• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

決算時に仮払金、仮受金の処理 

決算整理時に仮払金、仮受金に残高にある場合は、 雑損、雑益に振り返るのでしょうか? それても、前払金、前受金に振り返るのでしょうか? そうだとしたらなぜ前払金、前受金に振り返るのでしょうか? あと、翌期に繰り越さない勘定科目は、 仮払金、仮受金、現金過不足以外にありますか? あと、 「付随費用」を勘定科目に含めないものは ありますか? 仕入時の発送費、、固定資産、有価証券の手数料、 全ての付随費用は勘定科目に含めていいのでしょうか? よろしくお願い致します。

noname#150498

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数24085
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 お金に動きがあった時は、その事実をその日の内に、仕訳に計上し、その事実が生まれた決算期の貸借対照表(B/S)に反映させないといけません。  しかし、お金の増減に係る費用・収益は、決算期間内での出来事に限定した数字のみを、損益計算書(P/L)に計上することとされています。  この、B/S上と、P/L上での、認識のずれを解消させるための苦肉の策として、「経過勘定科目」というB/S科目が作られました。  次の4つがあります。  前受金・・・決算日より後にもらうべきお金を、前もって受取った時に使用  前払金・・・決算日より後に支払うべきお金を、前もって支払った時に使用  未収金・・・決算日までにもらうべきお金を、まだ受取っていない時に使用  未払金・・・決算日までに支払うべきお金を、まだ支払えていない時に使用  また、予定外の出費・収入など、人為的な問題で正確な会計処理が追いつかない時に便宜を図るため、仮勘定が設けられました。  仮受金・・・お金を受取った時点で、仕訳を計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用  仮払金・・・お金を支払った時点で、仕訳に計上する際、適当な相手科目が見付からない時に、一時しのぎで使用  これらの科目はいずれも、正式名称を持つ損益項目が現れて初めて、そのあるべき科目に姿を変えるべく、消滅します。  通常、最長でも翌期には解消されますが、それまではB/S上にしぶとく残り続けます。  ただ、実務上ではあまり褒められた話ではないので、試験問題では、すぐさま解消するという模範的な状況で出題がされることが多いです。  (つまり、決算整理後残高試算表には、上記で述べた勘定科目の残高が残らないという設定が多い)  仮受金を前受金に、仮払金を前払金に、という経理処理は、通常は行ないません。  全く異なる意味を持った、あやふやな科目同士をキャッチボールさせたところで、何の意味もないからです。  ただし、試験で「前受金に計上すべき科目を、間違って仮受金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、  自信を持って「仮受金/前受金」と仕訳を起こして下さい。  「前払金に計上すべき科目を、間違って仮払金にしていた」と問題が出たら、それは当然の修正ですので、  自信を持って「前払金/仮払金」と仕訳を起こして下さい。  そのような特別の指示がない限り、  前受金⇔仮受金  前払金⇔仮払金  という処理は起こさなくてよいのです。  「雑益・雑損」  これらは経理処理の怠慢などで、決算整理仕訳を行なう時が来ても費用・収益となりうる要因が判明しないまま、どのP/L科目に数字を含めたらよいか決定できず、いよいよどうしようもなくなった場合、やむなく数字を放り込むための科目です。  「好んで振替えるべき」勘定ではありません。  現金過不足の原因が判らない場合などにのみ、使用するようにして下さい。  「付随費用」を手数料として計上する場合、必ず問題文にヒントとなる指示があります。  どんな設題においても、いくつか処理方法が考えられるのに、問題に指示がないよ・・・と迷った時には、原則の方法を適用すると判断してかまいません。  (ご質問の場合ですと、#1さんのアドバイス通り、手数料は費用ではなく資産科目として、取得価格に含めて計上する原則の方法でOK。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごくわかりやすいです!!!! 大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 仮受金・仮払金・・・教えて下さい!

    そもそも仮受金・仮払金がよくわかっていないので教えて欲しいのですが… そして具体的な質問です。 (子会社から私の方へ伝票が来てパソコンに入力している状況です) 小さい会社なので費用を社長のお金で支払ったり…という伝票がおきてきます。 その場合、子会社からはすべて仮払金(多分、事業主借があれば本来はそうなるのではないかと思うのですがこの科目は使っていません)としてくるのですが、私の前任者の人は仮払と仮受の2パターンで仕訳していましたが、どのような時に仮受にしているのか意味がさっぱりわかりません(涙) 例えば  光熱費/仮受?(仮払?) といった仕訳なのですが。 わからないのは私がこの2つの勘定科目を理解していないから?と思ったのですが… 仮受・仮払の相手勘定は現金や預金…しかないと思っていたので頭がこんがらがっています(涙) 文章も支離滅裂ですみません。 他のサイトもいろいろ見てみたのですが、イマイチしっくりこずこちらに質問させていただいています。 どなたか助けてください!!よろしくお願いします。

  • 簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

    簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか?

