• ベストアンサー
  • 困ってます

◆1 日本語の主語の単数、複数の使い分けなどですが、私達は第一人称を主

◆1 日本語の主語の単数、複数の使い分けなどですが、私達は第一人称を主語にしていても、謙譲などの気持ちから単数であっても、時として複数形を用いている場面に出会います。  “私ども、・・・”とか。  無論、他の民族の言語のようには述語動詞までに拘る言語ではないので、単数なのか複数なのかは情況からの理解となります。  このようなことは、聖典などのもみうけられます。  http://okwave.jp/qa/q6242974.html  http://okwave.jp/qa/q6169428.html  日本語での単・複の混用は   1)どのくらいの時期まで遡れるのでしょう?   2)上記URLでの例と何か共通するところがあるのでしょうか? ◆2 更に日本語では第一人称の指示代名詞“われ”という語で、第二人称を指示することが見受けられます。   “われ、おのれに聞いてみぃ”とか。   3)ここの“われ”も“おのれ”も本来は第一人称の指示代名詞であって、それを第二人称の指示に宛てているという取り方は間違いでしょうか?   4)本来、第一人称の指示代名詞を第二人称の指示に宛てることは心理的にはどういうことなのでしょう?  国語のことは決して専門ではないのですが上記の既出質問で疑問に思いましたので、お伺いいたします。  どうかよろしくお願い申しあげます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数281
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • syagain
  • ベストアンサー率54% (42/77)

1)どのくらいの時期まで遡れるのでしょう? 広辞苑の例文で調べてみました。 我等「この君の御夢、われらにとらせ給へ」 宇治拾遺物語(13巻156夢買人事)→13世紀前半頃 「われら→私に」という訳がされています。 単・複の混用は、調べればもっと古くからあるかもしれませんね。 2)上記URLでの例と何か共通するところがあるのでしょうか?  上記URLでの例: (c説―尊敬表示説) 複数形は尊敬を表示する  だといたしますと、  聖典では「われわれ」の自称が尊敬としての表現であるのに対して、  日本では「われわれ」の自称が謙称とされていますね。  対比的にみると面白いかもしれません。  そういえば「子供」の「ども」も、人称ではないですが、  複数→単数という使い方ですね。広辞苑で「共」を調べてみると、 [1]体言に添えて複数の意を表す。古くは「たち」と対立し、話し手または相手より下のものと見たときに使う。 [2]単数でもへりくだっていうのに使う  とあります。つまり「ども」自体が、複数・単数を問わず謙る意味を持っているようです。  ちなみに[1]の例文に、「荒ぶる国つ神ども」古事記(上)があげられています。  こうなると、複数形と謙称に関連があるのかどうか、  「等」も調べてみましたら、謙る意味はなく、「親愛」の意味がありました。  私見ですが「われわれ」が謙称なのは、  「私のようなものは、どこにでも転がっています」  といったニュアンスなのかな、と思いました。   ◆2 について  参考URLより引用しますが、  >自称詞(一人称)としてではなく、対称詞(二人称)として使われる場合は相手の中の「自己」を呼ぶことになり、相手を罵ったり同輩以下をぞんざいに言う対称詞の呼格的用法に転用されたものと考えられます。  こういう考えもあるみたいですね。  

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/megasmile/archives/50327142.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ありがとう御座います。  仰せのように、【単・複の混用】は【単・複の区別】を曖昧にしていき、しかも“共 ども”なども本来、複数を示さない側面のある語も存在していたのですね。   「私のようなものは、どこにでも転がっています」という話者側の気持ちはとてもよく判りました。  有り難う御座いました。

質問者からの補足

 皆様有り難う御座いました。  どういう経緯か不明でも、単・複の混用の中であいまい性を保持し、滑らかな関係を持とうとしている私達かもしれませんね。  また(人称的)代名詞の不確立というのもそういうことと、分りきった間という関係を大事にしているのかもしれませんね。  “ども”などがまた、相手より(これが大事でしょうが)低くした、或いは謙譲的な立場性を表現するかのような語でもあるのですね。  日本人性ということの理解に参考になるのかな、と勉強させていただきました。  厚くお礼申し上げます。  ここは一応締め切り、関連でまた、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6249026.html という質問を出させていただきました。  どうかご訪問くださり、教えやコメントいただけますように。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

