• ベストアンサー
  • 困ってます

グラスウールとフォームライトどちらがいい?

新築です。標準は、グラスウール 、オプションでフォームライト追加30万弱。 木造二階建ての狭小住宅、地域はIVの中間気候です。 工務店の提案 (1)グラスウール  屋根100ミリ 外壁100ミリ 床下40ミリ           (2)窓の材質    アルミLow-e 樹脂サッシではありません           (3)24時間換気扇  非熱交換型 予算もありこのような見積もりになりました。 性能はグラスウールもフォームライトも同じと聞きました。 グラスウールの評価を、調べると、すぐにへたる、施工が手抜きにつながりやすい、吸湿性が高い、などよくありません。フォームライトは、吹き付けるため密着しているようです。 1、 (2)、(3)はそのままの場合、断熱材だけフォームライトにしても効果は、同じなので(全体の基準    が低い)やめたほうがいいですか 2、グラスウールの壁のへたりなどは、グラスウールのグレードアップである程度防げるのでしょう    か?その場合どうグレードアップすればよいですか   アドバイスをよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1013
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (97/234)

多分「知恵袋」と同じ質問者さんだと考えて、お答えします。 (1)グラスウールの内容が書かれていませんが、 垂れない物が欲しいのであれば 「高性能グラスウール」で「16Kgの製品」であれば 自重でへたる事はありませんよ。 何度も言いますが屋根が「薄過ぎます!」せめて200mmは必要です。 出来るのあれば、この様な「組合せ」が理想です。 屋根:HGW(高性能グラスウール)16Kg×300mm 外壁:HGW16Kg×200mm 基礎断熱:押出法ポリスチレン×100mm(立上り+底版下込み) このくらいの「厚み」を「現場発泡ウレタン」で行えば 100万円以内では出来ませんから「ウレタン系」は高いのです。 「水溶性発泡(今の流行は全てこれです)」のウレタン系は 熱伝導率でいえば、HGW16Kgとほとんど同じ「断熱性能」なのです。 現場で爆発事故を起こすのは「溶剤系発泡」のウレタン系ですね。 こちらの方が「断熱性能」は高いのですが、少しの火花でも 爆発してしまうので、特殊な場合にしか使わなくなりました。 (2)これからの時代の窓として、アルミサッシは止める事をお勧めします。 アルミであれば「樹脂」の約1,000倍も熱を通しやすいので、 必ず「結露」が出来ますし、外部の冷たさを室内まで 伝えてしまうのです(断熱化の大きな障害になってしまうのです) 樹脂サッシ+断熱Low-e+アルゴンガス入りの「組合せ」にしましょう。 (3)「熱交換型」でないと、せっかく温めた空気「あるいは冷やした)が ”ドンドン”と捨てられてしまいますよ(換気の為に) 「値段の差」はほとんどありませんので!「熱交換」を使いましょう。 まずは建築会社がどの種類の「グラスウール」を使っているのか? そのあたりの「確認」をしてみてください。 「補足」があれば「追記」が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 はい、知恵袋と同じ質問者です。答えがクリックしても出てこなくなり  こちらで、再度、質問を書き込みました。  解答を、下さりありがとうございました。    屋根:HGW(高性能グラスウール)16Kg×300mm  外壁:HGW16Kg×200mm  基礎断熱:押出法ポリスチレン×100mm(立上り+底版下込み) 基礎断熱の押出法ポリスチレンはグラスウール以外ですが、一般的に よくつかわれる材料ですか。

関連するQ&A

  • 断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷ってい

    断熱材。カネライトフォームかグラスウールで迷っています。 床、壁、天井に隙間なく断熱材を入れたいと考えています。 カネライトフォームか、グラスウールかで迷っています。 カネライトフォームにした場合、防音シートを貼ったほうがいいですか? もしくはカネライトフォームだけでいいですか? 断熱材施行方法の教科書があればURLなども教えてください。 また工務店に依頼したほうがいいですか?僕は素人で断熱材の施行方法は無知です。 URLに写真、画像ありますので、よろしくお願いします http://brabra-star.lolipop.jp/

