• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特許出願後に公知の事実か否かはなぜ判断がつく?

特許出願後に出願中で商品化する場合。 特許出願後であれば、公知の事実とされる事はないと言うことらしいですが、 審査する側からすれば特許権がまだ発生していない段階で商品が世に出回ってしまったら 審査時に公知の事実が出願の前か後かの判断がつかないと思うのですがどうなのでしょう? 販売開始日が確定できればいいのでしょうけど、出願中に類似品を第3者が販売したりしてしまうと もう断定できなくなってしまうような気がするのですが。 出願は弁理士さんにお願いするのですが、調査範囲内では類似品もないと言うことなので 貧乏なので出願中表示で先に販売して審査費用は販売利益でまかないたいと考えています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

弁理士です。 審査官が引用する公知の事実のほぼ100%は、公開日が断定されている公知文献(大部分が公開公報や論文です)です。従って、市場にある製品を用いて拒絶を打たれる可能性は非常に低いと考えていいと思います。 特許が成立した後で、無効審判と制度があり、特許を無効にしたい人は、製品が出願前に既に販売されていたことを理由に特許無効を主張することができます。 その場合でも大事なことは、製品の発売日が出願時よりも前であることは、特許を無効にしたい人が立証しなければなりません。この立証は、多くの場合は容易ではありません。 出願日よりも前に配布されていたチラシ、カタログ、納品書などを元に立証を試みますが、その当時に販売されていた製品そのものを入手することは困難な場合が多いので、その当時の製品の詳細な仕様を立証することも容易ではありません。 質問者様のケースで、審査官が出願後の発売された製品に基づいて拒絶をすることはありえませんので、とりあえず出願をしておいて、審査費用は、販売利益でまかなうという戦略で問題ないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうだったらいいなと言う回答が得られて助かりました。 やはり弁理士さんは仕事柄さすがに依頼者がどういうことを聞きたくて どう言う回答を望んでいるのかというのがよく心得ておられるようですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.3

出願前に販売された場合、当然無効の理由が存在することになりますが、その立証は、特許無効審判請求人が行う必要があります。 将来、競合製品を製造販売するメーカに対して、貴方がその特許権を行使しようとした際に、そのメーカが無効審判を請求してくることになりますが、無効にしようとする側の代理人弁護士・弁理士は、あらゆる手段を使って無効理由を調査します。その際に、出願前に販売していたことを疎明できるようななんらかの証拠(たとえば、現状製品と同じ型番の製品が記載されたパンフレットなど)がでてくれば、その仕様の詳細図面や販売実績を示す帳票書類を証拠開示請求してくることもありますし、そのような場合は裁判所もそれを認めるでしょう。出さないと裁判所の心証において極めて不利になります。 また、当然無効の理由があることを知って損害賠償請求などの訴訟を提起した場合は、逆に、損害賠償請求を受けてしまう場合もあります。 このように、折角特許権を取得しても、有効に活用することに問題がある権利となってしまいますから、最初の出願手数料分程度は、なんとか費用を捻出しておき、出願審査請求費用以降の費用を販売利益でまかなわれることをお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 素人ではわからない興味深い専門的な話が聞けてありがたいです。 出願審査請求費用以降の費用を販売利益でまかなう作戦で行きたいと思います。

  • 回答No.1
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

異議申し立てで、誰かがたれこまない限り、調査範囲内では類似品もないと言うことなので ノープロブレムと思います。先発明主義であろうが出願主義であろうが。 しかし、審査官はかなり嫌味のセンスに満ち溢れていますので、審査請求をしてご意見をお伺いすると 平成5年直前のみなし取り下げとなった特許公開公報を山のごとく提示していただけます。 あまりそんなことは気にせず、また、他人の警告書にも動じないで、己の発明のパワーを信じましょう。 世の中に認められると商標の例ではないですが、特許庁も認めざるを得なくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ログインパスワードをど忘れしてしまい一時どうしようかと^^; あまり気にすることもないのですね。