  • 日商簿記の3級の仕分け問題を教えてください。

    日商簿記の3級の仕分け問題を教えてください。 不要となった備品(取得原価¥200.000 減価償却累計額¥90.000 間接法で記帳)を期首に処分し、売却代金¥30.000は後日受け取ることにした。 勘定科目は次の中から最も適当と思われるものを選ぶ事と書かれています。 現金・当座預金・受取手形・売掛金・未収金・前払金・仮払金・備品・貸付金・支払手形・買掛金・未払金・前受金・借受金・備品減価償却累計額・資本金・売上・受取手数料・固定資産売却益・仕入れ・旅行交通費・固定資産売却損・支払手数料・雑益・雑損・現金過不足 答えだけでも良いので教えてください。理由は自分で考えて出します。 ※もし、解説していただけるなら是非よろしくお願いします。 追伸:日商簿記の検定持っている方で、難しかった所や知っていて良い事などありましたら教えてほしいです。 (本当に解答だけで良いのでよろしくお願いします。) 返答楽しみにしてます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

決算整理時に仮払金、仮受金に残高にある場合はそのまま次期に 繰り越します。 問題上残高が0になることが多いですが、残高が残ることもあり ます。 例えば期末に出張旅費を仮払して新年度になってから帰ってきて 精算という場合には、貸借対照表上「仮払金」として繰越されて いきます。 繰越さない科目ですが個別で覚えるより 貸借対照表の項目・・・・繰越す 損益計算書の項目・・・・繰越さない  と覚えたほうが楽だと思います 仕入れの場合には、「仕入諸掛費」として別にすることもあります。 この場合には問題に指示等あるので、通常は取得価額に含めるやり方 が原則です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 簿記3級で支払手数料を含む勘定科目は何ですか?

    簿記3級で支払手数料は固定資産購入した時は固定資産の代金にいれますがあと有価証券と固定資産のほかに支払手数料をほかの勘定科目の代金にいれてしまう勘定科目は何かありますか? 詳しい方お願いします。

  • 簿記3級の問題です。教えてください。

    こんばんは。今、簿記3級の勉強をしています。 それでどうしても答えがわからない問題がみつかり、お聞きしたいと思いました。 (仕訳の問題です) 詳しい方、教えてください。お願いします。 (1)A商店に対する買掛金の支払いとして、小切手¥300,000を振り出した。本日の預金残高は¥200,000借越限度額は¥800,000である。 (2)B商店は、C商店より商品¥500,000を仕入れ、代金は売掛金のある得意先D商店あての為替手形を振り出して支払った。 (3)決算において、当期純利益¥600,000を資本金勘定に振替えた。 ちなみに勘定科目は以下からの選択になっています。 現金 買掛金 未収金 備品 支払利息 当座 売上 前払金 未払金 租税公課 受取手形 仕入れ 立替金 前受金 資本金 売掛金 繰越商品 仮払金 預り金 損益 支払手形 有価証券 建物 仮受金 受取利息 借入金 支払手数料 給料 引出金 よろしくお願いします。 

  • 「有価証券利息」勘定

    有価証券売却時に、端数利息を受取った場合 「有価証券利息」勘定科目を使用するようですが、 「有価証券利息」勘定科目は、収益のときだけ使用できるのですか? 「有価証券利息」勘定科目は、費用になるときもあるのですか?

  • 勘定科目について

    経理初心者のため初歩的な質問ですが・・・。 勘定科目で前払金と前払費用と仮払金の違いがよくわかりません。 どなたかご回答お願いします。

  • 決算時の有価証券評価について

    決算時の有価証券評価の際に長期繰延税金資産の固定と 有価証券評価差額に分けて処理しますよね? どの様な方法・基準で分ければ良いのかわかりません?どなたか教えて 下さい。また勘定科目的になぜ長期繰延税金資産の固定なのか? いまいち理解できていません。 よろしくお願いします。

  • 仮払金の使い分けについて

    今まで、仮払金を使うときは中間申告の税金を支払いした時や、支払いしているけれど何に支払ったものなのか不明なものを主にしていました。 ところが、税務調査に立ち会った上司が「不明なものを仮払金とすると税務調査で突っ込まれる」と。極力避けるべきだと。 その理由を教えていただけないため質問をしてみました。 ならば、使途不明金についてはどんな勘定科目を使用したらよいのでしょうか・・ 税務署は仮払金の何を見ているのですか?? 売上計上漏れならわかるのですが。。 教えてください。よろしくおねがいします。

  • 預り金(負債?)の反対はなんでしょうか?

    前払金(資産)の反対は前受金(負債) 仮払金(資産)の反対は仮受金(負債) 未収金(資産)の反対は未払金(負債) と覚えていますが 預り金(負債?)の反対はなんでしょうか? そもそも預り金に反対なんてあるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 現金過不足の処理

    1、  決算において、現金過不足勘定の残高が借方に700円ある。原因がわからなかったので、雑損または雑益に振り替える。 答案用紙    借方科目   金額       貸方科目    金額     ?       ?          ?       ? 2、  決算において、現金過不足勘定の残高が貸方に400円ある。原因がわからなかったので、雑損または雑益に振り替える。 答案用紙        借方科目   金額       貸方科目    金額     ?       ?          ?       ? ?をおしえてください。お願い致します。

  • 仮払金精算について教えてください

    先日、社員に交通費として10,000円の仮払いをしました。 出金伝票に 勘定科目 仮払金 摘要   交通費 金額   10,000 その社員が戻ってきたので、交通費精算をしたいのですが。 どの伝票を使用していいのか、又、記入方法を教えてください。 精算金額は 11,500円で仮払金より多く使ってました。

  • 証券総合口座にあるお金の勘定科目は?

    投資信託の償還金が、証券会社の証券総合口座へ入りました。 会社では投資信託を「有価証券」の勘定科目で処理していたんですが、 償還後はもう「有価証券」ではないですよね… どの勘定科目を当てたらいいでしょうか? 簿記の本を読んでも載っていないし、過去の会社の帳簿を見ても 仕訳したことがないようで困っています。