• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

地盤改良(柱状改良施工)後の盛り土について

 購入した土地の柱状改良による地盤改良を行いました。施工業者には、もともと盛り土をお願いしておりましたが、地盤改良後に30cm程の盛り土を行うとのことでした。  私の考えでは、柱状と基礎は直接、接していなければならないと思っているのですが・・・柱状と基礎(ちなみにベタ基礎です)の間に盛り土をしたら、地盤改良の効果が弱くなり、建築した家への悪影響を懸念しており、施工業者の方法は正しいのか疑問を持っております。  どなたかお詳しい方がいらっしゃったらご教示願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

質問者さんのお考え通りだと思います。地盤改良杭 テノコラム・USP等は直接支持基礎で建物の重量を直接うけています。 受けているところに、盛土等干渉材をいれれば沈下がおきると思います。東日本大震災では30年前の造成盛土が動き 多数の建物被害をうけております。べた基礎を直接改良した部分にのせたほうが良いと思います。 通常建物んの検査でも支持地盤の確認という項目があります。官庁検査項目とでもいれれば出てくると思います。 通常基礎掘削工事でも設計した地盤の部分かどうか確認します。この部分がよわいと沈下等がおこるわけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。施工業者には盛り土について再度確認してみます。ご回答して頂いた他の皆さんの意見も同様であり、盛り土はありえないことがよくわかりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

柱状改良の施工は、下図の通りです。 施工業者の本音は、面倒くさいだけかな? 下図の通りに施工させなさい。 図の例は布基礎の場合ですが基本形としてはベタ基礎も一緒です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

ご質問者の仰る通りです、効果が全くありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地盤改良と盛土

    土地を購入し、先日地盤調査を行いました。 結果、地盤改良が必要とのことで湿式柱状地盤改良を行う予定です。 新築にあたり30cm程度の盛土を考えているのですが、業者の方から地盤改良を行うので、 土は何でもOKと言わ自分でできないかと考えております。 そこで質問ですが、重機を使わずに盛土の転圧は可能でしょうか? もし可能なら方法を教えてください。ちなみに基礎はべた基礎です。 よろしくお願いします。

  • 柱状改良杭(乾式柱状地盤改良)は深基礎として扱われるか?

    H1.3mくらいのブロック塀土留め(盛り土)の内側の土の上にべた基礎で住宅を建てるものです。 自沈層を含む地盤は結果的に乾式柱状地盤改良工事をすることになったものです。柱の深さは3.5Hです。ブロック塀とべた基礎の一端までの水平距離は明らかに1m未満です。 ところで 建築基準法では「ブロックの土留めの下から30度程度の角度で引っ張った線より下に建物の基礎がくるようにしなければならない」と理解しています。 つまり深基礎という方法で、基礎を深くしてブロックの影響の無い地盤まで基礎をさげるわけですが、この乾式柱状の塊は深基礎として代替できるのか? という内容です。 既に確認申請済みなのですが、 申請の際、書類の中にブロック塀と基礎との関係も含までれいるものなのでしょうか?

  • 柱状改良中に施工機械が傾きました

    本日、柱状改良を行いました。 試掘が終わり、湿式柱状改良を始めようとしたそのとき! 穴掘り建柱車が大きく傾きました! ・以前浄化水槽がありそれを撤去した際にできた大きな凹み ・だいたい5m×5mぐらいの広さ ・道路面している土地の1/3のところまで山砂を2m近く埋め戻し この内容は工務店に伝えてあったのですが、地盤改良会社には伝わっていなかった様子。 「ここ盛土しましたか?」 と聞いてきたので以上の3点を話しました。 「ああなるほど」 と言った後、厚めのコンパネを砂地にひいて穴掘り建柱車をその上に移動させて作業は続きました。 結局27本打って終わった様子です。 「締め固め」をある程度行ってから柱状改良に入らなくて良かったんでしょうか? 現場監督が「柱状改良は初めてなんです」と言ったのが気になります… あと柱状改良してから締め固めしても良いものなのですが? コラムを転圧するのは良くないとは言われました。 となるとよけながらランマー転圧とかってことでしょうか。 それとこの部分の大半ははカーポートになる予定ですが、 砂(埋め戻し)の場所にそのまま外構を作っていいでしょうか? ・締め固め→盛土→砕石→捨てコン ・砂の上に盛土(GL15cmにあわせる)→砕石→捨てコン どっちであるべきなのでしょうか? 文章がおかしいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • 地盤改良について教えてください

