• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎工事の施工ミスについて

こんにちは。少し皆さんの意見をお聞きしたくて投稿しました。今とあるハウスメーカーで家を建てている最中で、基礎工事が完了した所です。しかし、現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました。完全なミスで担当の方は謝罪していたのですが、やり直しができないのでこのまま進めさせて欲しいとの事でした。地盤改良では正しい位置に杭を打ち込んでいるので、基礎と杭には10cmのずれがある事になります。強度上問題がないかを再度計算してもらっている所ですが、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか?よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数727
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

 こんにちは。  文面を読む限り、基礎がずれている場所が書いてありません。  家の外周ならば、やり直してもらったら良いと思います。内側にずれていようと、外側にずれていようと、問題だと思います。  更に、既に木工事の躯体の加工は終わっていると思われるので、施工側が今後の対応をどの様に考えているのか、変更図面を添付した文書を提出させてください(念書もあれば良いと思います)。  内側にずれているのならば、予定の場所まで基礎を追加してもらって下さい(鉄筋はべた基礎まで繋がっていなくとも良いと思います)。  外側にずれているのであれば、内側に基礎を追加するのは当然ですが、外部木工事のとき10センチ付加して工事を行う公算が大きいので、施工業者に上記で書いたとおり、変更図面と変更に至る経緯を文書で提出させてください。  ハウスメーカーであれば上記の様な対応は可能と思われます。  もし、家の内部ならば、その基礎に対して平行した基礎を追加してもらってください、新しく施工する部分の鉄筋は、上記同様べた基礎に対して繋がっていなくとも大丈夫ではないかと思います(10センチずれた基礎が繋がっているため)。  もし、上記、両方の考え方を現場監督が無視するようなら、こんな簡単な工事を無視する別の理由が施工側にあると考えられます。  追加工事自体の値段を考えた場合、家全体の工事金額に対しての値引き金額や、追加工事が発生した場合の金額に比べ問題にならないほどの安い金額で追加工事が可能です。  拒む場合、拒む理由が他にあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 ずれている場所が確かに説明から抜けていました。すみません。ずれていたのは基礎全体がずれていたのです。ですから基礎の上の構造に関して設計のやり直し等が必要になっているわけではありません。今日の夕方に地盤改良の杭の位置から5cmほどしかずれていないので強度的な問題は無いとの連絡があったので、現状のまま工事を進めていこうかと思っています。丁寧に回答して下さってありがとうございました。

関連するQ&A

  • 地盤改良の施工報告書

    知人があるハウスメーカーに地盤改良が必要と言われて、改良してもらった際、工事の様子や流れのわかるのたくさんの写真がついた施工報告書を、工事の後に受け取ったそうです。一般的に地盤改良を行なった場合、どのように工事が進んでいったか、などがわかるような報告書は頂けるものでしょうか?既に地盤改良の経験のある方、または、ハウスメーカーの方、教えてください.よろしくお願いします.

  • 地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。

    地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。 都内に家を新築することとなりました。スウェーデン・サウンディング式地質調査の結果、地盤改良工事が必要と判断され、ハウスメーカー数社から地盤改良工事費用の見積りが出てきましたが、100万円から250万円までの開きがありました。どれも、鋼管杭打設工法でしたが、最も高い250万円の工事内容は羽根付鋼管杭139.8mm径 x 4.5mm厚 x 翼径419.8(3D)mm x 10.5m長 x 28本 = 総改良長294meterでした。少し高い気がしますが、この工事内容ですといくらくらいが妥当でしょうか? 尚、建坪は15坪です。

  • 地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて

    地盤改良(表層改良)後の基礎のやり直しについて こんにちは、現在Mホームで建築しているものです。 畑だった土地を表層改良(1メートル)の後、基礎工事が終わりそろそろ枠を外す 段階になって基礎の配置が間違えていたと施工会社から連絡が入り メーカーの判断で基礎を取り壊し正しい位置に基礎を打ち直すことになりました。 この場合、もういちど表層改良は必要ないのでしょうか? メーカーの営業は???施工会社は問題ないといっています。 心配なので専門家のご意見をお聞かせください。 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

基礎と杭は10cmずれても許容誤差の範囲です。 むしろ基礎がずれたことにより基礎に乗る壁がどのようにずれるかが重要な問題ではないですか。 家が10cm広くなり差額はハウスメカー持ちなら容認できますが、確認申請の取り直しになります。 10cm狭くなるのでは容認しずらいかと思われます。 壁が基礎に乗らないで、図面の位置に作るなら、欠陥住宅です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 説明が不足していたのですが、基礎全体が10cmずれていたので部分的に狭くなったり、広くなったりしたというずれではありません。本日、杭の位置と基礎は実測で5cmほどしかずれていないので強度的には問題ないとの連絡がありました。gyokugituさんの言われているとおり強度的には問題なさそうなので、このまま工事を進めようかと思っています。回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

