• 締切済み
  • 困ってます

地盤改良は確認申請に無関係?

ハウスメーカーと地盤改良の件で協議中(施主は安全のため鋼管杭を、HMはコストダウンのため柱状改良を主張)、HM曰く、役所への申請に地盤改良は関係ないとのことで、改良方法が決まらぬうちにHMが確認申請を提出しました。後日不審に思い役所に行き閲覧させてもらったところ、ベタ基礎で申請してありました。ちなみにJIOは規定の地盤改良が施されれば不同沈下の保証をするといっています。そこで質問です。 1.役所は本当に地盤改良については考慮しないのでしょうか。 2.仮にベタ基礎で許可が下りた場合、JIOの保証を得るため鋼管杭による改良を施工した上でベタ基礎を載せても良いのでしょうか。 3.2.の場合、改めて鋼管杭を施工する図面(杭とベタ基礎との接合図のようなものがあるのでしょうか?)で確認申請提出をしなおす必要があるのでしょうか。 どなたか教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数3719
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#102385

今日は cyoi-obakaです。 #1さんと全く同意見ですが、蛇足の追加情報です。 1)に関して:木造2階建て専用住宅等は、建築機基準法第6条第1項第四号に該当する建築物(通称、四号建築物という)です。 四号建築物は、確認申請の特例(建築基準法第6条の3第1項第三号)があり、設計士の資格保持者による設計であれば、以下の図書を提出するのみ。(建築基準法施行細則第1条の3)  ・ 付近見取図(案内図)  ・ 配置図  ・ 各階平面図  ・ 浄化槽等の見取図 となってます。それぞれに記載する内容の規定が詳細にありますので、 一般的には、  ・ 四面立面図  ・ 二面断面図(場合によっては、矩計図) を追加添付しています。 従って、地盤改良に関する設計図書の提出は義務付けされていません。 2)に関して:地盤及び基礎に関する構造規定があるので、その規定に準じて保証機関は審査します。 3)に関して:行政庁は審査対象の事項ではないので、変更申請の必要はありません。 逆に、当初の申請に明記した場合、明記事項と異なる施工を行ったとして、図書の整合性を要求する行政庁もありますので、確認申請時には地盤改良の事項を明記しないのが一般的です。 要するに、小規模な建築物(四号建築物)は、設計士判断で建築して宜しい!としており、設計士にその責任を付加しているのです。 また、設計士は、どのような建物でもその設計内容に責任を負う責務があります(四号建築物に限った事ではありません)。 ただし、私が経験した事ではありませんが、地盤改良をした場合はその方法及び結果資料の提出を求める行政庁があるそうです。 その行政庁の意図は不明ですが、変更申請等では無いそうです! 単なるデーター収集なのかもしれません? 以上、蛇足的参考情報です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地盤改良の見積もり

    地盤改良の見積もりをもらいました。 鋼管杭工事30本 土間厚80→150(鉄筋入) とありますが、この鉄筋入とは、ベタ基礎のことなのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

  • 新築の地盤改良について

    家を建て替え新築するために地盤調査を行ったのですが、「柱状地盤改良」もしくは「小口径鋼管杭」による地盤改良が必要だと判断されました。 但し、家の入口が狭く大きなトラックが入れないため、ハウスメーカーは「小口径鋼管杭」の見積もりを出してきました。面積は、8.19m×13.65mです。 費用内訳は、 小口径鋼管杭 930,000円(直径101.6mm長さ2.5m 49本の材料費、施工費) 機材運搬費    80,000円 技術管理費    90,000円 諸経費       25,000円 消費税       56,250円 合計     1,181,250円  これは妥当な金額でしょうか? よろしくお願いします。

  • 単管パイプによる地盤改良

    私自身のことではないのですが、後学のため。 鋼管杭による地盤改良は普通直径10cm前後の鋼管パイプを使いますよね?それより多数の単管パイプ(足場に使うやつ)で地盤改良することってあるのでしょうか?

  • 回答No.2
noname#78261

1、地盤の地耐力を確認をしない設計を完了させ、申請を出すのは審査状況にかかわらず設計としては基準法違反といえるんですよ。誰も指摘できませんが。でも、現在のほとんどの住宅規模でチェックされませんね。厳しいところは地盤の検討した書面もつけるところもあるようです。 2、むか~しは杭なら布基礎ていう選択もありましたが、今はほとんどが杭でもべた基礎ですね。地盤からの防湿なども考えるとわざわざ布基礎に変えることなくべた基礎工事で問題ないです。 3、もし、完了検査前に軽微な変更が他にも出るならその時でよいと思います。かなばかりに「鋼管杭による地盤改良」とかかくだけのことになると思います。でも、先ほど言ったように地盤の確認をせずに設計完了をするのは違反なので変更はおそらくださない方向になると想像しますよ。 大きな違反ではないかも知れませんが、あるべき姿を歪曲して都合よく考えているHMであります。世の中では「要領がいい」といわれるのでしょうが、「筋は通らない」話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

