• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

根拠を教えてください・・・

12月に資格取得費用は研修費でおとせると回答を頂いたのですが、その根拠となる条文等があれば教えていただけませんか?上司から質問されました。よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数104
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tappara
  • ベストアンサー率37% (260/694)

学資金の規定を見てください。 会社都合による業務に必要な支出であれば所得税の給与課税がなく処理ができるとなっています。

参考URL:
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syotok/02/04.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有難うございます。たすかりました。このような根拠等を探すにはどのようにすればよいのでしょうか?何か検索の方法でもありますか?教えていただければ幸いです。

関連するQ&A

  • A級戦犯を罰した根拠「平和に対する罪」について

     A級戦犯を罰した根拠である「平和に対する罪」 (極東国際軍事裁判所条例 第五条(イ))は意味が ないという意見があります。  意味がないの根拠として「その法律(条文?)は もともとなかった。後から作った法律だからだ」と言 われます。  そこで質問です。 1 この説明は正しいですか?正しくないですか? 2 「正しい」とすると、その根拠を具体的に教えて  ください。(もともとなかった、後から作ったと  いう点について) 3 「正しくない」とするご意見も、具体的根拠を  あげて教えてください。 以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 法定24ヶ月点検の根拠について

    いわゆる「法定24ヶ月点検」の根拠法・条文はどこにあるのでしょうか。 道路運送車両法第48条第3項により、自家用乗用自動車の場合 『いわゆる「法定12ヶ月点検」は法に定められている(が、罰則は無し)』 と読めますが、ちょっと24ヶ月(2年)が見つけられません。 なお確認ですが、自動車検査証の有効期間の話ではなく あくまで「法定24ヶ月点検」の根拠条文についての質問です。 よろしくお願いします。

  • 法を守る根拠を知りたいです。

    ろくに調べもせずこちらに質問してしまうのですが。。 なぜ私は法律を守らなければならないのでしょうか。 誰がそれを決めて私に守らせようと強制力を働かせるのか。 そして守らないと国家権力によって罰せられるようになっています。 法治国家だからその国の法を守らなくてはいけないと言うのでしたら、そう言う条文を明記したものがあるのでしょうか。 法を守らなければならない根拠が知りたいです。 (別に変な事を思ってるのではなく、ふと知りたくなっただけです^^;)

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • tappara
  • ベストアンサー率37% (260/694)

まずそういう規定があることを知っていないと疑問に思うこともなくすぎてしまいますからケースごとにでも個別知識を増やしていくことが必要かと思います。(所得税については僕自身まだ専門に勉強しているわけではないのでその程度です) 実務書などを一通り読んでみると処理方法と条文番号なんかが書いてあったりしますからそこで条文確認しています。 ネットでキーワード検索でも調べられますし(キーワードを入れるにもそれなりの知識がないとキーワードすら入らないと思うのでそこは勉強です)、国税庁のHPなんかも役立ちます。 なんにしろ、知識がないと調べるのもできなかったりしますね。 うちの会社でも条文まで確認している人ってあまりいません。 ネット上には誤った情報もたくさんありますから条文まで確認しておかないと危険です。そういう意味ではguchimonさんの確認方法は良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 退職するとき

    僕は介護職についているのですが、上位資格が欲しく、会社の支援制度を利用して現在上位資格の研修にきています。。会社の支援制度というのが結局は資格取得費用を貸してやるから必ず返せという感じです。その他は研修日は出勤扱いとなります。ところが今回辞める人がでてまずは研修日は出勤ではなく公休日扱い、下手したら研修日に研修にいけず、資格取得も危ぶまれてきました。この場合会社を辞めたら資格取得費用は返さないといけないのでしょうか?

  • 根拠のない自信について。

    いつも利用させていただいております。 私はとある医療系の国家資格を取得する学校に通っております。本年が最終学年で、来年度に試験があります。 そこに在籍してある人がかなりポジティブなのです。そこまで成績が良くなく(むしろ下位)過去問も合格点ギリギリ…というラインらしいです。しかし、まわりの人や教師他に対して「私は大丈夫」や「まだ何とかなる」等前向きな発言や合格宣言をしたりしています。 ネガティヴよりポジティブの方が良いとは思いますが、資格の合格には「根拠のない自信」のような気持ちは必要なのでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 教員免許の取得について(第6条別表第4を根拠とした)

