• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞について

例えばこんなのですが I rode on the horse→the horse on which I rode 目的格の関係代名詞とかいうらしいですが わざわざhorseを前に持ってきて前置詞をつけてon whichなんて ややこしい使い方、アメリカ人は普段からしているのでしょうか。

noname#112747
noname#112747

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数13
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • gldfish
  • ベストアンサー率41% (2895/6955)

ちょっとお礼のご質問が的を外しているように思えます。 "the horse I rode on"や"the horse on which I rode"は名詞節ですが、"I rode on the horse"は文です。ただ語順を入れ換えたというだけのものではありませんし、それぞれが代わりにはなりませんので、わざわざ使う」価値はあります。 例えばどんな時に使うかというと・・・。 「私が乗った馬は、私が乗るには大き過ぎたの。」と言いたい時、 the horse I rode on is too tall to ride on. ・・等と言ったりすると思います。この時に"I rode on the horse"という表現は使えない、というか不要です。 でなくても英語では複数の節が組み合わさった長い文を多用しますね。関係代名詞や関係副詞なんかはそれを形作る為の定番表現ですので、積極的に使った方がいいと思いますよ。使えばそれはそれで便利ですので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、私は一部分だけに注目していたようですね。 というよりも I rode の部分が絶対的に優勢だろうと思っていました。 人間よりなぜ馬が主役になるのか理解できなかったのです。 馬が主役で、ついでに私が乗ったという説明を付随させるとしっくり来ますね。 私も積極的に使うことを考えたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • NNNN3
  • ベストアンサー率29% (13/44)

on whichなどは口語だと通常省略します。 口語だとhorseとIとの間が、通常より0.2秒ぐらい長くなるので、on whichが隠れていると認識されます。 文語だとその間が分からないため、明確にするために、on whichが付けられることが多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 口語だと省略されるんですね。 質問はI road on horse といえばいいのに わざわざ反対にしていうことが多いかどうかです。 よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 関係代名詞

    関係代名詞 So far,the only person I've seen who does'nt look nervous is Hiroshi. この文の構造を教えてください。 personの後には目的格の関係代名詞(whichまたはwhom)が省略されていていて、personは2つの関係代名詞の先行詞になっていると考えればいいだけのことですか?

  • 前置詞+関係代名詞

    問:The extent (  ) which you can communicate in English depends on practice.   ( )内に入る前置詞を答える問題で、 解答を見ると to the extent から、toを入れる、とありました。 私は関係代名詞の前にくる前置詞は、その関係代名詞以降の文の中の、抜けている前置詞を入れるものだと思っていたのですが、以前の(先行詞?)の中から前置詞をもってくることもあるのですか? またこの手が私はとても苦手なのですが、抜けている前置詞を探し出すコツなどありましたら教えて下さいm(_ _)m

  • 関係代名詞について

    関係代名詞でthat とwhichについて勉強しています 参考書に”先行詞が関係詞のまとまりの中で目的語の場合” 省略できるとなっています。 質問1、参考書の意味は”目的格で使われている場合”という     意味なのでよいのでしょうか? 今これらを2つの文で考えています 1)I saw your friend who has black hair 2)Most of people who came to the party were nice to me です1)は関係代名詞の前が完全な文となっています   2)は関係代名詞の前が不完全な分になっています。 これらの2つの文を考えた場合、 質問2、関係代名詞の省略は文が完全か不完全かで規則は     あるのでしょうか?

  • 関係代名詞

    doing the things you'd like to 目的格のwhichが省略されていると思うのですが その場合whichはなにを指しているのですか? 最後のtoがなければなんとなく分かるんですが また関係代名詞が不定詞や名詞句を指すことは可能でしょうか? 文法に詳しい方 ネイティブの表現に詳しい方 お願いします

  • 前置詞+関係代名詞?

    ある参考書に「関係代名詞は後ろに『不完全な英文』がきて、前置詞+関係代名詞や関係副詞などは後ろに『完全な英文』をとるのです」とかいてあったのですが意味がよく分かりません。例えば That is the house in which we live. という文で明らかに上の in which は『前置詞+関係代名詞』ですよね?でも後ろにきてる文はliveの目的語が抜けた『不完全な文』だと思うんです。どこか考え方間違っていたでしょうか?しかし、この参考書も間違っているとは思えないので...アドバイスお願いします。

  • 名詞が欠けていない関係代名詞節

    おはようございます、こんにちは、こんばんは。一つ質問をさせて下さい。  今使っている問題集の中で、関係代名詞の後で名詞が一つも欠けていないセンテンスにぶつかりました。  ちなみに前置詞+関係代名詞の場合、名詞が欠けている(ように見える)ことはありませんが、その文章は非制限用法の"which"というだけで、前置詞+関係代名詞ではありません。  問題文を引用できればよいのですが著作権の問題があるのでできません。そのため質問が相当わかりづらくなってしまいましたが、こういうこと(関係代名詞の後ろで名詞が欠けていない)は起こりうるのでしょうか?おわかりになる方よろしくお願いします。長い文章ですいません。

  • 補語(?)の関係代名詞

    関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

  • 関係代名詞whichはSかOにあたるもののどちらかが欠けているのでしょうか?

    こんにちは。 関係代名詞のwhichは 名詞+which S V O 名詞+which S V C など (1)どの文型の場合であっても、主格とか目的格とか言われるので、SあるいはOのどちらかの普通名詞が先行詞として前に出ていると考えるのは良くないのでしょうか? (2)名詞+which S V O Cとかの文型の場合、Cに名詞が来ていたとしてもそれは前に出てこないのでしょうか?Cというのは目的格なのでしょうか? 分かる方、どうぞご教授ください。

  • 関係代名詞について

    The compensation you're offering is rather low. ご教示頂いている補償額はかなり低いです。 という英文がありますが、 「The compensation」と「you're offering」の間に隠れている関係代名詞は 「of which」でしょうか?それとも「which」ですか? compensationの例文を確認すると You offered of compensation.あなたは補償を申し出た。 のように前置詞ofを使っており、compensationはそもそも前置詞ofを使う 英文なのかなと思い、隠れている関係代名詞は「of which」ではないかと 考えております。

  • 前置詞+関係代名詞

    by whichやin which のように関係代名詞の前に前置詞がつくのは, どのようなときなのでしょうか? そのような文でby や in を省略すると間違いになるのでしょうか?