-PR-
解決済み

インテリアコーディネーターとインテリアプランナーについて質問です。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6184473
  • 閲覧数349
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 98% (54/55)

インテリアコーディネーターとインテリアプランナーについて質問です。

この二つの資格の違いとはなんなのでしょうか?

受験資格が要るか要らないかなどは調べましたが、

資格の内容の差がよくわかりません。

建築士みたいに、一級二級木造と建築できる制限みたいな差があるのでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

インテリアコーディネーターは、
旧通産省(現経済産業省)の認定資格でした。
流通に関する資格です。

現在、住宅に関わる資材、設備、建材等の部材が
多様化、複雑化しており、これらを付けたい、購入したい消費者が
迷っているのが現状です。これらの消費者のニーズや予算を的確に
判断し、提案する方をある一定の最低基準ラインを定めてあげているのが
インテリアコーディネーター資格です。
インテリアに特化しています。

インテリアプランナーは、
旧建設省(現国土交通省)管轄の建築全般の認定資格でした。

こちらは、どちらかというと建築士(国家資格)よりです。
デザインの観点から、顧客と一緒に、企画から営業、設計、施工、アフターまで
建築全般を管理する方のことを言います。

似たような名前ですが、まったく性質のちがう資格で、
平成13年ごろに国家資格が法律で整理されたときに
両方とも民間資格になりました。


詳細は、こちらのブログでも書かれています。
http://peccoma2.blog54.fc2.com/blog-category-12.html
お礼コメント
blackblackmask

お礼率 98% (54/55)

大変詳しい説明、本当にありがとうございました!
投稿日時 - 2010-09-22 18:41:37
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 25% (3/12)

正直言って資格の内容なんて同じだと思います。
取ってからどう生かすかは自分次第です。
「制限みたいな差」はありません。

以下、思いついたモノを。
お役には立たないと思いますが・・・

受験者が多いのがコーディネーター
人気が無く受験者が極端に少ないのがプランナー

更新講習料金が高いのがプランナー
更新講習料金が少しだけ安いのがコーディネーター

年寄りが多いのがプランナー
女性が多いのがコーディネーター

資格創世時期に講習だけで取得できたのがプランナー
コーディネーターはそうじゃなかったと思います。(未確認)

試験に建築関連法令集が必要なのがプランナー
不要なのがコーディネーター

試験が殺人的スケジュールなのがプランナー(特に設計製図)
まぁ常識的スケジュールなのがコーディネーター

試験では、ほとんど透視図(パース)の出来が大事なのがプランナー
最近パースを色付きで描かせるようになってきたのがコーディネーター

学科試験がオマケみたいになってしまったのがプランナー(昔は学科は製図と別の日だった)
当初は25才以上しかなれなかったのがコーディネーター(若い人はまだ少ないほう)
お礼コメント
blackblackmask

お礼率 98% (54/55)

そうですか。ありがとうございます。
投稿日時 - 2010-09-22 18:41:01


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