• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関係代名詞と分詞の形容詞的用法に関して

タイトルの2つの単元に関してなんですが、 分詞の形容詞的用法というものは関係題名詞の省略って感じなんですか? たとえば  Do you know the man who is running with Ken? (関係題名詞) これを省力したものが 分詞の形容詞的用法 Do you know the man running with Ken? となるのですか? 回答宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数625
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

そう考えてよろしいと思います。省略かどうかということは文法学者の中でも意見の分かれるところなのでしょうが、英語を使うものとしてはほとんど無用の議論で、暇な大学教授あたりに任せておけばいいと思います。見解が分かれるからこそ参考書等では説明がなされていないとも言えます。専門書であれば参考文献があるかもしれませんが、権威のある学者の意見が優勢を占めたりして、あいまいなところではないでしょうか。英語の歴史等を勉強すれば納得できるところも出てくると思いますが、膨大な時間がかかり、実用的でないため私の場合あまり関心はありません。日本語国文法も基本的なことは必要ですが、ある程度高度になってくると一般人にはどうでもいいことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 そこまで深いとは..... そう深く考えずに気軽にやっていきます。

関連するQ&A

  • 現在分詞と関係代名詞

    本を読んでいる少年はKenです。 これを英文にすると、 The boy reading a book is Ken. The boy who is reading a book is Ken. どちらが正解ですか? 過去の質問に現在分詞は関係代名詞が 省略されたものだと思えばいいと書いてあったのですが、勉強の順番が分詞を覚えてから関係詞がでてきたので困惑しています。 どちらでも全く同じ意味で、テストでもどちらを書いても点数はもらえるものなんでしょうか?

  • 関係代名詞と不定詞形容詞的用法

    関係代名詞と不定詞の形容詞的用法について、下記について教えて下さい。 1. This is the first man to land the moon. The first manとlandがSV関係にあります。 →This is the first man who landed the moonと置き換えられます。 ※ちなみにこの例文はネイティブの文法書を参考にしています。 2.She is the woman who lives next door. The woman とliveがSV関係にあります。 →She is the woman to live next door.と置き換えると少し違和感を感じるのですが、 これもナチュラルな言い方でしょうか。 ご回答よろしくお願いいたします。 ちなみにわたしは、英検1級とTOEIC900点以上のスコアがありますが、 海外留学経験がないので、感覚的なものが足りていません。

  • 英語 不定詞 形容詞的用法 関係代名詞

    英語の不定詞、形容詞的用法と関係代名詞との絡みについて質問させて戴きます。 例文1 Those refugees had no money to buy food with 例文2 He looked for the glasses with which to examine the papers どちらの文も Those refugees had no money with which to buy food He looked for the glasses to examine the papers with と書き換え可能だそうですが、to 不定詞の、 不定詞の所に来る動詞が形容詞的に働いていて、目的語を必要としている場合に関係代名詞が無い文には、目的格の関係代名詞が必ず省略されていると考えてよろしいでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#47281

大体このように考えていいんですが、例外もあります。 This is a girl who lives in France. この文は現在進行形になっていませんが、関係代名詞を使わずに、 This is a girl living in France. とすることができます。 詳しくは他の回答者がフォローしてくれると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

例外ありがとございます。 なんとなくわかるように思います。 自分の疑問は解決したので締め切らせてもらいます。

関連するQ&A

  • 関係代名詞」

    関係代名詞で出てくる二重限定についての解説を下さい。あと、この問題の関係代名詞の修飾する先行詞も教えて下さい。 Can you mention anyone   that we know who is as  gifted as Robert?  すばらしい先生方の知恵でこの迷える子羊をどうかすっくってください。  関係代名詞の限定用法と継続用法の違いを教えてください.宜しくお願いします。  

