• 受付
  • 困ってます

ジェイド 250のエンジン不調について

  • 質問No.9751997
  • 閲覧数60
  • ありがとう数0
  • 回答数3

お礼率 40% (2/5)

ジェイド 250のエンジン不調について
ホンダのジェイド 250、走行距離39000キロの車体に乗っています。
3年位放置していた車両。エンジンかからなかった為キャブレター清掃しエンジン始動はできたがアイドリング不調。

全部の穴を通して再度組み付け、エンジン始動したところアイドリングは何とか維持できるが1発火が入らないような感じがします。

症状は

1.左から3番目のシリンダーが点火しない
2.スロットルを開けると2次エアーを吸ったように回転数が下がらず1分弱3000回転のままでその後少しずつ回転数がさがる
3.アイドリングが2000回転以下になるとシリンダーかクランクケースのあたりから「カチカチ」と言うような異音がでる

以上のような症状が出てとても乗れるような状態ではありませんでした。
2次エアのような症状ですが、インマニとキャブの間にキャブクリーナを吹きかけてみましたが、回転数の変化がなかったので恐らく2次エアーではないと思います。

異音に関しては、タペットの音かもしれないと思うのですが、タペットのクリアランスが狂うとこのような症状が出るのでしょうか?

考えられる原因がありましたら教えて下さい。

(プラグは四個とも素人判断ですが、同じく焼けています。
圧縮はまだ測ってません。プラグ外して手で塞ぐと吸われる感じはありました。)

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (690/1952)

どこから光が見えるのかよくわかりませんが、2次エアーを吸っていたらパーツクリーナー等をかけた時に燃焼不良でエンジンの回転が落ちるので簡単に判りますよ。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 35% (690/1952)

パイロットスクリューのOリングが変形すると2次エアーの原因にもなり得ます。

2次エアー吸い込みがなくても
吹かした直後にアイドリングが高くて、段々と落ちていくのは
濃くてプラグがかぶる場合と
薄くて不発になる場合があります。
補足コメント
hdn0103454

お礼率 40% (2/5)

ありがとうございます。確認致します。
質問ですが、バタフライの裏から光を当てた時に薄ら光りが見えるのは、正常ですか?通常隙間はないものですか?
投稿日時:2020/05/24 12:53
  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (690/1952)

圧縮はコンプレッションゲージで測らないとわかりませんが、放置前は問題なかったのなら今も問題なしと考えます。

4気筒ともプラグが焼けているのに1気筒死んでいるのは矛盾していますね。
死んでいたらガソリンが付着して濡れてしまうはずです。
フロートバルブが固着してガソリンが下りていないなんて事ないですかね。
ドレンからガソリンが出てくるかチェックしてみてください。

アイドリングが下がりにくい症状は2次エアーぽいですね。
インシュレーターが原因でなければキャブレターのスロットルバルブの軸部分から吸っている事もありますので、その辺もチェックしてみてください。

アイドリング時のみ1気筒死んでいるのでしたらスロージェットの詰まりやパイロットスクリューの調整不良や4個のキャブレターのバランス調整不良が考えられます。
アイドリング3000回転時は4気筒とも爆発しているが1気筒が燃焼不良で死んで回転が下がっている可能性もあります。

ところでキャブレターOHは問題ないんですよね。
少し心配です。
スロージェットなどの細い穴はアコースティックギターの1弦がお勧めですよ。
補足コメント
hdn0103454

お礼率 40% (2/5)

ありがとうございます。
スロージェット交換済み
フロートバルブ交換済み
ドレンからのガソリンは確認済み
キャブレター清掃は3回ほど実施
通路はエアーブロー実施
スロットルバルブの軸部分は未確認ですので確認します。
28日にコンプレッションゲージが借りれる事になりましたので圧縮はきっちり確認します。又プラグは今一度確認して写真を投稿致しますので確認お願いしたいです。
またご連絡致しますのでアドバイスいただきたいです。よろしくお願いします。
投稿日時:2020/05/24 08:14
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