• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

微分方程式

微分方程式 dy/dx-2xy=2xy~2 について。 (1)z=1/yとするとき、z=z(x)が満たす微分方程式を求めよ (2)(1)で求めたzに対する微分方程式の一般解を求めよ (3)yの一般解および特殊解を求めよ という問題があります。 これは教科書にあるような、微分方程式の公式を用いて解くのでしょうか よく分からないので詳しく教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

ANo.5 に対する補足質問について. z'=-y'/y^2 になる理由は, ANo.6 info22 さんの解説で,おおむね良いのですが, ANo.6 では,一部,間違いがあります. 上から8行目の ・・・,合成関数の積分・・・. は,正しくは,「合成関数の微分」です.積分ではありません. 多分,書き違いか,誤変換でしょう? z'=-y'/y^2 になる理由を,もう一度,解説します. z=1/y の両辺を微分する時,何で微分するのかを常に心得ておかなければなりません.微分・積分の計算をする時には,これが鉄則です.つまり,独立変数(今の場合は x )と従属変数(今の場合は y と z )の区別を常に頭に置くことが計算の鉄則です. もし仮に,z=1/y の両辺を y で微分するのであれば,dz/dy=-1/y^2 となります.しかし,今の場合は,z=1/y の両辺を x で微分しなければなりません.ところが,z=1/y の式には x が出てきません.これは,x を省略して書いているためなのです.つまり,z=1/y の y と z が,いずれも x の関数ですから,z=1/y は,z(x)=1/y(x) と書くのが正式ですが,式が見にくく,煩雑になるのを避けるために,z=1/y と書くのです.さて,微分ですが,z=1/y を x で微分するのには,「合成関数の微分法」を使うことになります.「合成関数の微分法」は,dz/dx = dz/dy ・dy/dx という公式を使います.したがって, z=1/y の dz/dy は,dz/dy=-1/y^2 です.故に,dz/dx = dz/dy ・dy/dx により,dz/dx =( -1/y^2 )・dy/dx です.ここで,dz/dx を z' と書き,dy/dx を y' と書けば,dz/dx =( -1/y^2 )・dy/dx が,z' =( -1/y^2 )・y' = -y'/y^2 ですから, z' = -y'/y^2 となるわけです. 説明が下手で,ながながと,すいません.お分かりいただけたでしょうか. 蛇足ですが,「合成関数の微分法」dz/dx=dz/dy・dy/dx は,直感的には,dz/dx , dz/dy , dy/dx などを単に分数と考えて,dz/dx=dz/dy・dy/dx=(dz・dy)/(dy・dx)=dz/dx(dy が分子と分母から消える)の様に,分数の計算から類推して公式を記憶しても間違いではありません.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧に詳しい解説までありがとうございます。 yがy(x)であるということを完全に忘れていました。 これでこの問題が理解できました。 本当にありがとうございます

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

#4です。 A#5の補足質問について >z=1/y の両辺を x で微分すると >z'=-y'/y^2  となる. > >とありましたが、z'=-y'/y^2になる理由が分かりません 簡単な事です。 y=y(x),z=z(x)とy,zはxの関数ですので、合成関数の積分を行うだけです。 z(x)=1/y(x) 両辺を xで微分すると 左辺={z(x)}'=dz(x)/dx=dz/dx=z' 右辺=(1/y)'={d(1/y)/dy}{dy(x)/dx}=(-1/y^2)(dy/dx)=-(1/y^2)y'=-y'/y^2 となるので、左辺=右辺とすれば z'=-y'/y^2 が出てきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

