• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

制限行為能力者の問題でわからないです。

お世話になります。 宅建の勉強を独学で始めて、半月程のものです。 法律の事は、何も知らない状態から始めました。 以下質問です。 インターネット上で宅建の問題を出題しているサイトを、たまたま見つけて以下の質問に答えてみました。 「未成年者Aと取引きしたBは、Aに対し1ヶ月以上の期間を定め、その期間内にその取引きを取消すかどうか確答できるよう催告でき、期間内に確答がない場合は、AB間の取引は成立する」 私の独学に使用しているテキストには当該箇所の記述にはこのように 記されています。 相手側の保護の制度 相手側は、一ヶ月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消す事が できる行為を、追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。 (1)制限行為能力者の保護者や、制限行為能力者が行為能力者になった後 に催告されたにもかかわらず、その期間内に確答を発しないときは、 追認したものとみなされる。 これを踏まえて、以下のように考えました。 「Aが独断で契約したのに、追認もAにやらせてしまっては 駄目ではないだろうか?この場合Bが追認を求める相手は 保護者(親権者or未成年後見人)ではないだろうか?よって×だ!」 と回答したのですが、答えは残念ながら○でした。 ということは、Aが契約した契約を、保護者が追認するのではなく、 A本人が追認することで、有効になるということなのでしょうか? それともまったく違う要素で、(1ヶ月が定め無しとか)間違っている のでしょうか?教えてください。 補足です。 この出題サイトの他の質問で、親権者や後見人が登場する場合は、 必ず問題文中に記述があります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数229
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#120967

そのサイトが間違っているんじゃないでしょうか。 成年になってから追認を求められたという問題ならその通りですが(民法20条1項)、 問題にはそう書いていないようなので。 それであれば質問者さんの理解の通りです。 未成年者のままでは追認権がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 今回の質問の件なんですが、私のはやとちりでした。 正解は×でした。 私の答えた答えに対して×ではなく、その問題の答えが×と表示されるものでした。 私の勘違いで回答者様にご迷惑をお掛けしてしまって、本当に申し訳ありませんでした。 回答者様に恩返しをしたくとも、無学の私の知識では質問に答えて お役に立つことも叶いません。 ですがいつの日か、いやそんな日が来るかどうかもわかりませんが、 宅建に合格できた暁には、ご恩も返せるかもしれません。 鶴に恩が返せるなら、私の様なできの悪い者でもお役に立てると信じつつ、 頑張って行こうと思っております。 またお世話になるかもしれませんが、その時はどうぞよろしくお願い致します。 それでは失礼させていただきます。

関連するQ&A

  • 制限行為能力者に対する催告について質問です!

    制限行為能力者の相手を保護する制度のところで疑問に思ったことがあります・・・ 「単独で追認できない者」に対する催告について、制限行為能力者側から確答がない場合は取り消したとみなされ確定的無効になることはわかります。 では、「単独で追認できない者」から確答があった場合はどうなるのですか?被保佐人などは追認できないとして、確答が無視されてしまうのでしょうか? よろしければ教えていただきたいです(+_+)よろしくお願いします!

  • 民法 制限行為能力者についての質問です。

    いつもお世話になっています。 皆さん回答くださって本当にありがとうございます!! 感謝してます! 今、宅建の勉強をしています。 宅建の教科書でわからない部分があったので質問をします。 ご回答よろしくお願いします! 制限行為能力者がした一定の契約でも追認した時は取り消せなくなる。 1、追認できるのは制限行為能力者本人と保護者だ 。 1に従って追認しても第三者の権利を害することができない 。 ここの、第三者の権利を害することができないとはどういう意味なのでしょうか? 具体例を挙げていただけると嬉しいですよろしくお願いします。 うーん、頭が痛いです(*_*)

  • 民法 制限行為能力者についての質問です。

    宅建の勉強頑張っています !! こちらではお世話になっています。 みなさん丁寧な解答をいつもありがとうございます!! 今教科書を使って勉強していますが、 質問がありますのでよろしくお願いします 。 制限行為能力者がした一定の契約を取り消せるのは制限行為能力者本人と保護者だ。 制限行為能力者本人は20歳になるなどの制限行為能力状態を出した事実がな くても、取り消せる。 取り消すことについて保護者の同意がなく ても取り消せる。 とありますが、なぜ 制限行為能力状態を出した事実がなくても取り消せるのでしょうか 。 取り消すことについて保護者の同意がなくても取り消せるのは何故なのでしょうか 。 お答えよろしくお願いいたします!