    現在スウェーデン式サウンディング試験にて地盤調査をし、結果が来ました。 JIOシステムにて判定はベタ基礎での判定が出て、保障していただけるとの事でした。 しかし、大工さんの方がこの結果を持ってきた時に金額が高くなっても可能ならば柱状改良をおすすめします。と、言われました。 建築予定地はあまり地盤は良いとは言えない土地なので柱状改良しておけば万全だと言う事です。 たしかにそれは解かるのですが、やはり金銭面で出来るだけ安く済ませたいと思っています。(判定で柱状改良の判定が出たなら腹をくくってお金を出す予定でしたが、ベタでもOKという判定で私自身は安心しました) しかし、建てて貰う予定の大工さん(専門知識のある方)に柱状改良を薦められてしまうと、やはりそちらの方が安全で安心に暮らせるのかと考えております。 そこで、もう一つの提案されたものは表層改良は柱状改良の半額ほどで、コンクリと混ぜ、大工さんの工場でできると言うことで、安く出来るからどうでしょうと?言われました。しかし、工務店の専属の設計士さんから『表層改良は意味がない』と、言われたそうです。 どういう根拠で意味がないと言っているのか工務店の方もわからなく、私としては表層改良でも、それはそれで安全で安心できるのなら、柱状より半値と言うことですし、そちらでもいいかと思っていますが、なにぶん設計士さんより意味がない。と言われたことが気になっております。 ベタ基礎は工務店さんで標準仕様になっており価格に入っているのですが、改良をするとなると別途になるとの事で悩んでおります。 またN値が素人で理解していないのですが、2~3mが3以下だそうです。 3mを越えれば徐々にN値もすこしずつ上がってきます。 ベタ基礎で保障は出るけど、そこにもう少し安心を加えて表層改良っていう考えは、設計士さんが言うように意味がないのでしょうか? 工務店の社長さんは、設計士さんの意味がないという根拠がわからなく、十分表層改良は有効だと言ってますので、少し私自身も困っております。 どなたか、お詳しい方よろしくお願いいたします。

  • 柱状改良を詳しく教えてください。

    地盤改良における「柱状改良」、特に「ソイルセメントに」ついて教えてください。 工法や工程など地盤改良をしている会社のWebサイトはほぼ見たので基本的なことはわかっています。 そこで不明な点が一つあります。 「ベタ基礎は柱状改良のコラムにのみ加重される?」 他のソイルセメントのコラムがない部分には加重されないのでしょうか? その部分は「砕石→転圧→ステコン」とされるようですが 「砕石」部分には加重はかからないと言うことなのでしょうか?

  • 盛土厚が変化する土地への柱状改良の効果について

    現在検討している建築条件付土地なのですが、過去に盛土された長方形の土地です。スウェーデン式サウンディング調査結果によると、盛土厚さが薄い西側は1m程度なのですが、東側の厚いところでは6mに達しています。周辺地形から判断しても、このあたりは、台地状の土地から河川の流れている低地への境界部に位置していることがわかっております。 盛土はレキ質土、軟らかい粘性土で、換算N値は3~4程度です。また、悪いことに盛土厚が厚い東側は、高さ6~7mのL型擁壁で支えられています。盛土実施時期は把握しておりませんが、この擁壁の施工は3年前ということですので、当然ながらそのときの埋め戻し土はあるものと考えられます。 ハウスメーカの方は、柱状改良を実施し、盛土下部のローム層まで改良するので、盛土が軟らかいことは関係がないというコメントです。 私は柱状改良した部分の深さが変化する状況というのは、将来の不等沈下や、擁壁側への変位等につながるのではないかと心配です。 上に載る家も鉄骨しか選べず、木造と違って重たいので、余計不安になっていまる状況です。 杭基礎を実施すれば問題ないのでしょうか?それとも、このような土地は杭基礎でも、何かリスクが考えられるのでしょうか? 専門の方、経験された方のご意見をおきかせいただければ幸いです。

