• ベストアンサー
  • 困ってます

be going to の going について

通例、まとめて「助動詞」として扱われている、 [ be going to ]についてなのですが。 Next year we are going to get married. という英文について。 このような英文の場合、 Next year we are going [to get married.] という風に、 goingは自動詞goの進行形であり、 それに副詞的な不定詞が続いている、 と考えるべきなんでしょうか、 それとも、 Next year we are [going to get married.] という風に、 形容詞goingに副詞的な不定詞が続いている、 と考えるべきなんでしょうか。 私はなんとなく、 Next year we are gonna get married. と書き換えられることから、 形容詞っぽいと思っていたのですが・・ 是非ご教授ください。

noname#57858
noname#57858

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数238
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

Gです。 こんにちは!! 私なりに書いてみますね。 まず、文法とは「誰でも持っている解釈権利であり、文法学者さんだけのものではない」と言う事実をちゃんとお持ちであるように感じましたので書きやすいと感じました。 つまり、文章の解釈は「理屈さえ合えば」誰でも唱える事ができるものだ、と言うであり、文法学者さんたちが洗脳しようとする絶対的なものでは決してない、と言う事なのです。  参考書にそう書いてあったから、ネットでそう言っている、自称文法学者だから、一般的知られている解釈だから、と言うようなものは絶対的なものではないと言うことですね。 >Next year we are going [to get married.]という風に、goingは自動詞goの進行形であり、それに副詞的な不定詞が続いている、と考えるべきなんでしょうか、それとも、Next year we are [going to get married.]という風に形容詞goingに副詞的な不定詞が続いている、と考えるべきなんでしょうか。 going nutsなどの表現で使われている「~になる」と言うフィーリング表現を応用したもの、つまり、 1)to get marriedと言う状況になる、と言う解釈もできるわけですし、 2)have to, ought to, BE to be about toと同じように、be going toと言う「助動詞(と呼ぶように誰かが決めようとしている)」に動詞の原形がきたもの、とする解釈も出来ますし、 we go to get married と言う表現をしないことからこのgoingが形容詞になっていると解釈も出来ますし、(we are happy to get marriedと同じ構文で、goingがなりつつある、と言う意味の形容詞)だとしても言い訳です。 辞書にそんな意味が書かれていない、といっても理由にならないですね) おっしゃるとおりの解釈も出来るわけです。 解釈に過ぎないのです。 現実的には、どう解釈しようと、この文章の意味合いは変わらないのです。 品詞分けしようとするのは、解釈を「文法的に」「見せる」為の「方便」に過ぎないと言うことでもあるのです。 だからといって自分なりの解釈を持つ事が悪いと言うことでは決してありません。 そして、ある程度きちんとした解釈を持っていれば誰もそれが間違いだとはいえないでしょう。 今までの文法は「誰も批判しなかった時代に出来たもの」なのです。 それを普遍的に正しいものととしてこだわるか、違う視点から見たより科学的な再観察による結論として新しい学説とするか、または私のように「こだわるな」と言うのか、などの観念の持ち方にもよるでしょうね。 しかし、ここまで英語に接する人が多くなると、今までの学校文法的解釈に「突っ込める隙間がたくさん」ある事に気が付く時代になってきたのです。 助動詞とは、と言う一つの用語でさえ「一つの単語」と言う観念が崩れてきているわけですね。 そして、このbe going toが助動詞とすると今度は、じゃ他の状況変化を示している進行形はすべて助動詞と考えてもいいじゃんか、と言う突っ込みも出来るようになってしまいます。 つまり、不定詞の動詞が主題となってしまう、と言うことになるわけです。 そして、この進行形の他に、前置詞と呼ばれてきた単語とのつながりを重要視して、be at to, be off to, be on to, be out to, be in to、be about to(さすがbe to toは違いますが)などの表現が文法社会に大きな波紋を散らす事にもなるわけです。 これらの前置詞を副詞とするか、形容詞とするか、それとも一塊にして助動詞とするか、それとも、今までどうり熟語・イディオムとしてしまって文法外に入れてしまうのか、人それぞれに解釈が出来る英語力を持った日本人が増えれば増えるほど学校文法に疑問の念を持つようになってしまうわけです。 (既になっていると私は感じていますし、それを促進している私がいる事もわかっているつもりです) 品詞わけ作業の価値がどんどん下がってきているのも事実だと言われるのは仕方ない事だと思います。 事実、文章の意味がわかるから品詞わけが出来、意味がわからない文章であれば品詞分けは出来ないと言う事実を説明できる文法学者さんたちはいないのです。 文章の意味がわからない初学者が一生懸命英語を身につけようとしているところに、つまり、意味の難しい単語が出てきて文章の意味を理解できない文法学者さんと同じレベルで、どうやって品詞分けが出来るのでしょうか。 そして、その価値は? となってしまうわけです。 私自身は、BE動詞の後の形容詞としての役割をしていると言う考えは個人的に持っています。 そして、その解釈と上に述べた品詞わけについての考えは私個人のものであって誰にも間違っているとはいえないでしょう。 しかしそれを他の人に押し付けると言うことであれば私自身間違っていると思い持っていますし、明らかに間違った事(誰も使おうとしない表現を正しいものとして断言するような事)を押し付けている事も間違っていると思いますし、正しいかどうか判断できない初学者の方たちにその明らかに間違った事を教えている事はまずいと思います。 参考になりましたでしょうか。 お分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答くださり、ありがとうございます。 言いたかったことがストレートに伝わったことが、 素直にうれしいです。 他の方のお礼にも同じようなことを書きましたが、 上記の英文をあくまでも統語論的に解釈すれば、 Next year we are going [to get married.] しか正しくないということになると思います。 しかし、こういう解釈しか正しくない、といわれると、 それはやはり違うのではないかと思ってしまいます。 なんとなれば、現実の英語の使われ方には、 文法的には「間違っている」英文があまりに多いからです。 勿論専門家の方からみれば、 それらを「正しくない」というのは簡単です。 しかし、そう切り捨ててしまう前に、 一度自分たちの英語というものも見直してほしいと思います。 私は決して統語論的な解釈を否定するつもりはありません。 しかし、一つの英文に複数の解釈があるのも事実だと思います。 せめて再解釈を許すくらいの「ゆるさ」は 必要なのではないでしょうか。