  • 制限行為能力者

    制限行為能力者については、保護者の同意のない場合には、取消ができ、保護されてい ますが、契約を成立させるという意思表示のみでなくて、履行にあったての能力は保護 の対象にはならないのでしょうか? つまり、保護者の同意を得た契約において債務の履行に遅滞がある場合の故意過失の 判断は、通常人の故意過失と同列に考えてよいのでしょうか?

  • 制限行為能力者その2

    事務管理についての発想はとても、シンプルなことから、始まったのですが、シンプル 過ぎて、穴だらけのようですね。 事務管理についても、制限行為能力者には一定の修正が必要ではないかと思いました。 これは、制限行為能力制度をそのまま持ち込むのではなくて、その考え方を参酌すると いう表現のほうが妥当かもしれません。 まず、手始めは、法律行為に限定せずに、準法律行為である事実行為に拡大でしょうか。 事務管理では、本来は不法行為にもなりかねないことが、阻却されますので、その点 は責任能力ということで、阻却される範囲を修正できるのかもしれません。 しかし、一方で事務管理には、本人の利益に沿うようなかたちで行うことが要求されま すが、これは、責任能力ということよりも事務処理能力の問題かとも思えます。 (浪費癖であれば、経済合理性に反するような修理を行ったりする場合です) 事務処理能力ということであれば、制限行為能力で援用できないかということになりま す。 また、保護者によって同意が得られない場合に、取消すといっても意味がないというこ とも仰るとおりなのですが、継続義務を緩和するということが考えられないでしょうか。 やりかけたけど、やってみたら、手におえないのでやめた。 つまりなかったことにするということです。 しかし、保護者が同意した場合には、保護者が助力しえますので、継続できるように思 いますし、継続義務を緩和する必要がないともいえます。 この場合には、保護者と一体としての責任を考えればよいので、事務管理を特に修正 する必要はないように思います。

  • 制限行為能力者その3

    ある参考書には事務管理と行為能力については、成立要件として、行為能力を要するか 否かということと、制限行為能力者に継続義務を課すのは制限行為能力者の保護の精神 に反するという言及があるのみで、その内容を把握できませんでした。 といいますのは、事務管理が成立しないのは、それはそれで保護にならないように思え たからです。 そこで、いくつかの資料にあたってみたのですが、 コンメンタール民法(我妻・有泉)1232Pには、もう少し、詳しい説明があり、私 の理解では、制限行為能力者が事務管理を始めたことによる不利な効果については取消 権に準じた権利を認めるということ、その結果、制限行為能力者に利益が生じてしまっ た場合には、不当利得によって処理するというものでした。 また、些末なことなのかもしれませんが、上記のことを、「行為能力を事務管理の成立 要件にする」と表現するのが妥当なのかはよくわかりません。 字面を素直にとれば、事務管理の制度は、行為能力のある人に対する特則であり、制限 行為能力者には適用がないということになります。 それは、事務管理に該当するような事象が起きた場合には、制限行為能力(不利益な効 果をもたらすものには取消権に準じた権利が認められる)、不法行為(責任能力の問題 )、不当利得(制限行為能力者のお節介(出費)により本人が利得を得ているか)及び、 信義則(お節介について不法行為を主張することが正義公平に反しないか)によって解 決すべきということでしょうか? あるいは、単純に、事務管理を制限行為能力者について一定の修正を加えるという意味 でしょうか?

