• ベストアンサー
  • 困ってます

間仕切壁へのグラスウールの充填について

 教えていただきたいと思います。  間取りの都合上、壁一枚で子供部屋と主寝室を仕切るようにしていますが、防音のことも考えて10kのグラスウール100mmを入れようと思っています。  ただ、結露のことが心配になっています。地域的には冬の温度がマイナス5度くらいになります。  グラスウールを入れても良いでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数4907
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • yuuwakk
  • ベストアンサー率61% (27/44)

防音の為であれば、10kのグラスウール100mmよりは ロックウール断熱材の方が、防音効果は高い 密度が40kg/m3ですから 間仕切り壁だけなら3-6坪程度と思われるので、 価格差も1万円程度のはず さらに、壁に貼る石膏ボードを2重張りにすると、さらに効果的です こちらの差額は、5千円程度 ポリフィルムに入れられたロックウール断熱材を使えば 結露の心配は、ほとんど無用です

参考URL:
http://rwa.gr.jp/product/housing01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 グラスウールよりロックウールのほうが密度が高いのですね。 結露の心配がほとんど無用ということなら安心です。

関連するQ&A

  • 天井裏断熱改修、グラスウールの追加について

    現在、天井断熱されており、グラスウール10K100mmが入っています。(室内側防湿フィルム、天井裏側透湿フィルム) 断熱性能が低いため、自分でグラスウールを追加しようと思っています。 安価に抑え施工を簡単にしたいので、ホームセンターの壁用で販売されているフィルム付き100mmのグラスウールの使用を考えています。 これを現在のグラスウールの上に並べておいて、トータルで200mmとしたいのですが、問題はあるでしょうか? 気になるのが、従来のグラスウールの上面(透湿面)に、追加のグラスウールの防湿面がくる形となってしまうため、もし部屋から天井を通ったきた湿気が従来グラスウールを通り抜けようとしても、追加したグラスウールの防湿面があるため通り抜けられず、結露するのではないかと心配です。このような追加は止めたほうがいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • グラスウールの種類

    工務店で在来工法で建てました。断熱材は打合せがあり、グラスウールにしました。私の勉強不足で10k、100mmで施工されました。他の相談を見ると、10kは時代遅れ等とコメントがあります。埼玉に住んでいますが、今更ですが16kにすれば良かったなと後悔しています。10kと16kでは、費用や断熱効果はどの位違うのでしょうか?夏はそれほど蒸し暑くなく快適でしたが、冬はエアコンを使用しないと寒くて仕方ありません。詳しい方、宜しくお願いいたします。

  • 壁の断熱材としてのロックウール100mm

    一般住宅で使用します。 天井・壁「ロックウール100mm」の情報をお願いします。 (1)グラスウール100mmの「何K相当」ですか? (2)グラスウールと比べると耐久性能はどうですか? (3)外からの音に対して防音材として期待できますか? (4)なぜ高価なのでしょうか? (5)グラスウールのみと比べると良い?悪い? よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#116235

基本的には、グラスウールを使用したほうが結露は防げます。寝室の壁に結露する事は、グラスウールを入れたほうが、防げます。 次に壁の中の結露ですが、これはグラスウールを入れることは、あまり関係ありません。 壁の中の結露は、床下からの湿気の上昇による物です。床下の水分は壁の中を通り天井裏へ出てきます。場合によっては、屋根裏で結露する事も考えられます。 壁の中や、屋根裏の結露を防ぐには、床下からの上昇気流を完全に絶つ事です。 床下からの上昇気流を完全に絶てば、壁の中の結露や屋根裏の結露は、でなくなりますが、今度は床下の水分が逃げなくなって、一階の床やねた骨が腐りやすくなりますので、床下の換気装置などが必要になります。 一番は、床下に電気式の換気扇をつける事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 グラスウールを入れたほうが結露が防げる、それでなくとも結露とグラスウールは無関係ということですね。 床下換気扇は軒換気扇と併せていずれ入れたいと思います。

  • 回答No.4

防音が気に成っている様ですね。 でしたら、多くの間仕切りに使われる石膏ボードを構造用合板に変えて頂くのが宜しいと思います。両側に使われても価格は殆んど変わらないと思いますし、話し声等の高音域の防音は最高です。断熱材では気休めですし、外壁に断熱材が入れられますので結露等の心配は其方の量に関係します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 断熱材では「気休め」というのは、やはりそうなんですね。 構造用合板のことを考えて見ます。

  • 回答No.3
noname#24732

>間取りの都合上、壁一枚で子供部屋と主寝室を仕切るようにしています 可動式の間仕切り壁ということでしょうか?だとすれば防音対策は難しいですね。壁よりも「壁と壁の隙間」が問題。 もし入れるなら注意点が、現場ではグラスウールはスカスカで施工する事が多いので、反対側が見えるようなら「もっと詰めてもらえますか」と言って下さい。 >地域的には冬の温度がマイナス5度くらいになります。 結露に関しては、室内と屋外の温度差によるものなので間仕切り壁は関係なさそうです。新築と仮定して、グラスウールを入れないと寒いです。グラスウールはあってもなくても暖房すれば結露しますので結露対策も必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 壁は可動ではなくしっかりとした壁をつけます。 新築ですが、工務店のほうで結露のことはそれなりに考えていただいていると思います。

