• 締切済み
  • 困ってます

関係代名詞の省略について

関係代名詞の省略について勉強していて、すればするほどこんらんしてきてしまったのでどなたか確認をしていただきたいのですが、 主格、所有格、目的格とあってwho which thatなどありますが、 これらの中で省略できるものは主格のwhich,that 目的格のwhich,that,whom で良いのでしょうか?主格のwhoは省略できないですよね? また会話では目的格ってあまり使われていないと聞いたのですが、どうなんでしょう。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数235
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5

#3です。舌足らずな説明でした。tomoさんの言われるとおりですが、補足させていただきます。 1) He is the man who I believe can help you. 「この文は関係詞+S+Vになっていますが、この関係詞は省略できないのではないかと思います。 どうしてかっていうとやっぱりwhoは主格の関係代名詞だから」 理屈から言えば、whoはcan help youの主語なので、省略できないことになります。一方native speakerは、the man を、can help youよりも”より近い位置にある”I believeの”目的語”と認識する(規範文法からみれば”錯覚?”する)傾向があり (これを「近接proximityの論理」という)He is the man whom I believe can help you.も普通に用いられているようです。規範文法的では、"native speakerによってしばしば犯されるミス"とされてきましたが、記述文法的では、”間違いとはいえない”とされています。またwhomにしても省略しても、意味上誤解を招くことはなく、He is the man I believe can help you.は ”正しい文”だと考えます。 なお受験英語においても、従来,恐らく80年代まで,大学入試によく出題された次のような四択問題 He is the man ( ) I believe can help you. 1 who 2 --- 3 whom 4 --- も、現在では上記の事情を考慮してか姿を消しています。 2 This is all the money (that) there is. 「この文は、関係詞の後ろがS+Vではないです。thereは主語ではないと思います」 there is S --- と学校文法では習いますが、このSは”意味”の上で主語とされますが、文の中では意味のないはずのthereが主語の役目を果たします。 (1) There being no hospitals around there, it took some time to reach a doctor. (独立分詞構文の主語は省略されない) (2)I hope for there to be no more troubles here. (to不定詞の意味上の主語はfor-で表す) (3)I was very surprised at there being so many accidents (動名詞の意味上の主語はその前に置かれる) 従ってthere be 構文の主語はthereであると考えてよいと思います。 中高ではthere be の後に来る語が主語と教えられているから、学習者を混乱させることになるのではないかという意見もあると思いますが、私の言いたかったことは”文法上のルールはできる限り少なくして教えるのが望ましい”ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞はどの様なときに省略されるのですか⁇

    関係代名詞はどの様なときに省略されるのですか⁇ 人のときはwho 人以外のときはwhich を使うと習いました。 では、thatやwhomはいつ使うのですか⁇ こんな事も分からず大変恥ずかしいのですがこんな私にでもわかる様な回答お待ちしておりますm(_ _)m

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 関係代名詞は who whoes whom which that 以外にありますか? あったら教えてください。

  • 回答No.4

paniniXXさんの#3の回答を見て再度回答させていただきます。 「関係詞+S+Vのとき、関係詞は省略できる」に疑問を感じました。 例えば、 He is the man. I believe he can help you. この二つの文を関係詞を使って書き換えたとき、 He is the man who I believe can help you. この文は関係詞+S+Vになっていますが、この関係詞は省略できないのではないかと思います。 どうしてかっていうとやっぱりwhoは主格の関係代名詞だから・・・。 それから、私が例文として#1で出した、 This is all the money (that) there is. この文は、関係詞の後ろがS+Vではないです。thereは主語ではないと思います。 there is の後ろに来る名詞は主語ですから、このthatは主格の関係代名詞です。 やっぱり、基本的に省略できるのは、目的格の関係代名詞じゃないのかなぁと思います。 主格の関係代名詞でも省略できるのは、#1で例文として出した二つ・・・もしかしたらそれ以外にも例外はあるのかもしれないですが・・・。 なんか余計ややこしくなっていたらごめんなさい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

#2の件ですが前にも同様の質問をされておられると思いますが、簡単に言えば 「関係詞+S+V(正確にはS+VはNP+VPと言う)  の時、関係詞は省略できる」  と考えていいと思います。   これで、tomotomoさんが紹介されたthere isが続く場合、関係副詞が省略される場合も統一して説明でき「目的格」という用語は不要になります。 例外は、 #1で紹介されたthere is +S +who +V - の 場合(実際にはめったにお目にかからないです) と、#2のURSを参照してください。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=399355 #5の答えを見ていただいてもいいかと思われますが ますます混乱するかも。

