• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

基礎 杭工事の必要性について

新築の家を建てようと考えており、基礎杭について 地盤調査をうけました。 本工事は、工務店から地盤工事会社へ外注になっています。その結果、地表から2mの所で少し硬い地盤と10m以上深くで硬い地盤にたどりついたそうです。 しかし、工務店の話しでは、「10m分の深さであれば保障付きで工事をします。もし短い方で工事をするならば保障はしません。」と言われました。 杭の長短とその保障について、詳しい説明を求めたのですが、「どうするかは?施主の判断です。」の一点張りです。 べた基礎の下にある杭の長短でどのように変わるのか教えていただきたいと考えています。 素人考えでは、べた基礎さえしっかりしていれば家が壊れる事は少ないように思うのですが・・・・ また工務店が主張する保障の有無は?どのようなことでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1481
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • houng
  • ベストアンサー率25% (103/397)

玄人考えでは、不同沈下により家が傾くかもしれませんよ。 建てようとお考えの家の重量がどの程度なのか(木造なのか鉄筋コンクリート造なのか、何階建てを考えているのかなどにもよります)がわからないし、地盤の耐力もどの程度あるのかがわからないので果たして杭が必要かどうかがわかりません。 工務店は施工会社ですから、杭が必要かどうかは設計者に聞く必要があると思います。なので、「施主判断です」はある意味で正しい答えです。また、地盤面以下10mの支持層まで杭を打てばまず問題が無いという感触が有るのでしょうが2mまでだと恐らく家が傾く気がするのでしょう。コストと不具合の可能性を天秤にかけて施主が決めてくださいということだと思います。 家の設計は誰がするのでしょうか?きちんと設計者というか専門家に相談されたほうがいいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 設計者に問い合わせをしてみることが基本ですよね。 別途問い合わせをすることにします。 しかし、素人の私が説明を求めて「工務店」側が返答できない。 しかも施主が設計者に詳細なことの確認をしなければ安心した家作りができないのか?と思うと「建築業界ってこんなもんか!」と感じてしまいました。 (勿論、全ての人でない事と信じますが、) とても残念です。

関連するQ&A

  • 新築時の基礎

    いつもお世話になっております。 やっと工務店と契約できそうなのですが、住宅基礎の問題ななのですが工務店は布基礎標準にての感じなのですが(地盤調査で問題なければ) 私は問題がなくてもあってもべた基礎を考えておりましたが地盤調査後問題が無い場合は工務店の言う様に布基礎でも良いのでしょうか? 私自身は詳しくわかりませんが、今までHMとお話してきた過程でべた基礎が一般的と思い込んでいる為。ご指導お願い致します。

  • 基礎工事の金額

    岩盤の深さが10m 杭基礎6本(鉄筋を組んでコンクリートを流し込むらしい) 土地は砂地で掘りやすい 家は鉄骨、建坪40坪(10x13m)、総2階 それで 地盤調査50万 基礎工事200万 妥当でしょうか? もしくは相場は? また、6本で足りるのでしょうか?

  • 地盤改良工事について

    知り合いのM工務店での話。 地盤調査を依頼すると、調査会社からの調査報告書には、調査結果と共に、地盤改良工事の有無や方法についての考察が含まれていたりします。既存住宅の建て替え物件で、地盤調査を行ったところ、地盤改良工事が必要との考察が記載された報告書が届きました。いままで家が建っていたところなのに改良が必要?!と思ったM工務店は、この調査結果を基に、別の調査会社の意見を聞いてみました。すると既存の住宅が建っていた土地でこの調査結果であれば地盤改良は不要、という判断がでました。ただ、最初に依頼した地盤調査会社も、地盤改良が必要という判断を乱発するような会社でもないらしく、今回珍しく必要という判断だったとのことなんです。 それらをもとに、施主にやるかやらないかを尋ねたところ、やらないという回答だったから、今回は地盤改良工事をしなかった、という話。う~む、それって施主に判断させていいわけ?という疑問をM工務店にぶつけたところ、住宅の品質確保の促進等に関する法律における瑕疵担保責任から、地盤に関することは外れているので、施主が不要と判断しそれに従ったのであれば、地盤の影響で何かあったとしてもビルダーは責任を負わない、ということだったのです。 微妙なケースだとは思うのですが、仮にこの物件で不同沈下などの問題が発生してしまった場合に、M工務店に、責任が及ぶことはないのでしょうか。また、他の工務店さんは、こういう場合に、それでもやったほうがいいという意見が多いのか、うちもやらないと思いますという意見が多いのか、どうなのでしょう。 ちなみに、M工務店は、お客さんの信頼が厚い、お客さん思いの会社で有名です。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