実際杭なんて無くても問題無いかも知れません。 あったほうがいい程度の杭ではないですか。 杭は10cmくらいずれていても家の重みは支えれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 家を建てているところが軟弱地で、15mほどの杭を入れて地盤改良している所なので不安に思っていました。多少ずれているのですが強度的には問題ないとの連絡が本日ありましたので、このまま工事を進めていこうかと思っています。回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#198628

>現場で基礎の位置が10cmずれて施工されていることを告げられました この文面からだと判断つきにくいですが、敷地に対して予定通り、杭を打ち込んでいる。そしてに木造2階建ての布基礎(べた基礎を含む)を施工完了時に、敷地に対しての予定位置より10CMずれているとしたら、そしてこの場合の杭が、柱状改良またはコンクリート杭(木杭、鋼製杭を含む)であるなら、根拠は一切ありませんが自分ならそのまま工事は続けます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 yukarimofuさんの回答にあるとおりで杭は設計どおりに打たれていて、基礎の位置が全体的に10cmずれていました。この件に関して強度的には問題ないとの連絡がハウスメーカーからありましたので、このまま工事を進めようかと思います。回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#140971

Q、やはり基礎工事をやり直してと言うべきなのでしょうか? A、考え方次第でしょう。 >が、そのような家に今後何十年も住み続けるのに不安があります。 別に、基礎が当初の予定位置より10cmずれていても、知らなきゃー気付きもしないでしょう。 別に、基礎が当初の予定位置より10cmずれていても、住む分には何の支障もないでしょう。 で、基礎が当初の予定位置よりたかだか10cmずれても家が傾くなんてことはありえないでしょう。 それ位で家が傾くのであれば、そもそもの地盤改良に問題ありと考えるのが筋。 ですから、理屈で考えれば、10cmずれていようがいまいがどうでもよきこと。 問題は、<たかだか10cm、されど10cm>と拘る気分・感情の有無でしょう。 ですから、考え方次第でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは。 >問題は、<たかだか10cm、されど10cm>と拘る気分・感情の有無でしょう。 確かにそいう面もあるのかなと考えました(かなり細かい性格なので考え過ぎかもと)。本日ハウスメーカーから強度的な問題は無いとの連絡がありましたので、工事はこのまま進めようかと思っています。回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 地盤改良後の基礎のやり直し工事について

    地盤改良工事(柱状改良、ソイルセメント)を行い、その後、基礎(べた基礎)工事まで終えた段階で基礎に大きな問題が露見し、基礎をやり直すことになりました。既にコンクリを打設してから2週間以上経過しており、壊すには相当な力が必要となると思いますが、この場合、基礎取り壊し後、再度基礎工事を行うにあたり、想定する地盤性能を維持できるのでしょうか。必要であれば、再度、柱状改良も要求したいと思ってますが、今後、必要な作業などについてご教示ください。施工業者ともこれから相談になりますので、よろしくお願いいたします。

  • 地盤改良材が芝生に与える影響

    公園工事で、地盤改良をします。その上に真砂土を10cm程度施工し 高麗芝を施工しようと思います。地盤改良材が芝生に与える影響、もしくは影響を与えない地盤改良材があれば、ご教授ください。またそのようなことが書いてある文献があればよろしくお願いします。

  • 解体工事後のトラブル

    新築予定の為、解体業者を自分で探し2階建住宅の解体工事をしまし た。建築をお願いする工務店で地盤調査をすると地盤改良(柱状改良) が必要ということで地盤改良工事を始めたところ、解体撤去済みのはず の2階建住宅の基礎が1mほど残っていて地盤改良が進められないと連 絡がありました。 地盤改良工事は中断し、基礎の撤去費用に25万円、地盤改良が中断し たことによる新たな人工の発生と消費期限切れの材料費で25万円、 計50万円の追加の費用がかかると工務店から連絡がありました。 解体業者に問合せたところ「隣地境界ギリギリに建っているブロック塀 (隣家の敷地内)の強度が下がる恐れがあったためわざと残しました、 報告するのを忘れていました」とのこと。見積書には建物基礎部分撤去 処分費という項目もあります。 基礎の撤去費用と地盤改良の追加費用合計50万円を解体業者に請求す るつもりなのですが、私の考え方は間違っていないでしょうか。

  • 場所打ち杭施工時の地耐力について

     オールケーシング工法による場所打ち杭を施工する際、施工地盤の強度が弱いため、地盤改良等をする必要があるかどうかの判断をする方法はどのようにするべきでしょうか。  また、敷鉄板により対処する場合、どの程度の地盤に対して対処可能なのでしょうか。

  • 地盤改良工事の要否

    30年前に建てた自宅の極近くにもう一区画土地を所有しています。セカンドハウスを建てようと思っています。先日、家を解体して建て替えをする近隣の区画があります。 この住宅団地は改良土工法で2mの地盤改良が行なわれております。それであるにも関わらず、攪拌セメントの柱状杭の地盤改良工事が行なわれています。不思議に思い、工事関係者にスウェーデン式サウンディング方法のデーターを見せて貰いました。約1.8m深さまでの改良土が確認されています。 私の土地もいずれ調査が必要ですが、駐車場として使用されているのですぐにはできません。 同じデーターが出たとしたら、柱状杭の施工をせねばならないのでしょうか。神戸の地震以来、法律が変わったのでしょうか。 私は年齢的にもローンを組むことは考えておりません。住宅瑕疵担保保険で要求されても、柱状杭工事をしないで建てたいのです。セカンドハウスに大掛かりなことは必要がないと思っているからです。 以前、あるHMは保険適応しない建物は工事契約しないと言っていました。建てられるのでしょうか。

  • 地盤改良は確認申請に無関係?