  • 民法20条について

    はじめまして。はじめて質問させて頂きます。 私は消費者金融に勤める者ですが、誤って未成年者に融資をしてしまいました。その後、契約者より未成年取り消しの通知が届いたのですが、民法20条1項・2項では、融資した側の催告権として、次の通りあります。 1.制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人及び第17条第一項の審判を受けた被補助人をいう。以下同じ。)の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。 2.制限行為能力者の相手方が、制限行為能力者が行為能力者とならない間に、その法定代理人、保佐人又は補助人に対し、その権限内の行為について前項に規定する催告をした場合において、これらの者が同項の期間内に確答を発しないときも、同項後段と同様とする。 これの解釈がイマイチわかりずらいのですが、この法律に基づいて、本人の法定代理人である親御さんに対し、取り消しをするか否かの催告をすることは有効でしょうか? 有効だった場合、催告後一ヶ月を過ぎても回答がなかった場合、その契約(金銭消費貸借契約)は取り消しになってしまうのでしょうか? それとも、その契約を親御さんが追認したことになるのでしょうか? どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひご回答頂ければ幸いです。 長々と申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  • 制限行為能力者の代理人

    制限行為能力者も代理人になることが出来るとして、その理由として、代理人自身には不利益が生じないこと、本人は不利益を蒙ったとしても本人に任命責任があり甘受すべきだからとしています。 しかし、相手方にとっては、制限行為能力者がその弁識能力の欠如から無権代理をしてしまった時には相手方は117条責任を制限行為能力者 追求できないので、相手方の保護の観点からは制限行為能力者を代理人 にすべきではないという出来ないでしょうか?

  • 宅建 制限行為能力者について質問です。

    いつもこちらでお世話になります!! 過去問で、疑問が浮かんだので質問します!! 自分の知識の確認のためなのですが。 間違っていたらヤバいので。 。。基本的な質問だとはおもうのですが。 ヨロシクお願いします! A 所有の不動産につき、Aを売主 、Bを買主とする売買契約が締結されたが、 Aは未成年であり後見人である Cの同意を事前にえていなかった。 この場合民法の規定によれば次の記述のうち正しいものはどれか。 選択肢のひとつです。 A の行為は無効であるが.その後 Bから当該不動産を買い受けた Dが、Aの制限行為能力を知らなかった場合は、 A 及び C は Dに対し A の行為が無効であることを対抗できない。 ここで、質問です。 制限行為能力者がした契約は、取り消せる。 前半は謝りだとおもいましたが、 後半部分です。、 Dが、Aの制限行為能力者を知らなかった場合のパターンを、確認したいです。 AとCの、とるべき行動は、 取り消ししかないですよね? 相手が善意であろうが、 保護されるのは制限行為能力者。 私の考え、どうでしょうか? 制限行為能力者の過去問も、とくのに、時間がかかってしまいます。。。 ご協力いただけると、ありがたいです!!!ヨロシクお願いします。

  • 制限行為能力者の無権代理(民117条2項)

    制限行為能力者が行った無権代理行為について教えて下さい。 民117条2項によれば、制限行為能力者が行った無権代理行為の責任は、それをおこなった制限行為能力者に責任を問うことができないとなっています。 他方、民102条によれば、制限行為能力者も代理人になれます。 一方で制限行為能力者にも代理権がもてるとし、他方で制限行為能力者に責任を課すのは酷だから(?)、無権代理行為の責任は問えないとするのは、公平でないような気がします。 制限行為能力者にも代理権が持てるようにしたのは、本人の利益を考えてのことなのでしょうか?20歳に近い未成年者の多くは法律行為を行うだけの能力をもっているので、そのような人に代理人の仕事を頼みたい時はあるでしょう。本人が利益とリスクのバランスを考慮したうえで代理を頼むのだから、それを禁止すべきではないということは理解できます。 しかし、裏を返せば、20歳近くになると、悪事をたくらむ知恵もでてくるし、悪事を実行するだけの行動力も持つでしょう。でも117条2項は、20歳未満の未成年者が行った無権代理行為の責任は問わないとしました。どこかで線引きする必要があるので、それはそれで受け止めるとしても、その様に規定したのであれば代理権をもてる年齢も同じ20歳にしないと、契約相手の保護の観点から、バランスが取れないように思えるのです。 私は102条で制限行為能力者は代理人になれないとしてあったらこのようなバランスが取れていないような印象を持つこともなくすっきりするのですが、102条のように規定する必要性は高かったのでしょうか?