• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

断熱材の追加

現在天井にグラスウール50mmが入っていますが効果があまり感じられません。そこでグラスウールの厚さを増したいのですが現在あるグラスウールの上から同様のグラスウールをかさねても大丈夫なのでしょうか? 理論上は100mmになるのですがグラスウールには透湿面と防湿面があるので影響が心配です どなたか教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数589
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • jg0nww
  • ベストアンサー率24% (67/269)

あなたとは、ご縁がある様です。 No.2さんが、言っている様に50mmでも隙間無くちゃんと施工されていれば、鹿児島辺りでは100mmも50mmでも効果は変わりません。 天井裏登って見てみましたか?天井の吊り木や吊っている針金の周りの断熱材は、ちゃんと断熱材に切り込みを入れて天井材にピッタリくっついていますか?吊り木の部分の断熱材が持ち上がっていませんか? 私も昨年1月に、自宅の天井に断熱材を追加で重ねました。既存50mm→250mm2階天井裏 既存10K50mm+高性能16K100mm+10k100mm(外側穴開きアルミ蒸着フィルム)1階部分既存50mm+高性能16K100mmを施工しました。NO.3さんの言う様に既存の物に直行する様に施工すると隙間が減らせます。何度も言いますが、壁と天井の取り合い部も隙間無く施工しないとダメです。間仕切り壁の部分の取り合いもです。 天井を自分で、施工するには天井を踏み抜く覚悟で施工しないといけませんよ(^ ^; お勧めは、高性能16K100mmを敷設しながら前に進むと断熱材に密度があるので天井を破損させず敷設出来ます。(表層改良したのと一緒) 4.5尺じゃ無く9尺を使うと施工が楽です。密度があるので簡単に敷設出来ます。 1階部分は、入れない所があねかもしれません!? 私は、長野県に住んでいますし屋根が銅板葺きなので夏場の2階は効果絶大てした。1階も暖房の熱が逃げにくいですね。私の家は、築23年ですので、断熱材も50mmが部屋の天井のみ敷設されていました。廊下押入れトイレ洋間は、断熱材無しでした。昔ですから・・・ No.2さんの言う様に窓から熱が一番逃げますから、1枚ガラスをペアガラスに変える方が、鹿児島では断熱材を追加するより効果あると思います。 もしチャレンジするなら、釘とか出ていますので、ケガをされない様に気お付けて頑張って下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 天井裏断熱改修、グラスウールの追加について

    現在、天井断熱されており、グラスウール10K100mmが入っています。(室内側防湿フィルム、天井裏側透湿フィルム) 断熱性能が低いため、自分でグラスウールを追加しようと思っています。 安価に抑え施工を簡単にしたいので、ホームセンターの壁用で販売されているフィルム付き100mmのグラスウールの使用を考えています。 これを現在のグラスウールの上に並べておいて、トータルで200mmとしたいのですが、問題はあるでしょうか? 気になるのが、従来のグラスウールの上面(透湿面)に、追加のグラスウールの防湿面がくる形となってしまうため、もし部屋から天井を通ったきた湿気が従来グラスウールを通り抜けようとしても、追加したグラスウールの防湿面があるため通り抜けられず、結露するのではないかと心配です。このような追加は止めたほうがいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 天井断熱材について

    リフォームで大工と話をしていましたら、天井引き込みのグラスウール断熱材の話になりました。天井引き込みのグラスウール断熱材ですが、調べていますと透湿防水シートを引きなさいと出ています。 それが室内から見ると、(1)石膏ボード→野縁→グラスウール→透湿防水シートとあるものと、(2)石膏ボード→野縁→透湿防水シート→グラスウールとあります。小屋裏の天井に透湿防水シートを引く意味がわかりません。多少外気の影響受けますが室内にシートを引くことで何かの効果がでますか。 又(1)と(2)とでは何か違いがあるのでしょうか。工事なされている方教えてください。

  • 断熱材について(新築です)