関連するQ&A

  • 特許出願と公知の事実に関して

    「公知の事実」ということで、出願した特許が成立しないという場合が有るかと存じますが、あるAという商品を特許申請を行なった後、その特許の成立まで(約18ヶ月以内)に、その特許申請を行なった商品「A」を発売した場合、それが「公知の事実」として出願した特許そのものが成立しえなくなるというケースがあると聞いております。これは、本当でしょうか?(過去事例としてあるのでしょうか?) よく「特許申請中」とか「特許出願中」と記載された商品をお見かけいたしますが、あちらは、どういった様で発売しているのでしょうか。 素人の質問で恐縮でございますが、ご回答をお願いできれば幸いです。

  • 特許  カタログは公知の事実か

    特許 公知の事実について アイデアの特許しようとして関連商品のカタログを調べたところ同様の仕様が書いてありました。但し、その部分は特許公開されていません。この場合、この仕様部分は公知の事実となるのでしょうか。

  • 特許の新規性について・・・・

    昨日に、出願公開されました。 そこで、皆様にお聞きしたいのは、書類上のミス 以外で出願公開されない場合もあるのか? 疑問になり御質問させて頂きました。 また、今までに公に知られているか?という 特許の新規性は、公開時に審査され、クリアしている ものだけが公開されるのか、やはり審査請求の時 なのかどちらでしょうか? 新規性を審査するのが、審査請求の時の場合、 公開する前から多数の企業に売り込んでいるのですが、 それらの企業が、公開前から知っているので、新規性が 無いと、特許庁に申したてる事などは、無いのでしょうか? 弁理士に依頼して先願調査などもし、私自身でも 類似商品が無いか?と言うことも調べまして、 大丈夫でしたが、ちょっと不安になりまして・・・ 公開後には、インターネットを利用して、 私がこういうアイデアを所持していると、 公知しても問題無いのでしょうか? 基本的な事で申し訳ございませんが、 お暇な時で結構ですので宜しくお願い致しますm(__)m

  • 特許出願後の商品化の時期

    特許出願後に商品化する場合。 1.出願後すぐに特許出願中で商品化する。 2.特許公開後に商品化する。 3.特許取得後に商品化する。 どのパターンが一般的ですか? また、請求後特許取得できなかった場合のことを考えると PAT.Pで出願中の販売利益を考えると 出願請求は期限ギリギリまでしない方が得策でしょうか?

  • 防衛的な特許出願につきまして、(長文で申し訳ありません)アドバイス宜しくお願いします

    全くの初心者の質問で申し訳ございません、どうぞ宜しくお願いします。 私のネットショップで商品を販売したく思っております。 商品自体は市場に普通に流通しているものなので他店との違いを出す為に、 何か役立つおまけをつけて販売したいなと思っております。 そのおまけを自作するのですが、おまけ自体は販売しようとは考えておりません。 ただ、他の方(お店)から真似されるのは全然構わないのですが、 後から特許等を取得されて私が作る事が出来なくなるのが心配なので 特許の出願だけした方がいいのかな・・と思っております。 そこで以前の似たような質問を(大変参考になりました)拝見した上で、質問させて いただきたいのですが http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1699513 特許出願して公開まで一年半かかるそうですが、出願さえ済ませたら、すぐにその商品を 作っておまけとして使ってたりしてもよろしいのでしょうか? (出願さえ受理されれば特許はとれなくて構いません) 特許出願しなくても、ネット販売で使ってたら公知になるのかなとは思うのですが、 公知になった日付が曖昧ではなく、はっきりする方がいいのかな・・と思いまして出願したく思いました。 客観的に見たら特許出願にあたいするような大した商品ではないようにも思えるので (私の自作も、元から普通に知られている物を一から手作りして そこに自分のアイデアを加えてお客さまの役に立つように変化させたものですので 特許は取れないとは思うのですが、販売したい商品自体はよく売れ、それに役立つので、 他の方が同じようなものを作って販売した時に、真似してるんじゃないの、と 批判される事だけ避けられればいいと思っております) ここでこうして長々と質問させていただくのも心苦しいのですが、 何かもしご回答いただけましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 出願中の特許について

