• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エクセルのデジタル署名:MCAS

MCAS:エクセル2007のデジタル署名を勉強しています。FOMのテキストを使っているのですが、問題は解くことはできます。 デジタル署名に関する問題を解く前準備としてスタート→すべてのプログラム→Microsoft Office→→Microsoft Officeツール→VBAプロジェクトのデジタル証明書を選択して→証明書の名前に「富士太郎」と入力することになっています。 質問(1) 証明書の名前に富士太郎と書くことぐらいどのパソコンでもできると思うのですが、なぜこれで本人証明ができるのでしょうか(法律的には厳密には証明はできないとはありますがそれはおいといて)?→極端な話エクセルのセルに富士太郎と書いておくのとどう違うのでしょうか? もらった相手が、例えば3台のPCから富士太郎というデジタル署名がついたものが送られてきたとしても、どのPCから送られてきたかをデジタル署名をみれば分かるのでしょうか? 質問(2) 内容が改ざんされていないことを証明できますという説明もかかれているのですが、そのファイルを見ただけでなぜそのようなことがわかるのでしょうか? 質問(3) デジタル署名にはお金がかかるという説明もみましたが、上記のやりかただと無料でした。有料のものは何かがちがうのでしょうか? 質問(4) デジタル署名とはまたちがうのですが、Microsoft Office署名欄、印鑑署名欄というのもエクセルでつくれるのですが、これはただ単にサインを書く場所や印鑑を押す欄をつくったというだけのことなのでしょうか? すみませんが当方PC超初心者ですので、わかりやすく教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数820
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • maesen
  • ベストアンサー率81% (646/790)

証明書関係の詳しい解説はPKI(Public Key Infrastructure)の専門書を見て頂くとして、ざっくりと書かせて頂きます。 よろしければお付き合いください まず簡単な解説として以下のサイトを見てコードサイニング証明書の概要を確認して下さい。 http://jp.globalsign.com/knowledge/codesign/scheme.html >デジタル署名に関する問題を解く前準備としてスタート→すべてのプログラム→Microsoft Office→→Microsoft Officeツール→VBAプロジェクトのデジタル証明書を選択して→証明書の名前に「富士太郎」と入力することになっています。 この手順はテスト用の証明書を発行するための手順です。 名前を入れる欄の上側に説明があったかと思いますが、信頼された証明機関から発行されていない一般的に自己署名証明書と呼ばれるものしか作成できません。 証明書は、その証明書自身の正当性を証明するため、信頼された証明機関から発行される必要があります。 もちろんただではないので、テスト的に証明書を使用したい場合には、このような自己署名証明書を使う場合が多いです。 >質問(1) >証明書の名前に富士太郎と書くことぐらいどのパソコンでもできると思うのですが、なぜこれで本人証明ができるのでしょうか 上記で書きました通り、この手順で作成した証明書では本人証明には無理があります。 一般的に個人で信頼された証明機関でコードサイニング証明書を取得するためには、捺印および印鑑証明にて本人確認を必要とします。 従って、その証明機関から発行されたその名前は他には無いことになります。 下記URLの個人の必要書類を見て下さい。 http://jp.globalsign.com/introduce/new/codesign.html >質問(2) >内容が改ざんされていないことを証明できますという説明もかかれているのですが、そのファイルを見ただけでなぜそのようなことがわかるのでしょうか 一番上の解説のサイトが結構わかりやすいと思いますが、ハッシュと秘密・公開鍵の暗号化にて改ざんの検出を可能としています。 改ざんのチェックはExcel自身が行います。 >質問(3) >デジタル署名にはお金がかかるという説明もみましたが、上記のやりかただと無料でした。有料のものは何かがちがうのでしょうか? 今までにも述べましたが、信頼された証明機関から本人確認をして発行されるという点です。 自己署名証明書の場合は、まず誰が作ったのかわからない証明書を信頼しなければならないというところから始まります。 ただ、逆の発想でたとえば、証明書を作成した人物が十分に信頼出来て、その人から手渡しで証明書をもらった場合にはある程度の信頼が担保されたという考えもあります。 (証明書にお金を掛けられない場合にこういうことも行う事例もあったりします) まあ、個人的にはあまりいいことではないと思っています。 >質問(4) >デジタル署名とはまたちがうのですが、Microsoft Office署名欄、印鑑署名欄というのもエクセルでつくれるのですが、これはただ単にサインを書く場所や印鑑を押す欄をつくったというだけのことなのでしょうか? その通りです。 わかりやすい説明とは言えないかもしれませんが参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 大変詳しい説明を書いていただいて、とても感謝いたします。  想像はしていたのですが、試験用のものと実際のものは別物だと言うことがはっきり理解できました。本物は私はたぶん一生縁のないものだと思いますが、それらの違いが理解できたうえで、試験に勉強できるのはありがたいことだと思います。  このたびは、わかりやすく詳しく教えていただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • MOSとMCAS参考書

