• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

補語(?)の関係代名詞

関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1896
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

He is not a gentleman. But he was a gentleman ten years ago. 後ろのa gentleman(補語)を関係代名詞にすると He is not a gentleman (that) he was ten years ago. となります。ここで注意することは補語は人そのものと言うより人の性格を表しているので(He is a gentleman.= He is gentle.)、who(m)ではなくthatを取るということです。ただし実際には省略されることが多いです。 また、継続用法ではthatは使えないのでwhichになります。 His brother is a gentleman, which he is not.(彼の兄は紳士だが、彼は違う)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

とても参考になるご回答、本当に有難うございます。No1の方のの最後の部分とも関係するのですが、 >ここで注意することは補語は人そのものと言うより人の性格を表しているのでwho(m)ではなくthatを取るということです。ただし実際には省略されることが多いです。 He is a gentleman.のa gentleman.は「主格」補語であるのに、なぜ「主格の関係代名詞」にしてはいけないのでしょうか(いずれにせよthatですが)。 He is a gentleman.のような文が関係節の場合、100%「目的格補語→目的格の関係代名詞」になるのでしょうか。

関連するQ&A

  • 関係代名詞whichはSかOにあたるもののどちらかが欠けているのでしょうか?

    こんにちは。 関係代名詞のwhichは 名詞+which S V O 名詞+which S V C など (1)どの文型の場合であっても、主格とか目的格とか言われるので、SあるいはOのどちらかの普通名詞が先行詞として前に出ていると考えるのは良くないのでしょうか? (2)名詞+which S V O Cとかの文型の場合、Cに名詞が来ていたとしてもそれは前に出てこないのでしょうか?Cというのは目的格なのでしょうか? 分かる方、どうぞご教授ください。

  • 関係代名詞と関係副詞の代名詞と副詞にあたる部分

    形容詞が名詞を修飾します。 副詞は動詞や形容詞、副詞、あるいは文全体を修飾します。 関係代名詞は接続詞の役割を兼ねる"代名詞"で先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 関係副詞は接続詞の役割を兼ねる"副詞"で、同様に先行詞を修飾する形容詞節を作ります。 との説明があります。 関係代名詞の例としては、 Mr.Brown is the man who is in charge of the project. 関係副詞の例としては、 This is the place where we first met. との事です。 このwhoが代名詞で、whereが副詞にあたる部分なのでしょうか?いまいち理解できません。かなり低レベルですが真剣に悩んでいます。ご存知の方、ご教授ください。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。 どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・ どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No.3です。 主格補語とは主格(He is a gentleman.でいえばHe)を説明する補語という意味で、SVCのCのことです。それに対してSVOCのCはOを説明するため目的格補語といいます。C自体が主格か目的格かということではありません。そして主格補語は本来は(ノックなどに答えて)It's I.と主格を使っていたのですが、現在ではよほど偏屈な人でない限りIt's me.と目的格を使います。 ところで関係代名詞のthatは主格も目的格もthatですが、whoの場合は主格はwhoですが目的格のwhomも現在ではwhoで代用されることが多いです(一番多いのは省略ですが)。英語自体からwhomがなくなりつつあります。whomを使わなければならないのは前に前置詞があるときぐらいです。これは関係代名詞でも疑問詞でも同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「補語は目的格の関係代名詞になる」 ということですね。補足質問にご回答いただき、有難うございました☆

  • 回答No.2
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5687)

ご質問の意味を誤解していなければよいのですが、 ----They are what we call a motorcycle gang.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

はい、このような例文を知りたかったです。有難うございました。

  • 回答No.1

可能です。 http://okwave.jp/qa/q3772024.html He isn't happy now, which he used to be. 「彼は今幸せではない,以前はそうであったが」 このような場合,関係代名詞節中の used to be の補語となるのは形容詞です。 すなわち,先行詞は happy という形容詞。 このように,この補語となるパターンでは形容詞でも先行詞になれます。 上の質問で回答した what I am「今の私」にしても,「私が今ある状態」ということで, 単に今の職業というような名詞的なものだけでなく,健康状態・経済状況・幸福の度合いなど 形容詞的なものをもろもろ含んだ意味合いです。 こういう形容詞のパターンはおまけだとして, いみじくも, 主格の、目的格の、所有格の関係代名詞 とおっしゃっている通り,関係代名詞としては格がすべてです。 SVC の場合であれば,S = C だから「主格補語」といい,格は主格。 補語でも主格の関係代名詞を用いればすむこと。 もっとも,補語となるのは大半が主格も目的格も区別のない名詞ですので,主格という認識はない。 そこで,主格・目的格の区別のある,人称代名詞が補語になった場合, It's I. が文法的には正しいはずなのに,It's me. が使われるようになる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも目の前が晴れるような的確なご回答、有難うございます。 補語の名詞だけでなく形容詞でも関係代名詞になることはありうるのですね。 ちょっと関連して新たな質問が出てきつつありますが、別途、質問させていただきます。

関連するQ&A

  • 関係代名詞

    He is not the man that he was ten years ago. 上の例文のように、関係代名詞 that が関係詞節内の補語の役割をする場合、何格(主格、目的格など)が使われているのですか?