  • ウレタン拭きつけ or 24Kグラスウール

    厚みがわかりませんが、料金が一緒のとのこと。 どちらがオススメでしょうか? また、床下はウレタンフォーム or 24Kグラスウール or ウレタン拭きつけが選べます. オススメはどれでしょうか? また、壁の断熱材の違いで、防音効果の違いはありますか? 宜しくお願いいたします。

  • 床下断熱について

    床下断熱について教えてください。 現在、IV地域で木造軸組工法による新築を考えています。一般的に床下の断熱はXPSやEPSもしくPEなどの発泡樹脂系の断熱材が使用されることが多いと思います(もちろんポリウレタンもあるかと思います) これら樹脂系断熱材の使用は床下の湿気対策、垂れ下がりなどからかなと思っています。 発泡系の断熱材を床下に用いる場合、一般的には根太間に施工することが多いかと思いますが、この場合、IV地域でも次世代エネルギー基準適合にするためにはXPSを90mm近く入れる必要があり、この場合根太を太くする必要があるとともに、XPSの価格もかなりするのではと思っています。 そこで、床下断熱に高性能グラスウールを少し考えています。高性能グラスウールを大引き間、根太間に施工すれば150mmくらいの施工が可能になるのではと考えています。そこで教えてください。 床下断熱に高性能グラスウールを用いる場合、断熱材受けはどのようにしたらよいのでしょうか?床下からの湿気対策及び床下へのグラスウールの垂れ下がり対策に、大引き下に防湿シートを敷いたベニヤを固定してその上に断熱材を敷き詰めていくという施工方法は間違っていますでしょうか? 北海道などでは床下もグラスウールで断熱しているようなことを聞いたこともあるのですが、その場合どのような施工をしているのでしょうか? タイベックを敷いてその上にグラスウールを敷いているのをどこかの写真で見たような気がしますが・・・タイベックは透湿ではないかと思うのですが・・・ それとも、やはり床下にはグラスウールは用いず、樹脂系断熱材で施工した方がよいのでしょうか? ご存知の方がお見えでしたらご教授お願いしたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (97/234)

「基礎断熱」として「押出法ポリスチレンフォーム(つまりスタイロ)」を 使う事が多いのですが、このままの状態ではシロアリに食べられますから スタイロであればこの様な「防蟻剤入り」の製品を使うか? http://www.dowkakoh.co.jp/product/styrofoamAT.html パフォームガードを使うのか? http://www.sips-japan.com/performguard/main.html それ以外であれば「防蟻剤入りシート」を使います。 http://www.tomokiyo.co.jp/prevention/aridan.html 他にも「対策方法」はあるのですが「費用が高く」なるので 以上の方法を「単独」で使うのか?「組合せ」て使うのか?を判断します。 特に「基礎断熱」の場合、外周部分の「立上り」だけでは無く 必ず「ベタ基礎の下場」にも必ず断熱材を使用してください。 ※土は思いの他に、熱を奪うからなのです。 「この本」を読んで頂ければ、あなたの「疑問点」は 全て解消しますからお試しください。 http://www.nisikata.co.jp/n2002/4767809519.html 「断熱材」の種類はp-144からに書かれていますし、 「基礎断熱」はp-112に出ています。 「補足」があれば「追記」が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

1回目、2回目とこうしたらよいとアドバイスがあり、何となく方向が見えてきました。 高断熱高気密は、1冊の本になるほど、いろいろなやり方、組み合わせがあるのですね。 奥が、深いです。 まずは、できる範囲で、グレードアップしていきたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.4

屋根と床下には樹脂系発泡材を使うことをお勧めします。 屋根には発泡フェノール(ネオマフォーム)。 床下には発泡ポリスチレン(スタイロフォーム)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見ありがとうございます。 参考にさせて頂きます。

