• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

世界遺産になると被害が多い?

  • 質問No.6834056
  • 閲覧数1662
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
知床も屋久島も白神山地もユネスコ世界遺産に登録されたお陰で心無い観光客が増え自然が荒らされる一方です。地元では現状維持が精一杯で自然保護には遠いものがあります。世界遺産指定はそこを観光資源にすることが目的ではないと思います。地元も観光で生きようとするなら、ホテルや遊興施設が自由につくれない世界遺産にならない方が良いと思います。ユネスコは世界遺産になることで自然破壊が進んでも良いと思っているのでしょうか。ユネスコ世界遺産登録がその国の文化レベルの証だとすると、白神山地や知床、屋久島の惨状を見ると、日本人は自然保護には程遠いレベルにあるのではないでしょうか。小笠原の世界遺産登録で観光客は倍増すると地元は喜んでいるようです。世界遺産に登録されることにより返って自然保護にならないという疑問を私は感じましたが、皆様はどうお思いでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 13% (37/277)

全く同感です。
世界遺産は保護より観光資源、オリンピク・サッカーの誘致は経済波及効果。ここでも建前と本音が遊離して本抹転倒。小笠原だって自然を保護するのは建前で、本音はカネです。西洋的経済至上主義に毒されている我々を東洋的非合理主義に戻したいですね。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (1118/4051)

小笠原諸島は世界自然遺産に登録される以前から、自然保護を目的として観光客に様々な制約を設けています。今回、審査に合格できたのは、東京都のそうした努力が認められたからでもあるのです。まずはそうしたことも知っていただきたい。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (107/474)

屋久島のように条例で観光制限をかければいいでしょう。

自然保護には金がかかりますが、
条例の施行には金がほとんどかかりません。

よって、観光収入を得つつ条例で過剰な観光を避けるのがベストです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