• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特許出願中.について

特許出願中について ある小さな町工場でアイデア商品を開発しました。 その製品には特許出願中と本体印刷されていました。 とても便利な商品で価格は1000円です。 価格が高いのが気になりますが ちさな手に乗る商品なので100円ショップで買えそうに見られます。 そこで問題なのが 特許出願中の商品でも大手が大量に製作したら100円で販売することが出来そうです。 この場合、特許が認定される前なら他社がそっくり同じ製品を作り販売することができるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数267
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • sohcon
  • ベストアンサー率15% (9/57)

出願公開後であれば補償金請求権を請求できるので、 結果として町工場に特許権が付与された際にライセンス料相当額を 大手から貰い受けることができます。 また、特許権が付与された後も大手が製品を作り販売する行為を続ければ、 差止請求により大手の製造機械をすべて廃棄させ、 損害賠償請求により町工場が受けた損害額を補てんさせることができます。 さらに不当利得返還請求として大手が儲けたお金をすべて没収でき、 信用回復措置として大手は新聞等にごめんなさいと謝罪しなければなりません。 さらに直接侵害なので、刑事罰として10年以下の懲役もしくは1000万円以下の 罰金に処せられ、または併科されます。 この場合、大手としては実施権を受けられるように町工場と交渉するか、 特許無効審判で特許権は無効だと争うことになると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特許出願中の製品について

    あるアイデア便利グッズに特許申請中と製品に書いてありました。 私自身、とても便利なので使用しています。 日本製で販売価格は1000円です。 一見、100円シップに売られている商品に見えますが類似品がありません。 製造原価ははっきりと解りませんが大量に生産すれば原価は100円ぐらいではないかと思われます。 そこで特許出願中とのことですがこの製品はかなり昔から製品化されているようです。 ところがまだ特許申請中のままになっています。 一般的に100円シップで売られているようなアイデア雑貨は申請から何年経過したら 特許として認定されるのでしょうか?

  • 特許出願後の商品化の時期

    特許出願後に商品化する場合。 1.出願後すぐに特許出願中で商品化する。 2.特許公開後に商品化する。 3.特許取得後に商品化する。 どのパターンが一般的ですか? また、請求後特許取得できなかった場合のことを考えると PAT.Pで出願中の販売利益を考えると 出願請求は期限ギリギリまでしない方が得策でしょうか?

  • 特許出願についてです。

    特許出願についてです。 あるアイデアが浮かびまして、試作品もつくりました。 電子版の特許申請ができると知りましたのでこれからやってみようと思ってますが 絵入りのものもあればないのもあります、できたら試作品の写真をいれたらわかりやすいと 思ったのですが可能でしょうか? 特許申請なんてはじめてなのでよろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • GPRO999
  • ベストアンサー率24% (64/263)

特許出願が受理されている案件であれば、出願番号が交付されていますから 製品に出願中の表示に記号番号を表示していれば他の人が作れば特許侵害になり 告訴できます、そのアイディアが即商品価値のあるものであれば例え原価が安くても アイディア料として高額に販売できます そのアイディアが誰でも簡単に作れるものだと、即真似されて偽物が安く売られてしまいます そのアイディアが即真似のできるようなものですと、実用新案のたぐいでしょうか? 特許と実用新案では権利価値もかなり差がありますから、後続が出てこないうちに売る! 100円ショップで売られている商品に近い印象ですとすぐに真似されますから特許にあたる 技術項目を公開しないようにして真似した生産者に対し損害賠償の告訴ができるよう 対応策を考えておくことですね・・・ 100年前の話、鉛筆の端に消しゴムを付けるアイディアに認可された特許の価値は 数十億円になったという話、単価が安くても誰も思いつかなかったアイディアの勝利です ともかく権利主張の策をとらないといけませんね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • kuma8ro
  • ベストアンサー率40% (212/523)

No1ですが、… >ということは特許成立するなでは幾らでも稼げるということでしょうか?  そして特許成立後は製造をストップすることを  始めから決めとけば保証金を払うことはなくなるのでしょうか? いいえ、違います。 警告書を受け取ると、それ以降の侵害は、故意による侵害と言うことになります。 特許成立前に、会社をたたみ、経営者も姿を消してしまえば、ヤリ逃げということになりますが、 大会社なら、そうも行きませんよね。 ですから、警告者を受け取った会社は、 「特許が成立したら、ちゃんと払いますよ。でも、この出願は無効となる可能性も有るので、特許庁の場で議論しましょう。」 という趣旨の回答書をまず出して時間を稼ぎ、 特許無効化、非侵害の立証、特許回避、ライセンス締結、特許買い取り等のどれが一番得かを検討することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7942)