  • 回答No.2

フォームライトと言うのがよく解りませんが、どうも、現場発泡ウレタンの 一種らしい(商品名?)という解釈で少し記載します。 グラスウールは、断熱性能の割に安価で、マット状のものとロール状のものがある。 但し、断熱性能は一般的に現場発砲ウレタンに劣ります。 断熱性能の継続性、経年劣化については、グラスウールは経年劣化すると 思います。これは、「へたれ」の発生とも、ある意味同じです。 グラスウールの断熱性とは、綿の内部に空気を貯めこむ、と言う意味で、 ダウンジャケットと同じ意味です。 新築のときは、内部に乾燥した空気を内包しますが、経年と共に、綿内部の 空気に湿度が浸入し、断熱性能が劣化すると共に、自重が増して、自分の 重さに負けて「へたり」ます。 古い建物の内壁をはがすと、グラスウールが床から半分位のところまで「へたれ」 上半分にグラスウールが無いことがあります。 これを防止しようとすれば、グラスウールが「へたれ」ないように最初に 固定しておくしかありません。木造では、間柱の間に、グラスウールを挟めば 自立していますが、それは最初だけです。それを「へたれ」が発生しまいように 固定する必要があります。 また、間違って、内部結露や、漏水によってグラスウールが水に浸かると、 もうほとんど断熱材とは言えません。これは、壁でも天井裏でも同じです。 一方、現場発泡ウレタンは、グラスウールより断熱性能が勝るので、厚みを 薄くすることが可能ですが、最大の欠点の一つに、発火性があります。 何かの拍子に火が付くと消すことは難しい、材料です。 何年かに一度、現場発砲のウレタンに工事の溶接の火花が散って、火災に なる工事現場のニュースが見られます。 (但し、これは、他人の不注意によるもので、木造の住宅では、その危険性は 低いと思います。)一方グラスウールでは、溶接の火花が散っても、自家消化 するようです。 もう一つの欠点は、相手に非常に強く接着するので、たとえば将来に木材と 現場発泡ウレタンを分けて廃材処理しようとしても事実上不可能で、あまり 環境に優しくない、とも言えます。 どちらも一長一短の面があります。 サッシが断熱サッシでなければ、断熱上の欠損となり、好ましくありませんが それでもお住まいの地方にもよりますので、一概に言えません。 将来、内側にプラスチックサッシが設置出来るような納まりが可能か、ご相談 される方が良いと思います。 単純に、断熱サッシでなければ、窓に結露が発生する危険が大きいので、 様子を見て、あまりひどければ、内部にプラスチックサッシを設置できるように 事前に用意する、と言う意味です。 24時間換気については、非熱交換型、の意味をご理解ください。 高気密住宅なので、すきま風も無く、結果、当然換気が必要となってきます。 非熱交換型ですので、外部の新鮮空気をそのまま取り入れます。 何が起きるか、と言えば、冬の外気がそのまま導入され、寒いと感じます。 人情として、寒いので、換気を止めます。その結果、結露が発生して、 場合により大変なことになります。冬、外に洗濯物が干せず、かといって 乾燥機も電気代がかかる、と室内に洗濯物を干していると、結露が発生します。 また、料理のときの水蒸気も換気をしないでいると、悪さをします。 この危険を内包しているのが、非熱交換型です。 ずらずら思いつくまま書きましたが、グラスウールは、固定さへ出来れば、 地方に依りますが、そのままで良いのではないか、と言う気がします。 (お金もかかりますし。) アルミサッシに付いては、室内側に4方枠を設けてくれれば、実際には 後日プラスチックサッスの対応が出来ると思います。 最近は無くなりましたが、一時、4方枠を付けずに、アルミサッシまでクロスを 巻き込む工法がありました。これは、サッシ枠に発生した結露水がクロスに染みて カビやはがれの原因になります。今その方式なら、多少お金を掛けても4方枠を 設置すべきだと思います。 24時間換気は、意味と危険性を理解すれば、現状でも構わないと 思います。勿論、熱交換方式の方が良いですが、それなりのお金もかかります。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても、わかりやすいダウンジャケットのたとえなど、何回も読み返しました。 理想の、高断熱高気密は、たいへんお金もかかり、どこまで妥協するかが、悩むところです。 グラスウールは、固定さえできれば、性能が発揮できるそうなので、その方向で考えていきたいです。 サッシは、本当は樹脂サッシがよいのですが、予算の関係で、アルミです。 しかし、室内側に枠をつけ、後日様子をみて対応など部分的に考えていく方法があることがわかりました。希望がもてました。 24時間換気扇ですが、24時間換気扇1か所三万三千円、配線、換気扇接続4か所、自然給気口4か所と見積もってあり、もしかしたら熱交換方式かもしれません。初心者で、意味が理解できていなく、まちがった事を書いたかもしれません。 これを機会に、いろいろ断熱関係のものを読んでいきます。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