    このたび、新築することになったのですが、壁内等に入れる断熱材について教えて下さい。建築予定のHM使用では床(スタイロ 50mm)壁(グラスウール 100mm)1階天井(グラスウール 150mm)2階天井(グラスウール 100mm)です。当方山梨県ですがこのくらいで妥当なのでしょうか?また、屋根下(斜めのところ)の断熱は無しとの事です。ご指導お願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

我が家も自分でグラスウールを追加しました。 10k-100mmの上に同じ物を重ねて300mmにしました。 使用されていたグラスウールが袋入りの物で、天井側に防湿シート面が向いています。 追加するにあたってグラスウールメーカーに確認したところ、 重ねるのは問題ないが防湿シートを剥がさなければ駄目との回答でした。 ブローイングや裸ウールもありますが、コストや入手を考えると 袋入りを購入し防湿シートを剥がすのが一番だと思いますが、 断熱性を考えるとブローイングや密度の高い天井用の裸ウールが良いですね。 屋根裏は足場が悪く危険ですのでご注意を。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

グラスウールの透湿・防湿については、既存のグラスウールの上に防湿面の有るグラスウールを載せると、既存グラスウールが湿ってしまう危険性がありますので、防湿面のない、裸ロールを使用します。 現在のグラスウールが50mmだと、どうしてもすき間などが有ったりすると思われますので、重ねで50mmを入れる効果はあります。 天井下地がどのようになっているかにもよりますが、可能ならば、現在のグラスウールと直交する方向で、できるだけ隙間が空かないように敷き詰めましょう。 可能ならば、今のグラスウールはそのままでも良いので、ブローイングなどを施工すると効果的ですが、業者に頼むこととなりますので、自分でやろう、という場合には、グラスウールの重ねが適当かと思います。 何しろ、どこまで綺麗に敷き詰められるかがポイントですので、頑張って下さい。あと、天井の踏み抜きなどにも注意して下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

天井にグラスウール50mmが入っていますが効果があまり感じられません。 ● どの様にですか 1)断熱、保温は 防音と同じ、何処かに少しの洩れが有っても効果は大きく減少します。 2)例えば、ドアを完全に閉じると音は遮られるが、少しでも開いていると音は殆ど減衰しません、保温も同じです。 3)室内は天井、床、壁などの6面体で構成され、特に窓の影響が大きいです。 4)隙間風、換気はどの様になっていますか、その熱の通過量は? 5)天井の保温で柱、梁の部分も隙間無く完全保温が出来ていますか 6)50mmより、100mmの方が良いに決まっているが、効果が出るかは疑問です。 冷蔵庫のドアが僅かに開いていると冷えないのと同じです。 まとめ 断熱、保温は部屋全体を総合的に判断しなければ効果はありません、天井と思われる理由がありますか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#78261

重ねる事はあります。100+100いれたりします せっかくやるなら100ミリを入れたほうがいいでしょう。 1枚目で防湿しているので室内からの防湿は住んでいると考えれば問題は重大でないと思います。 普通は床が寒いという話があっても冬場に天井断熱材の話をするということはちょっと不思議です。普通は小屋裏の空気のこともあり天井はそんなに寒くないと思うのですが?小屋裏に風がビュービューふくほど換気がされているのかしら・・・蛇足ながら心配しちゃいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • グラスウールの重ね設置について

    現在、新築中にて、外壁(サイディング)及び内装が始まろういう状況です。 以前の打ち合わせで、断熱仕様を外断熱もしくは、ボードにしたかったのですが、予算の都合上、標準のグラスウールで妥協しました。ただし、標準50mmだったものを100mmに変更して貰いました。昨日、家を見に行ったところ、壁は100mmグラスウールでしたが、2階天井は、50mmでした。そこで、HMの営業に100mmにするよう依頼したところ、50mmのものを重ねて100mmにするということでした。 そこで、質問です。 1.50mmグラスウール×2で、100mmと同じ性能ですか? 2.防湿層が2層になります。防湿効果はどうなるのでしょうか? ※追加料金を取られそうなので、効果なければ止めたいと思っています。

