• 締切済み
  • 困ってます

宅建 追認について質問です。

いつもお世話になっています。 勉強につきあってくださり、ありがとうございます! で、今さらながら、アタマがきーっ!!となっております。。 追認について考えて調べていたんですが、よくわかりません。 スミマセン、お付き合いくださるとたすかります。 ヨロシクお願いします! 制限行為能力者や代理人に対して、相手方が追認催告した場合、1ヶ月以上の期間をおいて、本人から返答がなければ、追認とみなす。 一方、無権代理人に対して相手方が追認催告した場合、相当の期間をおいて本人から返答がなければ、追認拒絶とみなす。 両者、なぜ追認と、追認拒絶とで わかれてくるんでしょうか? 追認って取り消すことができる行為を取り消さないものと、決める意思表示なんですよね。 そのあとが、アタマがきーっ!!となっちゃって、理解にくるしみ、疲れてきてます。。 イメージしやすいお答え、いただけませんでしょうか? ヨロシクお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数79
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
  • kanstar
  • ベストアンサー率33% (428/1278)

まず、そもそも文章だけで理解しようと思うとイメージが掴めないと思います。 問題文に書かれている内容や模範解答に書かれている内容を「絵」にして書いてみてください。 では、簡単に解説します。 「制限行為能力者」とは「一般人よりも、判断力が不足している者」とイメージすればいいでしょう。 では、民法で規定されている「制限行為能力者」には「未成年者」、「被成年後見人」、「被保佐人」、「被補助人」という種類に分かれます。 「代理人」とは「自分以外の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと」です。もっと簡単に説明すると「他人の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと」です。 「代理人」には「法定代理人」と「任意代理人」とという種類に分かれます。 「法定代理人」とは法律で定められている「代理人」のことです。特に「制限行為能力者」につく「代理人」のことです。 ご質問内容には「代理人」と書かれていますが、通常は「任意代理人」のことを指します。 「任意代理人」(代理人)とは「約束で私の代わりに〇〇をしてきて欲しいと相手側に申し出て、相手側がその申し出に了解し、他人の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと」です。 最後に、「無権代理人」とは、「Aさんに頼まれてもいないのにも関わらずに、Aさんの代理人ですと言って代理人のフリをしている人のこと」です。 > 制限行為能力者や代理人に対して、相手方が追認催告した場合、1ヶ月以上の期間 > をおいて、本人から返答がなければ、追認とみなす。 まあ、これはそもそも契約の相手側(制限行為能力者や代理人)に契約の締結権限があるからです。 > 一方、無権代理人に対して相手方が追認催告した場合、相当の期間をおいて > 本人から返答がなければ、追認拒絶とみなす。 まあ、そもそも無権代理人は代理人のフリをしている人なので、無権代理人には契約の締結権限は存在しません。もちろん、頼みもしていない人(無権代理人)が行った行為に本人に責任を追わせるのは酷なので、返答がなければ、「追認拒絶」してあげた方がいいということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすい、優しい回答をありがとうございます!! はいっ、納得できました。 ここも説明しといてあげよう!!というお気持ちを感じられて、嬉しかったです。 よく理解できました、ありがとうございます!! 試験まで5日、頑張ってきます!!

関連するQ&A

  • 無権代理行為の追認

    無権代理の効果を確定的に本人に帰属させる本人の追認権ですが、これは教科書などによれば単独行為であって、条件はつけられないとのことです。 勝手に代理人だと称して土地を売却した無権代理人がいたとします。相手方は善意であったが取消権は行使せず、本人が追認・追認拒絶をしないので、催告した。そうしたら、「土地の売買については問題ないが、価格が不満である。交渉したい。」との回答が返ってきた。 この場合、本人は追認したことになるのでしょうか。 法律用語にいう「条件」にも該当しないため、わからなくなりました。 本人は無権代理によって生じた効果を呑むか呑まないかの選択肢しかないということでしょうか? 私の疑問のように、売却価格だけ納得いかないといった場合はどうなるのでしょう。追認拒絶しても無過失だった場合は表見代理を主張されてはどうしようもないですし。 教えてください!