密度の問題だよね。 グラスウールでも16K相当以上だと、かなり厚くなってくるし、袋詰めのまま管柱や間柱に袋の耳を留めるからタレることもないでしょう。 しかし、性能面ではポリスチレンフォームとかの保温板状の方が薄くてもいいと思われます。 吹付けが良いのは、吹付ける事で隙間が出来にくい点にあると考えます。 参考として、 http://www.flat35.com/tetsuduki/index.html 【フラット35】HP→住宅事業者のみなさま→住宅技術基準の概要(新築住宅)→断熱構造(最低厚さの早見表pdf) あとは、施工方法で考慮してもらいましょう、 屋根は垂木間にフォーム型を張ること(天井裏に敷くんじゃダメ)、野地板外には通気用の空間を設けること。 外壁側も通気胴縁をきちんと設けてもらうことと、 壁内(間仕切り壁も含む)を床下と天井裏に繋がる通気が出来ないように、床下地の時に目張りして隙間を埋める事が重要です。(住宅省エネ講習会での内容) 最終的には、大工さんを信じることになりますかね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

フラット35のホームページを見ました。 数字がいっぱい並んでいて理解するのが大変ですが、時間をかけて内容を 把握していきます。 グラスウールにグレードがあることも知らず、大変勉強になり、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 断熱効果アップの優先順位について

    現在、新築を検討しています。断熱効果をアップするためのオプションは何から優先的に選択すべきか悩んでおります。 スペックが低い家でお恥ずかしいのですが、少ない予算を有効に使うためには、何から優先的にしていくべきでしょうか? ぜひ、皆様に教えていただきたく思います。 【現在の条件等】 地域:静岡県(年間平均気温16.0度) 工法:木造軸組パネル工法 基礎:ベタ基礎 外壁:サイディング14mm 換気:第3種換気 断熱材(外壁面):グラスウール10キロ 厚さ75ミリ 断熱材(2階天井):グラスウール10キロ 厚さ100ミリ 断熱材(1F床):カネライトフォーム 25ミリ サッシ:トステム デュオPG(ペアガラス) 【検討中のオプション】 (1)断熱材の変更 断熱材(外壁面):高性能グラスウール16キロ 厚さ75ミリ 断熱材(2F天井):高性能グラスウール16キロ 厚さ100ミリ (2)サッシのガラスを、Low-eガラスに変更  現在、上記の2案の見積もりを取っております。予算的にどちらかは可能ですが、どちらを優先すべきか、他にすべきことがあるか、レベルの高い高気密・高断熱の家には出来ないと思いますが、予算の許す範囲で効果的なものを行いたいと思っています。  よろしくお願いいたします。