1については他の方に。 2の4)について。 日本ではその場にいる最年少の人の視点で人称を言う、という習慣があります。 たとえば、息子・その父・息子の祖父が三人でいる場では、父は祖父を、自分の「父」であるにもかかわらず「おじいちゃん」と呼びます。息子の視点からそう呼んでいるのです。この場から息子が去ると,父は「おじいちゃん」ではなく「おやじ」とか「とうさん」とか呼びます。 幼い男の子に「ぼく、どうしたの?」と問いかけるのも、この心理です。 「われ、おんどれの胸に聞いてみぃ」は、その場の自分を含めた二人のうち相手を目下と見て、その相手の視点から、相手にとっての「われ」「おのれ」と呼んでいる、と解釈できます。 ですから、3)についても、質問者様の取り方でいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 そういわれてみると、そうかもしれませんね。  有り難う御座いました。

質問者からの補足

 はぃ、我が家も倅や娘達の誕生とともに、母はおばぁちゃんになり、私達はお父ぅさんとお母ぁさんになりました。  姪孫が来ると、私はじぃっちゃんになります。  これは一番年少の子を中心にして、人称を決めているのですね。  ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

後者についてだけ, かつ本論と離れてしまう可能性が高いのですが 1点指摘させてください. 日本語には「代名詞」は存在しないという考え方があります. つまり, あたかも「代名詞」のように見えるものは文法上ただの名詞であり, それが状況によって代名詞のように使われる, という考え方です. もちろん「代名詞的に使われる」ときには, その場によって「何を指示するのか」が変わります. 逆に, 同じものを指示する場合であっても周辺状況で使われる名詞が異なることもあります. この視点で考えると, 「われ」にしろ「おのれ」にしろ「自分自身」をさす「ただの名詞」であり, これらの語で指し示される「自分自身」が文脈 (状況) によって 1人称になったり 2人称になったりすると解釈できます. これならまったく問題はありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 「われ」にしろ「おのれ」にしろ「自分自身」をさす「ただの名詞」であり、それが一人称とは限らないということですか。  いやそれは勉強になりました。他言語にいう代名詞は日本語にはない。  そうなんですか。そういう心性についてよく自分に反省していきたいと存じます。  有り難う御座いました。

質問者からの補足

 Tacosanさん、今朝また一度読んでいます。  【あたかも「代名詞」のように見えるものは文法上ただの名詞であり】はつまり“文法上の品詞区分では”という理解でよろしいでしょうか?  そして文(会話)中において【あたかも「代名詞」のように見える】ということですね。  つまり使われ方で「代名詞」になるということですか?  そして【「われ」にしろ「おのれ」にしろ「自分自身」をさす「ただの名詞」】であり、語としては,"I"の如き人称代名詞専用ではないのだ、ということですね。  しかし日本語にもやはり第一人称という観念はあるのですよね。当然ながら。  無論、第二人称も三人称も。自他を指す、こういう第○人称がないという意識存在ってありえないですものね。  お時間がありましたら、ご回答をこのように理解申し上げてよろしいか、どうかご投稿ください。  よろしくお願い申しあげます。有り難う御座いました。