  • 民114の相当の期間

    民法 第114条(無権代理の相手方の催告権) 条文 前条の場合において、相手方は、本人に対し、相当の期間を定めて、その期間内に追認をするかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、本人がその期間内に確答をしないときは、追認を拒絶したものとみなす。 追認ですから直ぐにできると思うので、二週間もあれば十分かと考えていますが?

  • 宅建・無権代理人と表現代理人の追認について

    無権代理人が代理人のふりをしてAと行った契約は無効で Aが善意無過失の場合は、 Aに催告権・取消権・履行請求権・損害賠償請求権がある というのはわかるのですが、 表見代理人が代理権限外の契約をAとし、 Aが善意無過失の場合は、 その契約は、有効というところまでは納得がいくのですが、 この場合、Aには催告権・取消権・履行請求権・損害賠償権がある というのが納得がいかないのです。 もともと契約が有効なら催告権があり追認を求めるという行為は無意味ではないですか? よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#235638

おはようございます! 今日僕は、いけてないんです。 なので こんなコメントでいいのかな? なんてちょっぴり不安。 でも、とりあえず書いてみる・・・やってみますね。 ※無権代理人が相手と契約した場合は  原則無効。 無権代理人が勝手に契約を結ぶ・・・ 例えば 無権代理の僕が、相手方Cさんに momomin0516さんが、Cさんの持ってる土地を買いたい と言ってます、と伝える。 それを聞いたCさんは、じゃ売りますね。 と契約が締結される。 Cさんは、momomin0516さんに 土地を売るからお金ちょうだい と言ってきます。 それを聞いたmomomin0516さんは そんなの知らない、私は関係ないです! でも、florioが代理人と言ってた それを信じて売ったのだから、追認してください など話しは複雑になる。 このとき momomin0516さんは、最初からなにも関係ないのだから なにも返事しなくていい。 自動的に追認を拒絶したことになり 不利益は、なにもない。 相手方Cさんは、民法第117条により https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC117%E6%9D%A1 frolioに責任追及をする。 無権代理がした契約は、原則無効 これは、イメージしやすいと思います。 無権代理の契約は無効 そもそも無効なんだから、なにもしなくていい。 返答しなければ、追認拒絶。 制限行為能力者や代理人の場合は 取り消すまでは、有効。 本人から返答がなければ、追認とみなす。 とは 返答がない → 取り消さない → 追認 イメージしやすいお答え、いただけませんでしょうか? ごめんなさい、これはちょっと無理です。 頭回らないです。 回ってきたら、また回答させてください。 よろしくお願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもご回答ありがとうございます!! わかりやすかったです、いつもどおりです!!! しんどいのにアタマを働かせてくださってありがとうございます!!!

関連するQ&A

  • 代理契約における追認

    こんにちは  代理契約における追認とは開示された本人によって、代理人の無権代理行為が事後的に承認されるとはどういうことでしょうか。

  • 民法:無権代理の追認拒否権?

    事例:Aの子であるBがA所有の不動産についてAに黙ってCに売却した。 解答:この場合、Bは無権代理人なのでこの契約の効果はAに帰属しない。 →契約はCが善意無過失の場合、BC間では成立するのでしょうか。A所有の不動産はCに移転し、Bは相当の金銭を得るのでしょうか? 事例:Aが追認 解答:Aが追認した場合、無権代理人は正式な代理人となり、無権代理人が行った行為はAに帰属する。 →Aの追認前にBが得ていた金銭について、BはAに支払いの義務が生じるのですか? 事例:Aは追認をせずに死亡し、BはAを単独相続した。 解答:判例によると、BC間の売買契約は有効になる。 判例1:相続により本人と無権代理人の資格が融合し、追認拒絶権を失うので、契約は有効 判例2:Bは追認拒絶権を有するが、その行使は信義則に反するので、契約は有効 →判例はどちらも結果は同じなのですが、追認拒絶権とはこの場合、どのようなことを言うのですか?信義則に反するとは、どういうことですか? 民法初心者で、明日テストがあるのですが、全く理解できません。できれば、この事例で説明していただきたいです。よろしくお願いします。