    MOS(microsoft office specialist Excel2003)とMCAS(Microsoft Certified Application Specialist)ですが・・・。 今までの方の質問等を拝見させていただいた所、MOSの方がまだ実用性が高いような感じを受けました。後、皆様のお勧め率が高いFOMから出版されている参考書に関して自分なりに調べてみたら本当に使いやすそうだったので購入を検討中です。 But、MOSに関しては、問題集は出版されているのですが、テキストという名の参考書は出版されていない・・・。一方、MCASに関してはMCASExcel完全マスターテキストという名の参考書から模擬問題集まで揃っています。 文頭に戻りますが、現在2008.11.13日においてMOSとMCASはどちらが実用的資格といえるでしょうか?MOSの場合FOMの問題集のみで合格出来るでしょうか? 因みに、将来的に一級建築士の資格を取得し、実務に生かしたいという目標があるという事を踏まえたうえで回答いただけたら助かります。 PCは素人です。

  • Excel2007のVBA デジタル署名の質問です。

    Excel2007のVBA デジタル署名の質問です。 Excelのファイルでマクロが含まれているため、「VBAプロジェクトのデジタル証明書」を発行し、VBAに追加しました。 社内各自に配る際、Office2007のインストールも同時に行うため、Office2007のインストールポイント作成時に「Officeカスタマイズツール」-「Officeセキュリティ設定」で作成したデジタル証明書を信頼できる発行元の一覧に追加しました。 Office2007インストール後、IEのインターネットオプションの証明書及びOfficeの「セキュリティーセンター」の信頼された発行元にこのデジタル証明書が追加されているのですが、実際にファイルを開くと、セキュリティの警告で「このデジタル署名は無効であり、信頼できません」となります。 このメッセージはファイルのVBAにデジタル署名を追加しただけの場合と同じ動作で、「Officeカスタマイズツール」で信頼できる証明書として追加した意味がありません。 証明書の状態をみると「信頼されたルート証明機関のストアに存在しないためこのCAルート証明書は信頼されていません。」となっています。 個人で作成したデジタル証明書はOfficeインストール時に有効にすることはできないのでしょうか?

  • word2002でデジタル署名を追加してみたら。。。

    ワードでデジタル署名を添付するために、自分でデジタル署名を作成しました。 C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\SELFCERT.EXE でデジタル署名を作成し、ワードでツール→オプション →セキュリティタブ→デジタル署名で追加をすると 署名と共に表示されるマーク(イラスト?)に赤い×印 が付きます。詳細を見ると、 信頼されたルート証明機関のストアに存在しないためこの CA ルート証明書は信頼されていません。 と書かれているのですが、これはどういったことでしょうか? 自分で作成した署名なので、信頼してもらえないということですか? もしそうだとしたら、自分で作成するデジタル署名には どのような意味があるのでしょうか? ご存知の方がおりましたら、教えてください。

  • word2007のデジタル署名

    こんばんわ word2007のデジタル署名を使いたく触っておりデジタルIDを登録したら消せなくなってしまいました。母のPCなので私の名前の証明書を入れておくわけにもいかず困ってしまいました。どうにかして消したいと思いofficeの再インストールなども行いましたが消えませんでした。本当に困ってしまいました。リカバリをすればいいのかも知れませんがそれもできるだけ避けたいと思っています。よろしくお願いします。

  • エクセルのデジタル署名

    質問させて頂きます デジタル署名が上手くいきません。どこが間違っているのか教えて下さい Excel2002  OSはXPです。 デジタル署名ツール「Selfcert.exe」で デジタル署名を作成保存 → ブックを開く → VBエディタの「ツール」メニュー → 「デジタル署名」コマンドを実行 → 再度「ツール」メニューで署名ができている ことを確認 → ブックを上書保存して終了     再度ブックを開くとデジタル署名ができていません。 何が原因なのでしょうか?よろしくお願い致します

