• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞の最後にくる副詞

関係代名詞に最後にくる副詞は次のように訳すことがありますが、これを関係代名詞の中に入れる場合とどう見分ければよいですか? I 00000 先行詞 that OOOOO in the world. 私はOOOOを世界でOOOOした。 分かりにくいですが、最後にくる副詞を独立して考えるときと、先行詞の説明として関係代名詞の中に入っているときの違いを教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数63
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 #1の方の例文を拝借させていただくと, 「漱石によって書かれた本をイングランドで買った」というのであれば,  I bought a book in England that was written by Soseki.  あるいは,  I bought in England a book that was written by Soseki. のような書き方をすると思います。  that was written ... という部分でなく,bought に in England がかかるのであれば,関係代名詞節にいれないのが普通です。  どちらの書き方もなじみがないかもしれません。前者であれば,先行詞の直後に関係代名詞がこない(まるで,England が先行詞のようですが,文脈で判断します),後者であれば,in England という副詞句の位置に納得いかないかもしれません。  しかし,副詞というのは,特に短いものは,修飾する動詞の近くに置いて修飾関係を明確にします。  in England を関係代名詞節に回さず,極力 bought の位置に近づけます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞と関係副詞

    関係代名詞と関係副詞の違いがわかりません。 どっちも先行詞を説明しているから違いなんてないのでは………… 教えてください!!

  • 関係代名詞と関係副詞の代名詞と副詞にあたる部分

    形容詞が名詞を修飾します。 副詞は動詞や形容詞、副詞、あるいは文全体を修飾します。 関係代名詞は接続詞の役割を兼ねる"代名詞"で先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 関係副詞は接続詞の役割を兼ねる"副詞"で、同様に先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 との説明があります。 関係代名詞の例としては、 Mr.Brown is the man who is in charge of the project. 関係副詞の例としては、 This is the place where we first met. との事です。 このwhoが代名詞で、whereが副詞にあたる部分なのでしょうか?いまいち理解できません。かなり低レベルですが真剣に悩んでいます。ご存知の方、ご教授ください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kohta83
  • ベストアンサー率31% (12/38)

質問者の意図は、 He is a soccer player who plays in the England. と、 I bought a watch that is written by Soseki in the England. の"in the England"が、関係詞内に入っているのか否かを見分ける方法、ということでよろしいですか? 正直、一般的には文脈で見分けるしかないように思います。文章を書くときには誤解のないように語順を工夫したりすると良いかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞

    TOEIC形式の問題で適切な関係代名詞を選択する方法について質問をさせて頂きます。 The lawyer agreed (what/that/with/of)we should sue our competetion. という例文ですが、テキストの解説には、 (1)( )の前に先行詞となる名詞が無いのでwhatとthatの判別だ。 (2) ( )の後ろには完全な形の節が来ているので接続詞のthatが正解。 となっておりますが、何故、(1)の解説のように「先行詞となる名詞が無い」と瞬時に判断出来るのでしょうか? lawyerは先行詞の名詞では無いのでしょうか? 英語の単元で関係代名詞と関係副詞がかなり苦手です。 どなたか物凄く分かり易く教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問

    関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問題を解いている時に、先行詞が関係代名詞の前に来ていませんでした。どうしてですか?

  • 関係代名詞について

    英文法の本を読んで疑問に思ったのですが 関係代名詞では先行詞が人でも物でもthatが使えるのに非制限的用法ではほとんどthatを使わないのはなぜですか。 教えてください。

  • 英文法関係代名詞についての疑問です。

     お手伝い願いします。  There is scarcely any building in the world which was not erected for a particular purpose. この文における、関係代名詞whichの先行詞がわかりません。 まず、パッと見では、the world が先行詞なのではないかと思います。 が、関係代名詞節中の was not erected を考えると、 文脈上主節の主語である、any building が先行詞のように思えます。 文法書forestや英和辞書crown、oxfordを参考にしておりますが、どこの例文を読んでも、 前置詞句を伴う名詞(any building in the world)が先行詞である例がありません。 どちらが先行詞なのでしょうか? あと、なぜ any building が単数扱いなのか、これもよろしければ解説お願いします。 長文失礼いたしました。よろしくお願いします。