関連するQ&A

  • 私達は口頭会話でも、そして文章でもよく主語などの人称指示を省略します。

    私達は口頭会話でも、そして文章でもよく主語などの人称指示を省略します。 これに反し、欧米言語での文章では主語や人称をしっかりと指示していると存じます。 第一人称、第二人称、第三人称、そして単・複の区別やI, my, meとか、主格性とかの表示について。 ですから欧米の文章の直訳などのように人称を一々表示すると、日本の文章でははくどくていやになります。  1. このことは、日本人が欧米人に比して自己を指示する志向が薄弱であるということを示唆するでしょうか? 日本語文章では、第一人称用の言語(“われ”、とか、“己”)を第二人称に宛てている、話しの表現に出会います。 このことに関連して、 【日本語には「代名詞」は存在しないという考え方があります. つまり, あたかも「代名詞」のように見えるものは文法上ただの名詞であり, それが状況によって代名詞のように使われる, という考え方です. もちろん「代名詞的に使われる」ときには, その場によって「何を指示するのか」が変わります. 逆に, 同じものを指示する場合であっても周辺状況で使われる名詞が異なることもあります. この視点で考えると, 「われ」にしろ「おのれ」にしろ「自分自身」をさす「ただの名詞」であり, これらの語で指し示される「自分自身」が文脈 (状況) によって 1人称になったり 2人称になったりすると解釈できます. これならまったく問題はありません.】 というご回答での示唆を参考として頂きました。(http://okwave.jp/qa/q6244383.html)  2. このことで日本人が欧米人に比して自己や他人を指示することに拘らない心性の傾向を示すものだと理解することは失当なものでしょうか?   〔関連参考〕      http://okwave.jp/qa/q6244383.html      http://okwave.jp/qa/q6249026.html   〔なお〕     歴史学でも古史古伝は歴史の専門家がやっているようにはみかけません。     古史古伝などはその道の専門家からはとても相手にできないのでしょう。     私もプロフィールにある通り、一介の大学事務現場の職にあったものです。     国語学や歴史学、或いは心性のことなどは退職してたった一度の自治体のシニアの講座に出て、    目を向けているに過ぎません。     専門の方からみれば噴飯ものかも知れませんが、何かのコメントをいただけるとあり難いです。

  • ~人称 単数 複数が理解できません

    英語を初めて1・2週間  単純な~人称と現在 過去 未来の文法はなんとなくですが理解はできました しかし今だに単数 複数の意味が理解できません 単数はa ~ 複数は語尾にsと 英語で書かれればなんとなく意味は分かるのですが それを日本語から英語に直せと言われれば話は別です しかもそれに~人称が加わると誰かに話してるのか 単に独り言を言ってるのか訳が分かりません そもそも単数と複数の区別ができないのです どのような場合に単数・複数なのか 詳しい方にお願いします 分かりやすい例文で説明していただけ無いでしょうか? よろしくお願いします

  • 日本語における第一人称と第二人称の表現

    【適当ではないかも知れませんが、思いつく例です】  1.手前、お手前などの例   『手前どもは、・・・』と『てめぇ、なにしやがるんでぇ』  2.おのれ(とは、己ですね。時に二人称を指示することもありますね)   『おのれ、このままでは、すまさぬぞ。覚えとおけ・・・』  日本語に限るのか、時として第一人称で第二人称の表現をしている場合があります。  (1)このような混同的使用の仕方は言語的にはどのような経緯をたどってきているのでしょうか?  (2)そしてどのような効果を狙って使われるようになったのでしょうか?   

  • 三人称単数の文

    下記の英文で少し混乱してしまったので、皆様のアドバイスをお借りしたく質問させていただきます。 Is there a word that doesn't understand in these?(これらの中で分からない単語はありますか?) という英文ですが、なぜ、「dontではなくdoes」が使われてるのか分からなくなりました。 主語が三人称単数なら、ということは分かりますがこの英文では主語が何だろうと思いました。 日本語訳で「これら」となってたので直感的に三人称複数かな?と思い、 Is there a word that don't understand in these?としましたが、正しいのはDosen'tだったので混乱した次第です。 主語がwordでwrodが三人称単数であるなら、この文を「これらの中で分からない単語たちはありますか?」とするとdont? と複雑に考え過ぎてしましました。 どなたかご返答のほどよろしくお願いします。

  • be動詞が主語が単数の場合には人称によってam、are、isの3種類に使い分けられるのは何故でしょうか?

    be動詞は主語が単数の場合には人称によってam、are、isの3種類に使い分けるのに、複数の場合には人称に拘らずareの1種類しか用いないのは何故でしょうか? 理由を御存知の方は御回答を宜しく御願い致します。

