• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

微分方程式つまらなさすぎる(?)悩み

(1) dy/dx=f(ax+by+c)のときax+by+c=zとおいて zに関する微分方程式を作れ。 (2) (1)を利用して、微分方程式dy/dx=x+y+1を解け。 この問題について質問があります。まず(1)についてですが、 答えが dz/dx=a+bf(z) でした。私はもっと変形できるのかと 思いずっと悩んでいました。でもこれが答えだったんです。 何をもって”微分方程式”というのでしょうか?また(1)の答えは これ以外にはあり得ないのでしょうか?例えばdxじゃなくてdy が入っていてもいいと思うし、なぜxが選択されたのか不明です。 次に(2)の解説の中で、x+y+1=zとおくと、(1)から dz/dx=1+z・・・(1) 1+z=0 は(1)の解である。・・・ となっていました。なんで1+z=0 が(1)の解になるのでしょうか? これはすなわちdz/dx=0 ということだと思うのですが何をもって この解が導かれたのかさっぱりです。脚注にも説明はありませんでした。 またf(z)がzと表記が変わったことにも違和感を覚えます。 回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数157
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

No.1です。 >これはz=-1のとき、右辺=0、左辺は-1をxで微分したら0、よって 左辺と右辺が等しい、ということでしょうか? その通りです。 >またf(z)がzという表記になったことについての助言等ございましたら お願いします。 これについてですが、 (2)は(1)を利用して解きなさいということです。 ではどのようにしたら(1)が利用できるか考えます。 (2)の方程式の形から f(u)=uとおくと dy/dx=f(x+y+1)(=x+y+1)とかけますね。 z=x+y+1とおいて これに(1)を適用すると dz/dx=1+f(z)=1+z が導けます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 恒等の意味納得できました。

質問者からの補足

もしかしたらすごい誤解していたような気がします。 もしかして、f(z)=z というのはこの問題において、 たまたま成り立つということであって、どんな問においても、 f(X)=X が成り立つわけではないということでしょうか? なんかすごい変な質問しているような気がしますが、 毎日この問に向かっているせいか、問に対して一歩引いた 視点で見れずに、つまり大きな流れ(?)が見えず、 もやもやしています。一月後とかに解きなおせば簡単に 解けるようになっているのかもしれませんが、放置するのも 気が引けるので。お時間のあるときにでも回答いただけたら と思います。自分の頭の整理もこめて、時間が空く分には 全く問題ないので少し締め切らずにおきます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

#1の人とは別の意見です。 「(1)で、yについてでもよいではないか。」 に関して、良いと思います。 微分方程式の関係自体は、xとyを一対一で結び付けているので。この点でyとxは等価なんです。 dy/dx=1/(dx/dy)が完全に成り立ちますので。 さらにfはzの関数であり、zはxとyの関数であるので、xとyはほとんどおなじ意味合いを持ちます。 この考えで問題を解いてみましょう。 dy/dx=f(ax+by+c)=f(z) dz/dy=a dx/dy+b (dz/dy-b) dy/dx=a (dz/dy-b)f(z)=a f(z) dz/dy -b f(z)=a       ーーーーーーーーーーー(B) (2) dy/dx=x+y+1 (B)より z=x+y+1, f(z)=z z dz/dy -b z =a b=1,a=1,c=1 z dz/dy-z=1 ーーーーーーーーーーー(A) z dz/dy=1+z ここで、すべてのyにおいて、微分係数が0となるような場合、つまり、1+z=0を選んだとき、z=-1は解となる。というのは、zに関する方程式を満たすから。微分方程式の解とは、微分方程式を満たす全ての関数を表す。このような解は特異解と呼ばれる。 よって、 z/(1+z) dz/dy=1 ( 1-1/(z+1)) dz/dy=1 z-log(z+1)=y+C さらに、x=y=0のとき、z=1なので、Cが決定できますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

yの視点で解いてみました。 特異解は特別解ってやつと意味は同じですよね、たぶん。 >( 1-1/(z+1)) dz/dy=1 >z-log(z+1)=y+C ここは一瞬悩みましたが頭でっかちを直して 積分ですね。なんかこんなのも自然に出来ず 考えてしまうのがまだまだ未熟さを感じてしまいます。 難しいですね。回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

微分方程式とは独立変数と未知関数およびその導関数との関係式です。 dy/dx=f(ax+by+c)の場合yを未知関数、xを独立変数とみています。 問題はax+by+c=zを新たに未知関数とみなしてそれの微分方程式をつくればいいのです.zを微分してdz/dx=a+bdy/dx=a+bf(z)がその答えです。これが関係式になっています。 なぜxが独立変数として採用されたかですがこれは元の微分方程式がxを独立変数としているからです。独立変数をxからyに置き換えることも出来ますが、不自然でしょう。 次に(2)ですが(1)より dz/dx=z+1 このタイプの微分方程式の解き方は dz/z+1=dxと変形して ∫dz/z+1=∫dx log|z+1|=x+A z+1=Ce^x(Cは0以外の実数) (*) とするのですが、 ここで問題はz+1で割っていることです。 この解法はz+1が0でないときに有効で0のときは 個別に調べてやる必要があるのです。 z+1=0のときつまりz=-1のとき 恒等的にz=-1という解は明らかに微分方程式の解になっています。 これがz=-1となる解です。(難しいことをいうと解の一意性より これ以外の解はない) 結局答えは z+1=Ce^x(Cは任意の実数) となります。 (*)との違いはCに0が入っていることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 xが独立変数として採用された理由納得できました。

