• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

名詞が欠けていない関係代名詞節

おはようございます、こんにちは、こんばんは。一つ質問をさせて下さい。  今使っている問題集の中で、関係代名詞の後で名詞が一つも欠けていないセンテンスにぶつかりました。  ちなみに前置詞+関係代名詞の場合、名詞が欠けている(ように見える)ことはありませんが、その文章は非制限用法の"which"というだけで、前置詞+関係代名詞ではありません。  問題文を引用できればよいのですが著作権の問題があるのでできません。そのため質問が相当わかりづらくなってしまいましたが、こういうこと(関係代名詞の後ろで名詞が欠けていない)は起こりうるのでしょうか?おわかりになる方よろしくお願いします。長い文章ですいません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数10
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

 No.5のやりとりについて。TonyBさんに代わりお答えします。(Tonyさんこんばんは。もう書いてるかな?)  Itselfは先行詞、すなわちThe right of~とは何の関連もありません。the majority と同格で、関係代名詞のwhich(=The right)はderiveの目的語になっているのです。訳すとこう。 「今やアメリカ人の大多数は、自分たちの卓越した知性によって社会における自らの主権を確立したと(自分たちのことを、卓越した知性から自らの主権を引き出したものと)思い込んでいるが、もともとそれは最初の植民者がこの地に持ち込んだものなのである。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

 とんでもない。Tonyさん、なんかダメ出しばっかしてるみたいでこっちこそ恐縮です。  今回は質問者・回答者ともにたまたま関係詞節の中の第5文型を見落とした、ということですね。文章の内容はお分かりでしょうからこれでOKだと思います。それでは!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 eazyurider1997さん、明晰な回答ありがとうございます。おかげさまで氷山が砕け散るように疑問も消滅しました。  僕は条件反射的にderive fromの形を選択していて、恥ずかしながら、deriveに他動詞があることすら忘れてしまってました。その結果、itselfの方にばかり目が行ってしまい、モガモガもがいて皆様のお力を借りることとなりました。英語にせよなんにせよ、思い込みで文章を読むとろくなことになりませんね。  お礼が遅れてしまったことをお詫びいたします。それでは。    

  • 回答No.9
  • TonyB
  • ベストアンサー率55% (179/323)

ごめんなさい。 deriveの目的語がない・・・。 Americans suppose itselfって目的語がない!と脊髄反射してしまいました。 もともとはthe majority suppose itself to deriveでしたね・・・全面的にeazyurider1997さんの説明が正しいです。 eazyurider1997さん、いつもどうもすいません。 これからも適当なこと言っていないか監視よろしくお願いします!どうもありがとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 複雑な文章になるとまだまだ解釈がゆるくなってしまいます。これからはもっと気をつけたいです。    この度は、どうもありがとうございました。

  • 回答No.8

 文の構造で先ほどの補足です。関係詞節の中について。 supposeの主語はthe majority、目的語はitself。to derive (whichが目的語) from their superior intellegenceは不定詞の補語的用法で、意味上の主語はitself=the majorityです。直訳だと、「大多数の人は、自分のことを、自分の卓越した知性から社会を運営する権利を引き出したというように思っている」 つまりアメリカ人の大多数は、自分たちの力で社会における(市民の)主権を確立した、もっと言えば民主主義とはmade in USAだと思っている、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#27172
noname#27172

#5さんが仰るように itselfは先行詞を強調し、同格になっています。しかしながら、itselfを前に持っていくことはできません。というか、微妙に意味がニュアンスが違ってきます。 うまく説明できないのですが、関係代名詞というのは 先行詞と節を繋ぐ働きをし、ストレスが置かれません。それで、itselfを前に持ってくると itselfは先行詞の一部になり、先行詞を強調することになりますが、関係節に itselfを置くことによって supposeの意味が明確になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 英語は日本語と比べると語順に重きを置く言語とききます。言葉の位置一つでずいぶん印象も変わってしまうものなのですね。もちろん日本語もそうなのでしょうが、英語の場合、より語順に注意を払わねばならないのですね。  この度は、どうもありがとうございました。

  • 回答No.5
  • TonyB
  • ベストアンサー率55% (179/323)

よく考えましょう。 many Americans suppose itself・・・は目的語がないですよ。 -selfが単独で目的語になるなら主語の人称と一致しないといけません。つまりのこの例ならthemselves。 したがって目的語=whichの先行詞が欠けています。「目的語itselfを・・・とみなす。」とitselfは目的語と同格で強調のために使っているのです。 ごく普通の関係代名詞の用法です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 TonyBさん、回答ありがとうございます。なるほど同格で強調ですか。"I spoke to Homer, himself."と同じ用法ですね。    そこで重ねて質問をさせていただきたいのですが、"the right of governing society"が先行詞として前にでてしまった場合、その強調の"itself"も一緒に前にいくことはないのでしょうか?つまり"The right of governing society, itself, which~"と形となる必要はないのでしょうか?  お時間があれば回答の方よろしくお願いいたします。