質問者からの補足

皆さん、ご回答くださり、 ありがとうございます。 (確か、「補足」の場合は、回答者全員に届くときいたのですが・・ 皆さんのご意見、 すべて勉強になりました。 自分の意見も、変わった部分もあります。 皆さんに失礼にならないよう、 少し考えを再整理してみます。 お礼はもう少し待ってください。 できれば皆さんの回答に対して、 共通する「芯」のあるようなお礼にしたいです。 勿論、その際のお礼が変な意見だったら、 ビシビシ指摘していただければ幸いです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • purunu
  • ベストアンサー率42% (518/1214)

短縮形の存在(例:have to > hafta)と意味上・文法上のつながりを 密接にとらえないほうがよいでしょう。 He has gone. > He's gone.では主語+動詞が短縮形になっていますが、だからHe'sはgone の修飾語だとはいいませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

前回に引き続き回答くださり、 ありがとうございます。 >短縮形の存在(例:have to > hafta)と 意味上・文法上のつながりを 密接にとらえないほうがよいでしょう。 これがこの問題の肝だと思います。 見解が分かれるところかもしれませんが、 私自身の考えは、少し違います。 [have to ]などの解釈について 純粋に統語論的に考えれば、 She has [to finish the paper today.] という風に考えるべきです。 これが[She hafta finish the paper today.] という風に書き換えることは単なる短縮形ではなく、 本来目的語であったはずの不定詞句の部分が、 [have to]の一部として取り込まれ、 [hafta]と「再解釈」されたからではないでしょうか? 批判ではなく、意見としていっております。 悪意は全くありませんので、 ご了承ください。

  • 回答No.2

>goingは自動詞goの進行形であり、 ということです。 We are planning to go to Hawaii. の planning が動詞であるのと同じです。未来への 行為の方向性を表わすことから、be going to の場合 は特別に句動詞としてセットになり、willと同じような 意味をもったものです。なので、形容詞ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただき、ありがとうございます。 仰っておられることはよく分かります。 純粋に統語論的に考えれば、 Next year we are going [to get married.] という切り方が最も妥当でしょう。 しかし、これがしばしば Next year we are gonna get married.のように [be gonna]と書き換えられるのは、 回答者様が仰っておられるように、 [be going to ]が実際上「助動詞」として 認識されているからだと思います。 突き詰めて考えれば、 この場合不定詞がどのように機能しているか、 という問題に還元できそうです。

  • 回答No.1

Next year we are going to get married. という英文について。 【回答】 be going to do の基本的な意味は、すでにそうすると決まっていることなので、これから~するつもりだ という時に使う表現です Next year we are going to get married. を直訳すると、来年、私たちは結婚することに気持ちが向かっています となります。 意訳すると、来年、私たちは結婚するつもりです となります. 気持ちが go している と考えれば、この言い方も納得できます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

いえ、勿論英文の意味は分かります。 唯、going の扱いについて考えているところです。 >気持ちが go している と考えれば、この言い方も納得できます と仰っているということは、 回答者様は、 goingは自動詞goの進行形であり、 それに副詞的な不定詞が続いている、 と考えておられるみたいですが・・・ こういう風に進行形である動詞も、 hafta, wanta のような形式をとるものなのでしょうか??

