• 締切済み
  • すぐに回答を!

伝達関数のボード線図について

G(s)=10/(s^2+2*ζ*ωn*s+ωn^2) (ζ=1 ωn=10) 上の伝達関数のボード線図の書き方のポイントをわかる人がいたら教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数787
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

下手な口説きよりは、下記 参考 URL が良さそう。 >二次系のボード線図    

参考URL:
http://www.mapse.eng.osaka-u.ac.jp/w2/uenishi/jyugyo/seigyo8.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 制御の伝達関数・ボード線図についての質問です

    制御工学のテストが迫っているのですが、ボード線図について質問です。 伝達関数Gが二つの伝達関数の積で表せるときは、それぞれの伝達関数のボード線図の和で、目的のGのボード線図が描けるというのですが、教科書を読んでもグラフの足し合わせかたがよくわかりません。 具体的な問題ではG(s)=4/(s^2+2s)などです!

  • ボード線図から伝達関数を読み取るには

    ボード線図から伝達関数を読み取るには どうしたらよいでしょうか?線がジグザグになったりすると 複雑でどうやって求めたらよいか分かりません。  どなたか教えてください!よろしくお願いします!

  • 伝達関数のボード線図について

    伝達関数が1/(s^2+s+1)で与えられているときのボード線図(ゲインと位相)の概形を教えてください。どこが折点周波数になって傾きがどれくらいとか だいたいの形でいいんでお願いします。また、その理由もお願いします。

  • 伝達関数について

    初めにゲイン線図の概形図が与えられており、このゲイン線図のようになる伝達関数を求めよ。 (図としては、【最初は傾き:-40[dB/dec]で変化しており、ω=ω1から傾き:-20[dB/dec]の変化になり、ω=ω2で0[dB]を通って、最後はω=ω3で再び傾き:-40[dB/dec]に戻る】という図です。) という問題があるのですが、その解き方が良く解りません;初めに私が考えた方法としては、 1.ω1~ω3に、適当に値を代入する。(例:ω1=0.1;ω2=1;ω3=10) 2.そのゲイン線図から実際に伝達関数を求めてみる。 (ω=0.01のときはグラフより60[dB]となるので、その値となるように部分的に伝達関数を用意する等…) 3.求めた伝達関数の部品(?)を合成して、合成伝達関数を求める。 4.ω1~ω3を全て使って、その合成伝達関数が成り立つように式を立てる。 というようにして、 G(s)={(s+ω1)ω2ω3}/{s^(2)×(s+ω3)} という解を出したのですが、これでは明らかに図が複雑になったときに求めることは出来ませんし、4.のところではω1~ω3の色々な組み合わせを試さなければならないため、かなり時間がかかってしまい、実際に解くのはまず不可能と思います…; どなたか正しい考え方を教えていただけないでしょうか?

  • 伝達関数についての問題

    制御工学の問題についてなのですが、 Y(s)/U(s)=(s^3+2s^2+3s+2)/(s^3+s^2+s+1)の伝達関数を実現させよ。という問題なのですが、「実現させよ」とはどういうことなのでしょうか? ゲインと位相を求め、ボード線図を求めれば良いのでしょうか? 解説よろしくお願いいたします。

  • 伝達関数のゲインが0になる位置。

    伝達関数のゲインが0になる位置。 伝達関数G(s)=4s+1/14s^3+9s^2+s においてボード線図を書け。 という問題において、どの周波数で変わるのかは分かるのですが…ゲインが「0になる場所」がどうしても分からないのです。 ちなみに自分なりの考えを書いた解答も書きますので参考にしてください。 G(s)=4s+1・1/s・1/7s+1・1/2s+1 (1)4s+1 T=4, 1/T=0.25, 20dB/dec (2)1/s -20dB/dec (3)1/7s+1 T=7, 1/T=0.15, -20dB/dec (4)1/2s+1 T=2, 1/T=0.5, -20dB/dec この伝達関数は範囲を考えてみると (1)ω:~0.15 -20dB/dec (2)ω:0.15~0.25 -40dB/dec (3)ω:0.25~0.5 -20dB/dec (3)ω:0.5~ -40dB/dec

  • 伝達関数

    次の問いと自分の解答が一致しなくて困ってます。 問い:図の伝達関数を求めよ。 [自分の答え] 折点周波数は図からω=0,10  折点周波数間の傾きから伝達関数は次のようになる      G(S)=K(S+10)/S 20log|G(S)|=20logK√(100+ω^2)/ω      20log|G(∞)|=20logK=0         K=1   よって        G(S)=(S+10)/S              _____________________________________________________________________________________________________________________________ [参考書の解答] 図はPI制御のボード線図に似ているから    G(S)=K(TS+1)/TS  とおくと    20log|G(S)|=20logK+20log√(1+(Tω)^2))/(ωT)   図より    20log|G(∞)|=20logK=0 K=1    20log|G(1)|=20log1+20log√(1+T^2))/T=20log√(1+T^2)/T=20     √(1+T^2)/T=10    T=1/√99     G(S)=1+√99/S 折点周波数はω=10なのだから積分時間Tは1/T=10  つまりT=0.1だと思ったんですが違うでしょうか?

  • ボード線図で1次遅れの伝達関数のゲイン線図について

    ボード線図で1次遅れの伝達関数のゲイン線図について質問です。 モータの制御の実験をしているのですが、ボード線図においてゲインがプラスになる時は何を意味しているんでしょうか? また、0の時は何を意味しているんでしょうか? どなたか教えてくれると助かります。

  • 伝達関数が求められません

    このブロック線図の伝達関数の求め方が分かりません。 もしかしたら図がおかしいのかもしれません。 もしよろしければ伝達関数を求めていただければありがたいです。

  • 伝達関数

    伝達関数G(s)=2/{s(s+1)}の 周波数伝達関数G(jω) = -2(ω+j)/[ω{ω^(2)+1}] というのは理解できるのですが、 ゲイン特性|G(jω)| = 2/ω√{ω^(2)+1} 位相特性∠G(jω) = arctan(1/ω) というのは、どのように導出したのでしょうか。