1について 建物は、木造2階建ての住宅ですか? この場合は、「確認の特例」というのがありまして、建築確認申請の内容チェックに基礎の構造部分は含みません。ですので、設計者がベたで申請すれば、通常は、地耐力が平米当たり30KNあると判断するか、その程度までの地盤改良をするんだろうと判断するのみで、地盤改良の要否、その妥当性、等々は口をはさみません。あくまでも、設計者責任です。 2について JIOの保証ですが、通常は不動沈下について保障範囲内ですので問題はないかと思います。 3について 次に、再度の確認申請が必要か否かですか、法律に厳密に読めば、必要と判断もできますが、そもそも、確認申請に要さない(基礎は)要件なので、変更の申請はしなくても問題ないとも思われます。(通常は、しないです) 役所に聞いたほうが良いですよ。この辺の件は、バラバラですので。 追記として書きます。 住宅程度で、あれば柱状地盤改良でまず検討するのが一般的と思います。それとも、杭を打たなければならないほどの地盤なのでしょうか? すなわち、地盤が泥炭層とか腐食土でありしかもかなりその厚さがあるとかでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地すべり地域の地盤改良について

    住宅の新築を考えています。 地盤改良について詳しい方がいらしたら教えてください。 元々田んぼだった土地なので地盤改良は当然必要だと思っています。 サウンディング調査の結果から地盤改良の見積もりをとってもらったところ「6m程度の鋼管杭を41本打ちこむ」とのことでした。 柱状改良なら4m程度で済むようですが、工務店の方から鋼管杭の方が固い地盤のところまで確実に届くのでお勧めだという説明を受けました。 せっかく家を建てるのだからきちんとしたいという思いがありますので、鋼管杭の方で進めるつもりです。 一つ心配なのが、土地が「地すべり」地域に指定されているということです。(自治体で井戸を掘って地すべりを止めるような工事をしてくれてはいるのですが・・・・) 鋼管杭を打ったとして、地すべりのような横からの力に耐えられるものでしょうか? あるいは他の方法で地すべりにも対応できるようなものがあるでしょうか? そんな場所に家を建てること自体間違っていると思われるかもしれませんが、主人の実家所有の土地で他に土地を購入する事が許されません。 よろしくお願いいたします。

  • 地盤改良 後背湿地 問題点

    地盤改良 後背湿地 問題点 マイホームの為に、土地を本契約したのですが、地盤調査の結果 軟弱地盤で後背湿地でした。 施工長さ 11m  ベタ基礎+小口径鋼管杭 という施工ですがハウスメーカー側は「30年保証ですので安心してください」 と言ってもらえました。 施工してもらえば大丈夫だと思いますが、将来的にどのうような問題が出てくるかわかりません。 私だけがこのような土地では無いと思いますので、同じような土地の方、詳しい方に教えて頂けたら 幸いです。 しかし、値段と、場所の条件が気に入ってるのでできればそのまま進めたいと思っていますが、 将来の不安と覚悟しておく事があるので、教えてください。 お願いいたします。

  • 建築施工 地盤改良工法について

    「粘性土」と「砂質土」の最適な「地盤改良法」の勉強をしているのですが、ネットで調べたところ、 ★「柱状改良」「表層改良」「鋼管杭による改良」「Res-p工法」 で書かれてあるところと、 ★「締固め工法」「脱水工法」「置換工法」などで書かれてあるところがあります。 どちらが最新の施工法なのでしょうか?

  • 地盤改良費の目安について

    新築するに当たり、JIOのRC造注文住宅瑕疵保証コースを利用することにし、先日地盤調査を行いました。 建築予定地の周辺は、地盤改良を行った例が少なかったことから楽観していたのですが、次の通り地盤改良が必要との結果になりました。 調査方法:ボーリング調査 設定方法:調査・解析 地盤の種類:礫混じり粘土、粘土、泥岩 許容支持力:40KN/m2 基礎使用の判定:湿式柱状改良(支持層現状GL-3.0m以深)、小口径鋼管杭(同7.5m以深)、既製コンクリート杭(同7.5m以深)、その他改良工法 考察:ボーリング調査結果より、地盤の許容支持力は40KN/m2程度となりますが、建物の必要設計支持力が地盤の許容支持力を越える為、上記地盤改良工事を行い建物への長期的な安定を確保する事が必要と考察いたします。 建物は、壁式RC造平屋(92.88m2:7,200*12,900の長方形)です。 こういう結果が出た以上、地盤改良費をケチるつもりは有りませんが、JIOから提案の有る上記工法それぞれの目安の金額はどの程度になるのでしょうか? これからビルダーとの打ち合わせを控えているので、情報を頂けると助かります。 宜しくお願いします。

  • 地盤改良について

    すみません、何点か地盤改良について質問させてください。 当方、現在新築一戸建てを考えています。 自分の気に入った土地が150坪ほどあります。 そのような時は、もし地盤改良が必要だとわかったときに土地の広さに対して費用がかかってくるのですか? それとも家を建てる建坪に応じてなのでしょうか? よろしくお願いいたします。 また、地盤改良を施工する会社はHMで建てている場合には他社との合い見積もり等は取れるものなのでしょうか? あわせてよろしくお願いいたします。

