• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞の選び方

僕は今中学三年生なんですが今学校で関係代名詞をやっています。 それで2文を一文にするという問題があるんですがそのときの関係代名詞の選び方がよくわかりません。 訳して主格、所有格、目的格に分けるというのは手間もかかるので誰か簡単に見分ける方法を知っていたら教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数121
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • debut
  • ベストアンサー率56% (913/1604)

>訳して主格、所有格、目的格に分けるというのは手間もかかる  っていったって、訳さなければどうしようもないかと・・ まあ、目安として、 2つの文で同じ内容の語句を見つけると(やっぱり訳してる)、普通、 一方のは代名詞になっていると思うけど、 ・同じ内容の語句が「人」のとき、代名詞の格、例えば he-his-him は  そのまま who-whose-whom に対応する ・同じ内容の語句が「物」のとき、代名詞の格、例えば it-its-it は  そのまま which-whose-which に対応する  ※her(所有格と目的格が同じ)とかit(主格と目的格が同じ)とかは   やっぱり訳さないと。  ※who,whom,whichはthatでもOK <例1>I know the man. He can speak English very well.       the man=He-→ He (彼は) だから who で              ☆[ he-his-him → who-whose-whom ]     →I know the man who can speak English very well. <例2>Yumi is a girl. Her father is an English teacher.       a girl=Her-→ Her (彼女の) だから whose で              ☆[ she-her-her → who-whose-whom ]     →Yumi ia a girl whose father is an English teacher. <例3>The pictures are beautiful. He took them in Kyoto.       The pictures=them-→ them (それらを)だから which で              ☆[ they-their-them → which-whose-which ]     →The pictures which he took in kyoto are beautiful.      ※この場合、ふつう先行詞と関係代名詞はくっついているので       後の文が前の文の中に入ることに注意! という感じですが、やはりきちんと訳して、「~は」「~の」「~を・に」 ということや、先行詞が「人」か「物」かが区別できれば、そう迷うこと もないでしょう。 がんばってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 やっぱりこつこつ訳していくしかないんですね・・・・ がんばります。

関連するQ&A

  • 補語(?)の関係代名詞

    関係代名詞についてです。 先行詞を修飾する文中で、主格、目的格、所有格だったかによって、「主格の、目的格の、所有格の関係代名詞」という言い方をすると思います。 ここで分からなくなってしまったのですが、修飾する文中の「補語」が関係代名詞になることはあるのでしょうか。 補語は形容詞と名詞の場合がありますが、名詞の場合にそこが関係代名詞になることはあるのか、というのが質問です。

  • 関係代名詞を使って英文にするには

    中学英語の復習をしています。関係代名詞でつまずいています。 例えば、テキストの題目に「主格who」とあるように 最初から利用する関係代名詞がわかれば何とか作る事ができますが ただ日本文があってそれを英文にする場合 何がどうなっていたら主格とか所有格とか目的格と識別できますか? 何かコツなどがあるのでしょうか? ややこしい文章になり申し訳ありません、よろしくお願い致します。

  • 関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の

    関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の主格と目的格の違いをどうやって判断すればいいのでしょうか?また日本文を英文に直す時の主格と目的格の区別も教えて下さい。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

二つの文をあわせて一つの文にするとき、関係代名詞に変わる単語がありますね。例えば、He is Ken.とI met him.をあわせるとき、himを関係代名詞に変えます。この変える単語の格がそのまま関係代名詞の格です。この場合himですから目的格。目的格の関係代名詞にすればよい。そこでwhomとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • toyamo
  • ベストアンサー率29% (49/168)

関係代名詞は、who , whose , whom , which , that , whatがあります。 そして「関係代名詞のうち、目的格は省略することができる」 主 格(人) who whose whom 所有格(動物・物 )which whose which 目的格 (すべて) that - that があります。 「人を先行詞にとる関係代名詞」 主格の用法 ken is a boy./ケンは男の子。 He has a nice face./彼は顔がよい。    ↓ ken is a boy who has a nice face./ケンはよい顔をしている男の子。 所有格の用法 I have a sister./私は妹がいる。 His name is Takako./彼女のの名前はタカコ。    ↓ I have a sisiter whose name is Takako./私は名前がタカコという妹がいる。 目的格の用法 ken is a boy./ケンは男の子。 Kumi likes him./クミは彼が好き。    ↓ Ken is a boy whom Kumi likes./ケンはクミが好きな男の子。 「動物・物を先行詞にとる関係代名詞」 主格の用法 I have a dog./私は犬を飼っている。 It has white coler./それは白い犬。    ↓ I have a dog which has white coler./私は白い犬を飼っている。 所有格の用法 I have a dog./私は犬を飼っている。 Its coler is white./それは白い。    ↓ I have a dog whose coler is white./私は白い犬を飼っている。 目的格の用法 This is the dog./これは犬。 I have it./私はそれを飼ってる。    ↓ This is the dog which I have./これは私が飼っている犬。 関係代名詞 that 「that」 は主格も目的格も同じ形なので、先行詞が「人」「動物・物」にかかわらず用いることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 とてもわかりやすかったです。

