• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞 省略につき…

 The artist whom I know will come here. この英文には動詞が2つあるのですが、I know の後ろには省略されている関係代名詞があるのか なあって思いました。 省略されていますか? そして助動詞のwill 動詞って続いていますよね。     目的格の関係代名詞 whom も省略してしまうこともできますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数217
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

文には、メインの動詞が必ず1つ。それプラス、 接続詞が使われている場合は、 接続詞1つにつき1つの動詞。 関係代名詞が使われている場合は、 関係代名詞1つにつき1つの動詞。 この定義については、決して揺るがないでください。 つまり、接続詞1つが使われている文なら、 動詞は合計2つ(メイン+接続詞節) 関係代名詞1つが使われている文なら、 動詞は合計2つ(メイン+関係代名詞) 関係代名詞1つと接続詞1つが使われている文なら、 動詞は合計3つ(メイン+関係代名詞節+接続詞節) 関係代名詞2つが使われている文なら、 動詞は合計3つ(メイン+関係代名詞節(1)+関係代名詞節(2)) The artist whom I know wil come here. は、 上の基本ルールにのっとった、 とてもシンプルな文だと思うのですが・・・。 動詞は2つ。1つはメインの動詞。 The artist will come here. の will come もう1つは関係代名詞節の動詞。 whom I know の know 関係代名詞の中に動詞が2つ?とは、 疑う余地もないと思うのですが、どうですか? 最初に書いたとおり、 1つの文にはメインの動詞が1つ、それプラス 接続詞や関係代名詞などがあれば、節につき1つ。 これが基本のルールです。 あと、原形不定詞(to 無し不定詞)は、 限られた動詞との組み合わせの中でしか登場しません。 普通の文で普通にしょっちゅう出会うものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

bookaholic様 本当に分かりやすい説明で本当にご親切で丁寧に書いてくださいまして有難うございました。  一番気になっいた文の中の動詞の数について本当によく理解が出来ました。 それに限定不定詞のことをここで教えてもらうことができてためになりました。 少しばかり子供のような質問になってしまいましたがこれで本当によく勉強が進みましたので貴方様に教えてもらえて本当に感謝しています。  接続詞で文をつなげた時と同等に関係代名詞節においても動詞が一個プラスされていくのですね。 よくわかりました。 いままで有難うございました。 「関係代名詞の中に動詞が2つ」と書いてしまったのは関係代名詞節の入った1つの文全体のことを関係代名詞節と(間違って)表現してしまいました。 すいませんでした。

関連するQ&A

  • 関係代名詞の省略でしょうか?

    Bishop Gardiner believed that here was a Moses come to lead England back to the promised land. この英文は下記のように a Moses と come の間に who had が省略されているのでしょうか。 Bishop Gardiner believed that here was a Moses ( who had ) come to lead England back to the promised land. 最初、一つの節の中に動詞が二つあるのに( was, come )、接続詞や関係代名詞がないので???と思いましたが、there is/are 構文や here is/are 構文の場合、関係代名詞が主格であっても省略できると思い出したので、このように考えました。 ただ、関係代名詞自体は省略できても had まで省略できるのか???疑問が残ります。。。 この点につきまして、お手数かけますが、ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 英文1つの動詞の数。

    以前、参考書で「普通、ひとつの英文には動詞はふたつない」という言葉があった気がして気になっていたのですが、そんなことありませんでしたか?  関係代名詞や接続詞の数に関係しなくても動詞の数が何個もあることはありますよね。    The artist whom I know will come here. 例えばこの英文をみると The artist を修飾していても know という動詞と この文の動詞come という動詞が1つの文の中に2つ動詞が書かれていることになっていますよね。    あと、一般動詞とbe動詞が同じ文のなかに何個あってもいいのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

No.2 です。 ここには何も省略されていません。 さっきの回答で説明したつもりだったのですが、 分かりにくかったでしょうか。 関係代名詞を使った文というのは 普通の文(メインの文)+関係代名詞の部分 という構成です。 上の例文の場合は whom I know までが関係代名詞の部分。 残りの部分は The artist will come here. この部分、これ以上分けることできないですよね? The artist が主語。will come が動詞。 完全に普通の文ですよね、何も余分なものが入っていない。 ということは、 The artist will come here. が、メインの文そのもの。 どこにも関係代名詞が入るスキはないと思いませんか? それに関係代名詞で省略できるのは、目的格だけです。 だから、(省略された関係代名詞) will come みたいな姿で、 省略のあと、いきなり動詞から始まってることは、ありえません。 ・・という説明ではどうですか? まだ分かりにくいでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

文が始まってからピリオドの(.)までに(接続詞が省略されていない本来の文で)動詞単語が接続詞や不定詞を作る時の to を伴わずに2つ以上あってもいいのだろうかと思っています。 どうも関係代名詞節でも名詞を修飾する時の動詞と合わせて2つの動詞単語があってもいい物のように思えますが、ただしいのでしょうか。