  • 回答No.2
  • n-space
  • ベストアンサー率35% (626/1742)

壁の間に吸音材(グラスウールなど)を入れると、透過する音を減らしてくれます。 結露は、壁の両側の室温の差が20℃くらいになるとおこります。(室温20℃外気温0℃など) ですので、間仕切壁の場合、両方屋内ですから、 そこまでの温度差はないのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 温度差20度で結露するんですね。 確かに屋内なのでそれほどの差はつかないように思います。

  • 回答No.1

入れても問題はありませんが、防音効果は期待しない方が良いでしょう(入れないよりいくらかマシという程度)。 新築の時、家全体への充填作業を終えて余分なグラスウール断熱材が出たような場合は、配管スペース(2階トイレの下水管)やカウンターキッチンとダイニングの間仕切りに”ギュウギュウ詰め”に充填すると効果があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり失礼しました。 御回答いただきありがとうございます。 防音はほとんど期待できないのですね。

関連するQ&A

  • グラスウールの施工方法をめぐって

    こんにちは。木造二階建てを建築中のものです。 壁の断熱材にグラスウール10K100mm(旭ファイバーグラス)を使用しているのですが、その施工がうまく行っておらず困っています。 二日ほど前に外周壁すべてにグラスウールが充填されておりましたが、タッカーで全くとまっていなかったので現場監督に、200ミリくらいの間隔でとめてもらえるようお願いしました。 昨日も、今朝も監督が大工さんに指示してくれたらしいのですが、今日の夜行ってみると全く止めずにコンパネ(カーテンなどの下地の)や石膏ボードが一部張られておりました。(グラスウールは上のみ両面テープで止めております) やはり、すべてをはがしてでもやり直してもらった方がいいですよね?また、石膏ボード等をはがすことにより生じる不具合はありますか?

  • グラスウールの重ね設置について

    現在、新築中にて、外壁(サイディング)及び内装が始まろういう状況です。 以前の打ち合わせで、断熱仕様を外断熱もしくは、ボードにしたかったのですが、予算の都合上、標準のグラスウールで妥協しました。ただし、標準50mmだったものを100mmに変更して貰いました。昨日、家を見に行ったところ、壁は100mmグラスウールでしたが、2階天井は、50mmでした。そこで、HMの営業に100mmにするよう依頼したところ、50mmのものを重ねて100mmにするということでした。 そこで、質問です。 1.50mmグラスウール×2で、100mmと同じ性能ですか? 2.防湿層が2層になります。防湿効果はどうなるのでしょうか? ※追加料金を取られそうなので、効果なければ止めたいと思っています。

  • リフォーム 遮音・グラスウールについて

    現在10畳程の和室を洋室にリフォームしようと考えております。 隣の部屋が壁一枚で母の寝室なので、夜中のTVの音漏れや話声が迷惑にならぬよう考えております。 そこで、リフォーム会社 2社に見積もりを依頼したのですが、 A社 遮音シート・テープでの防音 B社 グラスウール入りの壁での防音 の見積もりが来ました。 どちらも説明は聞いたのですが、ハッキリとした答えが見つかりません 金額的にも、ほぼ一緒なので、どちらが良いでしょうか?

  • グラスウール断熱について教えて下さい。

    アクリアマット10k50mmが標準の施工会社で新築することになりました。(壁、屋根) 断熱材の性能が低すぎる為、アクリアマット10k90mmで考えてたのですが 色々と調べてるうちに結露のことも考えなくてはいけない事を知りました。 壁に通気層はあるのですが、アクリアマットの防湿フィルムでは頼りないのでしょうか? カビだらけの家にはしたくないので、するべきことを教えて下さい。 標準以外の事を頼むと割引率も低い上に、予算があまり無いので グラスウール以外では無理なので、そこも考慮して教えて頂ければと思います。 そちらの施工店では標準以外で建てる人が少ないようなので、説明を求めてもあまり信用できず… こちらで質問させて頂きました。 よろしくお願いします。 木造在来工法 現場は大阪です。

  • 壁の後付け

    一戸建てを建築予定で、現在間取りを考え中です。 2階は、主寝室8畳、子供部屋5畳×2の3部屋の予定です。 子供部屋2部屋の間の仕切りをなくして、 夫婦2人のうちは10畳のひろびろ主寝室として使用出来るし、 子供2人出来たら、8畳を主寝室にして、 子供が小さいうちは、10畳の方を子供2人で共有できて交流出来るし、 と考えいています。 子供が大きくなってからは、後付けの壁を作って分離したいと思うのですが、この費用はどのくらいかかるのでしょうか? 部屋の大きさや壁の長さにもよるとは思いますが、概算で教えて頂けると嬉しいです。あまりにも高いとこの案自体を考え直す必要があるので、宜しくお願いします。 ちなみに、可動式の3枚引き戸は、音の面で、あまり意味がないような気がするので、今のところは考えていません。