(1) の回答: z=1/y の両辺を x で微分すると z'=-y'/y^2  となる.この式と,z=1/y を dy/dx-2xy=2xy~2 に入れて, y と y' を消去する.まず, z=1/y から y=1/z である. z'=-y'/y^2 から y'=-z'y^2 なので,y'=-z'(1/z)^2 である. したがって,dy/dx-2xy=2xy~2 は,-z'(1/z)^2-2x(1/z)=2x(1/z)^2 この式を整理すると, -z'(1/z)^2-2x(1/z)=2x(1/z)^2 -z'(1/z)-2x=2x(1/z) -z'-2xz=2x z'+2xz+2x=0 この微分方程式が (1) の回答です. (2) の回答: (1)の微分方程式の z'+2xz+2x=0 の一般解を求める. この微分方程式は,1階線形常微分方程式なので,一般解は公式として与えられています. (下記参昭) ----------------------------------------------- 1階線形常微分方程式  dz/dx + p(x)z + q(x) = 0.一般解は z={exp(-∫p(x)dx)}[C-∫{q(x)・exp(∫p(x) dx)} dx].C は積分定数.は --------------------------------------------------- これに当てはめる. p(x)=2x q(x)=2x z={exp(-∫2xdx)}[C-∫{2x・exp(∫2xdx)}dx] z={exp(-x^2)}[C-2∫{x・exp(x^2)}dx] ここで,∫{x・exp(x^2)}dx=(1/2)exp(x^2) であるから, z={exp(-x^2)}[C-exp(x^2)] 故に, z=C・exp(-x^2)-1 故に,z'+2xz+2x=0 の一般解は, z=C・exp(-x^2)-1 です. (検算) z'=C・(-2x)・exp(-x^2) z'+2xz+2x=C・(-2x)・exp(-x^2) +2x・(C・exp(-x^2)-1)+2x= =C・(-2x)・exp(-x^2) +2x・C・exp(-x^2)-2x+2x=0 よって, z=C・exp(-x^2)-1 が(2)の答え. (3) の回答: yの一般解は,z=1/y から y=1/z なので, y=1/[C・exp(-x^2)-1] です. yの特殊解というのは,積分定数のない解ですから, 例えば,C=0 とすると y=-1 となります.この y=-1 も 微分方程式 dy/dx-2xy=2xy~2 の特殊解の一つですが,出題された問題には, 特殊解を求める条件が書かれていませんので,これ以上は分かりません. (検算): yの一般解 y=1/[C・exp(-x^2)-1]  y'=[-{C・(-2x)・exp(-x^2)}]/[C・exp(-x^2)-1]^2 y'=[2x・{C・exp(-x^2)}]/[C・exp(-x^2)-1]^2 2xy+2xy~2=2x/[C・exp(-x^2)-1]+2x/[C・exp(-x^2)-1]^2= =2x[C・exp(-x^2)-1]/[C・exp(-x^2)-1]^2+2x/[C・exp(-x^2)-1]^2= ={2x[C・exp(-x^2)-1]+2x}/[C・exp(-x^2)-1]^2= ={2x[C・exp(-x^2)]-2x+2x}/[C・exp(-x^2)-1]^2= =2x[C・exp(-x^2)]/[C・exp(-x^2)-1]^2 よって,y=1/[C・exp(-x^2)-1] は正しい.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

検算までしていただいてすみません。 本当に助かりました。

質問者からの補足

z=1/y の両辺を x で微分すると z'=-y'/y^2  となる. とありましたが、z'=-y'/y^2になる理由が分かりません 申し訳ないのですが解説をお願いします。

  • 回答No.4
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

これは参考URLの(4)の「Riccatiの微分方程式」で z→x,w→yとした y'=P(x)+Q(x)y+R(x)y^2 とした一次非線形微分方程式で P(x)=0,Q(x)=R(x)=2x とおいたケースです。 解も(7)式で与えられます。 参考URLを参考に解いてみて下さい。 (1) y=1/zを代入すれば dz/dx=-2x(1+z) と出てきます。 (2) これは変数分離形にできるで教科書に解き方が載っているでしょう。 (3) (2)の結果でz=1/yを代入し、参考URLを参考にして解いてみて下さい。 解くとCを任意定数として  y=1/(Cexp(-x^2)-1) …(★) これは任意定数を1つ含み元の微分方程式を満たしますので(3)の解といえます。 【参考】WolframAlphaサイトを利用して微分方程式を解くと次式のような解がえられます。  ttp://www.wolframalpha.com/  y=1/{exp(C-x^2)-1} (Cは任意定数) (解は少し変形してあります。) これは(★)の任意定数CがC<0やC=0の場合を含んでいないので解としては不完全(C>0の場合だけの解)と思われます。 [検証](★)の解を元の微分方程式に代入すれば任意定数C>0,C=0,C<0のいずれの場合も満たしますので自身で確認してみてください。

参考URL:
http://mathworld.wolfram.com/RiccatiDifferentialEquation.html,http://www.wolframalpha.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考サイトまでありがとうございます。 後でゆっくりと計算してみます

  • 回答No.3
noname#113983
noname#113983

あのさ、わざわざ変数変換させなくても この微分方程式はdy/y(y+1)=2xdxとかけて、 変数分離法から ∫1/y-1/(y+1)dy=x^2+A よってlog|y/(y+1)|=x^2+Aとなって y=B×exp(x^2)/(1-B×exp(x^2))になるんですけどな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

(1) yz=1の両辺をxで微分し、   y'z+yz'=0 すなわちy'=-yz'/z=-z'/z^2   これとz=1/yを元の微分方程式に代入。   -z'/z^2-2x/z=2x/z^2 -z'=2xz+2x=2x(z+1) (2) dz/(z+1)=-2xdx と変形すれば、教科書に必ず   記載のある変数分離形になりますね。 (3)(2)のコタエとyz=1から、yをxで表現します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 少し紙とペンで書いてみます

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

問題の形を見て, いかにも「誘導している」ように見えませんか? とりあえず「よくわからない」とかほざく前に手を動かしてみては.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。 本当に分からないんです。 ただ、微分して代入すればよいだけなのは分かるんですが。 それと、ご指導いただけないのでしたらコメントは控えていただけませんか? それがお互いのためだと思いますので。

関連するQ&A

  • 微分方程式

    第1問 dy   y~2-x~2 --=--------- (ヒントz=y/xと置換しなさい) dx    2xy 第2問 一階線形微分方程式  dy --+ycosx=sinx×cosx---(1)がある dx 1、この方程式の同次の微分方程式を解きなさい 2、定数変化法により、この微分方程式(1)の特解を求めなさい。 また、その時の一般解を求めなさい