  • 主語の単数・複数によって変わる「動詞」が分からない

    かなり初歩的なのですが、理解出来ないので教えて下さい。 be動詞と普通動詞の2つの場合でお願いします。 主語がIの時、am、haveとなる。 主語がheの時、is、hasとなる。 という人が主語(I、he、we等)の場合は分かります。 (1)an eventの時、is、hasですよね。  an eventsの時、are、hasですよね。  上は三人称単数、下は三人称複数。  でも、ある本の例文なのですが、  『間違っている部分はどれ?』という問題で、  It is one of the most important events that has happend this  year.  thatはeventsに掛かっているので、  hasの動詞で正解ではないのでしょうか?  答えはhaveと変えてあって、分かりません。 (2)これも同じ本の例文なのですが、  『述語動詞isに繋がれるのはどれ?』という問題で、  (the number、a number、lots、a good deal) of tropical birds  here is amazing.  私はa good dealと思ったのですが、  the number以外は単数形でないから繋げない、書いてありました。  lotsは何処かで聞いたので分かるのですが、  a numberやa good dealはどうして違うのでしょうか?  a number is、a good deal is、は駄目なのでしょうか?  numbers、good dealsなら分かるのですが… (3)most of my friendsが主語の場合、  hasではなく、haveと書かれているのですが、  複数形なのでhasではないのでしょうか?  良ければ教えて下さい。

  • 私達日本人の言語には、文法的には代名詞がないそうです。

    私達日本人の言語には、文法的には代名詞がないそうです。  (下に掲げている質問の一番のご回答では。このことは"I"のような自己や話し相手を指示する、固定的な人称代名詞がないという意味だと存じます。)  http://okwave.jp/qa/q6244383.htmlからの関連質問です。  1. それは私達はそもそも、人称を指示するという志向性が薄弱だということ(心性)を示しているのでしょうか?  私達は口頭会話でも、そして文章でもよく主語などの人称指示を省略します。  欧米の言語のように単・複や主語・人称を一々表示する日本ご文章(直訳文章など)はくどくていやになります。   2. このことは上の質問での固定的な人称代名詞がないということに通じるのでしょうか?  どうぞお教えか何かコメントをおまちしております。

  • 単数/複数

    アメリカの人とチャットで話していたのですが、 「I bought one the other day, and I was surprised at how fun they are」 と言っていました。 ニンテンドーの wii の話です。 「one と言ったのにどうして they なの?」と聞くと、その人は 「I bought one yes but they (as in wiis) are fun. Sometimes English is confusing even to me. Natural speech doesn't hold true to grammar rules sometimes.」 と答えました。 単数が複数に、また複数が単数に。 こんな事は日常会話の中でよくあるのでしょうか? 時々気づくのですが、長い文を話している時、主語が変わってきてしまう事などありますよね。 耳で流しながら聞くと、意味がわかるのですが、 実際書いてみると文法的に意味が通じなくなります。 そんな感じで、子供でも三人称単数だとかきっちり使い分けて話しているのに、 単数/複数が混乱する事はよくあるのでしょうか?

  • 単数形、複数形に分けるとどのように良いことが?

    英語は物を単数か複数かで分けますよね。日本語ではそのあたりは区別しません。 「鞄に本があります」では一冊なのか二冊以上入っているのか分かりませんが、日本人でそこが分からなくて困ると言うことはないと思います。 でも英語だと 「I have a book in my bag」 「I have books in my bag」 と二種類あります。 実生活ではどっちでも大差ないのかもしれませんが、分けた言い方がある以上、英語を話す人にとって何かよいことがあったのだろうと思います。 なぜ、単数か複数か、分ける言語になってしまったのでしょうか?

  • 日本語の代名詞

     国語の授業で日本語について調べてこい、という事で、自分はテーマを「人称代名詞の豊富さ」にして調査しています。  私、僕、俺、拙者・・・と日本語には代名詞がたくさんあります。  知りうる限りの日本語の代名詞をおしえてください。一人称、二人称、三人称、単数、複数。何でもかまいません。