    教員免許の取得について質問があります。 現在大学院に在籍しながら、学部の授業を聴講して中学社会の教員免許を取得しています(高校の免許は取得済みですが、中学は初めからの取得です)。 他に数学の免許も欲しくなり、佛教大学通信部の科目等履修生として入学して、 教員免許法の第6条別表第4を根拠として免許を取得したいと考えているのですが、 2点疑問があります。 これは基礎免許をもっている人が同校種の他教科の免許を取得するための条文だと思うのですが、 基礎免許を持っていない人でも、基礎免許取得前からこの条文を根拠に 単位をとり始めていても、後で認められるものなのでしょうか。 また、中学社会の免許は、大学院卒業時の3月に教育委員会に個人申請することに なっているのですが、上記の方法で中学数学免許の取得要件を満たした場合だと、 どのタイミングで免許状の申請、発行が可能なのでしょうか。 できれば、卒業直後の4月から何らかの形で勤務したいのですが、 可能でしょうか。 以上、いろいろありますが、よろしくお願いいたします。

  • 税法の以下の規定の根拠条文を教えていただけませんか

    以下のような規定が税法上にあると思うのですが、根拠条文(○条○項○号)を教えていただけないでしょうか?こちらは法律が専門で無いので、不適切な表現もあるかと思いますが、その場合はお問合せいただけると幸いです。(根拠条文の無い初心者用の国税の本から拾った項目です)全部でなくてもどれか一つでもご回答いただけると助かります。 1)法人税:妥当な理由無く、会社が退職者に退職金を適切に払わなかった場合、退職所得引当金を過去7年間に渡って取り崩させる。 2)法人税:(他の税法かもしれません)不法行為に係わる損金は過去7年さかのぼって損金算入否認する。 3)消費税:消費税負担の証拠書類(つまり費用の請求書等)が原本でなく、コピーだったりすると消費税の簡易納税制度を利用できない。 少々うろ覚えのところがありますが、よろしくお願いします。

  • 育成費用を請求できるでしょうか・・?

    職務上の資格を取得するために、10日間東京で研修をうけた社員が、資格取得後半年で退職願いを提出しました。いまから資格で活躍してもらおうと思ってる矢先です。研修に関わった費用を請求できないでしょうか?特に契約事項はありません。

  • 訴状における法的根拠

    民事訴訟で、訴状の中に記載する「請求の原因」の中に、法的根拠として、民法第〇〇〇条の権利を害すると入れる場合、複数の法的根拠を記載して構わないでしょうか? 例: 住宅の奇抜な外壁塗装が隣家に何らかの好ましくない影響を与えているような場合、原告が請求の趣旨に(1)塗り直し、及び、(2)損害賠償請求を求める場合、 1、人格権の侵害・・・・・・としての不法行為、と 2、建物所有権(民法第〇〇〇条)の妨害・・・・・としての不法行為 の二つ(複数)の法的根拠を請求の原因の中で主張してよいのでしょうか。それとも、ひとつの条文による法的根拠(単独の法的根拠、上記1又は2のどちらかに絞って)、主張した方が良いのでしょうか? 実際の訴訟ではどうなのでしょう? 回答、よろしくお願いいたします。

  • 求人情報についてお尋ねしたいのですが、仕事内容はインストラクターのよう

    求人情報についてお尋ねしたいのですが、仕事内容はインストラクターのような、生徒さんに教える仕事です。 無給研修が3か月あり、研修後3か月までに資格取得で、その期間中の費用負担はありません。 この会社の説明会があるみたいなのですが、参加しようかどうか迷っています。 と言うのも、本当に費用負担までしてくれ、資格取得できる会社というのはあるのか?と疑問に思ったからです。 このような会社の求人情報を見たことがなかったもので、質問させていただきました。よろしくお願いします。

  • 交通法規 坂道での優先方向の根拠

    坂道で、車両同士がすれ違う時、確か「登りが優先」だと思うのですが、その法令上での根拠となる条文を探しています。ご存知の方よろしくお願いいたします。

  • 税理士資格を取得した後の費用について

    税理士資格を取得した後の費用について 税理士資格取得後、税理士資格維持のため費用(更新料、研修・講習料など)は、1年にいくらぐらいかかりますか。(登録料は日本税理士会連合会にありました。)よろしくお願いします。

  • 占いには根拠がない・・という根拠を教えて下さい。

    よく、占いには何の根拠もないのだから・・、というのを聞きます。 その根拠は何でしょうか? 根拠がないのが根拠? 当たったと証明されるものがない、という意味だとは思うのですが・・当たらないという証明はあるのでしょうか? 出来れば・・タロット・易カード・血液型・以外で教えて下さい、何故なら私はそれらに対して無知に等しいので。 私自身、占いをします。 占いを信じているのか?と聞かれると正直当たるも八卦、当たらぬも八卦だと思っています。 何故、占いをするのか?と聞かれても相手を納得させる答えは見つかりません。 実際、占いの歴史は古いと思います。 昔は亀を使っていた、と授業で習いました 今はさすがに亀を使う人はいないと思います。 この時代までいろいろと形を変え、占いというものが存在しているには、何か根拠?があるのではないか・・と思ったのです。 パラドックスのような質問ですみません。 きっと説明しにくいと思います、それどころか、つたない文章で申し訳ないですが・・宜しくお願いします。