  • デジタル署名の削除方法

    教えてください。 Word2002でデジタル署名を使おうと思い、c:\Program Files\Microsoft Office\Office10\SELFCERT.EXEを実行してデジタル署名を作成しました。 もう、不要になったのでその署名自体を削除したいのですが、どうやったら言いのでしょうか? 文書に付けたデジタル署名を削除はできても、署名自体を削除できないのです。よろしくお願いいたします。

  • マクロとExcel 2013のデジタル署名について

    Windows 8.1でMicrosoft Office Home and Business 2013 (日本語版)を使用しております。 『すべてのマクロを有効にする』ですと、セキュリティ上問題なので、『デジタル署名されたマクロを除き、すべてのマクロを無効にする』に設定しようと考えております。その際、自己署名入りデジタル証明書を作成し、Excelでマクロ プロジェクトにデジタル署名を追加するということを行いたいのですが、どのようにすれば設定可能かご教授頂けると有難いです。 あるExcelシートのみマクロを有効にしないと使用出来ない状況です。 上記のExcelシートを使用しつつ、出来るだけセキュリティ上のリスクを抑えたいと考えています。 何か良い方法がありましたら是非お教え下さい。 パソコンに詳しくないので、解り易く教えて頂けると助かります。 ご回答をお待ちしております。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • MCASの参考書 FOM?日経BP?

    OFFICE2007がまだいまいち使いこなせてないので、 体系的に学習する意味でMCASの参考書を買おうかと思っています。 もちろん最終的には受験も考えていますが、 一番の目的はOFFICEの細かい機能を使いこなすことです。 Amazonで調べたところ、選択肢としては、  ・FOMの公認テキスト  ・FOMの模擬問題集  ・日経BPのセミナーテキスト 攻略問題集 の3つかなと思っています。 ちょうど今つかっているのが英語版ということもあり、洋書の  ・Microsoft Certified Application Specialist Study Guide: 2007 Microsoft Office System Edition という1冊に全てが入っているのも興味はあります。 目的からして問題集よりもテキストかなとは思っていますが、 問題集の方が好きということもあり、解説等が充実しているのであれば、 問題集でもいいかと思っています。 Amazonのレビュー等をみると、FOMのものはやや初心者向けとあり、 既にそれなりには使えているので、日経BPかなという気持ちはあります。 予定しているのはWord、Excel、Accessです。 せっかくなので、同じもので揃えようと思っています。 以上、特に複数の参考書を試した方の意見を聞きたく思います。

  • XPでデジタル証明書の確認時

    WindowsXPでデジタル証明書の確認時、例えばデスクトップにあるexeファイルを右クリックしてプロパティのデジタル署名タブを選び、署名の一覧から署名者名を選び、詳細ボタンを押すと、別ウインドウで「このデジタル署名は問題ありません。」と出たら正規の証明書と確認できますが、偽装証明書じゃなく。もし管理者アカウントで悪意のあるプログラムを実行してしまっていたら、PCに偽の証明書がインポートされ偽の証明書を確認しても「このデジタル署名は問題ありません。」と表示されてしまいますか?  あとPCにインストールされている証明書一覧をどうやって見られますか?WWWブラウザの証明書一覧なら確認できますけど。

  • デジタル証明書を作成できない

    Office2003です。 エクセルのマクロを作成しました。エクセルファイルを開く際に、「マクロを有効にしますか?」と毎回聞かれるのを避けたいため、以前作成した「デジタル証明書」をつかってデジタル署名をしようとしました。すると、「デジタル証明書に問題がありました。VBAプロジェクトに署名できません。署名は破棄されます」とエラーがでて署名できません。 エクセルで、問題のデジタル証明書を確認すると、確かに承認はすんでいて、有効期限も切れていません。 そこで、デジタル証明書を、改めて作成しようとしました。 「すべてのプログラム」→「MicrosoftOfficeツール」→「VBAプロジェクトのデジタル署名」を選んで、デジタル証明書を作成しようとすると、下記のエラーが出て作成できません。 「証明書を作成中にエラーが発生しました。Selfcertで証明書を作成できませんでした。」 デジタル証明書は確かに今まで作成できていたのです。署名もできました。昨年の11月ぐらいまでは確認しています。 ためしに、別のアカウントでログインすると、デジタル証明書の作成、署名はできます。だから、Officeのインストールに問題はないようです。 通常の使うアカウントの設定がなにかおかしくなっているようです。 色々設定しているアカウントですので、削除して、新たに作り直すこてゃしたくありません。 OSはWindowsXPProfesional SP2 解決の方法、ご指導よろしくお願いします。