  • 不定詞形容詞用法と関係代名詞について

    The book provides information about every species(1) Dr. Ken has observed (2)but gives special attention (3)to 50 birds (4)that she consider (5)to be the most intriguing. という英文があります。 (1)「every species」と「Dr. Ken has observed」の間には関係代名詞thatもしくはwhichが 省略されている(省略できるのはobserbedの目的語になっているから)という認識で OKでしょうか? (2)ここで使われているbutの用法、品詞について教えて下さい。 (3)to 50 birdsですが、これは不定詞形容詞用法で前の名詞attentionにかかる という認識であっていますか? (4)と(5)ですが、これは本来は(4)の関係代名詞thatに50 birdsを当てはめて She considers 50 birds to be the most intriguing. という文章で、「S+V+O+C」の第5文型になり、(5)のto be the most intriguing. のto beは補語の役割を果たすと考えていますが、合っていますでしょうか? お手数ですがご確認をお願いいたします。

  • 過去分詞と不定詞の用法の扱い方について

    こんにちは。 先日、動名詞と現在分詞について下記(http://okwave.jp/qa/q6938828.html)にて 質問させて頂きました。その関連で過去分詞と不定詞について質問させて下さい。 まず、過去分詞の用法は、 ・受身の働き ・完了の働き ・副詞・形容詞の働き ・分詞構文 の4つですよね。 be動詞がつかず、また分詞構文のように、過去分詞の直前に","が無い場合の過去分詞は、 必ず形容詞・副詞の役割をするんでしょうか?そして、直前の単語にかかるんでしょうか? 形容詞・副詞のどちらかというと、修飾候補が多すぎて悩んでしまいそうです。 見分ける方法はありますか? また、不定詞については、 ・不定詞の名詞的用法 (つまり、主語・動詞の目的語・前置詞の目的語・補語という役割を持つ?動名詞と同じ訳し方をすればいいという事ですよね?) ・不定詞の形容詞用法 ・不定詞の副詞用法 があると思いますが、例えば前置詞の目的語に不定詞が来る場合、 of to~という構造もありうるという事ですか? また、形容詞・副詞用法が別々にあるので、これも修飾候補が多すぎて悩んでしまいそうです。 2つの用法を見分ける方法はありますか?

  • 分詞の形容詞的用法(過去分詞)

    なっとくできない文があって困っています。 分詞の形容詞用法で過去分詞の形なのですが。 The baby is playing with a broken toy. 上の文のa broken boy ある説明文を読むと「壊されたおもちゃ」とあります。確かにbrokenは過去分詞形で受動的な意味をもつとされています。 しかし、このbreakを自動詞(こわれる)ととったら、過去分詞の形になったとき「壊れてしまった」と完了形の意味をもつのではないでしょうか。 今まで「壊されたおもちゃ」とならってきて納得いかず これがThis is a toy broken by Tom. なら納得いくのですが、 play with a broken toyでは受動的な意味に・・・といわれても理解しがたいです。 完了の意味にとれないでしょうか? 受動的な意味であったらどのように理解すればよいのか教えてください。

  • 関係代名詞(非制限用法)・分詞構文・前置詞

    いつも大変お世話になっております。質問がいつも重箱の隅をつつくようなものが多くなっていますが、医学が専門ながら英語原著論文の最終checkをしなければならないという立場上、つまらないところが気になるところがあり、引き続きお付き合いいただけますと幸いです。 本日は関係代名詞の非制限用法、分詞構文、(群)前置詞の関係についてお伺いします。質問の内容を簡潔にする為に下記に二つ例文を記載します。 (1) It is imperative that all people, including those with learning disabilities, (2) Oxygen enters into combination with hydrogen producing water. 両方ともきちんとした公的な文書で使用されています。(1)に関しては関係代名詞の非制限用法で、which includeがincludingになった分詞構文になっていると判断しています。一方、includingは前置詞として広く認知されており、コンマ無しで前置詞的に使用することも可能だと思います。私自身、includingの他depending onやaccording toなど分詞構文が(群)前置詞的に使用される場合、コンマを入れるべきか入れないべきか悩む時があります。英語では、some / most / all / each / a few / 数量詞 + of + which/whom というかたまりがある場合は、必ず非制限用法書くというルールがありますので、例文の場合コンマは必要だと思いますし、自分でも必ず入れます。しかしincludingが前置詞的に使われ、コンマが必要と思われる部分にも無い場合もあります。基本的に前置詞的に使用することが認知されている現在分詞もやはり分詞から派生されたものであり、分詞構文としての性質(限定用法・非限定用法)を意識してコンマを入れていますが、いかがでしょうか? 続いて(2)の用法ですが、Oxygen enters into combination with hydrogen, which produces water.という文章を、結果を表す分詞構文に準じて略したものだと考えれられます。例文の場合私だったら必ずproducingの前にコンマを入れます。この場合私の理解としては、結果を表す分詞構文の前にコンマを入れない場合と理解していますが、私の理解は正しいでしょうか?また、このようなケースはよくあるのでしょうか? コンマは話し言葉では示されず、あまり気にしなくても良いかとも思いますが、文法をきちんと理解して正しい文章(公的文書など)を書こうとした場合、おろそかにできないというのが私のポリシーです(コンマのある・なしで文章の意味が変わったしまう可能性がある為)。自分の理解に沿わない文章が出るとついつい悩んでしまう癖があります。 もし上記の事に関して御教示していただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