べた基礎の下に、人が入れる位の隙間が空いてしまっている家を見たことがあります。そんなときにも杭がしっかり固い地盤に届いていれば安心ですが、べた基礎だけでは不安というか傾いていました。 極端な話、高価な建具や家具を入れるよりも基礎をしっかりしたほうか良いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

建築予定地の環境が分からないので、こんな例もあると読んで欲しいのですが、昨年の洪水で地下杭のある家だけ壊れなかった場所がありました。 予算もある事なので、難しいでしょうが、中途半端にお金を掛けるより完璧にした方が後悔しないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • gvc
  • ベストアンサー率33% (36/108)

こんにちは。 我が家は軟弱地盤に建っている重いRCの住宅ですので、基礎の下には21mの杭が数十本入っています。 これら地盤改良にはかなりの金額がかかりましたが、何より大切な部分だと思いましたので、他にかける予算を削っても、この部分だけは削りませんでした。 21メートルの間に、支持層となるような少し硬い部分は何箇所かありました。 軽い家ならそこまで届く程度の短い杭でよかったのですが、家の重さの関係から構造計算すると、どうしてもこの長さが必要になったようです。 工務店さんは、PHCさんのお宅の構造や重さから計算して、10メートルの杭をすすめられているのではないてじょうか。 べた基礎というのは、あくまで鉄筋が入った一枚の板にすぎないと思います。 柔らかいお豆腐の上に一枚の板を乗せて、その上に積み木を重ねていくとすると、安定はどうでしょうか。 家には人が住み、生活する以上は、力が常に均等にかかるわけではありませんから、いずれどこかが沈んで歪が起きてくると思います。 また、地震などの時、揺れが増幅され、倒壊の危険性も高くなります。 また、この場合、工務店がおっしゃる「保障の有無」というのは、これといった具体的なものではないのでは、と思うのですが…。 「どうしても短い杭で建てるなら、いずれ問題が起きてきても知りませんよ」という程度の意味なのでは、と思います。 個人的な意見ですが、相手はプロですし、この場合は何より安全のため、おっしゃるとおりにされた方がいいのでは、と思ったりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご意見ありがとうございます。 ただ今回の工務店の説明は、工務店が責任負うというものではなくて、地盤調査と杭を作る会社が責任を負うと言っていたものを伝言されただけで、工務店の営業は「分からない。」と言っているだけでした。 この事から、工務店は上棟だけの責任を持とうとする意思がはっきりと感じました。 家の重量から考えると、どうなのか?と言う意見がありませんでしたので苦慮している次第です。

関連するQ&A

  • 松杭施工について

    教えていただきたい事があります。 現在、住宅の新築を検討しているのですが、地盤があまりよくありません。工務店との話合いで松杭実施をしたいと申したところ、この秋から瑕疵担保保険の関係で、松杭とした場合、設計根拠が必要と言われました。近隣には、そのような設計および保障が出来る所を知らないとのことでした。地元の小さな工務店のため、あまり無理も言えません。もし、ご存じであれば相談に乗っていただけるところをご紹介いただけないでしょうか。それとも松杭を諦めて、鋼管杭とするべきでしょうか? よろしくお願いします。 建設予定 新潟県 敷地面積 120坪 建坪40坪程度 木造軸組工法2階建て べた基礎 元水田、盛土 約1m(盛土から約15年程度経過) 地盤調査 表面波探査方式(建物建築予定部分 5点の探査) 地質第1層目 0~約1m    13~39kN/m2 盛土 地質第2層目 約1m~約2m 22~53kN/m2 シルト・粘土 地質第3層目 約2m~約4m 20~60kN/m2 シルト・粘土 地質第4層目 約4m~     33~ kN/m2 シルト・粘土