関連するQ&A

  • be going toでは、不可能でしょうか?

    こんにちは。 お世話になります。 英語初学者です。 英文を読んでいたら、主人公達の乗ったロケットが惑星に着陸するシーンで、 次のような描写が有りました。 ‟We are going to land on that planet,”said Nadim. ‟We will soon be there.” 上段2番目の文の willが、なぜ、be going toではなく使われているのかが分りません。 置き換えて、we are going to be there soonにすることは可能でしょうか? どなたか、意味を教えては下さいませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • なぜbe going toを使うのでしょうか?

    こんにちは。お世話になります。 英語初学者です。 英文を読んでいたら、 ‟We must get out,” said the Professor. ‟Full speed ahead.” ‟Oh no! We aren't going to make it,” said Wilma. という描写が有り、上段3番目の英文の意味がいまいちよく分りません。 なぜ、be going toを使うのでしょうか?canではいけないのでしょうか? もし、canでもいいとしたら、be going toを使う意味は何なのでしょうか? ニュアンスはどう異なってくるのでしょうか? 色々と自分なりに考えてみたのですが、さっぱり意味がつかめません。 どなたか、教えては下さいませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • be able to について

    be able to~;~できる の"to~"は副詞的用法・形容詞を修飾する不定詞でしょうか?

  • be going to+動詞の原型

    (1)They are going to get married on May 25. (彼らは5月25日に結婚式を挙げます) 参考書に上記の例文が記載されていたのですが、 未来を表す事なのだから、「married」ではなく 「marriage」が正しい気がするのですが、例文通りの方が正しいのでしょうか?

  • 「will」と「be going to」って同じ意味じゃないの?

    「will」と「be going to」は同じ意味だと習った記憶があるのですが、大学の英語の授業で以下の問題がでました。 ()内から適切なものを選びなさい。 1:I bought some warm boots because (I'll go/I'm going) skiing. 2:"Tony's back from vacation." "He is? (I'll give/I'm going to give) him a call. 3:Congratulatuons! I here (you'll get married/you're going to get married). 1の答えはI'm going 2の答えはI'll give 3の答えはyou're going to get married でした。 何故こうなるのかよく意味がわかりません。 教えてください。教授に聞き忘れてしまい、明後日がテストなので結構ヤバイ状態です。

  • be going toについて

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 He said to me, “I'm going to the movies this evening. =He told me that he was going to the movies that evening. (1)上記文章はなぜgoing to go to the moviesと、go to が入らないのでしょうか? be going to +V で、~しようとしている。 と中学から習ってきただけに不可思議でならないです。 この出典はルミナス英和辞書からです。 また、以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 辞書に、他動詞の例文として以下がでていました。 ・I have something to say to you. (2)このto youは副詞句であっていますでしょうか? (3)sayが他動詞なのになぜsayの後に目的語がなくto youなのでしょうか? 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • will と be going to

    間違い探しの問題です。 We have trained really hard so I am sure we are winning the match,the day after tomorrow. 解答では are winning → will win となってます。 本当に熱心に鍛えたと言う根拠があるので are going to win の方がよいのではと私は思うのですが、ここでbe going to を使えない理由でもあるのでしょうか? どなたか解説お願いします。

  • will と be going to の違いをわかる方お願いします。

    will と be going to の違いをわかる方お願いします。 以下___のところにwill か be going to を加えて完成させてください。 少し問題が多いですが、わかるのだけでかまいません。 お願いします。 答えをなくしたので困っています。 My bag is so heavy Give it to me.I______(carry) it for you. What are you doing tonight? We___ (see) to see a play at the theatre. ↑特にこの問題はわかりません。突然聞かれたのでwillでもいけそうですが、前々から計画してたとも考えられるので・・・・ You can tell me your secret.I_____(not tell) anyone Congratulations!Ihear you____(get married) Now holiday. Where ____( you go) this year? We don`t know yet. I bought some warm boots because I____ (go) skiing.

  • 不定詞の修飾する対象について

    手元の文法の本には載っておらず、困っています。 (1)不定詞の形容詞的用法で、 We are to spend summer vacation in Hokkaido. となったとき、to以下はWeの補語になりますか? (2)副詞は名詞以外を修飾するといいますが、不定詞の副詞的用法でどのように『副詞』と『文全体』を修飾すればよいのかわかりません。例文などをあげていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • won't be going toについて

    お世話になっております。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 We won't be going to the meeting. (1)will+be going to というように未来形が2つ書かれることはよくあるのでしょうか? (2)We are not going to the meeting.とは意味が違うのでしょうか? (2)この未来2つは文法的にいったいどう考えたらよいのでしょうか?  かなり違和感がありまして質問させて頂きました。 ご指導の程何卒宜しくお願い致します。