-PR-
締切済み

法律系のお仕事について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.58012
  • 閲覧数55
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

私は現在新大学3年生です。今所属しているのは法律系の学部では
ないのですが、弁護士の仕事に強く関心を引かれ、どうしたらよいか
わからずに困っております。
私は特にジェンダーに関する法の問題や実際の裁判に興味があり、
学部ではジェンダーに関する様々な問題を学んできました。
弁護士の仕事は、実際の事例に触れながら問題にとりくめることが
とても魅力的だと感じています。

お聞きしたいことがいくつかあります。
1.弁護士周辺に様々な職業が存在すると思われますが、私は具体的に
  どのようなお仕事があり、それぞれどう関連しているのかわかりません。
2.私のように法学と関係のない学部に進んでしまって、途中で
  志した場合、どのようなプロセスをたどって弁護士なりそれに
  関わる仕事に携わることができるでしょうか。
  弁護士になる人にとって
  法学部を出ていることはどういう意味があるでしょうか。
3.また、法学部で勉強して司法試験を受けたいと思った場合、
  もう一度受けなおすしかないでしょうか。トランスファーなどの
  手段はあるのでしょうか。

弁護士の方に実際にお話を是非聞きたいですが、チャンスがみつかりません。
何かアドバイスがありましたらお願い致します。
また上記の質問に答えてくれるような本がありましたら教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

はじめまして。僕は法学部3回です。今レックという専門学校にいって勉強してます。さて、質問の回答なんですけど、はっきりいえば法学部でなくても司法試験は受けることができますし、法学部だから。。っというのは関係ないです。一般には有利な環境にあるようにおもわれてはいますが、全然そんなことはないです。法学部を出てる事自体はなんら意味ないです。他学部の方でも司法試験を目指しています。法学部に入りなおしてっというのは賢明ではないです。遠回りですよ。法学部の授業にでて成績がいくら良くても司法試験には受からないです。専門学校にかよったほうが早くうかる道だとおもいますよ。ロースクール構想もでてきてはいますがまだ少し先の事です。あと、すこし思ったのですが、司法試験のことや法律の勉強の事に関していろいろと調べておいた方がよいかもしれませんね。もし法律の道に進むなら頑張りましょうね!少しは参考になりましたか?もっとしりたいと考えているならまた教えます。
補足コメント
freshmikan

お礼率 50% (1/2)

解答ありがとうございます。私は司法試験について考え出したのが最近のことなので、知識が殆どないので是非色々教えてほしいです。もしよろしければメールで情報提供していただきたいです。アドレスはvzz11467@nifty.ne.jpです。メールお待ちしてます!
投稿日時 - 2001-04-25 01:56:59


  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 29% (59/198)

 こんにちは。ghq7xyです。さて、弁護士であれば司法試験でしょう。司法試験については、大まかな概要について、私が過去にこのサイトで回答しておりますので、下記のURLをご覧ください。
 弁護士周辺の職業についてですが、これは俗に士族(シゾクまたはサムライゾクと読む)といわれる国家資格による職業ですよね。具体的には、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士などいろいろありますね。
 私は税理士を目指しておりますが、税理士は納税者の味方として、会計帳簿の記帳代行、税務相談、確定申告書の作成、決算などクライアントを会計、税務面からサポートする職業です。また、税務署との税務調査においては納税者を弁護(表現として適切ではないかもしれませんが)します。
 司法書士は民法などの実体法に規定されている法律関係(原因と効果)を実現させるためにそのプロセスが規定されている民事訴訟法などの手続法に則って、これら手続法に規定されている書類(訴状や答弁書など)を作成する仕事を担います。司法書士は弁護士のように法廷に立って訴訟を代理することはできませんが、書類の作成によってクライアントをサポートします。また、司法書士は登記業務を代行します。これは、不動産を取得した時や会社を設立する時に登記という手続が必要なのはfreshmikanさんもご存知かと思いますけれども、こうした登記に必要な書類を作成したりするのも司法書士の重要な仕事です。司法書士の事務所が登記所の近くに多いのはこのためです。
 あと、弁理士については、特許権や商標権などの工業所有権及び著作権をひっくるめて知的財産権と言いますが、これら知的財産権についての専門家ということになります。モノを発明した時に特許の申請を行うことがありますが、弁理士は特許の申請などの代行を行ったりします。
 他にもいろいろありますが、こんなところでしょう。
お礼コメント
freshmikan

お礼率 50% (1/2)

詳しくお答えいただいてありがとうございます。
参考にさせていただきます!
投稿日時 - 2001-04-16 01:15:24
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