  • 断熱材の費用を教えてください。

    はじめまして 現在、在来工法の家を立てる予定のものですが、断熱材についてお聞きしたいことがございます。依頼しているHMでは、グラスウール密度10kの厚み50mmを使用する予定でしたが、自分で厚み100mmへの変更をお願いしましたが、費用が建坪44坪で50.000円(壁,天井,床)と言われております・・・。 平均的な金額と、HMで言われた金額がどうなのか 知りたいので、教えていただけますでしょうか? また、密度16k 厚み100mmにした際の予算もわかれば 教えてください、よろしくお願い致します。 

  • 断熱材について

    ?地域で木造平屋の新築を計画中です。見積もりの断熱材その他関連を見ますと、床断熱材:サニーライトt50mm、外壁断熱材:サニーライトt 50mm、屋根断熱材:サニーライトt 60mm、外壁透湿シート及び防水テープ張りとなっていました。 以前打ち合わせ中に高断熱高気密等の話を出してみたところ、「このへんなら普通に建てても、特に困らない位の気密断熱性は出るんじゃないですか。最近の建築なら」と言われました。話はそれきりになっていたのですが、「断熱がいいほうがとのことなので…グラスウールよりこちらのほうが良いと思います」と見積もりには上記が書かれていました。 1:高断熱高気密は殆どやらない工務店さんのようなので、あまりにこだわるのは無理のように感じていますが、上記の断熱材は厚み的にはどうなのでしょうか。寒さ暑さで眠れないほどだったりは困るなと…(今の木造アパートがそうです) 2:サニーライトは高いようですが、予算を削るならグラスウールにかえることもできますと言われています。グラスウールに変えるなら、どの位の厚みがあったほうがよいのか教えて下さい。また、多少価格がはってもサニーライトにこだわったほうがよいメリットがもしあれば教えて下さい。 以上です。ごちゃごちゃ書きましたが、どうかよろしくお願いいたします。

  • 2階天井の断熱材の追加

    1990年築の2×4の家です(千葉県)。 2階はいつも暑いと思っていたのですが、2階の部屋の壁紙を張り替えた時に、天井付近の空気が特に熱せられているような気がしたので、天井裏に入ってみました(皆さんがよく言うようにひどく暑い空間でした)。 断熱材をみると断熱率1.2の50mmのものが敷き詰められていましたが、何か薄いような感じがしています。 今の断熱材の上に更に50mmの断熱材を敷き詰めてもいいのでしょうか?そうすれば断熱効果は増すでしょうか。それとも100mmに取り換えたほうがいいのでしょうか? 断熱材を重ねた場合の結露の如何、天井への重さの負荷も含めアドバイスお願いします(天井は45cm間隔の2×4材に石膏ボードを打ちつけてあります)。

  • 断熱材と壁紙張替え

    雨の降っている日に、システムバスの組み立てをすると、雨で濡れてしまって、悪影響とか有るでしょうか? また、断熱材が、雨で濡れてしまうと、悪影響とか有るでしょうか? まだ、業者の営業の人に聞いてみていないのですが、予定していたシステムバスの組み立ての日程を変更してくれと頼むのは、まずいでしょうか?普通は、拒否されるものでしょうか? 断熱材を入れようか迷っていますが、TOTOのあったか浴室パック(グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm)をつけるケースと、普通の断熱材をつけるケースと、どちらが良いでしょうか? 業者の営業が『普通の断熱材』と言っていたのですが、『なんていう名前?』と聞いても分からなかったみたいなんですが、なんだと予想されますか? また、グラスウールは、あまり効果が無いのでしょうか? 『グラスウールの断熱天井50mmと発泡スチロールの断熱壁10mmと発泡ウレタンの断熱床5mm』の50mm、10mm、5mmという厚さですが、薄すぎる気がするのですが、この位が一般的なのでしょうか?また、こんな5mmとかでも、効果は有るのでしょうか? 壁紙を張り替えてもらいたい場合、リフォーム店にお願いする以外では、どういう所でやってもらえるでしょうか?(壁紙張替え専門店みたいなのは、有るのでしょうか?) 壁紙のショールームとかは、どこかに有りますか?

