合以外は100mmで断熱性能が低いとは通常考えられません。 建築時に施設された断熱材でしょうから建築基準に沿っているものと判断します。(関東以西) 天井裏へは生活の湿気がかなり上がります。フィルムへの湿気付着よりも室内の結露量の増加が大きいでしょう。また、天井裏からの汚れ染みが降り易く、天井自体の黒ずみが早く出ます。 断熱材がきちんと隙間無く施工されている事が重要ですので、確認・手直しして下さい。 和天井は危険ですので乗らない様に気を付けて下さい。 蛇足ながらグラスウールを扱った後は体中がチクチク痛痒く辛いですよ。(お風呂で丁寧に擦る様に洗いましょう) どうしても追加をするのであれば、建材店や、材木店で透湿タイプを購入しましょう。

参考URL:
http://www.house-support.net/seinou/syoene.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

jckl様 アドバイス有難う御座います。 当方新潟県で新潟市よりも北に位置しています。 天井の断熱材は今時の基準よりも少ないと思い、追加しようと思いました。ANo.1でも書いたのですが、正直な所100mm→200mmとしてもどの程度効果を発揮するか検討もつきません。あまり変わらないものなのでしょうか? 天井裏で施工を確認しましたが、隙間もなく並べられており問題は無いようでした。

  • 回答No.1

 天井断熱する意図は、屋内の熱を逃したくないという事でしょうか?屋内の寒さの問題の原因は別にある可能性はありませんか?窓ガラスで冷やされた空気が床に流れ落ちて、さらにどこか低い所に向かって流れていると寒さを感じます。床まで垂れ下がるカーテンを2重にするだけでも違いますし、2階であれば階段の入り口を腰の辺りまで閉じるだけでもずいぶん違うと言います。  天井は最も暖かい空気が集まる所でしょうから、断熱性能がある程度あるのであれば、逆に冷たい空気が流れる原因が無いか、今一度調べられてからでも遅くないのでは、、と思いました。  また、グラスウールの結露ですが、今の段階でとりつけられている断熱材で、屋内側に防湿フィルムがすでにあるのでしたら、そこを通り抜けてグラスウールの内部を通過して水蒸気がくるという事はないと考えていいのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kykykwa様 アドバイス有難う御座います。 主目的は夏の暑さです。一番手が付けやすい所と思って、天井裏断熱材追加を検討していました。 窓は樹脂アルミのペアです。さらに冬場はガラスにプチプチも貼っています。あとは天井が改善しやすいのかなと考えていました。正直、100mmを200mmにしたとして、どのくらい効果(体感的にも)があるのかも想像がつきません。もしかしたら追加しても「あんまり変わんないな」状態になりそうでしょうか? 結露の件わかりました。ほっとしました。有難う御座いました。

関連するQ&A

  • 天井断熱材について

    リフォームで大工と話をしていましたら、天井引き込みのグラスウール断熱材の話になりました。天井引き込みのグラスウール断熱材ですが、調べていますと透湿防水シートを引きなさいと出ています。 それが室内から見ると、(1)石膏ボード→野縁→グラスウール→透湿防水シートとあるものと、(2)石膏ボード→野縁→透湿防水シート→グラスウールとあります。小屋裏の天井に透湿防水シートを引く意味がわかりません。多少外気の影響受けますが室内にシートを引くことで何かの効果がでますか。 又(1)と(2)とでは何か違いがあるのでしょうか。工事なされている方教えてください。

  • グラスウール断熱材の厚みと密度について

    天井の断熱材について、グラスウールを敷く予定ですが、 候補として下の3つを考えています。 候補(1) 密度10K×100mm×2段重ね 候補(2) 密度16k×100mm×1段 候補(3) 密度24k×100mm×1段 (2)<(3)は分かりますが、(1)と(2)、あるいは(1)と(3)はどちらが断熱性能が高いのですか?自宅は福井県福井市です。

  • 天井裏断熱材の追加について

    こんにちは。 天井裏断熱材の追加についてお尋ねいたします。  今2000年築の木造一戸建て(2X4工法 東京都内)に住んでおります。 夏の暑さがひどいので(2階の寝室は南に掃き出し窓、西に腰高の押し出し窓)窓ガラスをエコガラスに交換すると同時に天井裏の断熱材の追加を考えております。 今はロックウール厚75が入っているのですが、工務店に追加を依頼しましたところ「断熱材は安価なのでマットエースをご自分でひかれたらどうですか?」と言われ、旭ファイバーグラスの方にも「ロックウールに垂直に隙間無く並べていけば良いだけですので簡単です。」と言われました。 質問ですが (1)ロックウールの上にグラスウールをのせるのは言われたように素人が簡単に出来るものなのでしょうか? (2)追加に関して何か注意点などございましたら教えて下さい。 (3)追加予定のマットエース100mmと160mmでは効果の違いはかなりありますでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • グラスウールの重ね設置について

    現在、新築中にて、外壁(サイディング)及び内装が始まろういう状況です。 以前の打ち合わせで、断熱仕様を外断熱もしくは、ボードにしたかったのですが、予算の都合上、標準のグラスウールで妥協しました。ただし、標準50mmだったものを100mmに変更して貰いました。昨日、家を見に行ったところ、壁は100mmグラスウールでしたが、2階天井は、50mmでした。そこで、HMの営業に100mmにするよう依頼したところ、50mmのものを重ねて100mmにするということでした。 そこで、質問です。 1.50mmグラスウール×2で、100mmと同じ性能ですか? 2.防湿層が2層になります。防湿効果はどうなるのでしょうか? ※追加料金を取られそうなので、効果なければ止めたいと思っています。