損害賠償請求があった場合、対応可能かの判断でしょう。 権利者(になったとき)に札束でびんたすれば、すみそうなのか、 裁判にもちこまれて、払えないような賠償金を請求されて、会社をつぶすか、 もともとアウトロー的行動をとるか(お天道様はもうおがめませんが) ですね。 ただ、権利化されるまえにその特許を公知にしてしまうとか、 権利化されることは絶対ないと山を張るとかもありかとも。 普通、製品化するなら、万一の損害を考え、特許には特許で対応して、 特許論争で有耶無耶にしてしまうとか なんか手を打っておいたほうがいいでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • kuma8ro
  • ベストアンサー率40% (212/523)

公開公報が出た後なら、「この特許が成立したなら、この書面到達以降の補償金を請求する権利を有します。」という趣旨の警告書を出すことが出来ます。 差し止めが出来るのは、特許が成立した以降です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速、回答ありがとうございます。 ということは特許成立するなでは幾らでも稼げるということでしょうか? そして特許成立後は製造をストップすることを 始めから決めとけば保証金を払うことはなくなるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 特許出願中の商品について

    連続の質問で申し訳ありません。 特許出願中という商品がたまに店頭に並んでいる時がありますよね。 いつも不思議に思っていたのですが、特許出願中というのはまだ特許 として認められていないということですよね? そうしましたら、例えばそれが権利化されるまでの間(1年半位)、商品 のまねをして同じようなものをつくったとしても権利には問題はないと いうことになりませんか? それとも、特許出願中というのはそれだけで何らかの法的な権利というも のが認められているということでしょうか? 詳しい方教えて下さい。お願いします。

  • 特許出願中のもので

    漠然とした言い方しか出来ないのですが、 現在、特許出願中の商品のアイデアがあるのですが、 公開されるまで、一年は切っていると思うのですが、 自ら、商品化するにも、蓄えが無く、自宅を担保にと思っても、価値が下がっていて、これ以上の融資は無理と言う返事。 どんな物かというと,「ジュニアシート」商品化出来れば売れると思う、自信あるアイデアなんですが、 それだけに、既存のメーカーは自社商品が売れなくなるので、受け入れは難しいと思われ(実際売り込んではいませんが)、 自ら商品化した方が見入りも多くなるとは思うのですが、資金が無いのです。 知恵を拝借出来ればと思い。 質問させて頂きました。

  • 特許出願中に業務を始めても邪魔されませんか?

    特許出願中、認定まで1か月以内で判定されるかどうか、特許室で訊いたのですが、「大丈夫」とのことでした。しかし、今インターネットで調べたら、「1年かかる」とのことでした。 色々事情があり、アルバイトも決まらず暇なのですが、もう活動開始したいです。 特許が判定されて認定されるまでどのくらいかかりますか? 出願中に活動して、商品化してしまい、売り込みをかけたら、やはり、何らかの形で潰されてしまうのでしょうか?

  • 特許出願中~

    こんばんわ!またまた、 特許に関する事で素人質問です。 よく、商品等で「特許出願中」を目にするのですが、 「出願中」の時点であると、その物には特許は無いと、 言う理解で良いのですよね? そこで疑問が大きく分けて2点あるのですが。 1、もし「出願中」に他者がそれを利用して、その他が特許こそ、  申請しようとはしていないけれど何かで使用しているとなると、  それは、どういう対処がなされるんでしょうか?  使用目的に利益が有る、無いに関わらず、出願中の当事者は、  どうにかする事ができるんでしょうか? 2、また、その出願中からヒントを得て、そこに他者が、   何かを付け加えて、他者が特許出願する―   明らかに真似てるのが分かっている当事者は何か、   言う事はできるんですか?   特許庁は、同じような案件があった場合、   ちゃんと見極めてくれてるんでしょうか? 伝わりづらい文章になったかもしれませんが、 宜しくお願い致しますm(__)m

  • 特許出願について

    特許出願について質問があります。 とてもよいアイデアがうか出願しようとして勉強しているのですが、わからない ことがあります。どなたか詳しい方以下のことを教えてください。 FDによる出願を考えています。 (1)願書にある請求項の数とは何でしょうか?また、必ずかかなければならないの  でしょうか? (2)図面をどのようにしてFDによる出願の場合のせればよいのでしょうか?紙の上  で図面を書いたものをスキャナで取り込むという方法しかないのでしょうか?  たとえば、ペイントなどで書いた簡単な図を用いることはだめなのでしょうか? 以上2つの疑問を解決したいです。 書いているうちにまた、質問が増えてしまうかもしれませんがよろしくお願いしま す。

  • 特許出願後によいアイデアが、製品化する前に国内優先権が先か?