  • 回答No.4
  • TonyB
  • ベストアンサー率55% (179/323)

いわゆる非制限的用法の関係形容詞というやつではないかいな・・・。どう考えても関係代名詞ではないと思うが。 I made an awful mistake, which fact made my father angry. とかこんな文章ではないのですか? whichの前にカンマはないですか? 一見whichのあとは文が完成しているように見えますか? whichの直後に名詞(従属節の主語)が来ていませんか? カンマ以降は、whichが普通の形容詞だったら辻褄が合うような気がしませんか? 例に出した文では、whichが前の文全体を受けて、「こんな・・・」という形容詞として機能しています。 もうこれ以上の説明は無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#145674
noname#145674

隊長!なんとか問題の名詞やらを置換して載せられないでしょうか!わからないです!笑 最近デスノート人気ですね!つまりはMisa has the note in which Light had been writing those names.(ミサはライトが名前を書き込んでいたノートの所有権を持っている。)ということでしょうか。この場合Which以降のLight(名詞)とNames(名詞)は欠けておりませんが。 以上、報告終わります!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

関係代名詞であれば、それ自体が名詞の役割をしているのですから、後ろの節で対応する名詞が抜けていなければ意味がつかめません。従って、そのような例は存在しません。 非制限的なwhichということであれば、,which news...のように主語の名詞にくっついている形容詞的なwhichということはないのでしょうか?いずれにしても、実際の文を見ない限り、どういう見落としがあるのか、あるいは何らかの間違いなのかは判断できませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

えーと、問題文を見ないことにはなんともいえないですが、、、、まあありえないとは言えない、とお答えしときます。 でも、果たして本当に何も欠けていないのか、それが疑問です。 よろしかったら、その問題文の単語をある程度変えて書いていただけませんか?それなら問題ないですよ。 たとえば、 The girl whose father has an orange is Mary. というのを、 The boy whose mather has a banana is Tom. くらいの感じで(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 No.1さん、No.2さん、No.3さん、No.4さん、迅速な回答ありがとうございます(まとめお礼ですいません)。たしかに問題文がないとどうしようもありませんよね。以下が単語を変えた文章です。 The right of governing society, which many Americans suppose itself to derive from their superior intelligence, was introduced into the United States by the first settlers. 変更された部分は、"many Americans"(原文は"the majority"です)と ”thier"( 原文は"its"ですが主語が複数に変わったので)です。僕の考えでは"suppose"の後の"itself"="The right of govering society"だと思うのですが(よってそこを "themselves"にはしなかった)、なぜここに"itself"が鎮座ましましているのかが理解できないのです・・・。 とここまで書いたところで、「これは関係代名詞とは関係のない問題なのでは?」とふと思ったのですがどうなのでしょうか・・・? 皆様このような感じでよろしいでしょうか?再び長くなりましてすいません。

関連するQ&A

  • 関係代名詞 what

    参考書の問題 Participants took notes on ( ) the speakers were saying. a what b which 参考書の訳 参加者は、スピーカーの話していることを書き留めました。 正解 b what 参考書の解説 空所前には前置詞のonがあります。 後ろを見ると「何を」 言っていたのかを示す目的語がない、 不完全な形です。 前置詞onの後には名詞のかたまりが必要で、空所の後には不完全な形の節が続いているので、空所には関係代名詞のwhatを選びます。 「Whatは名詞のかたまりを作り、後には不完全な節が続く」 という特徴を覚えておきましょう。 質問 on which 前置詞+関係代名詞の形ではだめなのでしょうか? wereは自動詞なので目的語はいらないと思うので、後ろは完全文だと思います。 詳しい解説おねがいします。

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略や非制限用法関連について質問です。 Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books. 1)上の文は所持・所有のwithの非制限用法となっているのでしょうか? 2)先行詞, 関係代名詞+be動詞+(前置詞or現在分詞・過去分詞) ~, ~ という非制限用法の文が可能なら、これらの関係代名詞+be動詞を省略して上の文のような構造を持った文をたくさん作れますか?たとえば次の文などです。 Ted, (who is) my father, V~ Ted, (who is) preparing dinner, V~ The vase, (which is) in the museum, V~ 3)このように英作文で非制限用法を用いる場合、注意することはありますか?