  • ( ゜∀゜)?関係代名詞と関係副詞の違い

    勉強をやり直している社会人です。 英語で関係代名詞と関係副詞の違いがわかりません。 参考書の解説を見ているのですが 住んでいる家の関係代名詞がin which でこれが関係副詞になるとwhere といった解説ですがなんのこっちゃ状態です。thatまであるし。 関係代名詞と関係副詞の違いの分かりやすいアドバイスよろしくお願いします。

  • 関係代名詞?関係副詞?

    The lack of a strong gravitational pull has caused the water the may have had to leak out into space over the 4.6 billion years that it has been in existence. (高校新演習長文II, 出版社不明, p38, 下線部A) 最後の部分である,that it has been in existence は関係代名詞なのでしょうか? 関係代名詞であるとしたら,補語が欠けているということなのでしょうか? 関係副詞のような気もするのですが,thatの部分をwhenに書き換えられないように思われます。

  • 関係代名詞

    関係代名詞を使って一つの文にしなさいという問題について Mr White is a teacher. I respect him. 1. Mr White is a teacher that I respect. となりますが、なぜ 2. Mr White that I respect is a teacher. ではだめなのでしょうか。 この場合先行詞がteacherなので、関係代名詞は先行詞の後において修飾するため 1の文章になるのでしょうか。 2の文章にするためにの 元の二つの文章はどうなりますか。 何となくイメージで理解しているため、的確に説明できません。 よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞の非制限用法について

    関係代名詞に関して質問させていただきます。 次のような問題と解答があります。 問.次の二つの文を関係代名詞を用いて一つにせよ。 My only son often writes to me.  He lives in New York now. 解答.My only son, who lives in New York now, often writes to me. → この問では、My only son を先行詞とする関係代名詞 who を、非制限用法で用いることが求められています。これは先行詞が特定の人物を指しているからだということは、よくわかります。この場合、初学者からは 「who の代わりに that を使ってはいけないのか?」という質問が出ますが、その場合、「that は非制限用法では用いないから」と答えるようにしています。 ところで、 This is the only paper that contains the news. 「これがそのニュースをのせている唯一の新聞だ。」 のように、先行詞にonlyがついている場合にthatを優先的に用いることはよく知られていますが、先ほどの私の解説を逆手にとって、「先行詞にonlyがついているのだから、関係代名詞は非制限用法にせねばならないのではないか。その場合、thatを非制限用法で使えない以上 which を使って、This is the only paper, which contains the news. と書き換える処置をすべきではないか」という意見が学生から出ました。 もちろん、学生が提案したこの文に対しては、the only paper がどんな意味で「唯一」なのかがわからないままにコンマが現れ、そこでいったん意味が途切れてしまうので、この文を読む者は奇異に感じるであろう、と答えることはできるかと思います。 しかし、この場合でも、「先行詞が唯一のものを指す場合に関係代名詞thatを優先的に用いる」というルールと「先行詞が特定できる場合に関係代名詞を制限用法で用いてはいけない」というルールとが両立することを説明するのに依然として苦慮します。 このようなケースにどのように対応すればよいでしょうか。少し長いですが、教えていただければたいへんありがたいです。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。 どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・ どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

  • 関係代名詞

    どうぞよろしくお願いいたします。 The man is happy who is contented. 上記の分は関係代名詞のまとめている節が先行詞の直後ではなく後にきています。私の持っている文法説明書にはそのような事が解説されていません。これは文法的に正しいのでしょうか?先行詞と関係代名詞のまとめる節は離れなれないものだと思っていました。