  • 宅建について

    宅建の勉強をしているのですが催告権について分からないことがあります。催告する相手が未成年者・成年被後見人の法定代理人と本人の場合、また被保佐人・被補助人の補佐人と補助人、行為能力者本人の場合は追認となりますが… 未成年者・成年被後見人の法定代理人と本人の場合は無効の追認ということですか? 催告についてわかりやすく説明お願いします。

  • 無権代理人を相続した場合について

    無権代理人Bが死んで本人であるAが相続したときについて教えてください。 Aさんが本人、Bが無権代理人として死ぬ前にCさんと法律行為をしたという設定です。 まず死ぬ前から本人Aは追認権と追認拒絶権を持っていると思うのですがこれはあってますよね? で、次に無権代理人Bが死んだ後に追認権を行使すれば、 BC間の契約は有効と確定してCさんにも問題はないと思うのですが 次からが分からないんです。 Bの死後に本人Aさんが追認拒絶権でもって BC間の法律行為を無効にしてしまった場合、 この場合は追認拒絶権行使によりBが無権代理行為をしてたと確定するとあります。 (民法の中継シリーズ) またそのことでBさんの無権代理行為の権利義務までも相続することになり Aさんは履行責任か損害賠償責任をかぶせられるとあります。 (1)この責任を被せられる場合っていうのはCさんが善意かつ無過失で 制限行為能力者じゃない場合に限られるんじゃないでしょうか? 本にはなんとも書いてないんです。 (2)Cさんが善意で有過失の場合や、悪意の場合、 すでに無効とされたのでCさんは泣き寝入りですか? (3)そもそも追認権を行使したって無権代理行為だと認めているわけで、 こっちを行使しても無権代理行為として確定しますよね? 長ったらしいですが3つ教えていただければ助かります。よろしくお願いします。

  • 制限行為能力者の代理人

    制限行為能力者も代理人になることが出来るとして、その理由として、代理人自身には不利益が生じないこと、本人は不利益を蒙ったとしても本人に任命責任があり甘受すべきだからとしています。 しかし、相手方にとっては、制限行為能力者がその弁識能力の欠如から無権代理をしてしまった時には相手方は117条責任を制限行為能力者 追求できないので、相手方の保護の観点からは制限行為能力者を代理人 にすべきではないという出来ないでしょうか?

  • 民法・無権代理と相続について

    無権代理と相続についての質問です。 どなたかご教授いただけると嬉しいです。 某テキストに、 「Aの子XがAに無断でAの代理人としてA所有の土地をDに売却し、Xが死亡して父Aと母BがXを共同相続した後、Aが死亡してBがこれを相続した場合、BがAを相続するのは無権代理人の地位を有する者が本人の地位を相続したのと同様であり、Bが後に本人の地位を相続したからといって、当該無権代理行為の追認拒絶はできない。」 とあるのですが、 仮に、Xの無権代理行為についてAは善意のまま死亡しており、BもXの無権代理行為について善意であった場合、無権代理人であるBが本人であるAを単独相続したという理由で追認拒絶ができないのは、Bが気の毒な気がするのですが… この場合Bが追認拒絶するのはどうしても無理なのでしょうか? 「子供が亡くなってしまって、さらに旦那さんも亡くなってしまって一人になった時に、なんらかの理由で実は子供が両親に内緒で土地を勝手に売っていたことがわかり、この売買契約を取り消したいと思って弁護士に相談したが、貴方は相続しているから相手方に追認拒絶できませんよ、と言われてしまった。」という場合があるのだとすれば、このお母さん可哀想すぎるよ!!!と思いまして… 当方、法知識0でして、 この法律・判例があるだろ、という場合はご勘弁ください…! 法学に通じていらっしゃる方、このお母さんを助けてあげられる法律はないのでしょうか? 教えてください!