  • 関係代名詞の非制限用法についての質問です。

    関係代名詞の非制限用法について質問です。 関係代名詞には制限用法と非制限用法があると思います。 非制限用法は、先行詞がすでに特定されていて、 関係詞節は先行詞に対して補足的な説明を付け加える・・・であってますか?(? ?;) そして非制限用法には関係代名詞thatが使えないですよね。 (これは近年のことで、昔は使っていたみたぃですが・・・) それが疑問です。 なぜthatが使えないのでしょう? 制限用法での場合、先行詞が強い限定の意味を持つ修飾語がついていると 関係代名詞ではthatを使うほうが好ましいとされていますよね。   Ex. This woman is the most beautiful that I have ever seen.   この場合、限定される先行詞のときにthatを使うのに それならなぜ非制限用法ではthatは使えないのでしょうか? 非制限用法での先行詞は限定されているんですよね。 変な質問かもしれませんが詳しい方、ぜひ教えてください。

  • 前置詞+関係代名詞

    問:The extent (  ) which you can communicate in English depends on practice.   ( )内に入る前置詞を答える問題で、 解答を見ると to the extent から、toを入れる、とありました。 私は関係代名詞の前にくる前置詞は、その関係代名詞以降の文の中の、抜けている前置詞を入れるものだと思っていたのですが、以前の(先行詞?)の中から前置詞をもってくることもあるのですか? またこの手が私はとても苦手なのですが、抜けている前置詞を探し出すコツなどありましたら教えて下さいm(_ _)m

  • 関係代名詞の制限用法と非制限用法

    学校では関係代名詞の制限用法と非制限用法の違いはコンマの有無にあると教わりました。 でも私の本によると、コンマの有無は勿論ですが、 先行詞が人の場合は 制限用法も非制限用法も関係詞はwhoになりますが、それ以外の場合は 制限用法の時がthatで 非制限用法の時がwhichを使うそうなのです。 ということは、whichは制限用法では使えないことになるのでしょうか? 逆に学校では thatもコンマで区切れば非制限用法として使っていたような気がするんですが。

  • 関係代名詞について教えて下さい。

    関係代名詞で、「Which」と「, which」は、 用法として異なります、 一方で、thatを使った関係代名詞の場合には、「that」しか使えないわけですが、 この場合には、「Which」とは同じ用法でしか使えないということなのでしょうか?

  • 関係代名詞 which that の使い分け

    こんにちは。 関係代名詞の which と that の使い分けについて質問です。 ご存知のように関係代名詞には制限用法と非制限用法があります。 それらの区別について日本の中学校高校では以下のように教えますよね。 ・制限用法にはwhich that 共に使える。 ・非制限用法にはwhichのみ使える。whichの前にコンマ(,)を打つ。 日本の学校では関係代名詞の主役はwhichであり、「コンマ」で 制限・非制限の区別を語ります。 thatは制限用法で使えると教えますが、脇役のような扱いです。 最近 which と that の使い分けを調べていたのですが、ネイティブのサイトを見ると 限定用法では基本的に that を使い、which は非限定用法で使うと書いてあります。 限定用法でwhichを使うなとは書いてはいませんが、そのような使い分けが明快だと 書いてあるサイトが複数ありました。 なかなか面白いなと思いました。 日本の学校教育(特に高校)で関係代名詞の主役を which にして 制限・非制限用法を語る際にコンマに焦点を当てる理由を 考えてみると、試験問題にしやすいからかもしれませんね。高校時代に that と which の区別を詳しく習ったことは一度もありませんでした。 一方ネイティブは、コンマの有無よりもthat とwhichの使い分けで悩む人が多い。 話がそれました。 質問に戻りますと、日本人でも英語に堪能な方はthatとwhichの区別を意識して いらっしゃるのでしょうか?例えば限定用法では原則thatを使うとか、 特定の場合にはthatでそれ以外はwhichを使うとか。 ご回答よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞について

    The compensation you're offering is rather low. ご教示頂いている補償額はかなり低いです。 という英文がありますが、 「The compensation」と「you're offering」の間に隠れている関係代名詞は 「of which」でしょうか?それとも「which」ですか? compensationの例文を確認すると You offered of compensation.あなたは補償を申し出た。 のように前置詞ofを使っており、compensationはそもそも前置詞ofを使う 英文なのかなと思い、隠れている関係代名詞は「of which」ではないかと 考えております。

  • この関係代名詞の使い方合ってますか?

    Tom has a bag, the color of which is black. 文法的に合ってるでしょうか? なかなか 前置詞+関係代名詞 使い方がマスターできなくてですね、、、