  • 断熱材の厚さについて

    今新築打ち合わせ中なのですが 我が家はIV地域断熱材はグラスウールになります。 最近断熱材を100mm以上にしてる方を多く見かけ 少し不安になってきました。 天井は夏の暑さによって 新築後自分で厚さを足してもよいかなと思ってましたが 壁と床が後から調整は出来ませんから悩むところです。 やはり厚さを足した方が良いでしょうか? ちなみに気密住宅ではない在来工法です。

  • 壁の断熱材としてのロックウール100mm

    一般住宅で使用します。 天井・壁「ロックウール100mm」の情報をお願いします。 (1)グラスウール100mmの「何K相当」ですか? (2)グラスウールと比べると耐久性能はどうですか? (3)外からの音に対して防音材として期待できますか? (4)なぜ高価なのでしょうか? (5)グラスウールのみと比べると良い?悪い? よろしくお願いします。

  • 断熱材の入れ方他

    断熱などについて何度かこちらで回答をいただき、大変参考になりました。サッシをアルミ樹脂にしたり、屋根通気層を作って棟換気をつけてもらいました。また新たに疑問ができましたので教えていただければと思います。 外壁の断熱材を高性能GW16k 50mm(耳つき、裏面防湿)にし、外壁下部と床の境目は乾燥木材で気流止めをしてくださいます。 1:外壁の断熱材上部は、桁?(名前がわかりません、横渡しの材木)まで張り上げて、断熱材の上は材木でふさがるので気流止めはしなくて大丈夫と説明を受けました。間仕切り壁は上下に気流止めをするとのことです。外壁上部は不要ですか?小屋裏収納があり屋根断熱です。 2:断熱材がのる材木の寸法が120mmで、断熱材が50mmなので、透湿シートとの間にかなりすき間ができます。外壁→通気層(胴縁?)→透湿シート→すき間→断熱材となりそうです。これは大丈夫ですか? (120mmぴったりのサイズのGWはないので、仮に断熱材をふやしてもすきまはできますとのことです) 3:外壁はパワーボードの予定ですが、調べると外壁材がALCの場合は通気層をとらないとか、透湿防水シートをはらないと書いてあるサイトも見かけました。そうした場合、長年の間にもし塗装にキズが生じて水が入ってきたら、止める部分がないので困るのではと思うのですが…今の工務店さんは、通気層や透湿シートを利用する考えのようです。それで不都合はないですか? 頑張って勉強していますが知識に乏しいため、おかしな事を書いているかもしれません。どうかよろしくお願い致します。

  • 断熱材は充分でしょうか?

    輸入住宅(カナダ、2×4)で建て替えを予定しています。 見積りの断熱材の記載が、   1F基礎内断熱 スタイロフォーム 55mm   外壁 グラスウールH16K 100mm   屋根・天井裏 グラスウールH16K 140mm とありました。 今住んでいる家が古くて寒いので、暖かい家にしたいと思っています。 こちらは雪のほとんど降らない寒冷地ですが、本当にこれで充分なのでしょうか? 日当たりは良く、窓はマーヴィン社(インテグリティ)が標準です。 暖房は、畜暖を検討中で、全室20度設定で各部屋に2~7KWを約10台設置がベストと見積もりもいただきました。 HMさんには、充分暖かいと言われるのですが・・ 断熱材をアイシネンに変更か、グラスウールをもっと入れてもらうことも考えています。 断熱材についてお詳しい方、アドバイスをお願いします。 断熱材を変更または増やすべきでしょうか? 具体的に何をどのくらいとアドバイスを頂けると助かります。 よろしくお願いします。

  • 断熱材の厚みについて

    2×4で建築を予定しています。 業者に概算見積りをだしてもらい、家の仕様についても説明してもらいました。 断熱材の仕様なんですが、これで十分でしょうか? 地域はIII地域です。 外周壁  高性能グラスウール16K 90mm 屋根天井 高性能グラスウール16K 140mm 床下   スタイロフォーム 50mm 次世代省エネ基準に満たすには、天井は200、壁は100に したほうが良いのでしょうか?