質問者からの補足

>恒等的にz=-1という解は明らかに微分方程式の解になっています これはz=-1のとき、右辺=0、左辺は-1をxで微分したら0、よって 左辺と右辺が等しい、ということでしょうか? またf(z)がzという表記になったことについての助言等ございましたら お願いします。例えばf(x)をxと表記してしまうのはまずいと思うのですが、 ここでは説明無しに用いられていることが気になります。

関連するQ&A

  • 微分方程式に関する問題です。

     dy/dx = (a+by)(c(x)+d(x)y) ここで、a,bは定数、c(x),d(x)はxの区間Iで連続とする。 (1)この微分方程式は、変数変換y = 1/b(1/z - a)により次の線形微分方程式に変換されるという。 dz/dx = f(x)z + g(x) をf(x),g(x)をa,b,c(x),d(x)を用いて表せ。 (2)a = b = 1,c(x) = x + 2/x , d(x) = xとするとき、微分方程式の一般解を求めよ。 途中の計算などもできれば詳しくお願いします。

  • 微分方程式の一般解を求めたいです。

    dy/dx = (a+by)(c(x)+d(x)y) ここで、a,bは定数、c(x),d(x)はxの区間Iで連続とする。 (1)この微分方程式は、変数変換y = 1/b(1/z - a)により次の線形微分方程式に変換されるという。 dz/dx = f(x)z + g(x) をf(x),g(x)をa,b,c(x),d(x)を用いて表せ。 ********************************************* これはf(x) = ad(x) - bc(x) g(x) = -d(x) として答えがでました。 ********************************************* (2)a = b = 1,c(x) = x + 2/x , d(x) = xとするとき、微分方程式の一般解を求めよ。 dz/dx = -2z/x -x という式になると思うんですけど一般解をどう導き出していいのか分かりません。よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    dy/dx-2*x^2*e^x*y+e^x*y^2=2*x-x^4*e^x に対しての次の問のとき方について教えてください (1)x^a が微分方程式の解となるように実数aを求めよ (2) a を(1)で求めたものとする。y=x^a+zを微分方程式に代入して,zの満たす微分方程式を求めよ。 (3)(2)で求めたzの微分方程式を解いて,もとの微分方程式の解yを求めよ (1)についてはa=2という答えだと思うのですが,(2)以降の解き方の手順がわかりません。解法がわかるのであればよろしくおねがいします。

  • 微分方程式

    (y+3x)dX+(x+1)dy=0 この微分方程式の一般解を求めたいのですか、(y+3x)dXはyがあるので積分できないし、(x+1)dyはxがあるので積分できないです。どのように解けばいいですか?

  • 微分方程式に関する問題です。

    (x^2){(d^2)y/d(x^2)} - x(dy/dx) + y = x^3    (*) ********************************************************* (1)y = xφ(x)が微分方程式(*)の解であるとき、φのみたす微分方程式を求めよ。 ********************************************************* y = xφ(x)からy' , y''を計算して代入し、 φ''(x) = x/2 となりました。(答えの書き方はこれでいいのか分かりません。) ********************************************************* (2)φ'(x)を求めよ。 ********************************************************* (1)の答えの両辺を積分して φ'(x) = (x^2)/4 + C となりました。 ********************************************************* (3)微分方程式(*)の一般解を求めよ。 ********************************************************* (3)のとき方が分かりません。 どのようにして解いていけばいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 微分方程式の質問です

    連立微分方程式の問題です dx/dt=-x+z dy/dt=-2x+y+z dz/dt=x-y+2zの一般解を求めろという問題です。 よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    次の微分方程式の解を求める過程を教えてほしいです。 dy/dx = (x+y)/(x-y)

  • 微分方程式の問題で

    微分方程式の問題で 「a,bが任意定数のとき、次式が一般解になるような最小階数の微分方程式を示せ。  y = ax^2 + 2bx」 の答えがわかりません。 答えは一階の微分方程式で (dy/dx) + y = ax^2 + 2(a+b)x +2b となるのか 二階での微分方程式で x^2 * y" - 2xy' +2y = 0 となるのかで迷っていて、 一階の微分方程式が特殊解なのか一般解なのかの判断がつかないと言う状況です。 というのも教科書には 「限定状況を与えなければn階の微分方程式にはn個の任意定数を含む」 とあるのですがこの限定条件がわからなくて判断がつきません。 どちらが正しいのでしょうか?

  • 微分方程式の問題です。

    以下の問題の解答のチェックをお願いします。 図のyに関する微分方程式について、以下の問いに答えよ。 (a)y=e^zとおき、微分方程式をzに関する微分方程式に書き換えよ。 (b)dz/dx=v とおき、(a)で得られた微分方程式をvについて解け。 (c)微分方程式(1)の一般解を求めよ。 (a) z''-2(z')^2-z'=0 (z'=dz/dx) (b) v=Ce^x/(1-2Ce^x) (c) y=C1・(1-C2e^x)^(-1/2) 特に(c)が自信がありません。。。

  • 微分方程式

    微分方程式 dy/dx-2xy=2xy~2 について。 (1)z=1/yとするとき、z=z(x)が満たす微分方程式を求めよ (2)(1)で求めたzに対する微分方程式の一般解を求めよ (3)yの一般解および特殊解を求めよ という問題があります。 これは教科書にあるような、微分方程式の公式を用いて解くのでしょうか よく分からないので詳しく教えてください。