• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

主格関係代名詞の省略について

関係代名詞省略に関するURLの中で、分からないところがあります。 どなたか、ご教示いただきますればありがたく存じます。 次の問題です。 5. The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird ------- is. (A) it (B) there (C) what (D) each 訳:トランペッタースワンはおそらく現存する最も重い飛べる鳥であろう。 解答:(C) 解説:there isは倒置の一種と考えると省略されている関係代名詞は主格である。従って理論的には主格でも関係詞が省略化ということになる。なぜか、この形では関係代名詞は省略可ではなく、省略しなければならない。 答えは、thereかと思いました。なぜ、whatが正解なのか理解できません。 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 http://www.bekkoame.ne.jp/~catalyst/zenpan.af3/relativec.html

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数351
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

私はこの問題の主旨が明確になっていないので、問題としては不完全だと思います。 出題者は、 The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird ------- is. という文章の ------- に入る単語を(A) ~ (D) から選択せよ、と言っているのか、この文で省略してある関係代名詞を(A) ~ (D) から選択せよとと言っているのかが不明確だからです。 ですから、常識的に見てこのような説明不足の問題の場合、回答者としては、 ------- に入る単語を選択してしまうのはやむを得ないことでしょう。 私であっても、この場合(B) there を回答とします。 なぜなら、「省略されている単語はどれですか?」という設問がどこにもないからです。 単なる穴埋め問題と捉えるのが普通でしょう。 要するにこの文章の場合、 ------- に入る単語は、(B) there で、省略されている関係代名詞は、(C) what ということになります。 引用されているサイトの主旨から言っても、ここでは省略されている関係代名詞について問うているのだろうことはわかりますが、そうであるなら問題文を、 The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird ------- there is. にして、「 ------- の部分に省略されている単語はどれでしょう」とするべきです。 はっきり言って不親切で、回答者を混乱させる問題です。 >なぜ、whatが正解なのか理解できません。 というお気持ち、理解できます。 ところで、解釈の仕方としてはこうです。 関係代名詞が主格の場合、それが be動詞の補語の場合に省略できます。日本語訳の意味から言っても、関係詞節が、there is となることは明らかで、there は関係詞節の形式上の主語です。there is の is の補語となり得るのは、(A) ~ (D) の中では what しかありません。 解説の中で、「この形では関係代名詞は省略可ではなく、省略しなければならない。」と言っているのは、there is 構文の場合、形式的な主語は there であるが、意味上の主語は、その補語に当たり、関係詞節の中には意味上の主語がないことから、関係代名詞を省略しなければならない。ということでしょう。 同じように関係代名詞が be動詞の補語の場合でも、次のような文では意味上の主語 she が関係詞節にありますから、関係代名詞は省略してもしなくても可です。 She is no longer the innocent young girl (who) she was. 「彼女はもはや純粋無垢な少女ではない」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

matchboxtwentyさま、今回もご丁寧にお教えいただいて本当に有難うございます。明快なご回答に感動しております。ちょっと難しい文章を読んでみるのが好きなのですが、また難題に出くわしたときはお力を貸してください。

関連するQ&A

  • 関係代名詞whatについて教えてください

    一昨日、主格の関係代名詞の省略について教えていただいたものです。また疑問が生じましたので、ご教示いただきたいのですが。 The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird (what)--- there is. についてです。 there is 構文の時は、whatは、省略しなければならないということでしたが、なぜ、関係代名詞がwhatなのか分からなくなりました。thatまたはwhich は、ありえませんか?ここでは、選択肢の中にwhat以外に合うものがなかったからでしょうか?あるいは、what there isで、現存するというような決まった言い方があるのですか?混乱してきました。よろしくお願いいたします。

  • whatの関係代名詞 主格にる?

    whatの関係代名詞は、関係詞節の中で、主格・目的格に なることができると参考書に書いてあったのですが 目的格の例文は沢山見かけます。 自分の勉強不足だと思うのですが 主格の場合の例文を見かけませんし 思いつきません。 whatの関係代名詞で主格の場合は、実際多くありますか? いくつか例文を教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 主格の関係代名詞の省略

    関係詞節の中にI think,I know等が挿入されているときは主格の関係代名詞も省略できることをいろいろな時事英文の中で確認していますが、この現象はいつごろから見られたものでしょうか? http://www.fumiswebpage.com/furuya08.html

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • pjman
  • ベストアンサー率48% (31/64)

(たぶん間違っていると思いますが^^;) 私は、どちらかと言えば問題文のほうが誤っているような気がします。thereが抜けているように思います。 (元の文だと文章になっていないように思います) The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird ------- there is. 上が正しい文章で、これに省略されている主格となる関係代名詞 "what" を補うと、 The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird what there is. になります。この形では "what" は省略しなければならないとのことですので、最終的には以下のようになります。 The trumpeter swan is probably the heaviest flying bird there is. (トランペッタースワンはおそらく現存する最も重い飛べる鳥であろう。) こう考えたほうが、引用されているサイトの説明とピタッと合うような気がしますが、いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解説して頂いて有難うございました。おかげさまで理解できるようになりました。やはり問題に難ありでしょうか。 みなさまに助けていただいて、感謝しております。