  • 断熱材について

    いま新築を建ててもらっています。 現在日本中が、グラスウール不足で工務店さんに別の断熱材を提案されました。 吹付け断熱材か羊毛断熱材です。 まず吹付け断熱材は(アクアフォーム)か(フォームライト)の2種類が出来ると言われました。 調べてみたら、アクアフォームの評判があまりよくないようで…。 フォームライトの方が良いみたいです。 そこで、フォームライトと羊毛断熱材では、どちらの方が良いのでしょうか?? ネットの口コミを見ているかぎり、全く分からなくなってしまいました…。 メーカーさんに直接聞いても、良いことしか言われないので…。 コスト的には、両方とも同じくらいだと聞いています。 皆様、よろしくお願い致します。

  • 家の暖房について

    一戸建建築を進めています。 ・III地区 ・2×4工法(総2階約37坪) ・ペアガラス(アルミ+樹脂サッシ) ・断熱材(床下:スタイロorカネライトフォーム 60mm)     (壁・天井:グラスウール 10K 100mm) でLDK(約19畳)に蓄暖(7kw)を設置しようと考えていますが、値段がする事・大きい事・ビミョーな調節が難しいこと・乾燥し易い事などを考えると最適なのかよく分かりません。 蓄暖をお使いの方・悩んだ方などいらっしゃいましたら、メリット・デメリット・決めた理由などのご意見をいただけませんでしょうか?

  • 壁の断熱性能とサッシ窓の性能のバランス(?)

    築年数の古い家(25年)のリフォームについて考え続けています。 注文住宅でとても真面目に建てられた家のようですが、断熱性能は古いのでそこそこではないかと思います。関西です。 図面に 天井裏断熱材 グラスウール45m/m  外壁断熱材 グラスウール35m/m 1F床下断熱材 グラスウール30m/m と書いてあります。 この内壁や床下を触らずに断熱効果の高いサッシをつけてもあまり意味がないでしょうか。 多少効果があったとして、かえって家にとって悪いということがあるでしょうか。 内装リフォームはしようと思うのですが、そうするとその時に断熱材を追加したり取り替えたり(?)ということはしやすいのでしょうか。 そしてそれをした場合の費用がどれぐらいかかるのか、目安となるものはありませんか? 質問が散漫になってしまって申し訳ありません。 悩んでいるのは、特に1階部分の快適性を上げたい(断熱性能を上げて床暖房したい)けれど、家全体を施工しなおさなければ意味がないとか、部分的にしたらかえって家を傷めるというのでは困るし、全体をし直すほど資金がない。どうしたものか・・・ということなんです。 結露も怖いです。 少しずつ勉強していますが、まだまだです。以前に質問した内容と変わっていないように思われるかもしれませんが・・・ タイトルについてのヒントや目安を教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 断熱材について

    いつもお世話になります。 新築一戸建てを建築予定です。 断熱材なんですが、次世代省エネ基準を見ると天井、屋根に区分されてますがHMからもらった仕様書では天井、屋根の区分はなく屋根下天井部となっています。 通常は天井と屋根に分けて断熱材を施工するものなんでしょうか? また床下部の断熱性が低い感じがしますが妥当でしょうか? ちなみにIII地域断熱基準だそうです。(実際はIV地域) 屋根下天井部:グラスウール断熱材16K(厚110mm) 2重施工・熱抵抗値5.7m2・k/w 1階床下下部:発泡プラスチック系断熱材 押出法ポリスチレンフォーム3種(厚60mm) 熱抵抗値2.1m2・k/w よろしくお願いします。

  • 新築で安価な気密性UPの為、発泡吹付のフォーラムライトSLという断熱を

    新築で安価な気密性UPの為、発泡吹付のフォーラムライトSLという断熱を検討しています。 断熱材を沢山入れることも検討しましたが、隙間を完全に塞ぎ効果が出ると言われていますがエアコンの容量も小さいものでまかなえるところまで行けるでのでしょうか? 部屋の条件等(九州・20畳・南西向き・Low-E樹脂サッシ)もあるとは思いますが、大きい容量(6K)のエアコンでなく小さいエアコン(例えば10畳用の容量など)で行けるところが一番うれしいのですが・・・。 ご存知の方いらっしゃいましたらご教示の程、よろしくお願いします。