  • 地盤改良方法の選択

    アドバイスをお願いします。当方、木造2階店舗併用住宅計画中の者です。先日、土地の標準貫入試験が届き、以下の結果になりました。 0-3.8mまで盛土(粘性土混じり砂礫)N値7-16。3.8-4.7mまでシルト質砂(ローム層)N値3。4.7-7.1mまで砂礫層 N値35-60。7.1-10mはN値60以上あります。土地は川の堤防にそってあり、土地は現在更地で約30年前に盛土をし、以前に在った建築物(鉄骨造3階)を解体して更地にしてから10年以上経っています。 地盤調査会社の考察として直接基礎(不同沈下対策として、、2重スラブなどが好ましい)、もしくは杭基礎を勧めています。地下水位以下の地盤が硬質地盤(7m以降)の為、GL-10mまでは地震時に液状化しないとなっています。地盤改良会社は柱状改良(深さ4.5m)建築面積33坪に対しφ600、50本を勧めて来ましたが、考察には直接基礎も可能のようなニュアンスで書かれており、判断に困っております。もちろん柱状改良をした方がよい事はわかっているのですが、高額な見積金額の為、この条件ではべた基礎を採用するのは困難でしょうか? みなさまの意見を聞かせて下されば幸いです。よろしくお願いします。

  • 柱状改良で..

    柱状改良で基礎の外周下は改良柱がありますが、中の部分は、基礎を無視して、均一間隔で、改良をすると住宅屋が言ってます。 柱状改良の上を更に改良して、その上にベタ基礎を載せるから大丈夫です。と言ってますが大丈夫でしょうか? 色々調べると、やはり基礎の下に改良柱が無いといけないような気がするのですが。 基礎はベタ基礎です、コラム径600mm 過去ログを読みましたが、良回答が得られませんでした、意見お待ちしてます。

  • 盛土と地盤調査について質問です。

    盛土と地盤調査について質問です。 このたび、新築を考えている者です。 新築予定の土地が少し低かったため、30cm程度の盛土をしました。 しかし、親戚に聞いたところ、 「地盤調査前に盛土をすると軟弱地盤と判定されて地盤改良が必要になるよ」・・・と言われました。 一方、建築業者の話では、 「スウェーデン式の地盤調査だから、100mの地下まで調べるから関係ない」と言われました。 何が信用できるのか分からなくなったため、お知恵をお貸しください。 (現状は土をそのまま入れて均した状態であり、土を圧縮して固くするようなことはしていません) 1、元々の地盤は固い地盤のようなのですが、盛土をしてしまったばかりに、本来であれば必要なかった地盤改良をしなければいけないのでしょうか? (盛土をしたことで地盤調査に影響があるのでしょうか?) 2、盛土を取り払い、地盤調査をしてもらうことは可能でしょうか? 3、入れた土が、浜辺にあるようなサラサラの砂(砂漠にあるような砂)なのですが、これは山砂なのでしょうか?(請求書では「山砂入れ」となっていましたが・・・) すみませんが、よろしくお願いします。

  • 盛土をしようか迷っています・・・

    どうしてかと言うと今、家を建築する方向でHMと詳細を決めているところです。建築する土地は実家の畑だったところに建てます。 それで私の母が「以前、ハウスが建ていた時にU字溝より排水があふれ膝下まで一度だけ水が来たわ~」と 言われ心配になり相談させていただきます。 対処として素人考えで道路の高さより300mmの盛土をしベタ基礎をしてもらう。 しかし、いろいろ調べるうちに盛土も良くない様な事も書いてあったので心配。 あと外構(塀)でブロックを何段か積み上げて防ぐ。位しか思い付きませんでしたが 他に排水溝の水を防ぐ良い方法はありますか? もし盛土をしてベタ基礎で家を建てて家が傾いてしまう事はないのでしょうか?傾いてしまったらどうしようと心配になっています。 HMで盛土をしてもらった場合は保証などはあるのでしょうか?それとも盛土をお願いしたのがこちらなので保証外なのでしょうか? 水が来るのも心配。家が傾いたらと思うと心配で・・・どうしたら良いのかわかりません。 ちなみに地盤調査の結果は深さ250mmまでは盛土で250mm以降は盛土ではなく 地盤の改良は必要ないと言う報告がありました。 判り難い文章ですみませんがアドバイスお願いします。