参考URL:
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=399355

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

基本的に省略できる関係代名詞は目的格だと思います。 ただ、主格の関係代名詞が省略できる場合もあります。 もちろん、whoもです。 例えば、There is ~, Here is ~, It is ~ の後なんかは省略できます。 There is a man (who) wants to see you. 他にも、関係代名詞の後にthere is ~が来るときも省略できます。 This is all the money (that) there is. あと、目的格の関係代名詞でも、前に前置詞のある目的格の関係代名詞は省略できないと習った気がします。 This is the house (which) I live in. = This is the house in which I live. 関係代名詞って難しいですよね。 私は高校時代かなり苦労しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 関係代名詞 whichとthat

    関係代名詞でwhich(またはwhom,who)を使う場合、thatが代用可能というのがあります。でもじっさい、これらはどのようなニュアンスの違いがあるのでしょう。 テキストなどには関係詞が目的語の場合、関係代名詞は省略可能で通例省略することが多い、というところまでは説明してありますが、whichとthatをどういう場合に使い分けるのか、またそのニュアンスまで解説してるものはなかなかみられません。 しかし英語を勉強しているとこの手の疑問が多くて困ります。 どちらの言い方でもつかえるが、どういった場合にどちらを使うのか… そのへんまでつっこんだ、比較的平易な解説書があれば良いのですが…

  • 関係代名詞に関する質問になります。

    「昨年の5月に (あなたの) ご自宅に滞在しましたミカです。」と手紙に書く場合、 “I'm Mika who stayed at your home in last May.”と作成しましたが、 この文では、関係代名詞を使った表現がふさわしいでしょうか。 適切な表現がありましたら、教えて頂きたいです。 また、参考書に 「who, whom, which の代わりにthatを使う」 「目的格の関係代名詞(whom, which) は省略かthatを使用」 会話では特にその傾向が強いとあります。 目上の方との会話で、省略やthatを用いてもよいでしょうか。 今回の手紙でも、“I'm Mika that stayed at your home in last May.”としてもよいかなとも思っております。 よろしくお願い致します。

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • 関係代名詞 省略につき…

     The artist whom I know will come here. この英文には動詞が2つあるのですが、I know の後ろには省略されている関係代名詞があるのか なあって思いました。 省略されていますか? そして助動詞のwill 動詞って続いていますよね。     目的格の関係代名詞 whom も省略してしまうこともできますか?

  • 今の関係代名詞の考え方について

    関係代名詞を勉強するはじめのstepとして、教科書やそれにそったexercise本に  That is the man that I saw at the bookstore. とあり、 これはこれでいいと思うのですが・・・暗記チャートのかわいいイラストには 主格<先行詞「人」>→who , that 目的格<先行詞「人」> → that     とあり whoやwhom の存在が中3の本の最後まででてこないようです。    who やwhom を教えると覚えることが増えて混乱する ということなのでしょうか?     それがいいことなのでしょうか? そういうものなのでしょうか? 考えすぎなのでしょうか?   口頭で「こんなのもあるよ。」だけは おさえるべき? ?? 全く よくわかりません。 わかるかた ご意見を宜しくお願いいたします。

  • 複合関係代名詞について。

    複合関係代名詞でwhoerer,whichever,whatererは、関係代名詞who,which,whatの主格、目的格、SやCやOと文法上同様に扱ってよいのですか?

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞の省略がわかりません。

    どうしても関係代名詞がわかりません。 例えば、 The restaurant (which) we visited is elegant. whichは省略できるために( )が付くのだと思いますが どうして省略できるのかわかりません。 目的格は省略できるとのルールですが、これは目的格でしょうか?

  • 関係代名詞の省略でしょうか?

    Bishop Gardiner believed that here was a Moses come to lead England back to the promised land. この英文は下記のように a Moses と come の間に who had が省略されているのでしょうか。 Bishop Gardiner believed that here was a Moses ( who had ) come to lead England back to the promised land. 最初、一つの節の中に動詞が二つあるのに( was, come )、接続詞や関係代名詞がないので???と思いましたが、there is/are 構文や here is/are 構文の場合、関係代名詞が主格であっても省略できると思い出したので、このように考えました。 ただ、関係代名詞自体は省略できても had まで省略できるのか???疑問が残ります。。。 この点につきまして、お手数かけますが、ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

  • thatの関係代名詞について

    thatって同格、名詞節、関係代名詞を作ると思うんですが 関係代名詞の場合、who/whom/whoseと置き換えるところを thatはすべてthat/that/thatにするんですか? その場合、who/whom/whoseと同様に目的格として使われている thatのみ省略できるんですか?

専門家に質問してみよう