• ベストアンサー
  • 困ってます

源泉徴収したときの仕訳

仕訳帳の記載方法がわからなくてこまっています。 1)給料を従業員に手渡しで渡そうと預金から現金を20万円おろす。 2)給料20万円から源泉徴収分(7千円とします)を引いて、残りを手取り分として従業員に渡す。 3)源泉徴収分を「預り金」としてよけておく 1)~3)で、仕訳としては 現金 200,000   普通預金 200,000 給料 200,000   現金  193,000              預り金   7,000 でよいのでしょうか? 一度現金を預金から下ろしているのでかなり面倒なことになってますが。。 これと同じで「現金出納帳」を下記のとおりにしています。 (相手勘定)  普通預金  200,000    給与             193,000  預り金              7,000 このようにした場合は、仕訳帳と現金出納帳で現金の合計が異なってしまいます。仕訳帳で預り金を計上するときに現金が引かれていないからです。こういうときはどのように記載するのが正しいのでしょうか? それとも現金出納帳の記載がおかしいでしょうか?宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6811
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

<>正しい給料計算と仕訳。 (1)給料ー(2)社会保険料ー(3)住民税「県民税・市民税」-(4)所得税=(5)給与。(年収103万円以上は税金の対象。141万円以上社会保険料の対象。「会社は人を1人でも雇えば労働保険に加入しなければならない」) ※(1)と言う費用勘定「賃金計算ができたら」未払費用へ振替計上する。「費用勘定から未払費用勘定へ振替えるのはなぜか?間違いをしないためと思ってください。」給料計算が終わった時に給与193,000円が分かります。この時銀行から下ろしてくる。 (借方)               (貸方) (1)給料200,000  /  A未払費用200,000                   (負債科目) ※次に控除「社会保険料・源泉徴収」と当月支払い給与仕訳と振替。 (借方)           (貸方) A未払費用 / (2)預り金「社会保険料」・・・期日に納付            (3)預り金「住民税」・・・・・期日に納付            (4)預り金「所得税」7,000円期日に納付            (5)現 金「給与」193,000当月支払い ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 合 計200,000      合 計200,000   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

現金出納帳の方が、違います。源泉はこの時点では預かっているのでお金は出ていっていませんので、 (相手勘定) 普通預金 200,000 給与        193,000 か、 普通預金 200,000 給与        200,000 預り金   7,000 となります。これで仕訳帳と合うと思います。 あと、預金から下ろしてその日に払うのであれば、預金から下ろすのは給与額ではなく、支給額を下ろして現金を通さずに、 給与 200,000 普通預金 193,000         預り金   7,000 で、いいと思いますよ。それから、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

・ 記帳をわかりやすくするなら、 1) 預金から給与支払用の現金を20万円おろしました    現金 200,000 / 普通預金 200,000 2) 給料を20万円払いました。源泉徴収を3000円預りました。    給与 200,000 / 現金 200,000    現金   3,000 / 預り金  3,000 と言うぐあいに、本当は天引きしている税金分を、 一旦払って、改めて預ったと記載しても、結果は一緒ですよ。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

仕訳帳で、預かり金を納付した際に 借方  預かり金 貸方  現金

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 税務調査で源泉所得税の過小申告を指摘された場合の仕訳について

    先月税務調査が入り、ある従業員の源泉所得税の過小申告を指摘されました。原因は計算間違えで、従業員から少なく徴収していました。 小さい会社なので追加納付額は数万円程度なのですが、この場合仕訳をどのようにするのかがわかりません。 なお、特例で半年毎に納税しています。 1)源泉所得税の追加納付の仕訳はどのようにするのが正しいのでしょうか? 通常は下記のようにしています。  ◇給料支払い時(金額は例です)    給料 200,000 普通預金 190,000              預り金 10,000  ◇納税時(年末調整時) 預り金 5,000 現金 5,000 -還付 預り金 55,000 現金 55,000 -納税 追加で不足分を申告した場合、    給料  30,000 預り金 30,000 -不足分を従業員から徴収     預り金 30,000 現金 30,000 -不足分納税 という仕訳で良いのでしょうか? 宜しくお願いします