  • 微分方程式

    次の、微分方程式の一般解を求めよ。 (1-4x-3y^2+12xy^2)dy/dx=4 この解き方教えてください。 答えは y-(2/3)y^2=-log(x-1/4)+C です

  • 偏微分方程式

    x^2 (∂z/∂x) + (x^4-xy) (∂z/∂y) = xz + y この問題が解けなくて困っています。 dx/(x^2) = dy/(x^4-xy) = dz/(xz+y) として、 dy/dx = (x^4-xy)/(x^2) = x^2-(y/x) dy/dx + y/x = x^2 に一階線形常微分方程式の公式を適用して、 y = (1/4)x^3 + C(1)(1/x) (C(1)は積分定数) まで解いたのですが、そもそもここまで合ってるかどうかさえ分かりません。 解き方を教えてください。 自分で確認したいので検算の方法もよろしければお願いします。

  • 微分方程式の質問です

    連立微分方程式の問題です dx/dt=-x+z dy/dt=-2x+y+z dz/dt=x-y+2zの一般解を求めろという問題です。 よろしくお願いします。

  • 微分方程式の解き方が分からず、困っています。

     現在、試験に向けて微分方程式の勉強をしているのですが、下記の問題の解き方が分かりません。  教科書を参考に(1)は変数分離系、(2)は同次形、(3)は線形で解こうとしましたが、どの問題も積分するところで複雑な式になってしまい、解けれません。  分かる問題だけでも良いのでアドバイス、解き方を教えてください。よろしくお願いします。     (1)次の微分方程式の一般解を求めよ dy/dx=y^2+1 (2)次の微分方程式の一般解を求めよ y'=(y/x)(log(y/x)+1) (3)次の微分方程式の解でt=0のときx=1の条件を満たすものを求めよ x'cost+xsint=1

  • 完全微分方程式の問題の解き方

    完全微分方程式 次の完全微分方程式を解けと言う問題で (x dx + y dy)/(√(1+x^2+y^2) = 0 ・・・・・(1) これを P(x)dx + Q(y)dy = 0が完全微分方程式なら一般解は ∫P(x)dx - ∫{(∂/∂y)(∫P(x)dx) - Q(y)}dy = C を使おうと、式(1)を (x / (√(1+x^2+y^2))dx + (y / (√(1+x^2+y^2))dy=0 として解こうかと思ったんですが、 途中の計算で式が複雑になりすぎて行き詰ってしまいました。 公式に当てはめる前にもっと式を変形しないと駄目なんでしょうか? もっと他の方法があるんでしょうか? アドバイスお願いします。

  • 微分方程式の問題で

    微分方程式の問題で 「a,bが任意定数のとき、次式が一般解になるような最小階数の微分方程式を示せ。  y = ax^2 + 2bx」 の答えがわかりません。 答えは一階の微分方程式で (dy/dx) + y = ax^2 + 2(a+b)x +2b となるのか 二階での微分方程式で x^2 * y" - 2xy' +2y = 0 となるのかで迷っていて、 一階の微分方程式が特殊解なのか一般解なのかの判断がつかないと言う状況です。 というのも教科書には 「限定状況を与えなければn階の微分方程式にはn個の任意定数を含む」 とあるのですがこの限定条件がわからなくて判断がつきません。 どちらが正しいのでしょうか?

  • 常微分方程式の問題

    常微分方程式の問題でいくつか解けなかったところがあるので教えていただきたいです。 この章で扱っているのは 変数分離系・同時系・線形1階微分方程式・完全微分形・線形2階微分方程式(同次形)・線形2階微分方程式(非同次形) を扱っていました。 その内、一般解を求める以下の問題 (1)dy/dx=xe^-y (2)x(dy/dx)-y=1 (3)(2y-x^2)dx+(2x-y^2)dy=0 と 与えられた条件をそれぞれ満たす微分方程式の解を求める以下の問題 (1)dy/dx=y/x (x=1のときY-2) (5)y''+5y'+6y=0 (x=0のときy=0、y'=1) の問題が解くことができませんでした。 どなたか解法をわかりやすく教えていただけないでしょうか?

  • 微分方程式

    (y+3x)dX+(x+1)dy=0 この微分方程式の一般解を求めたいのですか、(y+3x)dXはyがあるので積分できないし、(x+1)dyはxがあるので積分できないです。どのように解けばいいですか?

  • 微分方程式の解法について・・・

     一次微分方程式では「y=ux」とおき、一般解などを求めていくものが多いように感じられるのですが、 以下のような問題を解くためにはどのように進めていけばいいのでしょうか? 以下の微分方程式の一般解を求めよ。また、u = 2y^2-6yとおくこと。    dy/dx = -(2y^2-6y+4)/x(2y-3) 自分なりに du/dx = du/dy * dy/dx = ~ とし一般解を求めようと努力したのですが、どうしても途中で詰まってしまいます。 どなたか、お力をお貸しください。 また、最後に見難い記述しか出来ないことと、一方的な要望となってしまっていることをお詫び申し上げます