  • 回答No.2

訳や考え方は、 No.1さまのおっしゃる通りだと思います。 2つめの質問について。 目的格の関係代名詞は省略できますから、 The artist I know ‥ としてもOK。 1つめの質問について。 動詞が2つあるから、関係代名詞2つあるはずで だから、know の後に本当は関係代名詞があった? って思われたのでしょうか? 動詞の数は、関係代名詞(や接続詞)の数と 一致するわけではありません。 なぜなら、文には必ずメインの動詞があるはずだからです。 動詞のうちの少なくとも1つは、メインの動詞なはずです。 この文の場合は、know が関係代名詞の節に含まれることは明らかです。 だから必然的に、次の動詞 will come は、 主語 the artist に対する、 この文のメインの動詞、ということになります。 あとは、主格の関係代名詞は省略できないということも 次にこのような文を見た時のヒントになるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

know の後に本当は関係代名詞があった? って思われたのでしょうか?  はい、思っていました。 本当はないのでしょうか。  

  • 回答No.1

これは、訳すと、 私が知っているアーティストがここに来るようだ。 つまり、whom I know は、The artistを修飾していて、 この文章の本来の同士はcome です。 The artist (whom I know) will come here.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞はどの様なときに省略されるのですか⁇

    関係代名詞はどの様なときに省略されるのですか⁇ 人のときはwho 人以外のときはwhich を使うと習いました。 では、thatやwhomはいつ使うのですか⁇ こんな事も分からず大変恥ずかしいのですがこんな私にでもわかる様な回答お待ちしておりますm(_ _)m

  • 主格の関係代名詞の省略

    関係詞節の中にI think,I know等が挿入されているときは主格の関係代名詞も省略できることをいろいろな時事英文の中で確認していますが、この現象はいつごろから見られたものでしょうか? http://www.fumiswebpage.com/furuya08.html

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略について勉強していて、すればするほどこんらんしてきてしまったのでどなたか確認をしていただきたいのですが、 主格、所有格、目的格とあってwho which thatなどありますが、 これらの中で省略できるものは主格のwhich,that 目的格のwhich,that,whom で良いのでしょうか?主格のwhoは省略できないですよね? また会話では目的格ってあまり使われていないと聞いたのですが、どうなんでしょう。宜しくお願いします。

  • 関係代名詞の省略のルール

    関係代名詞のルールについて以下のお二方のお言葉引用させて頂くと、 吉田「関係代名詞は、直前に先行詞、直後に名詞句が存在するならば、省略できる。」(p.144) 岡田「関係代名詞は、先行詞と名詞句にじかに挟まれている場合に限り、省略できる。」(p.44) [引用文献] 岡田伸夫(2001)『英語教育と英文法の接点』美誠社 吉田正治(1995)『英語教師のための英文法』研究社 と、どちらも同じことを仰られています。 このルールに従えば、以下の文の関係代名詞は省略可能だと思うのですが、所有している参考書では不可能とされていました。 何故省略出来ないのか、その直接となる理由をご教示下さい。 Most of the people (who) attended the seminar on foreign language teaching were English teachers. この文をattendedが動詞の過去形でその主語が省略されている関係代名詞主格whoと考えました。 訳は『その外国語を教えるセミナーに参加した人々の殆どは英語の先生だった。』 ちなみに元は正誤判定問題でした。詳しくはttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa4169638.htmlの質問(4)を見てください。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

  • 関係代名詞について質問です。

    英文法の教科書に Her second husband was Conrad Hilton, whom she married in 1942. という例文の後に、「非制限用法なので、whomは省略できない。」とありました。関係代名詞は、非制限用法のときしょうりゃくできないのでしょうか?

  • 関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

    よろしくお願いします。 関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか? 例えば次の文において、 関係代名詞はwhoで先行詞がwho、 peopleにwho live in New Yorkがかかっています。 この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、 whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。 I know a lot of people who live in New York. 同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略や非制限用法関連について質問です。 Children, with their fresh curiosity for unknown worlds and affluent imaginations, can put themselves into the worlds of books. 1)上の文は所持・所有のwithの非制限用法となっているのでしょうか? 2)先行詞, 関係代名詞+be動詞+(前置詞or現在分詞・過去分詞) ~, ~ という非制限用法の文が可能なら、これらの関係代名詞+be動詞を省略して上の文のような構造を持った文をたくさん作れますか?たとえば次の文などです。 Ted, (who is) my father, V~ Ted, (who is) preparing dinner, V~ The vase, (which is) in the museum, V~ 3)このように英作文で非制限用法を用いる場合、注意することはありますか?

  • 関係代名詞の省略がわかりません。

    どうしても関係代名詞がわかりません。 例えば、 The restaurant (which) we visited is elegant. whichは省略できるために( )が付くのだと思いますが どうして省略できるのかわかりません。 目的格は省略できるとのルールですが、これは目的格でしょうか?