  • 断熱について

    初めまして、今家を建てるにあたって工務店と色々相談しているのです が断熱についてあまり詳しくないのでこちらでお聞きいたします。 うちは兵庫県でも大阪に近くて山間部ではないので夏非常に暑い地域で す。そこで天井屋根部分の断熱方法について悩んでいます。 色々な断熱材や断熱方法があるのですが当初の仕様では天井裏にグラス ウール100mmのみです。これでは不安なのでもし変更するとしたらどれ がいいでしょうか? 1.グラスウールを200mmくらいにする 2.天井断熱をやめて屋根断熱にする 3.天井と屋根と両方断熱する おそらく1が一番安価でしょうけどそもそも天井断熱だと小屋裏がすご く暑くていくら換気をしてもなかなか熱気はとれない気がします。なの でどうせなら3の天井は当初のGW100mmでプラス屋根断熱もしようか なと思ってるのですがコスト以外のデメリットってありますか? またこの方法は正しいのでしょうか?小屋裏部分が結露する心配は強制 換気でふせごうと思っています。

  • 天井裏に断熱処理をしました。

    東北の寒冷地で築約20年弱の家に住んでいます。 天井にて既存の100mmの断熱材に加え 旭ファイバーのアクリアマット(10K50mm)を各所に3枚重ねで(150mm)敷きました。 施工の精度にもよりますがたまに-15℃程下がる地域なので効果などが心配です。 夏、冬トータルで見て果たしてこの施工内容で良かったのでしょうか? よろしくお願いします。

  • グラスウール2層の天井施工方法について

    現在、HMにて新築を計画中です。 そこで断熱材について質問ですが、標準仕様ですと天井が 10K100mmのグラスウール となっています。これをオプションで2層施工してもらおうと 見積もりを取ったら 1m2あたり1200円 を提示されました。調べてみるとグラスウール自体は定価より かなり高い金額なので、標準で施工してもらい、引渡し後に自 分でグラスウールを安く手に入れ、天井裏に行って自分で2層 目を施工することは可能でしょうか? 単純にすでに敷かれているグラスウールの上に単純に重ねて敷 くだけでよいものなのでしょうか? また、袋に入っているグラスウールを使用するのか?その場合、 袋は破かなくても大丈夫なのでしょうか?それよりも裸のグラ スウールをそのまま敷けばよいのでしょうか? 在来工法で充填断熱です。標準のグラスウールは袋に覆われて いる商品を使用するようです。 よろしくお願いいたします。

  • 屋根断熱 天井断熱 天井裏(小屋裏)換気 ・・・難しい

    現在、屋根・天井断熱について迷っていて教えていただきたいと思います。  勉強したのですが、屋根断熱・天井断熱・そして、換気については 非常に難しく、知識ある方のコメントを頂きたいと思っています。 現状 ◇屋根・天井構造  -屋根・天井全体の1/3  屋根:片流れ屋根(南西に向かって上がっていく)、         天井:低いところから2/3が勾配天井(天井は入れます) 1/3が平坦な天井(ロフトの天井)         *低いところから屋根と平行に天井が上がっていって、下への壁があり平天井になります  -屋根・天井全体の1/3 屋根:片流れ屋根、天井:平天井 勾配天井  -屋根・天井全体の1/3 屋根:切妻屋根、天井:平天井 ◇断熱  ・充鎮断熱  ・屋根:AFボード40mm   (外断熱ではなく、垂木の間に入れます。)  ・壁:GW10K75mm、気密シート、タイベックシルバー  ・屋根・天井に気密シート、タイベックシルバーは入れません。   (別質問ですが、天井に気密シートは入れたほうが良いのでしょうか!?) ◇地区  東京 ◇工法  2x4 (屋根は2x6材) ◇迷っていること  (勾配部分以外の)天井部分にGW10K100mmを入れるかどうか。   #費用についてはここでは無料とお考えください。    そのため、その分屋根を強化するということはできません。   #勾配部分については、通気層が確保しづらいため入れません。  屋根断熱(遮熱)&天井断熱にすると、天井と屋根の間は軒等で きっちり換気をする必要があると思っています。  ただし、屋根断熱だけにすると、天井と屋根の間は、 換気する必要がないのでは!?と思っています。 そのため、気密性が高まって断熱効果が高いのでは?とも思います でもやっぱり湿気がたまる?等の不安もあります。  その点から、屋根断熱だけにして、天井と屋根の間は換気しないのがよい(=断熱効果が高く、結露等もしない)のか、屋根断熱(遮熱)&天井断熱でしっかり換気を取ったほうが良いのか、よくわかりません。 防寒、防暑の両観点からはどちらが良いと思われますか? (防暑だけなら2重にしたほうが良いように思いますが) またよろしければ、その場合、皆さんなら換気(空気の通り道)はどこ(ex 軒等)でとるのかも教えていただければうれしいです。 宜しくお願い致します。 

  • 2階天井の断熱材の追加

    1990年築の2×4の家です(千葉県)。 2階はいつも暑いと思っていたのですが、2階の部屋の壁紙を張り替えた時に、天井付近の空気が特に熱せられているような気がしたので、天井裏に入ってみました(皆さんがよく言うようにひどく暑い空間でした)。 断熱材をみると断熱率1.2の50mmのものが敷き詰められていましたが、何か薄いような感じがしています。 今の断熱材の上に更に50mmの断熱材を敷き詰めてもいいのでしょうか?そうすれば断熱効果は増すでしょうか。それとも100mmに取り換えたほうがいいのでしょうか? 断熱材を重ねた場合の結露の如何、天井への重さの負荷も含めアドバイスお願いします(天井は45cm間隔の2×4材に石膏ボードを打ちつけてあります)。

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)