  • 回答No.1

参考のサイトも見てみましたが、単に解答記号の書き間違いです。解説を読んでも、there構文の主語が関係詞になっているときには省略される、というポイントが説明されていますので、正解は当然(B)です。 ちなみに、there構文で本当にbeの後にある名詞句が主語なのか、という問題は言語学で広く論じられています。たとえば、 There are books on the table, aren't there? のようにthereを使った付加疑問を作ることができます。このような振る舞いからして、実際にはthereが文法的な主語ではないか、という議論があります。there isの後ろにある名詞句を関係詞にした時に省略できるというのも、この名詞句が通常の主語とは違う性質を持っていることを示しているのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速有難うございました。また、thereについても解説して頂いて、大変参考になりました。(とはいっても、こちらは、ちょっと難しかったです。) また、教えて頂きますれば幸いです。

関連するQ&A

  • 主格の関係代名詞の省略

    by someone I think was named Simon と言う句を見かけました。解説にはsomeoneの後ろに主格の関係代名詞whoが省略されているとのことでしたが、目的格以外でも省略されることがあるのでしょうか?何かルールでもあるのでしょうか?ちなみに、解説には後ろにI thinkが来れば省略できると書いてありました。I believe でもできるのでしょうか?解答お願いします。

  • 主格の関係代名詞が省略可能の時を教えて下さい。

    英語の文法でつまずいています。 日本の英語の授業で、関係代名詞の主格は基本的に省略できないと習いました。 が、Betty .S.Azarの著書のアメリカの口語文法の教科書の中で、形容詞節から形容詞句への書き換えの際、be動詞がない形容詞節の関係代名詞が省略できる場合があると書いてありました。 例文が、 ●Clause: English has an alphabet that consists of 26 letters. Phrase: English has an alphabet consisting of 26 letters. ●Clause: Anyone who wants to come with us is welcome. Phrase: Anyone wanting to come with us is welcome. 説明文は、If there is no be form of a verb in the adjective clause, it is sometimes possible to omit the subject pronoun and change the verb to its -ing for as in above sentences. となってます。どのような時は省略可能なのか、不可能なのかで混乱してしまいました。他に省略可能な例文と、分かりやすい説明をしていただけますか? 英文法はあまり深く考えても、前に進まないことは承知なのですか、、、、。日本の参考書には、主格は省略不可能としか書いていません、、、。 よろしくお願いします!

  • 関係代名詞の省略でしょうか?

    Bishop Gardiner believed that here was a Moses come to lead England back to the promised land. この英文は下記のように a Moses と come の間に who had が省略されているのでしょうか。 Bishop Gardiner believed that here was a Moses ( who had ) come to lead England back to the promised land. 最初、一つの節の中に動詞が二つあるのに( was, come )、接続詞や関係代名詞がないので???と思いましたが、there is/are 構文や here is/are 構文の場合、関係代名詞が主格であっても省略できると思い出したので、このように考えました。 ただ、関係代名詞自体は省略できても had まで省略できるのか???疑問が残ります。。。 この点につきまして、お手数かけますが、ご教授いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 主格の関係代名詞について

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか. People using the hospital in Las Vegas belive that there are not enough beds avilable. Peopleとusingの間にはwho areが省略されていると、参考書に書かれていました。 (1)主格の関係代名詞は省略できないと理解していましたが、その理解は間違っていますでしょうか? (2)それともwho are と関係代名詞と動詞が一緒でしたら省略できるということでしょうか? whoだけの省略でしたらPeople are usingとなり、文脈がわかりにくくなるからダメなのでしょうか? 平易にお教え頂ければ幸いです。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略について勉強していて、すればするほどこんらんしてきてしまったのでどなたか確認をしていただきたいのですが、 主格、所有格、目的格とあってwho which thatなどありますが、 これらの中で省略できるものは主格のwhich,that 目的格のwhich,that,whom で良いのでしょうか?主格のwhoは省略できないですよね? また会話では目的格ってあまり使われていないと聞いたのですが、どうなんでしょう。宜しくお願いします。

  • 関係代名詞主格のthat

    関係代名詞の主格でthatを利用した場合についてですが、その後にbe動詞のisがくる場合、関係代名詞とisを短縮してthat'sとすることは可能でしょうか。 ネイティブの方は使いそうな気もしますが、文章としてあまり見かけたことがありません。全く問題がないのか、口語表現としてはアリ、なのか、それとも不自然に感じるのか、そのあたりをぜひ教えてください。

  • 主格の関係代名詞の問題

    主格の関係代名詞の問題出してください。 英作文的なやつをお願いします。教科書の問題は並べ替えしかないんですよ whichもwhoもやりました

  • 関係代名詞 主格目的格の見つけ方 

    関係代名詞,会話のときなど関係代名詞の主格目的格のところで必ず混乱します。 一つ一つやると分かるのですが・・・。英語が不得手な私にも理解できる簡単な方法はないでしょうか。

  • 関係代名詞の省略

    過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

  • 関係代名詞の省略がわかりません。

    どうしても関係代名詞がわかりません。 例えば、 The restaurant (which) we visited is elegant. whichは省略できるために( )が付くのだと思いますが どうして省略できるのかわかりません。 目的格は省略できるとのルールですが、これは目的格でしょうか?