  • 目的格の関係代名詞?

    The boy who you met at the party yesterday is John. 僕はこの文のwhoは目的格の関係代名詞だと思ったんですが、 「who」を使うときは先行詞が人で主格の時ですよね? これは文が間違ってるんでしょうか? でもこの文は参考書の引用なんで、間違ってはないと思うんですが… 主格か目的格か所有格の見分け方教えてください。

  • 関係代名詞の whose

    関係代名詞の whose はその後の名詞と一緒になって、関係代名詞節の中で主語、動詞の目的語、または前置詞の目的語になりますが、whose 名詞が、補語になることはありますか? あれば、例文を教えてください。

  • 関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問

    関係代名詞についてで、普通、先行詞は関係代名詞の前に来ますが、さっき問題を解いている時に、先行詞が関係代名詞の前に来ていませんでした。どうしてですか?

  • 関係代名詞

    TOEIC形式の問題で適切な関係代名詞を選択する方法について質問をさせて頂きます。 The lawyer agreed (what/that/with/of)we should sue our competetion. という例文ですが、テキストの解説には、 (1)( )の前に先行詞となる名詞が無いのでwhatとthatの判別だ。 (2) ( )の後ろには完全な形の節が来ているので接続詞のthatが正解。 となっておりますが、何故、(1)の解説のように「先行詞となる名詞が無い」と瞬時に判断出来るのでしょうか? lawyerは先行詞の名詞では無いのでしょうか? 英語の単元で関係代名詞と関係副詞がかなり苦手です。 どなたか物凄く分かり易く教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞の先行詞として固有名詞として使うときもその他の場合と同じ様にすれば良いんでしょうか?例えば「日本で有名な歌手である木村拓哉をイメージキャラクターにしている」という文だとどうなりますか??教えてください。

  • 関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の

    関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の主格と目的格の違いをどうやって判断すればいいのでしょうか?また日本文を英文に直す時の主格と目的格の区別も教えて下さい。

  • whatの関係代名詞 主格にる?

    whatの関係代名詞は、関係詞節の中で、主格・目的格に なることができると参考書に書いてあったのですが 目的格の例文は沢山見かけます。 自分の勉強不足だと思うのですが 主格の場合の例文を見かけませんし 思いつきません。 whatの関係代名詞で主格の場合は、実際多くありますか? いくつか例文を教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 「関係代名詞+挿入節」

    「関係代名詞+挿入節」について教えていただければと思います。 A: The man who <I thought> was my friend deceived me.  B: The man whom <I thought> to be my friends deceived me. それぞれ、 A: (1)The man deceived me. + (2)I thought he was my friend. B: (1)The man deceived me. + (2)I thought him to be my friend. が合わさった形だと思いますが、これに関連して、以下の3種は、この挿入の用法でもありうるでしょうか。 1.Aは、I thoughtに続く従属節内の主格の関係代名詞ですが、従属節内の目的格や補語が関係代名詞になる場合 2.Bは目的格の関係代名詞ですが、補語が関係代名詞になる場合 3.「所有格の関係代名詞」を使う場合 そもそも論理的に不可能なものはあるでしょうか。論理的に可能であっても、実際に使うことがあるのか、そういう点で例文を探しています。出典も添えていただけましたら幸いです。

  • 関係代名詞が使われた文の a / the について

    質問させていただきます、よろしくお願いします。 関係代名詞が使われた文の a / the についてです。 私が使っているテキストに、 1.I know a girl who can speak French. とあるのですが、関係代名詞とは、関係代名詞のwho以降は前の先行詞girlの説明をしているんですよね。 ということは、a よりも the のほうが正しいのではないですか? 【フランス語を話せる女の子】と限定されていると思うのです。 関係代名詞が使われている文にはこういった説明ができるのでaは使われないのかな、と思っていたのですが、aが使われる場合はどのような場合なのでしょうか?m(__)m それとも、【フランス語を話せる女の子】が何人かいて、その中の一人のことをさしているのでしょうか・・・? あと、関係代名詞は人の名前(固有名詞)やmy, yourがついている名詞を先行詞にすることはできないと書いてあるのですが、たとえば曲のタイトルなんかもそうですか? 2."Natsuiro" is the song which I like the best. "Natsuiro" which I like the best is the song. (は間違い?) よろしくお願いいたします。