    先月、特許を出願しました。自分で全書類を書き上げ、最終チェックとして、弁理さんに見ていただいて(形式だけでなく内容も、特許の請求範囲を重点的に)、その後、自分で手直しして出しました。最近、特許に関するいろいろな情報を得るうちに、自分の書いた明細書がちゃんとかけているのかとても不安です。出願から1年半は手直しやアイディアの追加などが出来ると聞きましたが本当でしょうか?今、自分が考えているのは、特許の請求範囲等を秘密にして、試作品だけで企業に売り込みをかけようと思ってます。そこで興味を示してくれた企業に、しっかりとした明細書に手直ししていただく弁理士費用と審査請求費用を持っていただければと思ってます。こんなこと可能でしょうか?いろいろなアドバイスが頂ければ助かります。よろしくお願いします。

  • 特許出願中.について

    特許出願中について ある小さな町工場でアイデア商品を開発しました。 その製品には特許出願中と本体印刷されていました。 とても便利な商品で価格は1000円です。 価格が高いのが気になりますが ちさな手に乗る商品なので100円ショップで買えそうに見られます。 そこで問題なのが 特許出願中の商品でも大手が大量に製作したら100円で販売することが出来そうです。 この場合、特許が認定される前なら他社がそっくり同じ製品を作り販売することができるのでしょうか?

  • 特許出願済で特許査定前の事業委託契約について教えてください

    ある分野で弁理士に依頼して特許出願をしています。審査請求はまだしていません。この発明を含む事業を他に委託して、業務を任せるにあたり、収益の一部を受け取ることに問題はないでしょうか?又、まだ特許になっていない段階で、いわばライセンシングのようなことをして、いずれ審査請求をして特許とならなかった場合はどうなるのかと考え相談に参りました。こういった契約はそもそも合意があればしていいものでしょうか。よろしくお願いします。

  • 特許出願中~

    こんばんわ!またまた、 特許に関する事で素人質問です。 よく、商品等で「特許出願中」を目にするのですが、 「出願中」の時点であると、その物には特許は無いと、 言う理解で良いのですよね? そこで疑問が大きく分けて2点あるのですが。 1、もし「出願中」に他者がそれを利用して、その他が特許こそ、  申請しようとはしていないけれど何かで使用しているとなると、  それは、どういう対処がなされるんでしょうか?  使用目的に利益が有る、無いに関わらず、出願中の当事者は、  どうにかする事ができるんでしょうか? 2、また、その出願中からヒントを得て、そこに他者が、   何かを付け加えて、他者が特許出願する―   明らかに真似てるのが分かっている当事者は何か、   言う事はできるんですか?   特許庁は、同じような案件があった場合、   ちゃんと見極めてくれてるんでしょうか? 伝わりづらい文章になったかもしれませんが、 宜しくお願い致しますm(__)m

  • 特許について

    平成15年に特許出願(審査請求済み)を行いましたが、未だに登録(認可)されません。 違う特許(平成16年出願)の特許は既に登録されました。こちらは早期審査請求を行 いましたせいか早かったです。 そこで、お聞きしたいのですが早期審査請求は弁理士を通さずとも可能なのでしょうか? 手数料で10万円くらい?要したので、出来ればこちらで行いたいのですが、手続きの 方法などご存知の方おりましたご教授下さい。 ※ 特許出願自体は、弁理士を代理人に出願しております。 宜しくお願い致します。 ※ 代理人に聞くと言う選択し以外で教えて下さい。 宜しくお願いいたします。