    特許出願後にまた新たなアイデアがうかび、その新たなアイデアのほうを製品化(試作品)するかまた、まず国内優先権で特許のほうをまず変更したらよいか、アドバイスをください。m(_)m また試作品を作った段階で、販売まで行けそうになってからでも国内優先権で変更できるのでしょうか? (国内優先権が、出願日から1年以内に変更可能な事は知っております。) もし製品化までいき、商品として店頭に販売されてからでも、1年以内でしたら国内優先権で変更はできるのでしょうか?

  • 特許出願と公知の事実に関して

    「公知の事実」ということで、出願した特許が成立しないという場合が有るかと存じますが、あるAという商品を特許申請を行なった後、その特許の成立まで(約18ヶ月以内)に、その特許申請を行なった商品「A」を発売した場合、それが「公知の事実」として出願した特許そのものが成立しえなくなるというケースがあると聞いております。これは、本当でしょうか?(過去事例としてあるのでしょうか?) よく「特許申請中」とか「特許出願中」と記載された商品をお見かけいたしますが、あちらは、どういった様で発売しているのでしょうか。 素人の質問で恐縮でございますが、ご回答をお願いできれば幸いです。

  • 特許出願後に公知の事実か否かはなぜ判断がつく?

    特許出願後に出願中で商品化する場合。 特許出願後であれば、公知の事実とされる事はないと言うことらしいですが、 審査する側からすれば特許権がまだ発生していない段階で商品が世に出回ってしまったら 審査時に公知の事実が出願の前か後かの判断がつかないと思うのですがどうなのでしょう? 販売開始日が確定できればいいのでしょうけど、出願中に類似品を第3者が販売したりしてしまうと もう断定できなくなってしまうような気がするのですが。 出願は弁理士さんにお願いするのですが、調査範囲内では類似品もないと言うことなので 貧乏なので出願中表示で先に販売して審査費用は販売利益でまかないたいと考えています。

  • 特許出願後も安心できない場合はどうすれば良いのでしょう??

    特許出願後も安心できない場合はどうすれば良いのでしょう?? こんばんは。弊社はある製品で特許を出願し、ヒットが約束されている タイアップも契約完了し、発売を控えております。 この業界の人いわく「この業界ではどんなにオリジナルを発売した 会社が特許を出願してようが、おかまいなしに他社は類似品は発売する」そうです。 理由のひとつ、後の裁判で払う慰謝料より類似品で儲けた利益の方が遥かに勝るからという理由です。 とはいえやはり苦労して各社とタイアップを契約し、ヒットが約束されているものなので タイアップ先にも迷惑をかけないためにも模倣品の発売を避けたいです。 なんとか特許出願中と銘打つ以外に、効果のある威嚇はないものでしょうか。 一応全国の生産工場も抑えていますが、完全ではありません。 対策のご意見頂けるとうれしいです。宜しくお願い致します。 ちなみに商品はスポーツ用品です。

  • 特許出願の分割について

    特許公開された後、一部を出願分割し実用新案に変更した場合、実用新案の方は特許公開された事実によって「新規性なし」とされてしまうのでしょうか?(他人が評価証明を出して争う場合など) 初めの特許出願日を基準に考え、出願分割したアイデアに関しては同一扱いになると思ったのですが、出願分割の効果について詳しく知りませんのでよろしくお願いいたします。m( _ _ )m 私の願うところとしては、レベルが低いために特許の審査請求をして「特許性なし」と判断されたアイデアであっても、出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方では保護されると考えています。「実用新案登録商品」という肩書き(?)が得られるだけでも広告効果としては利用できるので制作側としては助かるのですが、いかがなものなのでしょうか? 【知りたい論点まとめ】 ?特許公開された「後」であっても出願分割できる期間内の分割なら、実用新案の方は保護(登録)されるか? ?特許の方が、審査請求後「特許にならない」と判断された「後」であっても正当な期間内の出願分割ならば実用新案としては保護(登録)されるか? というものです。どうぞよろしくお願いいたします。m( _ _ )m