    ハウスメーカーと地盤改良の件で協議中(施主は安全のため鋼管杭を、HMはコストダウンのため柱状改良を主張)、HM曰く、役所への申請に地盤改良は関係ないとのことで、改良方法が決まらぬうちにHMが確認申請を提出しました。後日不審に思い役所に行き閲覧させてもらったところ、ベタ基礎で申請してありました。ちなみにJIOは規定の地盤改良が施されれば不同沈下の保証をするといっています。そこで質問です。 1.役所は本当に地盤改良については考慮しないのでしょうか。 2.仮にベタ基礎で許可が下りた場合、JIOの保証を得るため鋼管杭による改良を施工した上でベタ基礎を載せても良いのでしょうか。 3.2.の場合、改めて鋼管杭を施工する図面(杭とベタ基礎との接合図のようなものがあるのでしょうか?)で確認申請提出をしなおす必要があるのでしょうか。 どなたか教えて下さい。

  • 基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか?

    基礎工事の深さに制限がある場合、どのような地盤改良がよいでしょうか? 気に入った土地(造成地)が古墳調査地域であるため、基礎工事を1m程度で行わなければなりません。盛土部分も含めると2mの基礎工事が可能らしいのですが、購入前に不動産屋で、表面波探査法という方法で調べたところ、「造成経過年数が浅いため、地盤落ち着いていない、また、表層部分付近にやや地耐力が不足している地盤が見受けられるため、現段階では十分な地業を行った後に直接基礎での施工が可能と思われる。」とのこと。データとしては、深度0~1m 53~71kN/m3、1m~2m 45~48kN/m3、2~4m 40~45kN/m3、4~5m 55~60kN/m3のようです。HMの話では、RES-P工法か、MS基礎ならば(地盤保証付く?)建屋を建築可能とのことですが、この地盤であれば通常4m程度まで杭打ちを実施するところ、基礎工事の深度に制限があるため、別の工法を選択しなければならないことに不安を感じています。素人目で杭を打った方がなんだか安心、といった感じなのですが、深度2mまでのところで別法を使って地盤改良をしても、大丈夫でしょうか?不足の情報あれば、補足させて頂きますので、アドバイスお待ちしています。

  • 地盤改良と梅雨

    家を建てる私の土地は、雛壇上の分譲地の最上段にあるため、法面3面にL型ウォールが入れてあります。 元々は切土の土地でしたが、Lウォールを入れたために、地質調査において、法面2面が端から3m程の地点でN値が3程度だったため、杭を打つなどして地盤改良をしてくれるとのことでした。 近々契約となり、地盤改良、基礎工事(べた基礎)、上棟となっていきますが、もうそろそろ梅雨に入ろうとしているのに、地盤改良とかできるものなんでしょうか? 地盤改良は梅雨明けまで待ってもらうべきなのでしょうか?

  • 地盤改良の雨天時の施工について

    住宅一戸建の建築に際して地盤改良(タイガーパイル工法)を施工するのですが、雨天時に施工しても問題ないのでしょうか? 降雨により土とセメントミルクの配合率が変わって柱状改良部の強度が不十分になったりしないか心配です。 また、施工後、杭位置及び杭頭確認したい為、3日前後(雨天1~2日含む)、改良部の土の埋戻しを待ってもらってます。 それも問題ないでしょうか? 以上、ご回答の程、よろしくお願いします。

  • 基礎工事で施工ミスが発覚

    はじめまして 現在新築を建て始めたところです。タイトルのように ベタ基礎が終わったところで重大な施工ミスを発見しました。何点かかぶり厚不足の箇所があり、さらに不足では無くまったくコンクリートがかぶっていない箇所を発見しました。(鉄筋が半分丸見えになっている状態)現在は工事はストップしていて業者は間違えを認めて手直しをするとの回答がきました。 ここで質問です。 1)基礎部分を手直し後に立ち上がりの工事までかなり時間があいてしまいます。この場合基礎部分と立ち上がり部分のコンクリの接合という観点で強度的に問題ないのでしょうか? 2)正直この基礎工事を行っている業者に対して不信感が あり、(素人にでもわかる間違いを起こし、悪びれもしない対応であった)違う業者で基礎のやり直しをしてもらいたいと思うのですが、弁護士を通してのやり取りになるのでしょうか。何か良い案がありましたら教えてください。