  • 部屋間の防音について

    一戸建てを計画しております。HMから2階の子供部屋と主寝室の間には防音のためクローゼットを設置した方がいいとのことでした。しかし、いろいろ間取りを検討していくうちにスペースがなくクローゼットは設置できそうにありませんでした。その後、HMからは部屋の壁の中に防音材を入れれば十分ですと言われましたが本当に防音効果は期待できるのでしょうか?費用は2万円位と聞いていますが、どのようなものかまだ詳しくは聞いておりません。

  • 結露防止の部屋の壁は。

    教えてください。現在住宅をリフォーム中ですが、部屋の壁を結露防止のためにを費用対効果を考慮して壁全面を珪藻土にするか、もしくは1面をINAXのエコカラットにするかなやんでいます。部屋は6畳程度の子供部屋と12畳程度の寝室です。予算的には子供の部屋については5、6万円を予定しています。

  • 新築の防音壁について。

    新築するにあたり防音壁をどうするか悩んでいます。宜しくお願いしますm(__)m 新築予定の5メートル裏にはローカル線が走っています。 1時間に1本程度で1両編成が主体のディーゼル列車が通っています、線路側の壁だけ 壁マット http://www.daiken.jp/b/taishin/16_016.html と 後付け内窓 http://alumi.st-grp.co.jp/products/interior/plamake-e/bouon.html  を予算的には使おうと思っています。 線路側だけしてもあまり効果は望めないのでしょうか? もし効果が望めないのなら、断熱材を住宅用グラスウール10kg品 100mm厚から、高性能グラスウール16kg品 90mm厚に変えようと思いますが、断熱材の方も効果がどの位上がるのか教えてもらえたらと、思います。 宜しくお願いします。

  • 断熱材付金属サイディングの性能とコストについて

    重量鉄骨造で2階建店舗新築(総床面積1,000m2未満)を計画中です。 このカテで何度かアドバイスをいただき大変参考になっております。 施工業者の提案で、外壁材はガルバリウム鋼板を予定してます。 断熱材はグラスウール(100mm厚・10k)を使うとの事です。 実は予算の関係で完全な結露対策を行わない可能性がわかりました。 それはグラスウールの固定方法として 「鉄骨胴縁100mmに挟み込んで外壁と内壁でおさえるだけ」 さらに「通気工法は(コストアップになり)行わず、透湿防水シートも使わない」という事から結露対策を行わないと判断しました。 従いまして、長期的にみて結露によるグラスウールの落下及びへたりにより断熱効果が失われる心配をしております。 これと同等の断熱性能をもった外壁材はないかとネット検索しておりましたら、原板にガルバリウム鋼板を採用した金属サイディングで、耐熱材をサンドイッチした商品がアイジー工業やYKK等から発売されてる事を知りました。カタログも一部取り寄せたところです。 わずか15mm厚みでグラスウールに匹敵する位の熱伝導率0.032W/mkは信じられないのですが、本当に断熱性能は良いのでしょうか? これなら、結露によるグラスウールの性能劣化の心配もなさそうですし、私などの素人からみても施工が簡単に思えます。 下記2つでは材料費と施工費を含めてどちらが安いでしょうか? また、およその値段の差を教えて下さい。 (1)ガルバリウム鋼板+グラスウール厚み100mm,密度10k  (結露対策はしない) (2)耐熱材をサンドイッチした金属サイディング  (例)アイジー工業のガルバ銘壁IIスタッコ 2,700円/m2 http://www.igkogyo.co.jp/syohin/sdd/sdup/sdtop.htm ※下記理由により外壁の防火対策は不要です。 法22条地域かつ重量鉄骨なので23条の石膏ボード(耐火材)すら必要のない地域の為。

  • 高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み

    高気密高断熱住宅に適したグラスウールの種類と厚み 軸組充填断熱工法で次世代省エネ仕様にする場合、壁の断熱材 (グラスウール)はどのような種類が適してますか? ※断熱材と石膏ボードの間に気密シートで部屋を覆います Q1:片面に防湿層がついた袋入り品と裸のGWどちらがいいですか? Q2:断熱欠損ができないように、グラスウールは耳付品を使用し、   柱や間柱にタッカーで固定する施行方法が良いですか? Q3:3.5寸柱にグラスウールを充填する場合、III地域なので、   GW厚みは90mmが基準ですが、柱の厚みに近い100mm厚GWを   用い、透湿防水シートと石膏ボードとの隙間をできるだけ   少なくして充填した方が良いですか? Q4:下記の2種類のGW(100mm)の品質と値段は違うのですか?   (A)住宅用グラスウール24K(32K相当)   (B)高性能グラスウール16K(24K相当)