• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞の省略について

関係代名詞の省略や非制限用法関連について質問です。 Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books. 1)上の文は所持・所有のwithの非制限用法となっているのでしょうか? 2)先行詞, 関係代名詞+be動詞+(前置詞or現在分詞・過去分詞) ~, ~ という非制限用法の文が可能なら、これらの関係代名詞+be動詞を省略して上の文のような構造を持った文をたくさん作れますか?たとえば次の文などです。 Ted, (who is) my father, V~ Ted, (who is) preparing dinner, V~ The vase, (which is) in the museum, V~ 3)このように英作文で非制限用法を用いる場合、注意することはありますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数205
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

どこかで見たような英文ですね。lol Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books. 1)上の文は所持・所有のwithの非制限用法となっているのでしょうか? *** "with"="having"="who have(/ has)"と考えられますから、この場合、ある意味、関係代名詞の非制限用法のような形になっていますね。用語としては、「withの非制限用法」というものはありませんが・・・ 2)先行詞, 関係代名詞+be動詞+(前置詞or現在分詞・過去分詞) ~, ~ という非制限用法の文が可能なら、これらの関係代名詞+be動詞を省略して上の文のような構造を持った文をたくさん作れますか?たとえば次の文などです。 *** 非制限用法は、そうしなければならない理由があるからそうしているわけです。一種の文体ですね。 ア)Ted, (who is) my father, V~:これは必ず非制限用法にしなくてはなりません。 *** 制限用法というのは、"Ted who is my father V ~"というような形になるわけですが、訳すと「私の父であるテッド」と何の変哲もない日本語になり、間違いではないような気がしますが、英語としては、非制限用法にしなければならないのです。 *** どういうことかというと、「~であるテッド」と制限用法的な使い方をする場合、必ず「~でないテッド」というものが成り立たなければならないという原則が隠れているのです。 *** たとえば「クラスAの生徒たち」は"The students who are in the class A"と制限用法で表現できます。なぜなら「クラスAにいない生徒たち」が成り立つからです。 *** この場合のテッドという人物は「私の父であるテッド」はこの世にたった一人しかいません。「私の父でないテッド」ということはできないのです。もちろんテッドという名の人間はたくさんいますが、ある特定の時間・空間・人間関係を満たすテッドはこの世にだた一人のわけです。こういう場合は、非制限用法にしなければならないのです。 イ)Ted, (who is) preparing dinner, V~:これも必ず非制限用法にしなくてはなりません。 *** これもある状況・場面のテッドつまりこの世でただ一人のテッドであるから非制限用法にしなければならないのです。たとえばこのテッドが先ほどの「私の父」だとしましょう。制限用法にすると「夕食の準備をしている(私の父である)テッド」と日本語では別段不思議ではありませんが、英語では背後に「夕食の準備をしていない(私の父である)テッド」が同時に他に存在しなければならないということになるのです。だから、時間・空間・関係など一人あるいはひとつしか存在しない先行詞は必ず非制限用法ということになります。 ウ)The vase, (which is) in the museum, V~:これも必ず非制限用法にしなくてはなりませんが、"which is"を補うか、"The vase, being in the museum, V ~"となるでしょうね。この花瓶も、ある特定の時間・空間・関係でたった一つしかないと分かっている場合は、必ず非制限用法です。"being"を補ったのは、"The vase, in the museum, V ~"の中の"in the museum"をコンマで囲むのはあまり一般的ではないからです。"The vase in the museum"にすると「その博物館にある(先ほど話題に出た)その花瓶」という意味で「その博物館にはない(先ほど話題に出た)その(種の)花瓶」が他の時間・空間・関係で存在することになります。 3)このように英作文で非制限用法を用いる場合、注意することはありますか? *** つまり非制限用法は「(S)は~で、・・・」とその主語の説明を順序だてて説明しているだけで、制限用法が成り立つためには「~である(S)」と「~でない(S)」が同時に成立しなければならないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

見慣れない構造だったので(笑 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 省略できる関係代名詞

    Tom who I thought was American turned out to be English. この場合の関係代名詞whoは省略可能でしょうか? わかる方、是非教えてください。

  • 関係代名詞 省略につき…

     The artist whom I know will come here. この英文には動詞が2つあるのですが、I know の後ろには省略されている関係代名詞があるのか なあって思いました。 省略されていますか? そして助動詞のwill 動詞って続いていますよね。     目的格の関係代名詞 whom も省略してしまうこともできますか?

  • 関係代名詞の省略でしょうか?

    Bishop Gardiner believed that here was a Moses come to lead England back to the promised land. この英文は下記のように a Moses と come の間に who had が省略されているのでしょうか。 Bishop Gardiner believed that here was a Moses ( who had ) come to lead England back to the promised land. 最初、一つの節の中に動詞が二つあるのに( was, come )、接続詞や関係代名詞がないので???と思いましたが、there is/are 構文や here is/are 構文の場合、関係代名詞が主格であっても省略できると思い出したので、このように考えました。 ただ、関係代名詞自体は省略できても had まで省略できるのか???疑問が残ります。。。 この点につきまして、お手数かけますが、ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

  • be動詞+関係代名詞の省略について

    be動詞+関係代名詞の省略について This is a letter written by him. 例えばこのような場合、 1.This is a letter which is written by him. 2.This is a letter which was written by him. の2通りが考えられるかと思います。1の場合は彼が普段書く手紙、 2ですと彼が書いた手紙、という意味になるかと思います。 このようにbe動詞+関係代名詞の省略をしてしまうと、時制があいまいに なることがあるのではないでしょうか? もし、そう言われたら状況によってどちらの訳になるかを 聞き手側で判断するしかないのでしょうか? 細かいことを聞いて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞について

    「これは10年前に作られたコンピュータです。」は This is a computer which was made ten years ago. となると思います。 が、これは this is a computer made ten years ago. と過去分詞の後置修飾に書き換えることができると思うのですが 上の関係代名詞の文とどう違うのでしょうか? 目的格を関係代名詞にとる文は書き換えられるのですが、これもできるのでしょうか?

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • 関係代名詞について

    新基礎英語3の教材で英語を勉強しているのですが、 12月3日放送の中で疑問が生じました。 例文 1.A number that many Japanese hate is "four". 2.The woman who you saw is an actress. 上記の文でhate、saw、の動詞の次にbe動詞がきているのですが、これは関係代名詞だからいいのですか? 例えば普通の文ですと、you saw an actress.が正しくて、you saw is an actress.だと変ですよね? 動詞の次にbe動詞がくるのが理解出来なくて、困っています。

  • 関係代名詞+be動詞の省略について教えてください。

    関係代名詞+be動詞の省略について教えてください。 1.This is a letter which was written by her. 2.This is a bike which is used by him. be動詞が過去形でも現在でもwhich is, which wasは省略しても いいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

専門家に質問してみよう