  • 新居の基礎工事中

    以前、解体工事で隣家から、基礎が壊れたとかのクレームが出たというご質問がありました。我が家地上から160cmほど盛り土された土地で設計の際、車一台と自転車数台置けるのを希望したので、敷地道路側数m全部を削ることになりました。えぇ~??とは思いましたが、大きな敷地ではないし、掘り込みガレージよりはずっと安いのと、建物の方に重きをおきたかったのであまり気にせずにいました。隣家は我が家の敷地より1mほど高く仮の土留め・・で土が動き基礎が揺らいで傾いたと。それ以前に工事責任者が過失をし対応が悪かったことが起因となり色々な補修を工務店に要求・・云々。地盤調査で盛り土しているし柔らかいから我が家は杭工事になりましたが、おそらく隣家はしていないだろうと。築年数もかなりです。過去の回答から民法716条でその件はこちらの責任はないこと、工務店もこの件は施主に一切の迷惑をかけないし責任はないという内容の念書を提出してくれましたので、責任に関してはやや安心しているのですが、先日同席して話を聞いておりますと、先方は傾いた家をとにかく先に直してほしそうです。土留めもストップさせられてましたが、どうするにしても仮のままでは危ないのでとにかく土留めをしてから本格的に調査しましょうとなりました。工務店も出来るところは責任もってやりますと言ってますが、どうやら全部直してほしい感じでした。隣家が終わってから我が家の工事に入ってほしいようです。長くかかりそうです。一番心配なことは、住宅ローンの条件が7月初旬引渡し(請負契約後一定期日が決まっている)が条件になっているんです。遅れたらどうなるんでしょうか。隣家の人は業者にはかなり強く、感情的に話されることもあるようですが私たちには穏やかに接してくれます。これが唯一の救いです。ほんとは少し泣きたい

  • HM特許の杭工事について

    建築する土地が軟弱地盤の為、杭工事は必須とのことで、杭工事費は建築費用の他に200~250万別途かかると言われました。 先日とある大手HMでスェーデン式地盤調査を行ったところ、地下5メートルに支持層があったものの、さらに掘っていくと粘土質の軟弱層が続き、やっと15メートルで支持層に当たったとのことでした。 営業の方は、「思ったより地盤が弱く、15メートルの銅パイル(HM専売特許)を27本入れなければならず、費用は350万と大幅に変わってしまいます。 うちのメーカーで建てるには、この杭工事は絶対条件で、お客様がご納得できないのであれば、お引き受けできません」 と言われました。 敷地面積は25坪、3階建て(3階部分は小さめ)を予定しています。 (予算によっては2階建ても視野に入れていますが、たぶんないと思います) 先日区役所に行き、杭工事等のことを聞くと 「ビルを建設するならまだしも、3階建ての一軒家であれば、そこまでの杭工事は必要ないのでは」 もっと安い杭工事で大臣認定のものはある。よく考えて見るように、とのことでした。 安全を取るにはそこまでする必要なのかどうか迷っております。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 地盤調査報告後の追加工事について

    地盤調査で「ベタ基礎による対応が可能な地盤」と診断され、地盤改良はナシと言われました。 が、基礎工事が始まって土を一部掘ったところ下から水が出てきたので、工務店さんから「地盤調査会社に確認すると、一部深基礎の部分は改良工事をした方が良いみたいなんです。。。」と連絡がありました。 私ども素人的には「へ?じゃあ地盤調査で何を見てたん?」という疑問と怒りが湧いてきます。 正直、金銭的余裕もありませんし、知識もありません。 この改良工事は言われるがままに受け入れなければならないのでしょうか? また、調査をしていてもこのような事ってあるのでしょうか? 教えてください。

  • 地盤調査(品質)とその後の基礎工事(施工)

    今まで駐車場だった更地に 新築住居を計画中です。 工務店の見積書には「地盤調査」として項目が挙がっていたのですが、 本来、品質に関わる内容なので 価格の問題(少々高め)もあり、施主の私が別途別業者に依頼したいので項目から外して欲しい旨を伝えたのですが、「セットなので外せない」との回答でした。 まさかとは思いますが、土地改良 or くい打ち を必要かの如く地盤調査結果を出されやしないかと心配しています。 本来、品質検査機関 は 施工機関 と完全に分離独立しているべきだと思うのですが、“セット”であるがゆえにどうしても疑ってしまいがちです。 考えすぎでしょうか?