  • 所得税還付の際の仕訳

    所得税の還付の仕訳について教えてください。 (1)会社で従業員に給料を支払いました。  給与 XXXXXXX 普通預金 XXXXXXX (2)給与から所得税の源泉徴収のため決まった金額を抜いています。  給与 XXXXXXX 預り金 XXXXXXX (3)年末調整で正確な税額を計算し、多く従業員からもらいすぎた分を還付しました。  預り金 XXXXXXX 現金 XXXXXXX (4)翌月に正確に算出した税額のとおり、納税しました。    預り金 XXXXXXX 現金 XXXXXXX (1)~(4)までで、(3)が正しくないような気がします。 従業員に還付した際の仕訳はどのよう仕訳するのでしょうか? (2)の逆ということなんだと思うのですが、給与に追加してしまったはおかしいと思いますし。。 宜しくお願いします。

  • 確定申告! 助けてください

    個人事業主です 毎月預金口座(1)から引き出して給料を現金支給しています 給料100000、手取り額90000、源泉徴収5000、雇用保険(従業員負担額)2000、雇用保険(事業主負担分)3000の場合 給料100000/現金9000        預り金(源泉)5000        預り金(雇用)2000        法定福利費(雇用)3000 上記の仕訳で正解ですか? また、源泉・雇用保険料を預金口座(2)に別に分けていて(混ざらないように) その仕訳はどのようにしたら良いですか? 預金出納帳で 預金10000/預り金(源泉)5000       預り金(雇用)2000       法定福利費(雇用)3000 としてしまってはおかしいような気がして・・・ 源泉徴収を支払った時の仕訳と、雇用保険が預金口座(1)から引き落とされた時の仕訳も どうやっていいかわかりません。 こんな時期に・・・ 他の方の質問で似たようなものを探しましたが、まるきり同じ状況の質問がなかったので どうか詳しいかた教えてください。

  • 立替金の仕訳について

    お世話になります。 有限会社を設立しまして、今までは収入がありましたので、従業員の毎月の健康保険・雇用保険・年金を従業員の給料から「預り金」として一時預かり納めていました。 ただ今月は給料が払えない状態になったので、 その場合の仕訳を教えてください。 ◎社員の健康保険5,000円を会社が立替えた。 仕訳 (1)立替金 5,000/現金預金 5,000    (2)現金預金5,000/立替金  5,000(精算時) ◎従業員に対しての給料の支払えない場合の仕訳。 ◎後日、その給料を支払った場合の仕訳。 まだ有限会社を立ち上げたばかりなので、仕訳方法がよくわかりません。 どうぞよろしくお願いします。

  • 預金から引き出して現金で給料を支払う時の仕訳

    預金から現金を引き出して現金で給料を支払う時の仕訳について教えて下さい。 まず銀行から引き出した時の仕訳は 現金  200000 / 普通預金 200000 で、合ってます…よね? そして給料を支払う時の仕訳は 給料手当 200000 / 現金   170000             預り金   30000 で、良いのでしょうか?それとも最初から 給料手当 200000 / 普通預金 170000             預り金 30000 とすると、預金の金額が狂って来るのでしょうか? 初歩的な質問ですが、宜しくお願いします。

  • 預り金の仕訳について

    青色申告者です。 年末の決算書を作成して、普通預金残高と決算書の預金残高が合わない事に気づきました。 原因は専従者給与の仕訳で差額が発生していました。 現在専従者給与を10万普通預金から支払っていますが、源泉徴収税分も含めた形で預金から引き出しています。 【仕訳上】 専従者給与 10万     普通預金  9万8870円               預り金    1130円 【実際】 専従者給与 10万     普通預金  10万 この預り金の差額により、実際の預金残高と合わない事になります。 この差額分の仕訳はどのようにしたらいいでしょうか? また、すっきりとした形で仕訳する仕方を教えてください。自分としては、まず預金から現金を出金した形で仕訳した方がいいかなーと考えていますが・・。 現金 10万     預金 10万 専従者給与 10万  現金 9万8870           預り金  1130

  • 年末調整の還付金の仕訳

    年末調整の還付金を含めた賞与支払い時の仕訳を教えてください。 賞与は銀行振込で、その中から源泉徴収金(4%)を差引、さらに年末調整の還付金を加算して支給します。 支払いの内訳は、  賞与 200,000円-源泉徴収(4%)8,000円+還付金20,000円=212,000円 です。 仕訳はこのように考えています。  賞与 200,000 普通預金 192,000 預り金 8,000 ------------------------------------ 預り金 20,000 普通預金 20,000 - 還付金 ------------------------------------ 預り金は少額なので、現金を金庫に入れて保管しています。 納付には特例を受けており、半年毎にまとめて納税しています。 銀行からの振り込み額は上記のとおり212,000円です。 預り金から還付金20,000円を差し引いた残額が、納税額です。 計算はピッタリと合っているのですが、現在、金庫の預り金から抜いた還付金20,000円が 手元に現金としてあります。 賞与の振り込みと同時に還付金を加算した額を振り込んだため、順序がこうなってしまいました。  普通預金 20,000 現金 20,000 という仕訳を追加して、賞与の振り込みの前に手元の現金を普通預金口座に入金するべきでしょうか? よろしくお願いします