  • 断熱材の工事費用と性能について質問させて頂きます。

    断熱材の工事費用と性能について質問させて頂きます。 新築で木造在来工法2階建てで延床面積126m2の物件です。 天井→グラスウール10k t=100  外周部→グラスウール10k t=100の断熱材を 天井→フォームライト t=70     外周部→フォームライト t=50に変更 工事差額約48万円でフラット35Sを使うには必要な工事と説明されました。 (1)48万円の差額は妥当な金額なのでしょうか? (2)フラット35Sに対応するには必要な工事なのでしょうか? (3)数字での性能の違いは大きいのでしょうか? 回答をよろしくお願いします。

  • 断熱材と柱

    もうすぐ建物の契約です。建築条件付なので建築会社、 工務店は決められてます。木造3階建てです。 仕様書で断熱材の厚みが壁、天井共にT=50とあり、 薄いと思ったので75に増やそうと思いましたがそれをFAXで 伝えたところ、柱が90角なので75にすると通気層が15mm しか残らなくなるので不安がありますが75に増やすのなら無料でやりますとの答えが返ってきました。 それじゃあ50mmでしょうがないかー、と思いましたが 「待てよ、仕様書には通し柱、管柱105mmとあるのに この90という数字はどこから出てきたのか?仕様書に 105として実際は90を使う気なんじゃ・・?」 と不安になってきました。 105なら75mm厚の断熱材を入れても計算上30mmの 通気層が出来るので断熱材増やしても大丈夫だと思うのですが。 また、天井ももっと厚くしたいのですが天井だけ厚くして、 ということは出来るものなのでしょうか。 サッシは部屋は複合サッシのシンフォニーマイルドで南側のガラスは エコガラス、部屋以外の窓はデュオPGの予定です (ここまでする必要ないですか?) 約17坪の土地で延べ床面積は約34坪の狭小住宅になります。 宜しくお願いします。

  • 床の断熱増量の方法

    現在、床の断熱材の増量を考えています そこで質問なのですが、現在、床下にはカネライトフォームの55mmが入っており根太の太さが58mm程度なので入れるスペースがありません。そこで大引きの間に入れようと思うのですが、いくつか心配点があります。 まずは、大引きの間に発泡系の断熱材を入れると根太を下から塞ぐことになるので、湿気の逃げ道がなく夏場など木から出た湿気で腐らないか心配です。また、グラスウールでも防湿シートつきでは同様になるような気がしますが、 私が今、考えているのがグラウールを敷き詰めてタイベックス等の防風透湿シートではりあげて大引きとの間に取り付けるというものです この場合防湿シートについては無視しても大丈夫でしょうか? どうも防湿ラインについてよく分かりません このような方法で何か問題があるでしょうか?どなたか教えてください

  • 寒冷地ではない 新築 断熱材について

    新築を計画中です。断熱材について工務店の標準仕様が以下です。 これってどうですか? 壁、天井、屋根 →高性能グラスウール(アクリア)16K 90mm 床下 →ポリエチレンフォーム(サニーライト) 40mm 外断熱とまではいかなくても、できるだけ夏涼しく、冬は暖かくすごしたいのですが、この断熱仕様で大丈夫でしょうか? 営業の方は「十分だと思います」とおっしゃられてます。 いろいろ調べてみると、屋根の断熱が薄いように感じるのですが・・・。 ちなみに床暖房を入れる予定です。 窓はペアガラス、樹脂サッシです。 他こういう施工をプラスした方が効果的というのがあればよろしく お願いいたします。 できるだけ予算は安くおさえたいです。