  • 地盤改良工事について

     先日、スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査をしました。  結果は、4.5mぐらいまで1~5kN/m2、4.5mを過ぎると50kN/m2を超えるというものでした。(6点試験しましたがすべて同じような結果でした。地質は砂のようです)  工務店は地盤改良をしないといけないということで後で見積を出すということでした。  杭工事、柱状改良等色々あるようですが、価格等を考慮してどのような工事がよろしいのでしょうか?  ちなみに、基礎面積は60m2ぐらいで、総2階建て、木造軸組です。  予定外の出費なのでどの程度の値段になるか心配です。宜しくお願い致します。  

  • 地盤改良の必要性

     間もなく着工する我が家ですが、その前に地盤調査が控えています。改良費はもちろん予算組しておりますが、決して安い金額ではありません(このために建物の仕様を一部落しました)。本当に改良工事が必要なのかどうか、何のどこを見ればわかるのでしょうか。難しい数字を見ても医者のカルテを読まされているようでさっぱりわからないと思うのです。 当地は全国的に見ても地盤が良くないことで有名らしいです。そのせいか、最大手のHMで新築した知人からこんな話を聞きました。担当営業マンいわく、「万が一にも信用に傷をつけられないので、調査結果の内容を問わず必ず改良工事はさせてもらう。そうでなければ建てられない。」 また、別の某地場工務店の社長は、「調査会社に調査依頼すると必ず改良工事をさせられる。JIOに調査を頼めば正直な結果がでる。」言います。 今日、地盤についてもJIOは保障してくれますが、考えてみれば「より確実」な内容にお墨付きを与えることにリスクはないわけで、「必要はないがやっておく」とした調査結果にJIOが意見し、「必要なしの保障」をしてくれることはあるのでしょうか。そもそもJIOは調査会社の判断に保障を与えるのか、それともJIOが判断し保障するのか何れなのでしょう? ちなみに私の知る限り、当地で改良工事をしなくて済んだという例は極めて稀です。軒並み2~3百万円の改良費がかかった家が続出している大規模分譲地もあります。 私は、依頼した工務店の勧めもあって直接JIOに調査依頼する予定ですが、これがなければ大分予算が助かるので本当のところが知りたく、 詳しい方のご意見をお聞かせください。

  • 戸建の家の基礎工事

    家を新築中の者です。べた基礎ができましたが、基礎の一部が直径30cm弱の一本の木の切り株から15cmしか離れていず、つまり、基礎の一部が木の根っこの上に乗っかっているような感じです。去年切った木ですが、切り株と根っこは腐っていくものなので、そうなったら基礎と地盤の間に隙間ができて、家に悪いのではないかと心配しています。すぐに工務店にそれを指摘して手を打ってもらうべきでしょうか。詳しい方がいらしたら、ご教示よろしくお願いします。

  • 隣の杭工事で我が家の基礎にひび割れ発生

    みなさんこんにちは。 実は今困っています。我が家の隣の家の新築工事が始まったのですが、その杭工事(鋼管杭)の直後に我が家の基礎躯体(べた基礎のたて壁)にひび割れが数箇所発生していることが判明しました。我が家もまだ建って間もないのですが、あきらかに杭工事の振動が原因と思います。 この場合、隣の業者に対してどういう対応をすればいいのでしょうか? まだ我が家も建って間もないこともあり、すべて建て替えてくれといいたいぐらいです。どれぐらいまで相手方に損害賠償等を要求できるものでしょうか?ご存知の方よろしくご教授ください。

  • 地盤調査で、調査内容を虚偽。工事も不正。

    地盤調査で、調査内容を虚偽。工事も不正。 地盤調査を行い、地盤が緩い等と不安を与え 必要のない地盤の改良工事を勧める。 しかも、工事代金分の工事も行われない手抜き工事。 改良工事と共に、10年間の地盤保証保険の加入も勧める。 10年以内に家が傾いても、地盤に問題があるとは、証明できない。 地盤の上には、家の基礎があるから見た目に分からない。 10年過ぎると、保証対象外。 不正工事の為の、外注先まで用意をした。 これを、どう告発したらよいのか、わからない。 この会社を信頼している人には、気の毒でならない。