  • 地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。

    地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。 都内に家を新築することとなりました。スウェーデン・サウンディング式地質調査の結果、地盤改良工事が必要と判断され、ハウスメーカー数社から地盤改良工事費用の見積りが出てきましたが、100万円から250万円までの開きがありました。どれも、鋼管杭打設工法でしたが、最も高い250万円の工事内容は羽根付鋼管杭139.8mm径 x 4.5mm厚 x 翼径419.8(3D)mm x 10.5m長 x 28本 = 総改良長294meterでした。少し高い気がしますが、この工事内容ですといくらくらいが妥当でしょうか? 尚、建坪は15坪です。

  • 擁壁内の地盤改良

    高さ約7mの擁壁(L型、構造計算書不明、完成確認検査は済)に3方を囲まれ15mほど接道する土地(舞台のように張り出すような土地)に新築(地下1F、地上2F、施工床面積200m2を計画中です。本年6月にJIOより基礎仕様計画書として小口径鋼管杭を支持層GL-11m以深で121本以上を満たすこと、との判定が出ました(そのときには柱状改良には○はついていませんでした)。しかしHM側から契約当時の見積もりでは実際足りないとの理由で昨日某工務店に別な方法(柱状改良 600径 長さ6m 空堀2m 38本)を計画しJIOに打診しそれも可能だとの回答を得たとのことです。そこで質問です。 1.改良方法について素人目にみても強度が全然違うような気がしますがいかがでしょうか。 2.JIOでは判定結果を変えることがあるのでしょうか。 3.上記柱状改良費用が230万円ですが妥当でしょうか。 4.たとえば家が20cm不同沈下した、測ると擁壁が5cm傾いていた、という場合、瑕疵保証の対象になりますか。あるいはごくわずかでも擁壁のせいにされてしまい免責になるのでしょうか(JIOに訊けばいいのですが土日休みのため。急いでいるもので書き込んでいます。) 5.JIOは倒産しないのでしょうか。最近瑕疵保証検査を9月で締め切ったり、Q&Aが工事中だったりしています。 6.そもそも擁壁に対する保証機関は存在しないのでしょうか。擁壁が傾いたら泣き寝入りでしょうか。 以上地盤の杭を抜かれたようで非常に心配です。どなたかご教示いただければ幸いです。

  • 地盤改良について

    地盤が良いにこした事はありませんが、隣地が問題なくても地盤改良必要になる土地もあり、調査しないと分かるものではないと聞く為、土地購入に際し参考にさせてもらいたく質問させて頂きます。 ・地盤改良しても意味がない程の土地というのも、結構あるのでしょうか?また、それはどのような状態でしょうしょうか?  (田んぼの中とかではなく、あくまで3、40年程前から住宅街として区画されている様な場所前提です) ・鋼管杭の場合、金額関係なければ何mまでが限界でしょうか?また、軟弱地盤と言われる場所だとどの程度(m数)打ち込んでいるものなのでしょうか? ・大きな縦揺れ地震の際、沈下はしなったが杭と基礎がぶつかる事による家の柱破損が結構発生したという記事見ましたが、性質上しょうがない事なのでしょうか?(家は木造在来工法) ・杭の耐年数超えた時の処理方法と費用はどのぐらいでしょうか? ど素人で何点も質問してすいませんが、よろしくお願いします。

  • 地盤改良、した方がいいの?

    新築一戸建てを建てるため、先日JIOで地盤調査をしてもらいました。 (スウェーデン式サウンディング試験) 調査の結果、地中8.25mまでは地盤に問題なく (もらった資料を見ると全ての測点の各深さで荷重1.00kNで合格? ところどころ0.75kN、一箇所だけ6.25mの深さで0.5kNというのがありました) 考察は 「建物荷重の応力範囲において緩い層が分布している地盤です。対策としては、全体に入念な締め固めを実施した上で荷重分散効果の高い ベタ基礎の採用が適当であると考察します」と 調査書には書いてありました。 設計者からは調査結果が良かったので地盤改良の必要はないが もし「念のため」と思うのであればやってもいいと言われました。 費用は132万円です。 木造2階建て、ベタ基礎なのでJIOの調査結果を信頼して 改良しないで建てようか? それとも安心料として132万円支払って改良してもらうか 迷っています。 地盤改良をせずに建ててしまっても 地震や地盤沈下は大丈夫なのでしょうか? みなさんは、地盤改良をしないくても良いと調査結果が出ていても 地盤改良はされますか? 建ててしまって、後で後悔したくないのでお聞きしました。 よろしくお願い致します。

  • 地盤改良(鋼管杭を使用)の費用について

    お世話になります。 現在、新築住宅を計画しています。 先日、・スウェーデン式サウンディング試験を行い、地盤改良が必要で以下の費用が掛かる旨の連絡を受けました。 この金額は概算ですが『妥当な額』なのでしょうか。 ご教授の程、よろしくお願いします。 建築面積:約34坪 地盤改良工事:鋼管杭打設工事(施工労務費含む) 1,177,990円 仕様:パイ114.3 t=4.5 11m 39本 以上、よろしくお願いします。