関連するQ&A

  • 関係代名詞を教えて下さい

    テスト前に関係代名詞の主格および目的格が理解できていないことに気がついたのですが土日で学校が休みなので質問に行くこともできなくて困っています どなたかわかりやすく説明してください お願いします。 あと演習問題でよいものがあったらこれもお願いします

  • 関係代名詞の省略について

    関係代名詞の省略について勉強していて、すればするほどこんらんしてきてしまったのでどなたか確認をしていただきたいのですが、 主格、所有格、目的格とあってwho which thatなどありますが、 これらの中で省略できるものは主格のwhich,that 目的格のwhich,that,whom で良いのでしょうか?主格のwhoは省略できないですよね? また会話では目的格ってあまり使われていないと聞いたのですが、どうなんでしょう。宜しくお願いします。

  • 関係代名詞 主格目的格の見つけ方 

    関係代名詞,会話のときなど関係代名詞の主格目的格のところで必ず混乱します。 一つ一つやると分かるのですが・・・。英語が不得手な私にも理解できる簡単な方法はないでしょうか。

  • 複合関係代名詞について。

    複合関係代名詞でwhoerer,whichever,whatererは、関係代名詞who,which,whatの主格、目的格、SやCやOと文法上同様に扱ってよいのですか?

  • whatの関係代名詞 主格にる?

    whatの関係代名詞は、関係詞節の中で、主格・目的格に なることができると参考書に書いてあったのですが 目的格の例文は沢山見かけます。 自分の勉強不足だと思うのですが 主格の場合の例文を見かけませんし 思いつきません。 whatの関係代名詞で主格の場合は、実際多くありますか? いくつか例文を教えて頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 学生です。本当に困っています。関係代名詞について質問なんですが、例えば

    学生です。本当に困っています。関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の主格と目的格の違いをどうやって判断すればいいのでしょうか?また日本文を英文に直す時の主格と目的格の区別も教えて下さい。

  • 学生です。本当に困っています。関係代名詞について質問なんですが、例えば

    学生です。本当に困っています。関係代名詞について質問なんですが、例えば英文が書いてあり、関係代名詞の主格と目的格の違いをどうやって判断すればいいのでしょうか?また日本文を英文に直す時の主格と目的格の区別も教えて下さい

  • 関係代名詞について

    関係代名詞を使うときに、whiciやwhoは目的格や所有格になると形がかわってしまいますよね? ですが、英文を見ても目的格や所有格の見分け方がわからないんです。 どういう文だと所有格だからwhoseになる。とかが全然わからないんです。 例文をお出しできなくて大変申し訳ないのですがとても困っています!! 誰か解答お願いします!!

  • 目的格の関係代名詞?

    The boy who you met at the party yesterday is John. 僕はこの文のwhoは目的格の関係代名詞だと思ったんですが、 「who」を使うときは先行詞が人で主格の時ですよね? これは文が間違ってるんでしょうか? でもこの文は参考書の引用なんで、間違ってはないと思うんですが… 主格か目的格か所有格の見分け方教えてください。

  • 「関係代名詞+挿入節」

    「関係代名詞+挿入節」について教えていただければと思います。 A: The man who <I thought> was my friend deceived me.  B: The man whom <I thought> to be my friends deceived me. それぞれ、 A: (1)The man deceived me. + (2)I thought he was my friend. B: (1)The man deceived me. + (2)I thought him to be my friend. が合わさった形だと思いますが、これに関連して、以下の3種は、この挿入の用法でもありうるでしょうか。 1.Aは、I thoughtに続く従属節内の主格の関係代名詞ですが、従属節内の目的格や補語が関係代名詞になる場合 2.Bは目的格の関係代名詞ですが、補語が関係代名詞になる場合 3.「所有格の関係代名詞」を使う場合 そもそも論理的に不可能なものはあるでしょうか。論理的に可能であっても、実際に使うことがあるのか、そういう点で例文を探しています。出典も添えていただけましたら幸いです。

専門家に質問してみよう