  • 民法20条について

    はじめまして。はじめて質問させて頂きます。 私は消費者金融に勤める者ですが、誤って未成年者に融資をしてしまいました。その後、契約者より未成年取り消しの通知が届いたのですが、民法20条1項・2項では、融資した側の催告権として、次の通りあります。 1.制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人及び第17条第一項の審判を受けた被補助人をいう。以下同じ。)の相手方は、その制限行為能力者が行為能力者(行為能力の制限を受けない者をいう。以下同じ。)となった後、その者に対し、一箇月以上の期間を定めて、その期間内にその取り消すことができる行為を追認するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、その者がその期間内に確答を発しないときは、その行為を追認したものとみなす。 2.制限行為能力者の相手方が、制限行為能力者が行為能力者とならない間に、その法定代理人、保佐人又は補助人に対し、その権限内の行為について前項に規定する催告をした場合において、これらの者が同項の期間内に確答を発しないときも、同項後段と同様とする。 これの解釈がイマイチわかりずらいのですが、この法律に基づいて、本人の法定代理人である親御さんに対し、取り消しをするか否かの催告をすることは有効でしょうか? 有効だった場合、催告後一ヶ月を過ぎても回答がなかった場合、その契約(金銭消費貸借契約)は取り消しになってしまうのでしょうか? それとも、その契約を親御さんが追認したことになるのでしょうか? どなたかご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひご回答頂ければ幸いです。 長々と申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

  • 本人が無権代理人を相続した場合

    本人が無権代理人を相続した場合について 最判昭37・4・20では、相続人である本人が被相続人の無権代理行為の追認を拒絶しても何ら信義に反するところはないから、被相続人の無権代理行為は一般に本人の相続により当然有効となるものではない、とされました。 最判昭63・3・1では、本人が、まず、無権代理人を相続していたことをとらえ、相続人は本人の資格で無権代理行為の追認を拒絶する余地はない、として本人自らが法律行為をしたと同様の法律上の地位ないし効果を生ずる、とされました。 前者判例では無権代理行為の追認を拒絶しうるとし、後者判例では無権代理行為の追認を拒絶する余地はないとあり、相反するようにおもえるのですが、どのように理解すればいいのでしょうか。 どなたかご教授をお願いいたします。

  • 民法についての質問です。

    民法についての質問です。 無権代理と相続の関係について 無権代理人を本人とともに相続した者が、更に本人を相続した場合について 最判63年3月1日で、「無権代理人を本人とともに相続した者がその後更に本人を相続した場合においては、当該相続人は本人の資格で無権代理行為の追認を拒絶する余地はない」としていて、 その理由として、「無権代理人が本人を相続した場合においては、本人の資格で無権代理行為の追認を拒絶する余地はなく、右のような法律上の地位ないし効果を生ずるものと解するべきものであり、このことは信義則の見地からみても是認すべきものであるところ、無権代理人を相続した者は、無権代理人の法律上の地位を包括承継するものであるから、いったん無権代理人を相続した者が、その本人を相続した場合においても、この理は同様と解すべきであって、自らが無権代理行為をしていないからといって、これを別異に解すべき根拠はない」からというようなことをいっています。 「無権代理人を相続した者は、無権代理人の法律上の地位を包括承継するものであるから、いったん無権代理人を相続した者が、その本人を相続した場合においても、この理は同様と解すべき」とありますが、いくら包括承継したとしても、あくまで無権代理人とは異なるので追認拒絶しても信義に反しないのではないでしょうか? 仮に包括承継によって、無権代理人を相続した者が、無権代理人と同視されると考えれば、本人を相続した者は本人と同視できるので、その後、無権代理人を相続した場合には本人の地位を主張して追認拒絶できることになり、結論が異なることになります。 このように、相続の順序という偶然の事情により、相続人の法的地位が左右されるということは、同判例の原審でも指摘されていることです。 このような批判があるにも関わらず、なぜ、判例は追認拒絶をすることを否定したのでしょうか。何か実益があると思うのですが、わかりません。 分かる方がいらっしゃいましたら、是非回答をお願いします。

  • 制限行為能力者に対する催告について質問です!

    制限行為能力者の相手を保護する制度のところで疑問に思ったことがあります・・・ 「単独で追認できない者」に対する催告について、制限行為能力者側から確答がない場合は取り消したとみなされ確定的無効になることはわかります。 では、「単独で追認できない者」から確答があった場合はどうなるのですか?被保佐人などは追認できないとして、確答が無視されてしまうのでしょうか? よろしければ教えていただきたいです(+_+)よろしくお願いします!