  • ~ingの形容詞的用法

    現在分詞の感覚が掴めません。 (1)彼女はその犬と走っている少年を知っている。 She knows the boy running with the dog. この文を She knows the running boy with the dog. と表現するのは、文法的に誤っている(もしくは、意味が異なる)のでしょうか? (2)犬と走っているあの少年は、ケンです。 That boy running with the dog is Ken. この文を That boy who is running with the dog is Ken. と表現するのは、文法的に誤っている(もしくは、意味が異なる)のでしょうか?

  • 分詞の形容詞的用法で現在分詞か過去分詞か

    分詞の形容詞的用法で現在分詞を用いるべきか 過去分詞を用いるべきか判断ができない場合があります。 例えば…(NHKのサイトより) The distinguishing mark of Edo-kiriko is the smoothness of the cuts. Take a closer look, and you can see that the edges are rounded. distinguished mark としたくなるのですが、どのように 使い分ければいいのでしょうか? または…Edo-kiriko の特徴がEdo-kiriko と他の物と差別化を行っている、と考えた場合はdistinguishing、 人々がEdo-kiriko と他の物との差別化を行っている特徴、と考えた場合はdistinguished、となる…というようなことなのでしょうか?

  • 不定詞の形容詞的用法について

    不定詞の解釈で困っています。 Do you have a pen<anything> to write with. 「あなたは書くものを持っていますか。」 このような訳になると思うのですが、「you write with a pen」というつながりは見えるのですが、それからどのように解釈したらいいのかがわかりません。 あと I went to America to study English. これは副詞的用法で英語を勉強するためにアメリカへ行ったとなると思うのですが、 形容詞的用法で I went to America to study English in.となるとどのような解釈になるのでしょうか。 駄文ですみません。 どのような回答でも結構です。よろしくお願いします。

  • 分詞の後置修飾と関係代名詞の使い分けについて

    分詞の後置修飾と関係代名詞の使い分けについて こんにちは。以下の文章を日本語から英語に訳しました。 日本語:需要を示す家計支出を調べる 英語:survey household expenditure which indicate demand. こういった日本語の場合、今まではつねに関係詞を使って後ろから修飾してきていたのですが、、英文法の本の分詞の後置修飾の箇所を見ていて、下記のように関係詞を省略してしまえるのでは?と考えました。 survey household expenditure indicating demand ただ本の例文などを見ていると there is a boy walking on the streetなどのように単にBe動詞を修飾するための 用法のような気がします。 関係詞を使わずになるべく簡潔な文章を書きたいと思っているのですが・・ 宜しくお願いします。

  • 不定詞の形容詞的用法と分詞の違い。

    The first Westenrer ( ) the yeti was Hodgson. 「最初にイエティを見た西洋人はホジソンだった」の空欄問題で (1)to seeが正解だったんですがlooking at はなぜダメなのでしょうか。to不定詞は未来的要素があると習ったのでこの形容詞的用法は (2)「これから見る=まだ見ていない」となるのではないでしょうか。 (3)to不定詞は否定的に訳せると習ったのですが、どういったときにそうなるのでしょうか。 分詞のlooking atは確かに「意思を持って見る」だからsee「見えている」とニュアンスが少しは変わるとは思いますがならばなおさら seeはおかしいと思います。to不定詞が正しいのならば (4)to look atなら可能なのでしょうか。 (5)どちらも形容詞的に使えるのにその明確な違いまであるのでしょうか。 詳しい方解説お願いします。