  • 専従者給与の預金出納帳の仕訳について

    やよいの青色申告ソフトを使用しています。 専従者給与を現金で支払っています。 仕訳は現金出納帳に直接入力するか、または振替伝票で入力すると、現金出納帳に反映されます。 現金の処理はこれで良いのですが、その現金は口座から引出した現金のため、預金出納帳にも入力が必要になります。 預金出納帳は通帳を転記しますが、この専従者給与の現金を引出したときの、相手勘定科目を教えて下さい。 (1) 現金で支払っているので(現金を引出したという事実なので)、「現金」科目でよいのでしょうか? (2) それとも、「専従者給与」科目でしょうか? 「専従者給与」の場合、振替伝票で仕訳(源泉税が発生するので)を入力すると、源泉税が控除されたあとの額が引出し金額になってしまい(源泉税が預り金になるため)、通帳の額と合わなくなります。 なので科目だけ「専従者給与」にして、通帳の通り、引出した総額を入力し、源泉税の内訳は現金出納帳に入力しています。 (3)専従者給与を支払っている方、預金出納帳・現金出納帳の入力の仕方を教えて下さい。 未経験のため、経験者の方、ご教示お願い致します。

  • 年末調整と給料支払いの仕訳問題。

    年末調整を行った時の給料支払いの仕訳が、わかりません。 帳簿付けを担当しています。仕訳を、お教えください。 事業所に、従業員が、一人と、仮定します。 彼の給料は、毎月17万で、変化しないと、仮定します。 (現実は、もっと複雑なのですが、私の理解の為、単純な仕訳問題を、 立ち上げてみました。) 給料総額17万円で、源泉徴収を差し引いて、手取166750円。 事業所で行われた仕訳は、 給料170000/現金預金166750      /預り金  3250 1月から6月まで経過時点で、19500円の税を、 従業員の給料より差し引いて預かり金という形で、6ヶ月分預かっている。 (事業所は、納期の特例により、1月から6月までの、源泉徴収税を、  7月10日に、税務署へ納付する。) 預り金19500/現金19500 12月になり、年末調整を、実施する。 12月に、その人の最終的な年末調整における年税額が、算定される。                           0円であった。 (課税所得金額0円であった。) 7月から11月までの預かり金の累計が、16250円で、 12月の給料に対する源泉徴収が3560円発生するが、 年末調整によって、源泉徴収の額が、年税額を超過している事が 判明しているので、 ここで、調整作業として、3560円充当する。よって、12月は、 預かり金を、もらわない。 実際的には、給与として17万を、現金で、まるまる支払し。 その上で、 6月から11月まで、従業員の給料より差し引いて預かっている 預かり金16250円を、還付という名目で、返した。 現金総額として、186250円を、12月の給料時、従業員に、手渡す。 (還付しきれていない額、19500円は、翌年に回す。) 12月最後の給料時の仕訳を、お教えください。

  • 預かり金の保管方法について

    小さい会社を経営しており、従業員の毎月の給料から所得税の源泉徴収をしています。 所得税は、「特納」にしてもらってまして、半年に1回まとめて税務署に納税に行くことにしています。 半年毎の納税なので、それまでは社内で源泉徴収したお金を「預り金」として管理しようと思います。 お金は封筒に入れて金庫にしまってあります。 そもそもの質問なのですが、 帳簿に計上する際は下記のような仕訳でよいのでしょうか? (例) 給与手当 250,000 普通預金 250,000 --給与  実際の手取り分 給与手当  7,500 預り金 7,500 --源泉徴収分 現金 7,500 普通預金 7,500 --源泉徴収分として現金で保管 できれば、現金では保管したくないのですが、 銀行に入れたままだと、通常の「普通預金」と一緒になってしまい、集計時に管理しづらいと思います。 このためにわざわざ現金で管理してるのですが、こういう場合、通常はどうやって管理するのでしょうか? こういう預り金は、普通はどうやって保管しておくものなのでしょうか? 会社の銀行口座に一緒に預けてしまうと、帳簿上